音楽(やぎりん関連)

2016年6月11日 (土)

「いのちと平和の音源」 いちよ・たかこ・やぎりんトリオ 新CD

Dscn0650

6月3日から5日まで、いちよ・たかこ・やぎりんトリオの山形ツアーに同行しました。3日間のコンサートのお手伝いが目的ですが、1曲だけゲストとしてフィドルで共演をさせて頂きました。

 時代や国境を越えて愛されてきた音楽の素晴らしさを伝えてくれる彼らには格別な思い入れが有ります。

 縁と縁とが結びつき、それまでデュオとして活動していた“たかこ・やぎりんバンド”(ケーナ奏者:八木倫明とアルパ奏者:藤枝貴子)がヴォーカリストの枝元一代さんと出逢って初共演したのは昨年3月です。

 それを機にトリオとして活動を始め、ちょうど1年後の今年3月に新しいCDのレコーディングが行われ、今月8日にリリースされました。

 この1年間、彼らの活動を傍らでじっと見守ってきました。コンサートはもちろん大切ですが、このトリオの音楽を形に残すCDの早期制作を提案したこともありました。

 こうして完成した“いちよ・たかこ・やぎりんトリオ”のファーストCDですが、本当に素晴らしい内容です。友人たちだから称賛するのではありません。心底そう思ったから言うのです。

 中心となるのは、北欧や中南米の民謡ですが、日本の歌も多く含まれます。ケーナとアルパと歌というトリオに、このCDでは元日本フィルの団員であったチェリストの古谷真未さんが演奏に参加しています。

 民謡というカテゴリーの音で考えればアコーディオンやフィドルなどが合いそうなものですが、敢えてクラシックのチェロを選んだあたりはやぎりんのユニークな閃きだと思います。

 初めは周囲でも果たしてトリオの音に重い音のチェロが合うかどうか心配の声が有りました。

 けれどもこうして完成してみると、やぎりんたちがこれまで創造してきた音と見事に融合して新境地の音が生まれました。

アコースティックの楽器ばかりですから、音色はとても温かく素朴です。そこにいちよさんの温かく柔らかい声の歌が加わって、限りなく美しい音楽が奏でられます。

 楽器も歌も、声高々に演奏されるのではなく、そっとそっと傍らに寄り添うかのような雰囲気です。

 ですので、とても聴き心地が良く何気なく聞き流すことも可能です。

 しかし、このデリカシーに溢れた楽器演奏と、言葉の一つ一つに深く祈りを込めて歌ういちよさんの歌とのハーモニーにじっと耳を傾けていると、彼らの世界にどっぷりと浸ってしまいます。

 収録された曲目を紹介してみますと以下の通りです。

『いのちと平和の音源』 The Sound For Life And Peace

  ~時代を越え国境を越えて愛されてきた歌と旋律~

   ★歌入り ☆チェロ入り

1.愛は花、君はその種子(たね)
A.マックブルーム)[高畑勲 訳詞] ★☆
2.黄色い村の門(アイルランド民謡)☆
3.思い出のサリーガーデン
(アイルランド民謡/やぎりん 訳詞)★☆
4.白鳥の停車場(藤平慎太郎)☆
5.ラ・サンドゥンガ
(メキシコ民謡/やぎりん 日本語詞)★
6.君の影になりたい【アルパ・ソロ】
7.ラピュタ・シチリアーナ
(イタリア・ルネサンス~久石譲) ☆
8.よろこびのうた
(メキシコ民謡/枝元一代ほか 日本語詞)★
9.童神【わらびがみ】
(佐原一哉/古謝美佐子・作詞)★
10.
蕾【つぼみ】(小渕健太郎)【アルパ・ソロ】
11.
チョグイ鳥(パラグアイ民謡)
12.
広い河の岸辺
(スコットランド民謡/やぎりん 訳詞)★☆
13.
コンドルは飛んで行く(D.A.ロブレス)☆
14.
人生よ、ありがとう
(ビオレータ・パラ/やぎりん 訳詞)★☆
15.
島唄(宮沢和史)★

アルバムは”いちよ・たかこ・やぎりんトリオがこれまでテーマにしてきた、命の尊さと平和への祈りを歌い奏でる内容です。

数百年も前から歌い継がれてきた曲から現代の曲まで、中南米の曲から北欧の曲まで他種多様、とらわれのない自由な発想から生まれた選曲です。

今回収録された15曲はどれも素晴らしい名曲ばかりで、しかも三人がそれぞれの愛奏(唱)曲を持ち寄っているので、きっとどの曲が良いというのは皆さんの好みでしか選べないでしょう。人によって「この曲が好き!」というのはまちまちになることと思います。

