イギリス音楽(ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、デーリアス他)

2011年8月13日 (土)

ヴォーン・ウイリアムス 「グリーンスリーヴスによる幻想曲」 ~サマースペシャル・名曲シリーズ~

0

今日から夏休みに入りました。といっても自分の勤務する会社は全部で5日間です。これを短いと感じるか長いと感じるかは、人それぞれでしょうが、世の中には連休と無縁の方だって多くいらっしゃるわけですから、ぜいたくを言ってはバチが当たります。

そこで今週はモーツァルトのピアノ協奏曲シリーズもお休みします。ウォルフィくん、おやすみだよ~ん。

代わりにサマースペシャル・名曲シリーズとしてヴォーン・ウイリアムスの「グリーンスリーヴスによる幻想曲」です。イギリス音楽って実に爽やかですよね。もちろん北欧音楽ほどの清涼感は有りませんが、この爽やかな音楽は、暑苦しい夏に涼しく爽やかな空気を与えてくれます。特にレイフ・ヴォーン・ウイリアムスの音楽は、イギリスの民謡を題材にした曲が多いので、どの曲もとても爽やかです。シンフォニーも多く作曲していますが、どちらかと言うと短い管弦楽曲のほうにこの人の特徴が強く表れている気がします。僕の大好きな「舞い上がるひばり(あげひばり)」なんて名曲も有りますが、今日は「グリーンスリーヴスによる幻想曲」です。

この「グリーンスリーヴス」という曲は元々は16世紀に、イギリスのスコットランド近くの地方で歌われ始めた民謡なんだそうです。どうりで涼しい空気感を持つメロディですよね。ただし作曲者は不明です。ある男性が女性、それも娼婦に対する恋慕を歌にしたという、せつない内容なのです。歌詞はこんな風です。

ああ、私の愛した人は何て残酷な人、
私の愛を非情にも投げ捨ててしまった。
私は長い間あなたを愛していた、
側にいるだけで幸せでした。

グリーンスリーヴスは私の喜びだった、
グリーンスリーヴスは私の楽しみだった、
グリーンスリーヴスは私の魂だった、
あなた以外に誰がいるでしょうか。

という具合です。娼婦に熱を上げるのは本人の勝手ですが、これじゃ困ったものですよね。早く正気に戻りなさいとアドヴァイスしてあげたいです。でも、そんなにもイイ女だったら、一度ぐらい会ってみたいなぁ~。(苦笑)

実は僕が初めてこの曲を知ったのは、アメリカの古いフォーク・ソング・グループのザ・ブラザース・フォアの歌でです。クラシック音楽としては、この歌を題材にした作曲家は何人か居ますが、何といっても有名なのはヴォーン・ウイリアムスですね。元々美しいメロディはますます美しく感じられ、中間部の変奏部分の詩情溢れる幻想的な雰囲気も最高です。僅か5分ほどの短い曲ですが、つかの間の癒しの時間を味わえます。

それでは僕の愛聴盤です。

Barbirori_elgar サー・ジョン・バルビローリ指揮シンフォニア・ロンドン(1962年録音/EMI盤) イギリス人といってもバルビ様はイタリアの血が半分入っていますので、やはり恋歌を歌わせると、どこか熱が入ります。単たるムード的に済ませないで、旋律を明確に歌わせて男の恋心を強く訴えかけます。中間部の歌い方もやはり明確です。それでいて詩情を失わないところはさすがです。録音は少々古めかしいですが、元々地味な響きの曲なので、それほどマイナスには感じません。

Vwilliamsboult サー・エードリアン・ボールト指揮(1970年録音/EMI盤) 交響曲/管弦楽曲集に収められています。いかにも英国紳士風の控えめな歌い方です。バルビ様のように綿々と訴えかけたりはしません。それがイギリス音楽風なのかもしれませんが、曲の内容を考えると、もっと迫るような歌い方でも良いようにも思います。もちろん聴き手の好みも有るでしょうが、僕には地味過ぎに感じられてしまいます。やっぱり、♪ときには娼婦のように~♪という風に行って欲しいなぁ。

