ベルリオーズ

2012年9月13日 (木)

ベルリオーズ 「幻想交響曲」名盤 ~ミュンシュ以外も面白い!~

Berlioz_98558672_fe68888a2b3c4c52ab40212


フランス人は本当に洒脱です。ベルリオーズは失恋が原因で精神異常とも言えるほどに憔悴し切って作曲したというのに、この曲には「悲しみ」というよりは「情熱」と「美しさ」と「狂騒」がふんだんに詰まっています。服用したアヘンの影響も大きいのでしょうが、たとえば第4楽章「断頭台への行進」を聴いて下さい。冒頭こそ重々しい足取りで開始されますが、徐々に高揚してゆき、なんだかまるで「阿波踊り」のようなお祭り騒ぎです(そういえばリズムも似ています)。ギロチン台に連れて行かれる自分自身をこれほどおチャラかすのは、フランス人でなければ出来ない芸当でしょう。別の視点からは、ギロチン処刑の見物に集まった聴衆たちの楽しみと興奮ぶりという見方もあるのかもしれません。

そんなこの曲を聴くには、やはり総じてフランス人の指揮者が洒脱さを良く表現していて望ましいように思います。あるいはフランスのオーケストラによる音には華やかさと軽味が有って曲に相応しいと思います。
ただ、そうは言ってもフランス以外の演奏家にも好きな演奏は有りますし、フランス人でもピエール・ブーレーズの遅く荘重な、まるで司祭様が指揮したような第1回目の演奏も有りましたので一概には言えません。

さて、「幻想交響曲」と言えばミュンシュ、ミュンシュと言えば「幻想」ですので、前回はシャルル・ミュンシュ演奏の名盤をまとめてご紹介しました。そこで今回は、ミュンシュ以外の愛聴盤のご紹介です。

Berlioz-001 ピエール・モントゥー指揮サンフランシスコ響(1950年録音/RCA盤) モントゥーは「幻想」を得意としていて、これ以前にも1930年、1945年に録音し、ステレオ期にはウイーン・フィル、北ドイツ放送響との録音も有りました。この演奏は’45年に続くサンフランシスコ響との二度目の録音です。モノラル録音ですが非常に明瞭で、初期のステレオ録音を凌ぐほどです。それにしてもモントゥーの指揮は本当に表現力が豊かで、破天荒さではミュンシュに敵わないとしても、劇的な面白さではむしろ上回ります。特に4,5楽章では物理的な音響を越えた凄さが有ります。「幻想」は必ずしもミュンシュばかりでは無い(??)。

Berioz-img_1693 ピエール・モントゥー指揮ウィーン・フィル(1958年録音/DECCA盤) モントゥーの4度目の「幻想」はウィーン・フィルとの録音であることが一番の特徴です。フランス風とは異なる上品かつ潤いのある美音がDECCAによる明瞭なステレオ録音で聴くことが出来るので独特の魅力が有ります。2楽章、3楽章はウイーン・フィルのしなやかな弦楽に惚れ惚れとさせられますし、他の楽章でも”燃えに燃えた”とまでは行かないまでもかなりの熱演で迫力が有るのには驚かされます。

695ポール・パレ―指揮デトロイト響(1959年録音/マーキュリー盤) パレーの出す音は、フランス語の鼻に抜けるような発音では無く、ずっと明確な音です。基本テンポも速く、強固に引き締まった造形は、「フランスのムラヴィンスキー」と呼びたいところです。この曲でも、1楽章と5楽章の速さはミュンシュ以上に常軌を逸していて、大炎上する恋の炎の中に一直線に飛び込んでゆくかのようです。この曲はやはりこのような演奏でなければいけません。年代の割には録音も明瞭なので、演奏の真価を損なうことなく味わえます。ミュンシュ盤と聴き比べてみると楽しいです。

