モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン)

2014年5月 4日 (日)

モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲変ホ長調K.364 名盤

Original_2

今日の曲は、モーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラの為の協奏交響曲K364」ですが、これは本当に素晴らしい名曲です。ヴァイオリン協奏曲の第3番、4番、5番と比べても曲の充実度において、それらを凌ぐ傑作だと思います。3曲の協奏曲を誉め讃えたアインシュタインも、この協奏交響曲については「モーツァルトがヴァイオリン・コンチェルトで追及したものの頂点である」と述べています。

曲は下記の3楽章構成です。

第1楽章アレグロ・マエストーソ
第2楽章アンダンテ
第3楽章プレスト

この曲は、もちろんコンチェルトのカテゴリーに含まれますが、「協奏交響曲」というタイトルからもシンフォニックな色合いが濃いです。また、独奏楽器が2台のいわゆる”二重協奏曲”なのですが、ヴァイオリンとヴィオラにはカバーする音域こそ異なっても、どの楽章に於いても全く同じ音型が与えられていて、お互いが後に先にとそれを繰り返すように書かれています。”二重協奏曲”に夫婦の意味合いを込めたのはブラームスでしたが、モーツァルトのこの協奏曲では、『外に出て稼ぐのは夫、家事をするのは妻』という昔ながらの役割分担ではなく、『夫も妻も外で仕事をこなし、家事も育児も公平に分担する』という、非常に欧米的な新時代の関係になっています。安倍総理は”女性の社会進出”を積極的に進めたいと訴えていますが、そのためには例えば育児休暇を夫が妻と半年交代で取得できるような社会の仕組みが確立されなければなりません。でなければ、結局は女性に家事の負担が重なるだけですし、社会進出の為に結婚も子育ても犠牲にするようないびつな構造になります。「女性の社会進出」が「晩婚化」「少子化」に増々拍車をかけるだけの結果になりかねません。

大きく話が脱線しましたが、それぐらい”男女平等の精神”を実践したような名曲です。さすがはモーツァルトです。

それはさておき、かつてアマチュアでヴィオラを弾いていた頃に、演奏をしたい”憧れの曲”と言えば、ブラームスのヴィオラ・ソナタでしたが、さすがに難し過ぎて手も足も出なかったです。その点、このモーツァルトの協奏交響曲は名曲の割に、アマチュアが一応弾くにはそれほど難しく無いので、よく一人でヴィオラパートだけを弾いて遊びました。
そこで、押入れから本当に久しぶりに楽器を引っ張り出してきて弾いてみましたが、ブランクが余りに長くて、指が全く言うことを聞いてくれません。音符を一つづつ確かめて、たどたどしく追って行くしか無いのですが、それでもとても懐かしく楽しかったです。やはり楽器は良いですね。

ということで、僕の愛聴盤紹介に移ります。

1198020932 アルトゥール・グリュミオー(Vn)、アッリゴ・ペリッチャ(Va)、コリン・デイヴィス指揮ロンドン響(1964年録音/フィリップス盤) LP時代から愛聴して来た演奏です。デイヴィスの名伴奏に支えられて、独奏の二人が生き生きと名曲を奏でています。グリュミオーが素晴らしいのはもちろんですが、イタリア人のペリッチャがそれに少しもひけを取りません。2楽章での綿々と歌い、沈み込んでゆくような雰囲気も最高です。正に何一つ文句の付けようの無い名演奏だと思います。

419v6708bpl トマス・ブランディス(Vn)、ジュスト・カッポーネ(Va)、カール・ベーム指揮ベルリン・フィル(1964年録音/グラモフォン盤) ベームの指揮は実に風格が有ります。愉悦感に不足しますし、2楽章のムードも今一つですが、この曲を”交響曲”のように立派に演奏したものとしては最右翼ではないでしょうか。独奏の二人も余り目立とうとせずに管弦楽に溶け込もうとしているように感じられます。そういう点ではユニークな演奏だと思いますが、カッポーネのヴィオラが少々弱いのが気に成ります。

