ドヴォルザーク(管弦楽曲)

2010年7月31日 (土)

ドヴォルザーク 交響詩全集 ボフミル・グレゴル/チェコ・フィル

4105101088

ドヴォルザークはアメリカに渡っている間に最後の交響曲である「新世界より」を作曲しましたが、その後再び母国のチェコに戻りました。帰国した翌年の1896から1897年にかけて作曲されたのが5曲の交響詩です。そのうちの4曲はチェコの詩人で民話の研究家でもあるカレル・エルベンの民族的バラード集から題材がとられています。いまでもチェコの子供たちに親しまれている昔ばなしを美しい音楽に表現したのが、このドヴォルザークの交響詩なのです。

「水の精」op.107  湖の近くに住む若い娘が誤って湖に落ちてしまう。彼女を助けた水の精は彼女を妻にする。やがて二人に子供が生まれる。彼女が里帰りをしたがるために、水の精は夕べの鐘が鳴るまでに帰るという条件で許す。ところがやっと戻ってきた娘を彼女の母親が再び湖に返そうとしない。怒った水の精は子供を連れて嵐の中を家にやってくる。ドアの音がドンドンと叩かれて異様な音がするので娘がドアを開けてみると、子供がドアに叩きつけられて息絶えていた、という話です。娘を助けたのは良いとしても、拉致して子供を生ませてこの始末では水の精というのは本当にひどい奴ですね。

「真昼の魔女」op.108  家事に追われる母親が、泣きわめく子を叱りつけて「真昼の魔女を呼ぶよ」とおどす。子供が泣き止まないでいると、本当に魔女が現れて「子供をもらってゆく」と言う。母親は魔女に憐れみを乞うが聞き入れられない。そのとき教会の鐘が鳴ると魔女は消える。安心した母親は子供を抱いたまま気を失う。夕方、夫が帰宅して彼女は意識を取り戻すが、子供はすでに死んでしまっていた、という話です。子供を感情的に叱りつけてはいけないということなのでしょうね。

「金の紡ぎ糸」op.109  狩りに出た若い王が、森のつむぎ小屋で水をもらった娘に一目ぼれして求婚する。娘は継母に付き添われて城に向かうが、継母は途中で彼女を殺して両足を切断し、遺体を森に捨ててしまう。そして自分の連れ子を娘に仕立てて城に連れて行き、気が付かない王と結婚させる。森の魔法使いの老人は、継母に金の紡ぎ車を送り、代わりに切断された娘の両足を受け取る。魔法使いは娘の体を元に戻して彼女を生き返らせる。王妃が王の前で金の紡ぎ車で糸をつむごうとすると、紡ぎ車は継母の悪事を歌いだす。驚いた王様は急いで森に行き、娘と再会して改めて妃に迎え入れる、という話です。この王様って、とんでもなくそそっかしがりやでお馬鹿さんだと思いませんか。

「野ばと」op.110  若く美しい未亡人は、実は夫を毒殺していた。やがてハンサムな若者が彼女に求愛したので、彼女は再婚する。一羽の鳩が亡き夫の墓の近くの樫の木に巣をつくり、悲しそうに鳴き続ける。彼女はその声を聞いているうちに自責の念にかられて自殺をしてしまう。すると死によって罪をあがなった女を憐れむように鳩が優しい歌を歌いだした、という話です。夫を殺したくなるときもあるでしょうが、本当に殺してしまってはいけないということですね。

「英雄の歌」op.111  最後の曲だけはエルベンのバラードからではなく、ドヴォルザーク自身の詩的な楽曲です。苦難を乗り越えての光明というテーマらしいですが、具体的な記述は残されていません。芸術家ドヴォルザーク自身のことだという見方も有りますので、リヒャルト・シュトラウスの「英雄の生涯」みたいなものなのでしょうか。

5曲はどれもが幻想的でボヘミアの情緒いっぱいであり、円熟した管弦楽で書かれています。ヤナーチェクもエルベン題材の4曲を「最上にチェコ的な名曲」と激賞しています。

ところが、この交響詩が全曲まとまったCDというのは、非常に少ないのです。クーベリックがグラモフォンに管弦楽曲集を残していますが、オケはバイエルン放送響です。演奏自体はとても素晴らしいのですが、やはりチェコのオケの音で聴きたいところです。ところが残念なことにアンチェルもノイマンも全曲は残していません。それでも幸いなことに、素晴らしい全曲録音があります。名指揮者ボフミル・グレゴルがチェコ・フィルを指揮した演奏です(1987年録音/スプラフォン盤)。この人はオペラを得意にしていて、プラハ歌劇場で長く指揮をしていました。昔、LP盤で愛聴したヤナーチェクの歌劇「利口な女狐の物語」の名演奏が特に忘れられません。オペラを得意とするだけに、交響詩のような作品の語り口は非常にうまいものです。まるで、おじいさんが子供達に昔ばなしを聞かせているような風情があります。このCDは2枚組で値段も手ごろですので、是非聴かれてみてください。  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

