プロコフィエフ

2014年1月20日 (月)

プロコフィエフ バレエ音楽「ロミオとジュリエット」全曲 ワレリー・ゲルギエフ/キーロフ管弦楽団

Romeojuliet_2

シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」は余りにも有名ですが、自分は青春時代に観たフランコ・ゼフィレッリ監督の映画がどうしても忘れられません。オペラの演出も手掛けるゼフィレッリ監督の映像が古典的かつリアルで、本当に中世の街や城の中に居るような錯覚を覚えたほどです。それに加えて、主役の二人、オリヴィア・ハッセーとレナード・ホワイティングの初々しく可憐な美しさには魅了されずにいられませんでした。そのうえニーノ・ロータの音楽が何と素晴らしいことか。中世のイメージを上手く生かした美しいメロディの数々がまるで魔法のようでした。
ということで、あの映画は自分の「ロミオとジュリエット」体験の原点です。

それはひとまず脇に置くとして、音楽のジャンルにも数多く用いられたこの戯曲ですが、ベルリオーズの劇的交響曲やチャイコフスキーの劇的序曲といった有名な作品と並び、バレエ音楽として最も有名なのは、やはりセルゲイ・プロコフィエフのものでしょう。

プロコフィエフがパリからロシアに戻り、たまたま接したシェイクスピアの悲劇的な戯曲にひどく感激して、バレエ音楽の創作を決意しました。作品は僅か4か月という短い間に一気に書き上げられました。それにもかかわらず、彼の書いたバレエ音楽の中で最も長大で、ドラマティックな作品であることからも、プロコフィエフがどれほど、この題材に強い意気込みを持ったかが窺い知れます。

面白いのは、最初に書き上げた脚本では、終幕でロメオが1分早く駆けつけてジュリエットが生きていることに気付いたために、ハッピー・エンドとなるという内容に変更されていました。その理由は、バレエの振付で、生きている人は踊ることができるが、死者は踊れない、ということだったからです。
けれども、その後に振付家たちと再度相談して、悲劇的な結末を踊りで表現できるということになり、原作どおりの悲劇的な結末に終曲を書き改めました。

この作品は組曲版も有って気軽に楽しめますが、やはり全曲版で鑑賞したいと思います。生の舞台でバレエ鑑賞するのは理想だと思いますが、家で楽しむ場合は、個人的には映像版のDVDよりもCDで音楽に集中して鑑賞するのを好んでいます。

全曲版CDの愛聴盤は一つだけです。

1453089

ワレリー・ゲルギエフ/キーロフ管弦楽団(1990年録音/フィリップス盤)

最近ゲルギエフはロンドン交響楽団との録音が多いですね。首席指揮者としての契約上の問題なのでしょうが、母国の楽団では無く、イギリスの団体とチャイコフスキーやプロコフィエフなどロシア音楽の録音を行うのは、個人的には非常に残念です。そう言えば、「ロミオとジュリエット」もロンドン響と再録音を行なっています。

もちろん僕が所有するのはキーロフ管弦楽団との旧盤の方です。旧録音と言ってもフィリップス録音ですから、音質は最新のものと全く遜色ありません。

ゲルギエフが名を知られるようになったきっかけはカラヤン・コンクールで優勝してからですが、その為かどうかは知りませんが、この人は一世代前のロシアの爆演系指揮者とは異なりますね。指揮の師匠がテミルカーノフであるのも影響がありそうです。二人ともロシア的な迫力を持ってはいても、決して音量のリミッターを外すような真似はしません。多彩な音色の変化を持つことも共通しています。特にゲルギエフの繊細な音色感覚はCDでは中々聴き取ることが出来ませんが、実際の生の音を聴くと驚くほど感じられます。
ですので、プロコフィエフというのはゲルギエフにとって最善のレパートリーだと思います。いわばホーム・グラウンドの手兵オーケストラ、キーロフ管を駆使して、繊細で美しい音とリズミカルで生き生きした演奏を繰り広げています。不協和音でも決して騒々しく感じられることが無く、斬新な響きを楽しむことが出来ます。プロコフィエフはやはりこうでなければ面白くありません。これはとても素晴らしい全曲盤だと思います。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)