チャイコフスキー(管弦楽曲)

2014年1月11日 (土)

チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」全曲 名盤

Swan_lake_500_auto
    マリインスキー劇場 バレエ「白鳥の湖」

さて、年末年始にはベートーヴェンを聴いていたので中断してしまったロシア音楽特集に戻ります。おりしもソチ・オリンピックの開幕まで一か月を切ったところですので、この際改題して「ソチ・オリンピック記念 ロシア音楽特集」とします!

ということで、ロシア音楽といえばチャイコフスキー。その代表作の一つがバレエ音楽「白鳥の湖」ですね。このバレエは良く知られた曲以外にも、驚くほど多くの魅力的な名曲ばかりの大傑作です。

「白鳥の湖」のストーリーは有名ですので、ここでは詳細は省きます。ただし、演出によって結末が異なり、「悲劇的な結末」と「ハッピーエンド」の二通り存在します。

悪魔の魔法によって白鳥の姿に変えられてしまった美しい娘が、夜だけ人間の姿に戻った時に王子に見初められ、やがて王子が悪魔を打ち倒すのですが、原典版では、娘は人間の姿には戻れず、王子と二人で湖に身を投げるという悲劇的な結末になっています。それに対して、後年改作されたのが、悪魔の魔法が解けて、娘と王子とは二人で幸せに暮らすというハッピーエンドです。どちらが良いかは、人それぞれの好みだと思います。バレエ公演の場合には全体的な演出や踊りの印象が強いので、自分は余り結末にはこだわりません。ましてやCDによる音楽鑑賞では結末の違いは関係ありません。

ところでCDで「白鳥の湖」を聴く場合に、「全曲盤は長過ぎる」と言う人が居ますが、僕はそうは思いません。全曲で無いと聴いた気がしないのです。確かに単なる繋ぎの曲が一つも無いとまでは言いませんが、素晴らしい名曲が息つく間も無く次々と続きますので、絶対に全曲盤で聴くべきだと思います。

それでは僕の愛聴盤のご紹介です。

Cci00039s
ゲンナジ・ ロジェストヴェンスキー/モスクワ放送響)(1969年録音メロディア盤) 

全盛期のロジェストヴェンスキー/モスクワ放送響のコンビの演奏だけあって最高です。耳をつんざくような金管の強奏と躍動感溢れる切れの良いリズムが快感ですが、一方で情緒溢れるメロディはたっぷりと歌わせてくれます。オーケストラの上手さも特筆ものです。そして、この演奏でどうしても語らなければならないのが、ミヒャエル・チェルニャコフスキーのヴァイオリン独奏です。それはもうコテコテのロシア節で土臭く弾いてくれていて味わいが最高です。元々、この曲の独奏パートはコンチェルトかと思うほどに技術的にも難しく、並みのバレエ楽団のコンマスでは手に負えないのですが、この人はオイストラフかと思うくらいに上手く弾いています。長い独奏部分は、すっかりヴァイオリン協奏曲を聴いているような錯覚に陥ります。こういう演奏を聴いてしまうと、この曲はロシアの楽団以外ではちょっと聴こうという気が起きなくなります。録音は明瞭なのですが、当時のメロディア・レーベル特有の音の固さが有ります。

517hhded9gl
エフゲニ・スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立響(1988年録音/メロディア盤) 

スヴェトラーノフもロジェストヴェンスキーに負けず劣らず、というかそれ以上に濃密なロシア風の演奏です。ダイナミック・レンジの巾も微小なピアニシモから壮大なフォルテシモまで驚くほどの広がりが有ります。まるでシンフォニーのような演奏という点では随一だと思います。「くるみ割り人形」では少々極端過ぎるように感じた豪放極まりない音も、「白鳥の湖」では抵抗はありません。もちろんテンポの緩急の幅が非常に大きいので、これでバレエ・ダンサーが踊ることは不可能です。ヴァイオリン独奏は優れていてロシア的な味わいも有りますが、ロジェストヴェンスキー盤の魅力には及びません。録音は比較的新しい年代ですのでメロディアレーベルとしては水準に達していて不満を感じることはありません。なお、自分は三大バレエのボックスセットで持っています。

Hakuchouno
ワレリー・ゲルギエフ/マリインスキー劇場管(2006年録音DECCA盤)

さすがはゲルギエフで素晴らしい演奏です。録音の優秀さもあって、オーケストラの響きが本当に美しいです。「白鳥の湖」で、これほどまでの美しさで詩情豊かな演奏というのは聴いた記憶が有りません。もちろんチャイコフスキーですので、荒々しいロシア的な大迫力を求めるファンも多いことでしょうが、このいじらしいまでのデリカシーに溢れた演奏に接してしまうと、これはこれで絶対に外すことが出来ません。但し、全体的にテンポ設定が速いので、不満と言うほどでは無いのですが、幾らかせわしなさを感じてしまう部分も有ります。ヴァイオリン独奏も上手いのですが、割に平凡な印象で、ロジェストヴェンスキー盤の素晴らしさにはほど遠いです。