ドヴォルザーク 「弦楽のためのセレナーデ」ホ長調op.22 ~いっそセレナーデ~

Moldavaencontrario 

夏向き音楽家ドヴォルザークの作品は交響曲、チェロ協奏曲、弦楽四重奏などに名作が目白押しです。ところが意外と親しまれていないのが管弦楽曲です。「スラヴ舞曲集」は非常に有名ですが、「序曲」とか「交響詩」にも数々の名作が有ります。また合唱曲にも「レクイエム」「スターバト・マーテル」「カンタータ」などの名作が有ります。これらの曲については、おいおい触れていきたいと思っています。けれども、夜更けに家でくつろいで仕事の疲れを癒そうとするときには、いっそセレナーデという気分になります。「管楽のためのセレナーデop.44」も美しい曲ですが、僕は「弦楽のためのセレナーデop.22」が大好きなんです。全5楽章構成ですが、どの楽章も本当に素晴らしいです。

第1楽章:モデラート 懐かしさいっぱいの美しいメロディにまずノックダウンです。ドヴォルザークの良さここに極まれりです。

第2楽章:テンポ・デ・ワルツ ワルツですが楽しいというよりも哀愁をいっぱいに漂わせます。中間部ではまるで夜想曲という風情に魅了されます。

第3楽章:スケルツォ/ヴィヴァーチェ 心が躍らされますが、やはり中間部が非常に魅力的です。うーん、ドヴォルザーク!

第4楽章:ラルゲット 抒情をいっぱいに湛えて実に美しいです。夏の夜に一人静かに聴くのに最高です。うーん、セレナーデ!

第5楽章:フィナーレ/アレグロ・ヴィヴァーチェ 闊達に曲を閉じますが、やはり懐かしさや哀愁を感じさせます。1楽章のメロディが静かに回想されるあたりは心にくいですね。

それにしても何と美しく心に染み入る曲なのでしょう。それでは僕の愛聴盤をご紹介します。

504 プラハ室内管弦楽団(1993年録音/DENON盤) 指揮者を置かない団体なので演奏の自発性には優れますが、逆に表現意欲がやや薄く感じる部分もあります。長所でもあり短所でもあるというところです。けれども、弦楽パートが絡み合う美しさを堪能できるという点で、これ以上の演奏は中々無いと思います。録音が優秀なので、楽器の音そのものの美しさを充分味わえるのもメリットです。本当に何度でも繰り返して聴きたくなる曲で演奏ですので、これ1枚だけで充分と思えるほどです。

Cci00055bs ラフェエル・クーベリック指揮バイエルン放送響(1977年録音/オルフェオ盤) 指揮者を置いた演奏としては最高レベルです。クーベリックの表現意欲を感じます。残念なのは70年代のライブ録音なので、やや録音の粗さを感じます。悪いことは無いのですが、プラハ室内管の美しい音を聞いた後ではどうしても差を感じてしまいます。ですので、これは素晴らしい「新世界より」のCDに収録されたカップリング曲として楽しめば良いと思います。

これ以外の演奏で、忘れられないのはヴァーツラフ・ターリッヒがプラハ合奏団を指揮した演奏(1940年頃録音/スプラフォン盤)です。音と表現が少々時代がかってはいるものの、これ以上無いほどにノスタルジックな気分でいっぱいです。元々曲がそういう曲だけに非常に魅了されます。録音の古さを忘れさせるぐらいの素晴らしさです。    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

ドヴォルザーク 「スラヴ舞曲集」作品46&72 名盤

Pos_kati_4 ドヴォルザークの作品の中でも、非常に人気の高い珠玉の名曲集と言って良いでしょう。僕自身も大好きです。この舞曲集は、とても変化に富んで飽きさせませんが、それはこれが「スラヴ舞曲集」だからでしょう。というのも、「スラヴ」とは非常に大きな民族のカテゴリーで、現在のロシア、ウクライナからポーランド、チェコ、スロヴァキア、セルビア、クロアチア、ブルガリアまで含まれます。ですので、単に狭いボヘミア地方の舞曲集では無いのです。とは言っても作品46は大半がボヘミア舞曲ですので、チェコ&スロヴァキアの音楽と考えても悪いことは有りません。それに対して作品72は完全に「スラブ舞曲集」です。元々はブラームスの「ハンガリー舞曲集」に続く「柳の下の二匹目のどじょう」を狙ってピアノ連弾用に書かれましたが、ドヴォルザーク自身が管弦楽に編曲したこともあり素晴らしい作品となりました。第1集と第2集それぞれが8曲づつの合計16曲です。