Mi0000955220 イーゴリ・オイストラフ(Vn)、ダヴィド・オイストラフ(Va&指揮)、ベルリン・フィル(1972年録音/EMI盤)  同じベルリン・フィルを指揮してもベームのような風格はありませんが悪く無いです。2楽章のドラマティックなうねりなどは圧巻です。オイストラフのヴィオラは上手いですが、ヴィオラらしい音の厚みに不足するので、何となくヴァイオリンが2台で弾いているようです。イーゴリのヴァイオリンも悪くありませんが、さりとて特別な魅力は有りません。それに二人ともダイナミックでやや繊細さに不足するようにも感じられます。

428 ゲルハルト・ヘッツェル(Vn)、ルドルフ・シュトレングVa)、リッカルド・ムーティ指揮ウイーン・フィル(1974年録音/オルフェオ盤) ウイーン・フィルの首席同士が独奏を務めるザルツブルクでのライブです。生演奏ということも影響して、ベーム盤以上にソロが目立ちにくい録音ではあります。ヘッツェルは元々ユーゴスラヴィア生まれで必ずしも生粋のウイーン風の弾き方ではありませんが、これをムーティ/ウイーン・フィルの”交響曲的”演奏として聴く分には中々に味わいが有って良いです。

ということで、上記の内で”完全無欠のモーツァルティアン”??を満足させてくれる演奏は、アルトゥール・グリュミオー/アッリゴ・ペリッチャ盤です。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2014年4月30日 (水)

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調K.219「トルコ風」 名盤

Mozart5

モーツァルトが20歳になる一か月前に書き上げたヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」K.219は、彼の最後のヴァイオリン協奏曲です。第3番や第4番も素晴らしい作品でしたが、第5番は音楽の充実度において更に進化を遂げた”最高傑作”と呼んで良いと思います。この曲の副題が「トルコ風」というのは、第3楽章にトルコ行進曲風のリズムが現れるからです。

もちろんこの曲でもフランス的なギャラント趣味は失われていませんが、第4番以上にドイツ・オーストリア的な曲想から成っています。

第1楽章アレグロ・アぺルト オーケストラによる提示部に心が涌きたてられた後、ヴァイオリンの序奏から主題に移ってゆく音楽の流れの素晴らしさにはほとほと感心します。主部では躍動感とチャーミングさが絶妙に融け合っているのが最高です。

第2楽章アダージョ 何という魅力的なアダージョなのでしょうか。ためらいがちに登場するヴァイオリン独奏のいじらしさには心が震える思いです。

第3楽章ロンド、テンポ・ディ・メヌエット 主部は素晴らしく優雅なメヌエットですが、中間部でアレグロに変り「トルコ行進曲」が登場します。トルコの軍隊が行進するときの太鼓を表すのに、この曲では打楽器が使われていません。モーツァルトはその代わりに弦楽器に”コル・レーニョ”という弓の裏側の木の部分を使って弦をビシビシと叩く演奏法を取り入れることによって、太鼓を表現しているのです。このコル・レーニョ奏法は、ベルリオーズの「幻想交響曲」やマーラーの幾つかの交響曲などで使われていますが、有名な作品に使われた例としてはこの曲が最初ではないでしょうか。もしかしたらモーツァルトの発案なのかもしれませんが、そこのところは良く分りません。
優雅なメヌエットとダイナミックなトルコ行進曲の対比が抜群のこの楽章は本当に愉しさ一杯です。

それでは、この曲の愛聴盤のご紹介です。

Ferras8c_2 クリスチャン・フェラス独奏、アンドレ・ヴァンデルノート指揮パリ音楽院管(1960年録音/EMI盤) フェラスのヴァイオリンの音はギャラント風のモーァルトとしては最上の一つだと思います。軽いリズム感と切れの良さは大切な要素なのですが、余りに過ぎた”小股の切れ上がり”も自分の好みから外れてしまいます。相変わらず装飾音のセンスの良さには溜息が出ますが、それが少しもしつこさを感じさせません。常に青春の瑞々しさを失わないのです。但し2楽章に陶酔感が幾らか不足しているようには感じられます。