Berlioz-mg_2027 コンスタンティン・シルヴェストリ指揮パリ音楽院管(1960年録音/EMI盤) 意外なことにパリ音楽院管時代に正規ステレオ録音された「幻想」は少なく、せいぜいDECCAのアルヘンタとこのシルヴェストリぐらいです。ルーマニア出身のシルヴェストリですが、’50年代後半からEMIに多くの録音を残していて、その中でも白眉と言えるのがこの演奏です。この人の特徴であるじっくりとスケールの大きさを基調としながらも、ここぞという箇所では熱く煽ります。オーケストラの響きの魅力を生かしながら、ピチカートや対旋律を強調させて聴き慣れた曲にもハッとさせられます。録音も古い割りには上々ですし、ミュンシュ/パリ管と並べたいほどの名演奏です。この人が55歳で早世したのはつくづく惜しまれます。

Berlioz_fantasticイーゴリ・マルケヴィチ指揮パリ・ラムルー管(1961年録音/グラモフォン盤) 鬼才マルケヴィチは、ミュンシュやパレーが速いテンポでとことん燃え上がるのとは異なり、場面場面でテンポを大きく伸縮させていて、遅い部分では心の底に深く沈滞するような演奏です。それでいて高揚感にも不足は感じません。やはり曲の本質に迫った演奏で楽しむことが出来ます。但し、幾らか不満が残るとすれば、オケの響きと性能にもう一段高いレベルを望みたくなることです。

Belioz-81sdmmygswl_ac_sl1500__20230922105101 オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管(1963年録音/EMI盤) いかにもクレンペラー的な演奏です。確かに遅いテンポで曲の構造が良く見えますが、この破格の曲は余り楽しめません。1楽章では恋に狂う音楽家が随分と高齢に感じますし、2楽章の舞踏会では足元が覚束ない感じです。断頭台への行進が遅いのは場面から理解できますが、そのまま落ち着きっぱなしなのはどうかと思います。終楽章も遅く引きずるようですが、終結部はスケール巨大で圧巻です。ドイツ指揮者と英国の楽団なので演奏に洒落っ気が皆無なのは仕方無しです。

Img481e9336zikezjアンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管(1964年録音/Altus盤) 東京文化会館での歴史的な名演奏です。ドラマティックな表現や白熱度ではミュンシュに及ばないとしても、相当な熱気を帯びています。それでいて至る所に気品が漂うあたりはさすがにクリュイタンスです。オーケストラの音の香りの高さも絶品です。好みで、こちらを取る人も多いと思います。NHKによる録音は残響は少ないですが、当時としては優秀で、ミュンシュのパリ管ライブ盤よりも音質とバランスは上です。

Berlioz-614jcbt8wll_ac_ ジョルジュ・プレートル指揮ボストン響(1969年録音/RCA盤) 当然フランス音楽の得意なプレートルですが、この人の「幻想」は何故か話題に上りません。2度の録音を行っていますが、これは1回目の方です。ミュンシュ時代に鍛えたられたボストン響を熱く指揮しています。しかもオペラのような雄弁な語り口が非常に面白く、その点ではミュンシュを凌ぎます。至る所で不気味な雰囲気を醸し出すのも上手いです。4楽章で断頭台へ引き摺られて行くのもまるで場面を目の前にする様です。録音の鮮度こそ幾らか落ちますが、音は明瞭で充分に楽しめます。この曲のファンなら是非とも聴くべき名盤です。

Berlioz814kz0xrcl_ac_sl1413_ セルジュ・チェリビダッケ指揮スウェーデン放送響(1969年録音/WEITBLICK盤) チェリビダッケの「幻想」はミュンヘン・フィルとの1986年ライブ盤も出ていますが、これはそれより以前に当時音楽監督を務めたスウェーデン放送響とのライブです。チェリビダッケが、まだ後年の管弦楽の響きを徹底的に追及する独特のスタイルには至っていないので、いたって常識的な演奏です。しかし1楽章や終楽章の表現力は流石で中々に楽しめます。放送局の録音ですが音質は当時としては良好です。