 しかもその日の気分で好きな曲が刻々と変わるような気がします。それほどどの曲をとっても、時代を超えた、あるいはこれから超えるであろう素晴らしい名曲ばかりであり、彼らの思いが深く強く込められているのを感じます。

 これまですでにファンの間で親しまれている「コンドルは飛んでゆく」「広い河の岸辺」などでのチェロを加えた新アレンジは非常に新鮮です。それぞれの民族的な色調は薄まったかもしれませんが、もともと民族色に必ずしも強く固執していないやぎりんならではの国境を越えた純音楽的な美しさが際立ったと思います。

 いちよさんは彼女の代表曲である「よろこびのうた」や「広い河の岸辺」「思い出のサリーガーデン」での歌唱に独自の世界を感じさせます。彼女は本当に柔らかく綺麗な声を持ちますが、声量は必ずしも豊かでないと思います。ところがそれを逆に生かしていて、どこまでも繊細に心の琴線に触れるように言葉に寄り沿って来ます。声量に頼ろうとせずに、歌への心の込め方を大切にしているから素晴らしいのだと思います。やぎりんが24年間温めてきたという第1曲「愛は花、君はその種」からその世界に惹き込まれてしまいますが、終曲の「島唄」も本当に感動的で、とても涙無くしては聴けないほどです。この曲もこれから代表曲の一つになりそうです。

 やぎりんについては25年も演奏してきて何と5度目の録音となるという「黄色い村の門」でのケーナがアイルランドの郷愁をしみじみと感じさせて胸を打ちます。それだけ大切にしてきた曲なのでしょう。この曲に続く「思い出のサリーガーデン」との2曲で完全にアイルランドの世界に連れ去られます。「サリーガーデン」のケーナとチェロのハーモニーが何と美しいことでしょう!

 たかこさんのアルパはいつもながらどの曲でもアンサンブルをしっかりと支えていて、トリオの大黒柱ぶりが素晴らしいです。そしてソロで弾く「蕾」や「君の影になりたい」「シチリアーナ」などで極めて繊細に美しく表情豊かに奏でる演奏ぶりには改めて感嘆します。一方で「チョグイ鳥」での沸き立つようなリズム感は流石に本場パラグアイ仕込みですね。

そのトリオの音楽に古谷真未さんが美しく艶やかなチェロの音を魅力的に合わせています。かつて誰も耳にしたことの無い新しい楽器同士の組み合わせで、とても自然で美しいハーモニーが誕生しました。

 とにかく15曲を聴いていて1曲たりとも飽きることは無く、初めから終わりまで心を掴まれっぱなしになります。そしてまた繰り返して何度でも聴きたくなります。これはアルバムとして凄いことだと思います。

 繰り返しますが、彼らの歌と演奏は力づくで聴かせるようなことが全く有りません。例えれば自然の美しさや野に咲く草花のひっそりとした美しさを見たときに感じるような心の奥にそっと湧き上がってくる喜びと同質のものです。

 彼らのコンサートを聴いた人はきっとこのCDが聴きたくなるでしょうし、このCDを聴いた人はきっと彼らの生のコンサートを聴きに行きたくなることでしょう。

最後に、録音とサウンドマスタリングを担当した三塚幸彦氏の存在も忘れてはなりません。素晴らしい尺八演奏家でもある氏の的確な仕事が大きな貢献をしています。

このCDを購入希望される方は下記へご連絡ください。
yagirin88@gmail.com (やぎりんオフィス)

あるいは私にご連絡を頂いてもお取次ぎ致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

いちよ・たかこ・やぎりんトリオ 出逢いから1周年コンサート in シェア奥沢

12814329_1009618532437341_507913243

先週日曜日、「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ 出逢いから1周年コンサート in シェア奥沢」が開かれました。

昨年の3月、自由が丘の古民家コミュニティ、シェア奥沢での共演が出逢いとなってこの素晴らしいトリオが誕生しました。言ってみれば、シェア奥沢はトリオにとって「聖地」なのです。

あれから1年。その聖地での記念コンサート&パーティに、やぎりんトリオのファンが大勢集り、とってもウォームでアットホームな楽しいひと時となりました。

アイルランド民謡の名曲「思い出のサリーガーデン」では、私もフィドルでゲスト出演させて頂きました。やぎりんがこの曲で吹くアイリッシュホイッスルとフィドルのハーモニーは大変に素朴でひなびた雰囲気を醸し出しました。忘れられない『思い出のオクサワガーデン』となります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ・コンサート Sound For Life in 厚木」ついに開催!