61rtc442gfl アルトゥール・グリュミオー独奏、コリン・デイヴィス指揮ロンドン響(1961年録音/フィリップス盤) グリュミオーもギャラント風のモーァルトとして最上のものです。初々しさにおいてはフェラスの方が上ですが、逆にグリュミオーは歌い回しの素晴らしさだけでなく表情に艶っぽさが増していて、これもまた非常に魅力的です。1、3楽章での切れの良さはもちろんですが、2楽章の甘い陶酔感もフェラスを遥かに凌駕しています。デイヴィスの伴奏するロンドン響も、表情づけと躍動感が非常に素晴らしいです。フィリップスの柔らかい録音も優秀です。

41wcfg0pb0l ヴォルフガング・シュナイダーハン独奏、指揮ベルリン・フィル(1967年録音/グラモフォン盤) フェラス、グリュミオーとギャラント風の演奏を聴いた後だと、シュナイダーハンの落ち着いたウイーン・スタイルの魅力を改めて感じます。それは決して躍動感が損なわれているわけでは無く、歌い回しに常にゆとりが有るからです。2楽章もゆっくりとしたテンポで柔らかく歌い、しっとりとした情緒が一杯にこぼれますが、妙にベタベタすることはありません。こうした味わいは、やはりウイーンの音楽家ならではです。

685 ダヴィド・オイストラフ独奏、エフゲニ・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル(1956年録音/オルフェオ盤) ロシア演奏家がウイーンに乗り込んでのライブ録音です。オイストラフは”ロシア風”ということではありませんが、初々しさからは遠い演奏です。歌い回しに、どうしてもくどさや粘り気を感じてしまいます。レニングラード・フィルも部分的にリズムがコケていたりして、この曲の伴奏は余り経験をしていないように感じられます。非常に興味をそそられた組み合わせの割には聴後の感動は薄かったです。モノラル録音ですが音質は水準以上です。

Menuhin_violin_con_02 ユーディ・メニューイン独奏、指揮バース祝祭室内管(1961年録音/EMI盤) 晩年のメニューインはテクニック的には聴き劣りしますし、豊麗な音色を持っているわけでも有りません。けれでも落ち着いたテンポで常に音楽にゆとりを感じさせます。”小股の切れ上がった”演奏からは程遠い存在ですが、どの部分でもじっくりと弾き込んでいて、フレージングの端々から慈愛を一杯に感じさせてくれます。オーケストラは超一流とは言い難いですが、指揮振りですので、アンサンブルの呼吸はピタリと合っています。

51fi6elzyl モニカ・ハジェット独奏、指揮エイジ・オブ・インライトゥメント管(1993年録音/ヴァージン盤) ハジェットのモーツァルトとしても最高の出来栄えですが、なによりもハジェットの大胆な歌い回しによる豊かな表現力に脱帽します。それでいて、わざとらしいあざとさが全く感じられない自然さが凄いです。モーツァルトの演奏はどちらか言えば現代楽器の豊かな音を好みますが、この演奏の持つオーケストラも含めて古雅で美しい響きに心から魅了されてしまいます。3楽章のコル・レーニョが凄まじい叩き方で驚かされますが、メンバーの弓を心配してしまいます。(笑)

ということで、この曲のマイ・フェイヴァリットとしては、アルトゥール・グリュミオー盤、ヴォルフガング・シュナイダーハン盤、そしてモニカ・ハジェット盤の3つです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第4番ニ長調K.218 名盤

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番は、フランス的なギャラント・スタイルの第3番に続いて作曲されましたが、前作に比べると幾らかドイツ・オーストリア的な色彩が強くなりました。とは言え、やはり若きモーツァルトの作品だけあって、非常にチャーミングなことには変わり有りません。個人的には第3番と第5番が特に好きなのですが、第4番にもやはり惹かれます。この曲は第1楽章冒頭に登場する旋律から、よく「軍隊」の名で呼ばれます。

第1楽章アレグロ 冒頭の提示部の管弦楽による第1主題の勇壮な旋律が軍隊ラッパを想わせるのが、「軍隊」の呼び名の起こりです。但し、この主題が曲中で展開して使われることは無く、全体的には”軍隊”と言うには余りに華麗です。