12360191164111925131865122901010718 サー・ネヴィル・マリナ―指揮アカデミー室内管(1972年録音/DECCA盤) マリナ―もやはり、速めのテンポであっさりと歌います。爽やかには違いありませんが、少々物足りない気がします。余りにBGM的に聞こえてしまうからです。DECCAの録音は優秀で明瞭なのですが、余り心に訴えかけてくるようなタイプの演奏では有りません。個人的な好みとしては、ちょっと違うかなぁ~という感想です。

せっかくですので、ブラザース・フォアのCDもご紹介しておきます。

Brathers_four_ ザ・ブラザース・フォア(CBS盤) 昔、フォーク・ソングの全盛時代に、彼らは「ブラ・フォー」という愛称で日本でもとても人気が有りました。(「アラフォー」ではありませぬよ。) 僕も高校の放課後に、彼らの「500マイル」や「グリーン・フィールズ」「トライ・トゥ・リメンバー」といった名曲をギター片手に友人と歌ったものです。ですので、今こうして彼らの歌を聴くと、青春時代の思い出が蘇ってきます。あの時の友達は、好きだった娘は、いまどうしているのかなぁ。♪あのこ~どこにいるのやら~♪ 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

ホルスト 組曲「惑星」 名盤 ~七夕スペシャル~

Milkyway

明日は七夕ですね。「七夕伝説」と言えば、織姫(おりひめ)と牽牛(けんぎゅう)が1年に一日だけ会えるという有名なお話ですが、この二人はご夫婦なんですよね。二人とも結婚する前は大変な働き者だったそうです。それが結婚したとたんに、毎日毎日天の川のほとりでラブラブばかりしていて、ちっとも働かなくなってしまいました。そこで天帝が怒って二人を天の川の両岸に別れさせてしまい、7月7日だけは会えるようにようにしたのだそうです。これ、ちょっと可哀そうですよね。新婚さんだったら仕方がないですよね。現代人じゃ無いのですし、新婚さんのうちぐらいゆっくりラブラブさせてあげれば良いのにね。どうせ、そのうちに熱は冷めちゃうんでしょうから。(苦笑)

でも、おかげで「元祖遠距離恋愛」状態になったので、逆にいまだにラブラブが続いているのかもしれませんね。1年に一晩だけじゃ、お二人ともさぞや燃え尽きるんでしょうね。明日も熱い熱い夜になることでしょう。(笑)

ところで、星にちなんだ曲と言えば、やはりホルストの「惑星」です。ホルストの代表作、というよりも20世紀の代表的な管弦楽曲の一つです。地球以外の太陽系の七つの惑星に、それぞれの名前の曲を作ったのですね。大編成のわりには親しみ易く分り易い内容です。ですのでとても人気が有りますね。

七つの曲は次の通りです。

 「火星」 戦争をもたらす者

 「金星」 平和をもたらす者

 「水星」 翼のある使者

 「木星」 快楽をもたらす者

 「土星」 老いをもたらす者

 「天王星」 魔術師

 「海王星」 神秘主義者

この中で、一番良く知られているのは「木星」です。何年か前に平原綾香さんが「ジュピター」として大ヒットさせたので有名ですね。原曲はさすがに素晴らしく、個人的にはやはりこの曲が好きです。戦闘シーンを髣髴させる「火星」も人気が有りますが、まるで「スターウォーズ」なのが、ちょっとですね。というか、スターウォーズが真似したんでしょうけど。一転して、静かで詩情のある「金星」や「土星」を聴くと、ああ英国の音楽だなあ、と思います。全体的にはイギリス音楽の趣きは必ずしも濃くは無いですが、この2曲は格別です。もちろん他の曲も変化に富んでいて、プラネタリウムでも見て楽しんだ気分に成れる名管弦楽作品だと思います。