Ozawa_berlioz小澤征爾指揮ボストン響(1973年録音/グラモフォン盤) 小澤がボストン響の監督になって初めて来日したのが1978年ですが、僕はその時に東京文化会館で「幻想交響曲」を聴きました。それは若き小澤の情熱と熱気がほとばしるような素晴らしい演奏でした。それに比べると、5年前のボストン響とのデビュー録音は、若々しく新鮮な演奏には違いありませんが、少々軽過ぎるように感じます。健康的な印象も、この曲にはどうかなと思ってしまいます。ただ、そうは言いつつも、若き小澤征爾の想い出深い演奏ですので忘れられません。

41sw57tffnl__ss400_ジャン・マルティノン指揮フランス国立放送管(1973年録音/EMI盤) ある意味では最もフランス的な演奏かもしれません。鼻に抜けるような軽味がいかにも生粋のパリジャンを想わせます。ドイツ系の血が流れるミュンシュやベルギー生れのクリュイタンスの力のこもった音とは明らかに異なります。沈み込むような深刻さは余り感じません。2楽章は録音当時としては少数派のコルネット入り版を使用しています。その洒脱な演奏が、いかにもパリの社交界の雰囲気です。

Berlioz-51lgf9nn9il_ac_ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル(1974年録音/グラモフォン盤) カラヤンの1964年盤に続く二度目の録音です。解釈は常套的で新鮮さはほとんど感じられません。しかしベルリン・フィルの優秀さはもちろんで、弦楽の音の美しさや金管のパワーは流石です。但しそれらは音響的な点であって、演奏が整然とし過ぎていて情念の迸りが感じられないので余り胸には迫りません。中では終楽章の沈み込むような重々しさが楽しめます。録音がホールトーン的で細部が聴き取り難いのは好みでは無いです。

Berlioz61wy1q41dms_ac_sl1024_ レナード・バーンスタイン指揮フランス国立放送管(1976年録音/EMI盤) バーンスタイン二度目の録音は理想的なフランスの楽団とのセッションでした。劇的な音楽とは滅法相性の良いバーンスタインですので名演は約束されたようなものです。表情豊かに緩急を付けて、この曲の激しさと狂気、そして美しさを十全に引き出して楽しませてくれます。オーケストラも音楽を知り尽くしていて、自主性に溢れた音が心地良いです。EMI録音ですので音がややウォームなのはやむなしです。

Berlioz-81i4dpcawxl_ac_sl1500_ ダニエル・バレンボイム指揮パリ管(1978年録音/グラモフォン盤) パリ管を創設したミュンシュ以来の「幻想」録音だったかと思います。それにしてもミュンシュは素晴らしいオーケストラを作ったもので早世が惜しまれます。しかしカラヤンを挟んで後任監督に就いた若きバレンボイムのこの録音も、高まる情熱の迸りが奔流のように流れ出ていて素晴らしいです。2楽章の流麗さがいま一つの他は文句無しです。パリ管の輝かしい音を捉えた録音も優秀です。バレンボイムはこの曲をその後も二度(シカゴ響、ベルリンPO)録音しましたが、この最初の録音は特筆ものです。

Berlioz71x9yulujal_ac_sl1200_ ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送響(1981年録音/オルフェオ盤) これはミュンヘンのヘラクレスザールでのライブです。ドイツ楽団の「幻想」を聴くことは珍しいですが、実演でのクーベリックは往々にして”阿修羅”と化しますので期待しました。そして実際に期待に応える演奏でした。終楽章こそ狂乱度合いがやや物足りないですが、全体の語り口が上手いので楽しめます。更にはフランスの楽団のような軽みと洒落っ気が加われば言うこと無しなのですが、これは無理な相談でしょうか。バイエルン放送局の録音ですが自然な響きで好感が持てます。

Berlioz-61gcddizdil_ac_ クラウディオ・アバド指揮シカゴ響(1983年録音/グラモフォン盤) シカゴ響のセッション録音ということも有り、緻密で完成度の高い演奏です。オペラの得意なアバドにこの劇的な作品は向いていると思いますが、であればいっそライブ録音で聴いてみたかったです。とは言え決して冷めている訳では無く、要所での追い込みや煽りは充分に興奮させてくれます。さすがにシカゴ響は優秀ですが、当然ながらフランスの楽団のような洒落っ気は有りません。4楽章の反復は余計でした。録音は優れていますが音像が遠いので、演奏会場の後方席で聴くようです。