今年の4月1日に厚木市に団体登録をして代表者として活動をスタートした『厚木で地球音楽を楽しむ会』。

発足が”エイプリルフール”になることも無く、今月1日についに「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ・コンサート Sound For Life in 厚木」が実現しました!

この4ヶ月の間、市内をコンサートのPRのために奔走しましたが、そのおかげでそれまで知らなかった多くの方たちと出会うことが出来ました。

「厚木を音楽と文化の街にしたい」という志を理解してくれて、助けてくださった方がどれだけ多かったことでしょう。

それら一人一人との出会いこそが「一生の宝」だと思います。

このコンサートが、やはり正式スタートとなる「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」の吊るしが出来上がり、会場受付の近くに飾りました。

Atsugibunka201508011

                (中野英樹さん撮影)

会場には多くのお客様にお越し頂きました。厚木市文化会館の小ホールは響きがとてもナチュラルで素晴らしいです。

Atsugibunka201508012

               (石射英正さん撮影)

「いちよ・たかこ・やぎりんトリオ」のメンバーは、ケーナ他の担当八木倫明(やぎりん)、ヴォーカル担当枝元一代(いちよ)、アルパ担当藤枝貴子(たかこ)の三人です。

いちよさんの歌声は美しく澄んでいて、それでいて温かさを感じる今どき稀な存在です。

たかこさんのアルパはラテンとクラシックの融合とでもいった情熱とテクニックとを兼ね備えた素晴らしさです。

やぎりんのケーナは綺麗で素朴、懐かしさを感じさせる音色が魅力です。

Atsugibunka201508013

              (中野英樹さん撮影)

そうですね、当日のプログラムをご紹介しなければ。彼らが演奏するのは、中南米の曲、スコットランド/アイルランドの曲、アメリカの曲、沖縄の曲、イタリア・ルネサンス期の曲と、実に多彩であり、正に『地球音楽』の名に恥じません。

この夢のようなコンサートも終わってしまい一抹の寂しさを感じますが、また来年も再演できると良いなと思っています。

Program_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

「たかこ・やぎりんバンド+枝元一代コンサート」公開リハーサルのお知らせ

8月1日(土)、厚木市文化会館で「たかこ・やぎりんバンド+枝元一代コンサート Sound For Life in 厚木」が開催されます。

その本番に先立ち午前11:00から公開リハーサルを行います。

但し、対象は0歳から6歳までの子供さんと保護者の方です。

というのも、小学生以下のお子さんをお持ちのご両親は、コンサートへ行きたくても、中々入場できないことがほとんどだからです。

そんなお父さんやお母さんたちに、素晴らしい音楽を少しでも楽しんで貰えたらという気持ちで、この無料の公開リハーサルを企画しました。

是非、子供さんと一緒に来て下さい!

お知り合いで小さなお子さんをお持ちの方にも教えてあげてくださいね。

81_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

キャンペーン・プレ・ライブ大成功!

先週の4日土曜日は8/1に厚木市文化会館で開かれる”たかこ・やぎりんバンド コンサート Sound For Life 第7回 in 厚木”のキャンペーン・プレ・ライブでした。

Dsc_0066s

昼の部は”森の里ふらっとコアラ”で行いましたが、本来の収容人数の50%増しという大盛況に終わりました。代表の櫻井さん、高野さん、急遽椅子の追加などお手数をおかけしましたが、無事に全員収容が出来て感謝の気持ちで一杯です。