第2楽章アンダンテ・カンタービレ ”セレナード”にでも使われそうな落ち着いた雰囲気のアンダンテですが、独奏ヴァイオリンは淡々としていながらも魅惑の極みです。

第3楽章ロンド 優雅さの有る軽やかなロンドですが、中間で出てくる変奏曲がとてもチャーミングで魅了されます。

それでは、愛聴盤をご紹介します。

Ferras8c_2 クリスチャン・フェラス独奏、アンドレ・ヴァンデルノート指揮パリ音楽院管(1960年録音/EMI盤) フェラスの弾くモーツァルトは本当に魅力的です。彼の清潔感の漂う美しい音は若く美しいパリジェンヌを連想させます。それは、まだ男性を手玉に取るような術を覚える前の初々しさを感じさせます。ヴァンデルノートの伴奏もまた、若く誠実な青年のようであり、”パリの散歩道”をピタリ寄り添ってエスコートしている雰囲気です。2楽章ではそんな二人が甘く恋を語らっているかのようであり、とても幸せな気持ちになってしまいます。いやぁ、若いっていいなぁ。これはEMIのボックスです。

61rtc442gfl アルトゥール・グリュミオー独奏、コリン・デイヴィス指揮ロンドン響(1962年録音/フィリップス盤) グリュミオーの弾くモーツァルトも実に魅力的です。やはり若い美人パリジェンヌを連想させますが、フェラスよりも艶っぽさがずっと増しています。この辺りは好みでしょうが、オトコとしては両方とも彼女にしたいところです。デイヴィスの伴奏は毅然とした立派なもので、正に青年将校のような風格が有り「軍隊」らしさが出ています。当時のフィリップスのアナログ録音は非常に柔らかく美しいです。

41wcfg0pb0l ヴォルフガング・シュナイダーハン独奏、指揮ベルリン・フィル(1965-7年録音/グラモフォン盤) ウイーン出身のシュナイダーハンとベルリン・フィルの組み合わせですと、パリの空気がすっかり消え去さって、ドイツ/オーストリア風に聞こえますが、こちらのほうがこの曲の本来の姿ではあるでしょう。特にシュナイダーハンのヴァイオリンがウイーン風に柔らかく奏でられていて素晴らしいです。2楽章などはさしずめ、”ウイーンの森での語らい”です。これだけのソロを聴かせられる人が果たしてその後のウイーンに現れたでしょうか。

51fi6elzyl モニカ・ハジェット独奏、指揮エイジ・オブ・インライトゥメント管(1993年録音/ヴァージン盤) ハジェットにしては表現が控え目で端正な演奏です。古楽器による演奏としては充分に満足できる出来栄えなのですが、彼女であれば更にモーツァルトらしい自由奔放さと愉悦感を期待してしまいます。2楽章の歌も余りに淡々とし過ぎていて食い足りなさを覚えます。但し、オーケストラの響きは古雅でとても美しく文句無しです。

ということで、この曲のマイ・フェイヴァリットとしては、”パリの散歩道”のクリスチャン・フェラス盤と”ウイーンの森”のヴォルフガング・シュナイダーハン盤、ズバリこの二つです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K.216 名盤

Mozart1

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲は全部で5曲有りますが、第1番が書かれた翌々年に残りの4曲がまとめて書かれました。ですので、ほぼ同時期に書かれたことになりますが、曲の充実度においては第3番以降の3曲が圧倒的に優れています。モーツァルトの熱烈な愛好家としても知られたアインシュタインは、作品評については結構辛口ですが、この3曲については「モーツァルトの精神が生きている」と賛辞の言葉を記しています。

そのうちの第4番と第5番にはドイツ的な要素も感じられるため、最もフランス的で純粋なギャラント・スタイルの傑作が第3番ということになります。本当にチャーミングで、心から愛さずにはいられない作品です。