「スラヴ舞曲第1集 作品46」

第1番「フリアント」は急速なテンポで激しいボヘミア舞曲です。ドヴォルザークは交響曲でも第6番のようにスケルツォ楽章にこのフリアントを取り入れている場合があり、非常に特徴的です。それもそのはず語源は「目立ちたがり屋」なのですね。きっと村の祭りで派手な連中がこの踊りを踊ったのでしょう。

第2番「ドゥムカ」は哀愁漂うスローな曲です。これは実はウクライナの舞曲なのですね。但し中間部は速いモラヴィア舞曲になっています。

第3番「ポルカ」はボヘミアの楽しい曲です。そういえば昔「老人と子供達のポルカ」なんて曲が流行りましたが、あれもポルカなのですかねぇ?

第4番「ソウセツカー」は収穫祭の後の踊りでボヘミアのワルツです。スローで哀愁と喜びの気分が交錯しますが、とても好きな曲です。

第5番「スコチナー」は早いテンポのボヘミア舞曲です。心が躍ります。

第6番「ソウセツカー」もやはり哀愁と喜びの気分が現れている曲で好きです。

第7番「スコチナー」はモラヴィア地方の民謡を題材にしているそうです。スケールも大きく魅力的で、この曲は非常に好きなのです。

第8番「フリアント」やはり第1集の絞めはフリアントです。初曲と終曲にもってくるだけあってやはりボヘミアの代表的な舞曲なのでしょう。チェコのオケのコンサートのアンコールにもよく使われます。

「スラヴ舞曲第2集 作品72」

第1番「オドゼメック」も急速なテンポのボヘミア舞曲ですが、中間部ではテンポをぐっと落として叙情的になり非常に魅力的です。

第2番「ドゥムカ」こそはこの曲集の白眉であり、単独でも広く愛されている名曲中の名曲です。なんという哀愁漂う絶美のメロディなのでしょうか。ヴァイオリン独奏にも編曲されていますが、そういえばこの曲は弾いたことが有りませんでした。そのうちに弾いてみたいです。

第3番「スコチナー」、第4番「ドゥムカ」、第5番「シュパチールカ」、「ポロネーズ」と続きますが、中では第5番シュパチールカが魅力的なボヘミア舞曲であり、途中からチャルダーシュのように盛り上がるのも楽しく、シンフォニックなアレンジがまた最高です。

第7番「コロ」はセルヴィアの大勢で輪になって踊る輪舞曲です。フリアントのように激しく楽しい曲なので大好きです。この曲もアンコールでよく演奏されます。

第8番「ソウセツカー」 第2集の終曲はゆったりとした曲が選ばれました。やはり第1集で大成功したので第2集では気分に余裕が生れたのでしょうね。

ということで僕の愛聴盤のご紹介をします。

Dvo_tah ヴァーツラフ・ターリッヒ指揮チェコ・フィル(1950年録音/スプラフォン盤) 少々古い録音ですが、この演奏は一度は聴くべきです。なぜなら「ターリッヒを聴かずしてチェコの演奏を語ること無かれ」だからです。後輩の指揮者達と比べると随分おらかな印象ですし、テンポも遅めです。けれどもこのゆったりと素朴な音にチェコの演奏の原点を聞く気がします。録音は良好ですが、24bitリマスターの最新盤は高音が固いので好みません。出来れば旧盤をお勧めします。

Cci00007m カレル・シェイナ指揮チェコ・フィル(1959年録音/スプラフォン盤) ターリッヒ、アンチェル時代のチェコ・フィルの副指揮者だったカレル・シェイナは余り知られた存在ではありません。けれども、やはり同国人ならではの血の通った指揮ぶりにはとても安心させられます。アンチェルやノイマンと比べるとずっと素朴で豪快な印象を強く受けるので、この曲集の場合にはそれがむしろプラスに感じられます。

Cci00007 ズデニェック・コシュラー指揮チェコ・フィル(1979年録音/スプラフォン盤) コシュラーの旧録音です。この人は必ずしも晩年の演奏が優れている訳でもないですし、若いころから天才的な表現力を持っているかと思うと、案外平凡な演奏をしたりと実に不思議な指揮者でした。この録音はチェコ・フィルの美音を生かしている点では後述のノイマン盤に引けを取らない名演奏ですが、素晴らしい新盤が有るので存在価値はいま一つです。