Berlioz51bwur3vfvl_ac_ シャルル・デュトワ指揮モントリオール響(1984年録音/DECCA盤) フランス音楽には絶対的に定評のあるデュトワですし、デッカの録音もモントゥー盤とは比較にならないほど進化しています。加えて優秀なモントリオール響の精緻なアンサンブルと美しい音色が大変に好ましいです。但しこの曲の狂気感については大分希薄で、健康的に過ぎると言えなくもありません。この作品に何を求めるかで評価は異なると思います。

Berlioz51asvqcwrxl_ac_ リッカルド・ムーティ指揮フィラデルフィア管(1984年録音/EMI盤) ムーティもまたオペラを得意としていて、この曲に向いていそうです。イタリアオペラを振るときほどの熱さは無いとしても、充分に情熱的で興奮させられます。但し”狂気”というよりは健康的な印象を受けます。フィラデルフィアは非常に優秀で迫力も充分ですが、音色がアメリカ的で明るいのがその理由かもしれません。ムーティは2010年にもシカゴ響と再録音を行っていますが、やや大人しく成った様です。

Berlioz51czak17q6l_ac_ チョン・ミュンフン指揮パリ・バスティーユ管(1993年録音/グラモフォン盤) いわゆるパリ国立歌劇場のオーケストラで、ミュンフンが音楽監督時代の録音です。ストーリーテラーとして才能の有るミュンフンだけあって、場面場面の表情づけがとても豊かです。オーケストラも中々に優れていて、音にもフランスの香りが漂っていて楽しめます。しいて言えば狂気と熱気が更に加われば良かったように思います。2楽章ではコルネット付き版が使用されています。録音は非常に優秀で美しくかつダイナミックです。

Berlioz91dadi0ekjl_ac_sl1500_ ピエール・ブーレーズ指揮クリーヴランド管(1996年録音/グラモフォン盤) ブーレーズ二度目の録音ですが、最初のロンドン響とのCBS録音は遅いテンポで厳粛な雰囲気のユニークな「幻想」でした。それに比べると、ある意味”古典的”とも言えるようなスッキリとした演奏に成りました。ここには派手な劇的効果やおどろおどろしさは有りません。断頭台への行進から終楽章においても非常に落ち着いたものです。こういう「幻想」も有りかもしれませんが、やはり物足りなさは感じます。録音も前述したミュンフン盤の方が好ましいです。

1196100949小林研一朗指揮/チェコ・フィル(1996年録音/CANYON盤) コバケンはこの曲を得意にしていますが、実演で聴いたのは何年か前に東京文化会館でN響を指揮した演奏会です。それは非常にドラマティックな演奏で大いに楽しめました。このCDは相性の良いチェコ・フィルとの演奏ですが、弦も管も音が非常に美しく聞こえます。ただ、コバケンが本領を発揮するのは、やはりライブです。この曲にしては幾らか大人しく感じますが、CANYONの録音も優秀ですし、じっくりと聴くのには良い演奏です。

Eschenbachfantastiqueクリストフ・エッシェンバッハ指揮パリ管(2002年録音/NAIVE盤) パリ管の音を新しい優秀録音で聴けるのは魅力です。1楽章冒頭を思い入れたっぷりに開始するのはエッシェンバッハ調ですが、この曲にはピッタリです。弦楽の繊細さも印象的ですし、主部の盛り上がりについても上々です。2楽章は綺麗ですが、やや淡白。3楽章は静寂と詩情感に惹かれますし、後半は重く聴き応えが有ります。4~5楽章の狂気さはミュンシュには及びませんが、パリ管は流石に手の内に入った演奏ぶりで安心して聴いていられます。ただ4楽章のリピートは一度断頭台に向かった死刑囚が再び刑務所に戻るみたいで好みません。終楽章は二対のティンパニーと大太鼓の迫力に圧倒されます。