それでは僕の愛聴盤です。

Srcr9080 レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル(1971年録音/CBS SONY盤) 昔、アナログ盤時代から愛聴しました。この演奏が好きな理由はただ一つ。「木星」が断然素晴らしいからです。特にこの曲の中間部で、ぐっとテンポを落として歌う部分には胸を揺さぶられます。ホルストの音楽からは少々はみ出しているかもしれませんが、この圧倒的な説得力の前ではどうでも良くなります。「火星」もテンポが速くいかにも戦闘シーンを想わせます。但しスケール感よりもスピード感が勝る印象です。その他の曲では、繊細さがいま一つのようにも感じます。イギリス音楽らしい詩情が更に欲しい気がします。幾ら「近代管弦楽」と言っても、何となくアメリカ音楽のように聞こえるのは気のせいでしょうか。

Holst-230052479 ズービン・メータ指揮ロスアンジェルス・フィル(1971年録音/DECCA盤) 当時レコードアカデミー賞を受賞して、「惑星」ブームを巻き起こしましたが、この頃のメータの演奏はどれも秀逸でした。若々しい生命力に溢れますが、力づくに陥らないバランスの良さとハーモニーの美しさが何とも魅力的です。ロスフィルも米国のビッグ5に肩を並べる優秀さです。「火星」の力強さ、「金星」の美しさ、「木星」の語り口の上手さ、「土星」の静寂さ、「天王星」の楽しさ、「海王星」の神秘感と、どの曲も素直に楽しめます。DECCAのアナログ末期の録音も素晴らしいです。

Holst-31064sb37tl_ac_ アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン響(1973年録音/EMI盤) プレヴィンはこの曲を二度録音していますが、これは1度目の方です。「火星」では若々しい躍動感で颯爽と進みますが、迫力で押し切るのでなく、どこか品の良さを失わないのは流石です。管弦楽も素晴らしく、名門楽団としての風格を感じます。続く「金星」では静寂の中に幸福感さえ漂わせます。「木星」も力づくに成らない余裕が有ります。「土星」「天王星」はハーモニーが美しく少しも騒々しさが有りません。「海王星」は神秘感で満たされています。録音はEMIのこの年代のものとしては出色の出来です。

Holst-41tm0pat6pl_ac_ エードリアン・ボールト指揮ロンドン・フィル(1978年録音/EMI盤) ボールト卿は、なにせこの曲の初演者です。生涯の録音回数も何と5回(!)に及びます。4回目の録音のニュー・フィルハーモニア管盤も評価が高いようですが、僕が持っているのは最後の録音です。この演奏は本当に素晴らしいですね。少しも派手派手しくならずに、「音の暴力」とはまるで無縁。大人の品格を感じさせます。「金星」では詩情が溢れるようで、実に美しいです。問題は「木星」で、バーンスタインと比べると軽く穏やか過ぎますし、中間部の名旋律もあっさりとしていて物足りなさを感じます。「木星」だけは物足りませんが、他の曲の素晴らしさで、この演奏はやはり外せません。

41zsp43byzlヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル(1981年録音/グラモフォン盤) ベルリン・フィルを存分に鳴らした豪快な響きが快感です。「火星」など非常にスケールが大きく、さながら十万の徳川軍の大進軍のようです。「金星」などでは弦楽の繊細さが素晴らしく、なんとなくドビュッシーを想わせる箇所も現れます。全般的にやや「音響面」に傾いていて、深く音楽を感じさせる点ではいま一つですが、元々そういう曲だと割り切れる方には好まれると思います。録音はさすがに最新盤と比べると幾らか鮮度は劣りますが、バーンスタイン、ボールト盤よりはだいぶ優れます。