Tulqa_354773_l ヴァーツラフ・ノイマン指揮チェコ・フィル(1985年録音/スプラフォン盤) 何といってもオーソドックスな名演奏であり、一番安心して聴くことが出来る名盤だと思います。リズムの切れ、楽器バランスの良さ、職人的な上手さには文句が有りません。実はこれは大変なことなのです。チェコ・フィルの美音を忠実に捉えた録音も優れています。ノイマン/チェコ・フィルの来日コンサートのアンコールで聴いた生の音を思い起こさせます。

Cci00008 ズデニェック・コシュラー指揮スロヴァキア・フィル(1987年録音/ナクソス盤) 前述のチェコ・フィルとのスプラフォン盤の影が薄くなるほどの驚くべき名演奏です。私見ではコシュラーはスロヴァキア・フィルと最も相性が良く、「新世界より」や「我が祖国」に曲のベストを争う名盤を残しています。彼らはお互いに心から信頼し切った、謂わば最高の夫婦関係にあったのでしょう。羨ましい限りです・・・(?)。スロヴァキア・フィルは技術的にも優れていますが音色はローカルの味わいを持ち、決して「宮廷舞踏」では無い、農民達の素朴な踊りを感じさせてくれます。また作品72-2の「ドゥムカ」が最も美しいのもこの演奏です。録音も優秀ですし、これは廉価ナクソスレーベルの中でも飛びぬけて価値の高い名盤ですので絶対のお薦めです。

他ではセル/クリーヴランド管(CBS盤)やクーベリック/バイエルン放送響(グラモフォン盤)も悪くは有りませんが、僕はやはり本場の純血の演奏を好みます。中でもコシュラー/スロヴァキア・フィル盤とノイマン/チェコ・フィル盤の二つには充分過ぎるほど満足しています。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) | J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) | J.S.バッハ(協奏曲) | J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) | J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) | J.S.バッハ(管弦楽曲) | J.S.バッハ(諸々その他) | アントニオ・ヴィヴァルディ | イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) | エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 | グラズノフ | グリーグ | シベリウス(交響曲全集) | シベリウス(交響曲) | シベリウス(協奏曲) | シベリウス(室内楽) | シベリウス(管弦楽曲) | シューベルト(交響曲) | シューベルト(声楽曲) | シューマン(交響曲) | シューマン(協奏曲) | シューマン(器楽曲) | シューマン(声楽曲) | シューマン(室内楽) | ショスタコーヴィチ | ショパン(協奏曲) | ショパン(器楽曲) | ストラヴィンスキー | スメタナ | チャイコフスキー(交響曲) | チャイコフスキー(協奏曲) | チャイコフスキー(室内楽) | チャイコフスキー(管弦楽曲) | ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) | ドイツ・オーストリア音楽 | ドヴォルザーク(交響曲全集) | ドヴォルザーク(交響曲) | ドヴォルザーク(協奏曲) | ドヴォルザーク(室内楽) | ドヴォルザーク(管弦楽曲) | ハンガリー音楽 | ビゼー | ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 | フォーレ(声楽曲) | フォーレ(室内楽) | フランス音楽 | ブラームス(交響曲全集) | ブラームス(交響曲第1番~4番) | ブラームス(協奏曲:ピアノ) | ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) | ブラームス(器楽曲) | ブラームス(声楽曲) | ブラームス(室内楽) | ブラームス(管弦楽曲) | ブルックナー(交響曲第0番~3番) | ブルックナー(交響曲第4番~6番) | ブルックナー(交響曲第7番~9番) | ブルッフ | プッチーニ | プロコフィエフ | ベルリオーズ | ベートーヴェン(交響曲全集) | ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) | ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) | ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) | ベートーヴェン(協奏曲) | ベートーヴェン(室内楽) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) | マーラー(交響曲第1番~4番) | マーラー(交響曲第5番~7番) | マーラー(交響曲第8番~10番) | メンデルスゾーン | モーツァルト(交響曲) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) | モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) | モーツァルト(協奏曲:管楽器) | モーツァルト(器楽曲) | モーツァルト(声楽曲) | モーツァルト(室内楽) | モーツァルト(歌劇) | モーツァルト(諸々その他) | ラフマニノフ | ラヴェル | リヒャルト・シュトラウス | リムスキー=コルサコフ | ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) | ワーグナー | ヴェルディ(声楽曲) | ヴェルディ(歌劇) | 名チェリスト | 名ピアニスト | 名ヴァイオリニスト | 名指揮者 | 政治・経済問題 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人作品 | 映画 | 映画(音楽映画) | 歌舞伎 | 演奏会(オムニバス) | 舞踏&バレエ | 芸能・スポーツ | 読書 | 趣味 | 音楽やその他諸事 | 音楽(やぎりん関連) | 音楽(アニメ主題歌) | 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) | 音楽(ジャズ) | 音楽(ポップス) | 音楽(ロック) | 音楽(和楽)