Berlioz-61tf3c6tl_ac_sl1212_ レナード・スラットキン指揮リヨン国立管(2011年録音/NAXOS盤) フランス第二の都市のオケだけあって特に管楽器などは洒脱な音が魅力です。それでいてどこか田舎臭さを残すようなのが良いです。スラットキンも余り神経質で無く、どちらかいえば大柄な、しかし随所に面白さの有る指揮ぶりで良い相性です。4、5楽章がややまったり気味で白熱度に欠ける感が無きにしも非ずですが、2楽章のコルネット入り版が併録されているのは気が利いています。録音は新しい割りに柔らかく暖色系の音造りです。

というわけで、どれもが個性的な演奏で魅力が有ります。「幻想交響曲」はミュンシュ以外も面白い!お勧めは第一にシルヴェストリ、続いてはモントゥーの二種、パレー、クリュイタンス、プレートル、バーンスタイン、バレンボイム、エッシェンバッハあたりでしょうか(多いな!)。

<関連記事>
ベルリオーズ 「幻想交響曲」 シャルル・ミュンシュの名盤

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

ベルリオーズ 「幻想交響曲」 ~シャルル・ミュンシュの名盤~

Berlioz897
ベルリオーズの作曲した「幻想交響曲」の解説で、必ず登場するのがアイルランド出身の女優ハリエッタ・スミスソンです。彼女は15歳で地元ダブリンの劇場でデビューして、18歳の時にロンドンへ移りますが成功しませんでした。けれども28歳の時にフランス、パリのオデオン座でシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」や「ハムレット」でヒロイン役を演じると一躍人気女優となりました。

220pxhenrietta_smithson
当時25歳のベルリオーズは、その公演を観て彼女に激しい恋心を抱き、劇場に通い詰めては、彼女にせっせと求愛の手紙を送りましたが、既に人気女優となったハリエッタが、まだ無名で3歳年下のベルリオーズに振り向くわけは有りません。

失恋したベルリオーズは徐々に彼女に憎悪の念を抱くようになり(まぁ、よく有る話です)(笑)、アヘンを服用しながら、この「幻想交響曲」を作曲しました。「恋に深く絶望し、アヘンを吸った、豊かな想像力を持つある芸術家」の物語を音楽で表現したのですが、それが自分自身であったことは言うまでもありません。

その後、徐々に名が知られてきたベルリオーズは女流ピアニストと恋愛して、またも破断の目に遭います。そして、29歳の時にパリで「幻想交響曲」の演奏会を開きますが、ちょうど同じ時に、あのハリエッタ・スミスソンの劇団がパリに滞在していたために、偶然彼女は演奏会に出向きました。彼女はベルリオーズのことなどは、すっかり忘れ去っていましたし、ましてや演奏曲目が自分自身を主題にしたなどとは全く知らなかったのです。ところがプログラムに書かれた解説を呼んでいるうちに、それが自分のことであるのに気が付き、大変な衝撃を受けました。

その演奏会をきっかけに二人の交際が始まり、翌年には結婚しました。いやー、天才芸術家の人生は何ともドラマティックですね。もっとも二人の仲は結婚後に徐々に冷え込んでゆき、結局は離婚してしまいますが・・・。

ここで、曲の物語の概略を記しておきます。

病的な感受性と想像力に富んだ若い音楽家が、恋の悩みに絶望してアヘンによる服毒自殺を図る。彼は重苦しい眠りの中で奇怪な幻想を見て、彼の病んだ脳の中に音楽的な映像となって現れる。

第1楽章「夢・情熱」
彼は情熱の熱病、憂鬱、喜びをわけも無く感じ、愛する彼女を見る。そして彼女が呼び起こす火山のような愛情、胸を締めつけるような熱狂、発作的な嫉妬、優しい愛の回帰、厳かな慰み。

第2楽章「舞踏会」
ある舞踏会の華やかなざわめきの中で、彼は再び愛する彼女にめぐり合う。

第3楽章「野の風景」
ある夏の夕べ、野原で羊飼いが吹く笛を聞く。風にそよぐ木々のざわめきが心に平安をもたらす。しかし彼女が再び現れ、不安で心が締めつけられる。遠くの雷鳴、孤独、静寂。

