シューベルト(室内楽)

2017年6月13日 (火)

シューベルト 「アルペジオーネ・ソナタ」 名盤 ~三種の神器~

「アルペジオーネ・ソナタ」イ短調D821は、いかにもシューベルトらしい美しく抒情的なメロディで人気の高い曲です。

もともとこの曲はアルペジオーネ(もしくはアルペジョーネ)という楽器のために作曲されたのでこのタイトルが付いていますが、それは一体どのような楽器かというとこんな外見をしています。

Arpeggioneseen_edited

アルペジオーネは19世紀前半にウイーンのギター職人シュタウファーによって発明されました。チェロをやや小さくしたような形をしていて、同じように足の間に楽器を立てて弦を弓で弾きます。一番似ているのはバロックのヴィオラ・ダ・ガンバです。

大きな特徴は6弦でチューニングがギターと同じこと、またフレットがあることから「ギター・チェロ」とも呼ばれていましたした。けれどもこの楽器は世に広く普及することは無く、じきに忘れられた存在になりました。

アルペジオーネのために書かれた曲の楽譜は余り残されておらず、せいぜいシューベルトのこの作品ぐらいです。

この楽器が一体どのような音がしたのか実際に聴いてみたくなりますが、なにしろ復元楽器も演奏者も限られています。

Schubert41nesgrx50l
クラウス・シュトルク(Ar)、アルフォンス・コンタルスキー(Pf)(1974年録音/アルヒーフ盤)
ディスクは非常に限られますが、とりあえず復元されたアルペジオーネでの演奏を聴くことが出来ます。音と演奏は現在我々が良く耳にするチェロのものとは驚くほど異なります。しいて言えばやはりヴィオラ・ダ・ガンバに近い音です。シュトルクは極めてゆっくりと演奏しているので、全体はまったりとして素朴な音がますます素朴に感じられます。悪く言えば間延びした印象です。確かに一度は聴いてみる価値が有ると思いますが、これを果たして繰り返して聴きたくなるかと言えば正直疑問です。しかしもちろんそれは聴き手の問題ですので、実際にご自分の耳で試されて頂きたいです。

さて、次は一般的に演奏されることの多いチェロによる演奏です。ところが4弦しかないチェロでは高音域の音や音の跳躍が多くなるために実は演奏がとても難しくなります。

Schubert513q6o0mkwl
ダニール・シャフラン(Vc)、リディア・ぺチェルスカヤ(Pf)(1960年録音/RCA盤)
シャフランは旧ソヴィエトからほとんど外へ出なかったために余り知られていませんが、母国ではロストロポーヴィチと実力と人気を二分した名手です。事実コンクールでも二度ロストロポーヴィチと二人で第一位を分け合いました。この曲では珍しくRCAに録音された演奏がCD化されています。速いテンポでこの難曲を軽々と弾いていますが、高音部の音程は完璧、頻繁に切り替わるスタッカートとレガートも明確に弾き分けています。歌い回しは自在で、そこかしこに豊かなニュアンスが溢れているのは驚きです。時折大きなルバートも見せますが基本のテンポの流れは崩さずに颯爽と進むのでロマン派風な粘りが感じられません。不思議とシューベルトの古典性が感じられます。有り余るテクニックを駆使していても表面的には抒情性が浮かび上がるという凄い演奏です。ぺチェルスカヤのピアノも優れています。

Schubert_swscan00025
ミシャ・マイスキー(Vc)、マルタ・アルゲリッチ(Pf)(1984年録音/フィリップス盤)
チェロで弾くとこの曲はどうしても派手で技巧をこらしたようになり、オリジナルとはかけ離れた異形の音楽になりがちです。しかし叙情派のマイスキーが弾くと全くそんなことはありません。しっとりと落ち着いていてダイナミクスをことさら強調するような箇所がありません。全体にテンポが遅くゆったりとしているのでロマン派風に聞こえます。古典派とロマン派の境目に立つシューベルトでは無く、まるでシューマンのように叙情ロマン派とでも呼びたくなるような魅力に溢れます。アルゲリッチも奇をてららった表現が目立つようなことは無くオーソドックスに徹しています。しかし漂うロマンの香りは確かにアルゲリッチのそれです。テンポの変化は有りますが振幅の巾が大きいので違和感なく落ち着いて音楽に浸れます。

現代の楽器でこの曲を演奏するとすれば、アルペジオーネの音色に近いのはチェロよりもむしろヴィオラでしょう。ところがヴィオラのソリストというのは少ないためにCDの数もチェロに比べてずっと少ないです。

Schubert4176pbkxfl
ユーリ・バシュメット(Va)、ミハイル・ムンチャン(Pf)(1990年録音/RCA盤)
ヴィオラとくればやはりバシュメットの演奏は本命です。この曲をヴィオラで弾くとチェロのように高音部が難所だらけということは無く、むしろアマチュアでも一応は弾ける曲となります。バシュメットのような名人にとってはこの曲は朝飯前の易しい曲でしょう。そこで表現力を駆使して面白く聴かせようということになります。基本テンポはゆったりとしていても、ルバートを多用しながら刻々と表情の変化を付けていきます。しかしそのために、オリジナルの音に近いはずの楽器の割には素朴さを感じさせない結果となっています。この表情の余りの豊かさは聴き手の好みにより評価が大きく左右されるところでしょう。ムンチャンのピアノは室内楽に経験豊富なベテランだけあり素晴らしいです。

三種類の楽器それそれに特徴が有るので、CDは最低各一枚づつ欲しいところです。しかしどれか1種類だけ選べと言われた場合には自分ならマイスキー/アルゲリッチ盤を選ぶでしょう。

もうひとつバロックチェロによる演奏も良さそうですが、お奨めの演奏が有れば知りたいですね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)