Holst-160 ヴァーノン・ハンドリー指揮ロイヤル・フィル(1993年録音/RPO Records盤) ボールトに師事したハンドリーは師と肩を並べる名指揮者だと思いますが、日本での知名度は低いです。これはロンドンの聖アウグスティン教会で録音された隠れたる名盤です。「火星」は彫の深さが印象的です。かなり壮絶ですが騒々しくなる手前で押さえるのはさすが英国の演奏です。「金星」はロマンティックで美しく、正に“宵の明星”という雰囲気です。「木星」はオケの名人芸には幾らか不足しますが、全体の流れとしては突出せずに収まりが良いです。「土星」「天王星」はスケールが大きく聴き応えが有ります。全体的にロマンティックな味わいの深さが魅力ですが、米国の楽団のような上手さと迫力を求めるには向かないかもです。録音は明瞭で優れます。

Holst-742 ジョン・エリオット・ガーディナー指揮フィルハーモニア管(1994年録音/グラモフォン盤) 古典曲で鮮烈な演奏をするガーディナーですが、「火星」では切れの良いリズムと英国のオケと思えないぐらいにダイナミックな演奏ぶりです。「金星」では一転して静寂に美しく包まれます。「水星」は歯切れの良さが目立ちます。「木星」は速いテンポで疾走するので幾らか軽過ぎる印象は残ります。逆に「土星」「天王星」は重量感が有ります。「海王星」ではモンテヴェルディ合唱団の美しく繊細極まり無いコーラスに魅了されます。なお、このディスクにはオーストラリア作曲家グレインジャーの珍しいバレエ音楽「戦士たち」が収められています。録音は優秀です。

61gef4eie5l_ac_sl1200_ サー・コリン・デイヴィス指揮ロンドン響(2002年録音/LSO盤) この中では最も新しいディスクですが、21世紀ともなるとライブ収録でも音質は素晴らしいです。弦・管・打楽器が其々バランス良く聞こえ、かつ全体の響きが美しいです。ロンドン響は優秀ですが、ベルリン・フィルのように上手過ぎて”嫌み”を感じることはありません。デイヴィスの指揮も全体的には落ち着きを感じますが、エネルギー感も不足することなく、両方のバランスが素晴らしいです。「火星」は充分荒々しさが有り、「木星」には味わいが有ります。「金星」では神秘性よりもロマンティシズムが強く感じられますが、「土星」では深い詩情に思わず聴き惚れます。あくまで英国音楽らしい格調の高さと、しっかりとした聴き応えの有る名盤だと思います。

上記からマイ・フェイヴァリット盤を選ぶとすれば、Cデイヴィス/ロンドン響盤です。他にもバーンスタイン盤、プレヴィン盤、ボールト盤に愛着が有りますが、今はむしろハンドリー盤にとても惹かれます。

<補足>メータ/ロスフィル盤、プレヴィン/ロンドン響盤、ハンドリー/ロイヤルPO盤、ガーディナー/フィルハーモニア盤、Cデイヴィス/ロンドン響盤を追記しました。

| | コメント (38) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.ヴィヴァルディ G.F.ヘンデル J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器、管楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) イギリス音楽(ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、デーリアス他) イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) ウェーバー エルガー グラズノフ グリーグ サン=サーンス シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽曲) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(器楽曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽曲) シューベルト(管弦楽曲) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽曲) ショスタコーヴィチ(交響曲) ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スペインの音楽(ファリャ、ロドリーゴ他) スメタナ チェコ、ボヘミア音楽 チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽曲) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽曲) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハイドン(交響曲) ハンガリーの音楽 ビゼー フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽曲) フランク フランス音楽(ドリーヴ、プーランク、サティ他) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽曲) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲全集) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ(管弦楽曲) ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽曲) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) ベートーヴェン(歌劇、声楽曲) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(声楽曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽曲) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ヨハン・シュトラウス ラフマニノフ(交響曲) ラフマニノフ(協奏曲) ラフマニノフ(室内楽曲) ラヴェル リヒャルト・シュトラウス(楽劇) リヒャルト・シュトラウス(歌曲) リヒャルト・シュトラウス(管弦楽曲) リムスキー=コルサコフ レスピーギ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフ他) ワーグナー(楽劇) ワーグナー(歌劇) ワーグナー(管弦楽曲) ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)