お越し頂いたお客様たちも実にノリが良く、それには出演メンバー、サポーター一同驚いていました。

交流会、CD、書籍のサイン即売会も盛況で本当に有り難かったです。

そこから雨の降り始めた中、夜の部の”ぎゃらりー喫茶なよたけ”へ移動です。

Dsc_0068s

厚木の歴史ある”文化人の集まりの場”とも言うべき”ぎゃらりー喫茶なよたけ”ですが、こちらでも多くのお客様にお越し頂いてライブを行うことが出来ました。

今日は厚木に新たな”やぎりんファン””たかこファン””いちよファン”が大勢生まれたことでしょう。

会場に合わせて昼の部と曲目を一部入れ替えるあたりはやぎりんのプロデュース能力ならではです。

主役のやぎりんを支える脇役の藤枝貴子さんのアルパの妙技には皆さん驚かれたことと思います。

ボーカルの枝元一代さんが加わった場合の新しいユニット名が”いちよ・たかこ・やぎりんトリオ”、となりましたが、一代さんの深い情感のこもった歌も皆さんを魅了したことでしょう。

なよたけの小高マスター、ご協力大変ありがとうございました。

それにしても、このような出演者とお客様の肌と肌とが直接触れあうようなミニ・ライブはホールで行われるコンサートとはまた一味違った良さが有りますね。

でも、8/1のコンサートでは、お客様を更に満足させるような音楽的に充実した内容を目指しますので、どうぞ今日のお客様も今日お越し頂けなかったお客様も是非聴きに来てください。

たかこ・やぎりんバンド コンサート Sound For Life 第7回 in 厚木

日時: 2015年8月1日(土)1:30PM開演

会場: 厚木市文化会館小ホール

料金: (全自由席)一搬2500円 学生1000円(当日は500円アップ)

主催: 厚木で地球音楽を楽しむ会

チケットは絶賛発売中です。

チケットお申込み先:
厚木市文化会館チケット予約センター TEL 046-224-9999
地球音楽工房(やぎりんオフィス) TEL 080-5379-4929

内容に関するお問い合わせ:
厚木で地球音楽を楽しむ会 代表 朝倉
E-mail: rsa54219@nifty.com
TEL: 090-6009-7213

Facebook「厚木で地球音楽を楽しむ会」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

たかこ・やぎりんバンド キャンペーン・プレ・ライブのお知らせ

「たかこ・やぎりんバンドコンサート Sound For Life 第7回 in 厚木」が8月1日に厚木市文化会館で開催されます。

そこで、8月まで待ちきれないお客様には耳よりのお知らせです!

約1ヶ月前の7月4日(土)に出演メンバーによるキャンペーン・プレ・ライブが厚木市内の2カ所で行われることになりました!

日時:7月4日(土)1:00PM
場所:森の里ふらっとコアラ
住所:厚木市森の里1-35-1
    森の里ショッピングプラザ2F
電話:046-280-6814

日時:7月4日(土)6:00PM
場所:ギャラリー喫茶なよたけ
住所:厚木市中町1-6-1 セントラルハイツ2F
電話:046-222-8887

いずれも演奏時間は休憩を入れて約1時間30分を予定。
終了後に出演者との交流会が有ります。

料金、曲目内容については添付フライヤーを参照ください。
連絡先:厚木で地球音楽を楽しむ会 
TEL:090-6009-7213 朝倉

74_3

74_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

「たかこ・やぎりんバンド・コンサート Sound For Life in 厚木」 チケット発売のお知らせ

厚木で地球音楽を楽しむ会の発足記念イベント

「たかこ・やぎりんバンド・コンサート
  Sound For LIfe in 厚木」 

チケットの発売が開始となりました!

0歳から6歳の子供と保護者を招待する公開ゲネプロがありますよ

コンサート当日の8月1日の夜には

「あつぎ鮎祭り大花火大会」が開催されます。

たかこ・やぎりんバンドのコンサートを聴き終えてから

花火を楽しむというのも最高の贅沢ですね。

81_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

絵本「ひろいかわのきしべ」(八木倫明:文、葉祥明:絵)特設ページ

国土社の絵本「ひろいかわのきしべ」
(八木倫明:文、葉祥明:絵)
に特設ページが出来ました。

   下記参照ください ↓
http://www.kokudosha.co.jp/special/hiroikawanokishibe/

1106527233_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

クミコ+やぎりん・たかこ♪ in 徹子の部屋 YouTubeフル動画

クミコ+やぎりん・たかこ♪ in 徹子の部屋のYouTubeフル動画です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

クミコ+やぎりん・たかこ♪ in 徹子の部屋

やぎりん、「徹子の部屋」への出演お疲れさまでした!

自身のブログで出演レポートと皆さんへの素晴らしいメッセージを書いてくれています。

やぎりん公式ブログ:
クミコ+やぎりん・たかこ♪ in 徹子の部屋

Safe_image100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)