第4楽章「断頭台への行進」
彼は夢の中で愛する彼女を殺し、死刑を宣告され、断頭台へと引かれてゆく。そして行進は、最後の愛の思いのように、死の一撃によって遮られる。

第5楽章「魔女の夜宴の夢」
魔女の饗宴の場に居る自分。周りには亡霊や化け物が、彼の葬儀に集まって大騒ぎをしている。そこへ殺した彼女が娼婦のような姿に変わり果てた姿で現れて悪魔の大饗宴に加わる。弔の鐘が鳴り、もはや饗宴と怒りの日がいっしょくたになってしまう。

交響曲というジャンルに、これほどまでの物語性を込めたのは音楽史上初めてのことであり、シューベルトやウエーバーから始まったロマン派が飛躍的に進化した記念碑的な作品となりました。全5楽章という構成も形にとらわれずにユニークですし、各楽章が全て個性的で魅力にあふれます。燃え上がるほどに情熱的な第1楽章、美しく華やかにもかかわらず翳りを感じる第2楽章、美しく静寂と葛藤が交錯する第3楽章、乱痴気騒ぎの行進曲だがアイロニーに溢れた第4楽章、正に踊り狂う大饗宴の第5楽章と、どの楽章も非常な傑作です。見ようによっては2楽章のワルツはメヌエット楽章の異形、4楽章の行進曲はスケルツォ楽章の異形と考えられなくもないような気がします。

また、管弦楽の色彩感の豊かさも驚くほどです。ティンパニーを倍にしたアイディアと演奏効果は抜群です。第2楽章にはベルリオーズ本人の手で後からオブリガート的に書き加えられたコルネット入りの版が有りますが、パリの社交界の華やかさが強調されているように感じられます。最終稿では再び削除されていますが、このコルネット入り版も多く録音されています。そして、第5楽章で使われる弔いの鐘も極めて印象的です。

この曲こそは、近代管弦楽の元祖だと言えるでしょう。ベートーヴェンの時代から、まだほんの僅かの時間しか経っていないというのに、ベルリオーズは驚くほどの天才でした。

この曲を演奏する場合には、標題音楽である以上、この破天荒な内容に相応しい演奏で無ければなりません。そうなると、昔からこの曲のスペシャリストとして余りに有名なシャルル・ミュンシュを第一に上げるのが、やはり妥当だと思います。他のどんな指揮者と比べてもミュンシュの演奏は情熱的であり、炎の中に飛び込むような切羽詰まった感情を表現し尽しているからです。基本テンポは相当に速いのですが、音を溜めるべきところではグッと溜めて力を込めた音を鳴らします。ですので他の誰よりも聴き応えが有ります。

ミュンシュの「幻想」には多くの録音が残されていますが、その中から僕の愛聴盤をご紹介します。

Berlioz001 シャルル・ミュンシュ指揮ボストン響(1960年録音/Altus盤) ミュンシュと手兵のボストン響との日本でのライブ録音です。会場は日比谷公会堂で、NHKによるステレオ録音です。演奏は凄まじく、特に4、5楽章では江戸の火消しが水を被り、火事場に飛び込んでゆくような趣です。確かに興奮は誘われますが、せかせかと落ち着きのない爆演ではあります。全体の演奏時間は44分ほどで、最短記録かもしれません。録音は古い日比谷公会堂で残響はほぼゼロですが、音は明瞭です。テープ劣化による音の揺れが多く見受けられますが、私はそれほど気には成りません。

Munch592シャルル・ミュンシュ指揮ボストン響(1962年録音/RCA盤) ミュンシュのRCAへのステレオ録音には1954年盤と1962年盤の二種類が有りますが、私は62年盤で聴いています。RCAの録音が優れているので、最も録音条件の良いミュンシュの録音を聴きたければこのディスクがお勧めです。但しパリ管盤と比べると演奏が整い過ぎていて、ミュンシュにしては少々大人しい印象を受けます(他の指揮者と比べれば充分に熱いのですが)。それに団員の半分近くがフランス系だった当時のボストン響とはいえ、金管の音色などはやはりアメリカ的です。あくまでもパリ管盤の補完的存在と考えるべきです。