第1楽章アレグロ 冒頭から飛び出す第1主題が非常に印象的で、ヴァイオリンが提示部の後に再び第1主題を奏でますが、それだけでこの曲のとりこに成ってしまいます。

第2楽章アダージョ フランスの影響を受けた甘く夢見るような音楽の魅力に溢れていて、モーツァルトを聴く喜びに浸り切れます。

第3楽章ロンド、アレグロ やはりフランス風ですが、中間部で登場するアンダンテとアレグレットのチャーミングなことといったらありません。

51cjgczl1jl クリスチャン・フェラス独奏、カール・ミュンヒンガ-指揮シュトゥトガルト室内管(1954年録音/テスタメント盤) 昔、海外デッカのアナログ盤で愛聴した演奏です。モノラル録音とは思えない豊麗な音に耳を疑いました。これは最近テスタメントがリマスターしたCDですが、音の魅力はほぼ再現されています。ゆったりしたミュンヒンガーの伴奏に乗って、フェラスがこぼれるような美しい音と若々しい表情で曲を堪能させてくれます。いまだに魅力を失わない全くもって素晴らしい演奏です。

Cdh7649042 ウイリー・ボスコフスキー独奏、カール・シューリヒト指揮ウイーン・フィル(1960年録音/EMI盤) これはザルツブルク音楽祭でのライブ録音です。シューリヒトのテンポは意外にゆっくりで、ボスコフスキーが更にのんびりとした甘いウイーン節を奏でています。確かに古き良き時代のウイーンを感じさせますが、反面ギャラント風の味わいが消えてしまっていて多少戸惑います。録音は当時のライブとしては水準以上ですが、音色がどうしてもモノトーンに感じられるのが弱点です。

61rtc442gfl アルトゥール・グリュミオー独奏、コリン・デイヴィス指揮ロンドン響(1961年録音/フィリップス盤) この録音当時のグリュミオーは最高でした。明るく美しい音色に加えて、ヴィブラートやトリルなどの装飾音のセンスの良さには溜息が出ます。デイヴィスの若々しく切れの良いオーケストラ伴奏に乗ってヴァイオリンが自由自在に駆け回っていて、若きモーツァルトの最良の姿と言えます。ギャラント風の演奏として最右翼の一つだと思います。フィリップスの柔らかい録音も素晴らしく、古さを全く感じさせません。

41wcfg0pb0l ヴォルフガング・シュナイダーハン独奏、指揮ベルリン・フィル(1965-7年録音/グラモフォン盤) シュナイダーハンもウイーン出身のヴァイオリニストですが、ボスコフスキーが生粋のウイーンっ子という感じなのに比べると、ややドイツ的に感じます。どうせギャラント風で無いのであれば、ウイーン風に徹し切って欲しかったところですが、さりとて、この3曲をまとめて録音したウイーンの人も思い当らないのでやはり貴重です。楽器の音も相変わらず美しいです。自作のカデンツァはベートーヴェン的で微妙ですが、まぁファン・サービスだと思いましょう。

189 フランク・ペーター・ツィンマーマン独奏、ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮ベルリン・フィル(1995年録音/EMI盤) オール・ドイツ演奏家キャストなので洒落っ気やユーモアには乏しいですが、ツィンマーマンの美しい音と端正な弾き方はモーツァルトに適しています。サヴァリッシュがベルリン・フィルをがっちりと引き締めていて少々厳し過ぎるようには感じますが、立派で上手い伴奏ではあります。個人的には、ギャラント風の味わいが欠けるのがやはり物足りないような気がします。

51fi6elzyl モニカ・ハジェット独奏、指揮エイジ・オブ・インライトゥメント管(1993年録音/ヴァージン盤) こちらはオール・イングランド演奏家キャストによる古楽器演奏ですが、自由奔放な表現がフランス的でギャラント・スタイルの味わいを感じさせます。ハジェットはバッハでも自由に演奏しますが、モーツァルトの音楽との相性は抜群です。洒落っ気やユーモアが一杯に溢れていて、モーツアァルト自身がヴァイオリンを弾いたらこんな感じではないかと思えるほどです。現代楽器、古楽器の領域を越えて非常に素晴らしい演奏だと思います。

ということで、マイ・フェイヴァリットとして、クリスチャン・フェラス盤、アルトゥール・グリュミオー盤、モニカ・ハジェット盤の3つを上げます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)