Munch_france_radioシャルル・ミュンシュ指揮フランス国立管(1963年録音/ディスク・モンターニュ盤) リスボンでのライブです。モノラル録音ですが、音のバランスが良いので聴き易いと言えます。後年のパリ管との演奏に比べると、表現の幅では幾らか聴き劣りしますが、終楽章などでは、さすがにミュンシュのライブだけあって、凄まじい熱演となっています。但しパリ管のライブ盤が出てしまった以上は、モノラル録音である当盤の存在意義は非常に薄れてしまったと言えるでしょう。

Munch346シャルル・ミュンシュ指揮パリ管(1967年録音/EMI盤) ミュンシュの、そしてこの曲の代表盤として昔から定評のある演奏です。パリ音楽院管が発展して、パリ管に新たに生まれ変わりましたが、フランス文化省の肝入りだけあって、名実ともに大成功となりました。とにかくオーケストラが異常なほどに熱く燃え上がった演奏です。破天荒なこの名曲は、やはりこのような破格の演奏でなければいけません。管楽器の音色などはやはりフランスの音でボストン響とは一味違います。問題は元々の録音が余り明瞭でないために、デジタルマスタリングを高音域強調にしてしまい、音が耳に刺激的なことです。僕のアナログ盤は米Angel盤ですが、弦のふわりとした柔らかさが心地良いです。CDは、国内盤も海外盤(写真)も大きな違いは有りません。

Munch_liveシャルル・ミュンシュ指揮パリ管(1967年録音/Altus盤) 有名なEMI録音から1か月後にシャンゼリゼ劇場でパリ管創設記念演奏会が開かれました。これはその時のライブです。3年前に初めて聴いた時には、残響の少ないデッド気味の音質にやや聴きづらさを感じましたが、耳が慣れると、その生々しい音にむしろ好印象を受けます。スタジオ録音で、あれほどの熱演をしていたミュンシュ/パリ管が実演のそれも記念演奏会となれば、どうなるかは想像出来ますが、果たして予想通りか、それ以上の熱演です。表情の彫は深く、溶解寸前まで熱くなっている演奏を言葉では到底表せません。EMI盤と合わせて座右に置きたい歴史的な名盤です。

この他にも、ボストン響との1954年スタジオ録音や、ブダペストでのハンガリー放送響との1966年ライブ録音もありました。けれども究極的には、やはりパリ管とのEMI盤とライブ盤の二つに尽きると思います。

「幻想交響曲の演奏はミュンシュに限る」と言っても過言では無いと思いますし、それで少しも困りはしないのですが、これほどの名曲がそれではやはり勿体無いので、次回はミュンシュ以外の愛聴盤についてご紹介する予定です。

<関連記事>
ベルリオーズ「幻想交響曲」 ミュンシュ以外の名盤

| | コメント (26) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.ヴィヴァルディ G.F.ヘンデル J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器、管楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) イギリス音楽(ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、デーリアス他) イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) ウェーバー エルガー グラズノフ グリーグ サン=サーンス シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽曲) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(器楽曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽曲) シューベルト(管弦楽曲) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽曲) ショスタコーヴィチ(交響曲) ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スペインの音楽(ファリャ、ロドリーゴ他) スメタナ チェコ、ボヘミア音楽 チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽曲) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽曲) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハイドン(交響曲) ハンガリーの音楽 ビゼー フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽曲) フランク フランス音楽(ドリーヴ、プーランク、サティ他) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽曲) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲全集) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽曲) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) ベートーヴェン(歌劇、声楽曲) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(声楽曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽曲) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ヨハン・シュトラウス ラフマニノフ(交響曲) ラフマニノフ(協奏曲) ラフマニノフ(室内楽曲) ラヴェル リヒャルト・シュトラウス(楽劇) リヒャルト・シュトラウス(歌曲) リヒャルト・シュトラウス(管弦楽曲) リムスキー=コルサコフ レスピーギ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフ他) ワーグナー(楽劇) ワーグナー(歌劇) ワーグナー(管弦楽曲) ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)