以上の3つの中からは、一般的には録音が優れていて演奏も美しいゲルギエフ盤を勧めるべきなのでしょうが、この曲のヴァイオリン独奏部分に抗しがたい魅力を感じている自分は、あえてロジェストヴェンスキー盤を第一に取ります。

舞台映像版のDVDについてもご紹介しておきます。

Cci00040 マリインスキー劇場(2006年収録/DECCA盤) この伝統ある劇場の監督であるワレリー・ゲルギエフ自身が指揮をしています。なお上記のCDとは別の劇場収録です。オデットは看板のロパートキナです。彼女は顔立ちが美しいので大好きです。ゲルギエフの振るテンポは、やはりコンサート向きなので、ダンサーにとっては速過ぎたり遅過ぎたりと随分踊りにくそうな部分が見うけられます。そのために、純粋なバレエ・ファンからは必ずしも評判は良くないようです。けれども僕は純粋なバレエ・ファンでもありませんし、この演奏は大好きです。何といっても、オーケストラが優秀です。日本で公演を行う場合には、お世辞にもキーロフ管本来のレベルではありませんが、この収録では高い演奏レベルを聴かせてくれます。舞台映像用の「白鳥の湖」で、これ以上の管弦楽演奏はまず望めないでしょう。これほど音楽的に素晴らしい「白鳥の湖」のバレエ公演は有りません。もちろん伝統的な舞台演出も最高で、全体の薄明るく淡い色彩が本当に美しいです。そしてマリインスキーのコール・ド・バレエの素晴らしさ。これは生の舞台に接すると本当に言葉にならないのですが、DVDでも充分にその美しさを味わえます。
演出も最後に王子が見事に悪魔を倒してハッピー・エンドとなるオーソドックスな終わり方なので安心。この素晴らしいDVDは、普段バレエを見ないクラシック音楽ファンにこそ是非観て頂きたいお薦めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

チャイコフスキー バレエ音楽「くるみ割り人形」 名盤

Nutcracker_set_designs
マリインスキー劇場での初演時の舞台装置スケッチ

チャイコフスキーの三大バレエでは、僕は「白鳥の湖」が一番好きなので、バレエ公演というと、ついついそちらを観に行ってしまいます。「眠りの森の美女」はとても美しいのですが、少々長過ぎるように感じます。ですので二番目に好きなのは「くるみ割り人形」です。ところが考えてみたら「くるみ割り人形」の生公演は、これまで一度も観に行ったことがありません。これはいけませんね。次回は「くるみ割り人形」に行くことにしましょうか。

それにしても、毎年クリスマス近くになると、バレエ公演は「くるみ割り人形」一色に染まりますね。これは皆さんもご存じの通り、台本がホフマンの童話に基づくデュマの小説によるクリスマス・イヴのお話だからです。

<バレエのあらすじ>

―第1幕―

第1場

クリスマス・イブの夜、ドイツのシュタールバウム家の大広間でパーティーが開かれている。広間の真ん中には大きなクリスマス・ツリーが飾られている。

少女クララはドロッセルマイヤー老人から、胡桃割り人形をプレゼントされる。ところが人形の取り合いになり、兄のフリッツが壊してしまう。そこでドロッセルマイヤー老人が壊れた人形を修理する。

パーティーが終わって客も帰り、皆が寝静まってから、クララは人形のベッドに寝かせたくるみ割り人形を見に来る。その時、ちょうど時計が12時を打つと、クララの体が小さくなって人形ほどの大きさになる。

すると、七つの頭を持った、はつかねずみの王様が指揮する、はつかねずみの大群が押し寄せて来る。それを、くるみ割り人形が指揮する兵隊人形たちが迎え撃つ。

両軍は激しく闘うが、最後はくるみ割り人形とはつかねずみの王様の一騎打ちとなる。くるみ割り人形が危ないところで、クララがはつかねずみの王様にスリッパを投げつけると、はつかねずみたちは退散する。

倒れたくるみ割り人形が起き上がると、美しい王子様になっていた。王子様はクララをお菓子の国に招待して二人で旅立つ。

第2場

雪が舞う松林に二人がさしかかる。(雪の踊り‐雪の精たちのコール・ド・バレエ)

―第2幕―

お菓子の国の魔法の城に到着した王子は、女王ドラジェの精(こんぺい糖の精)にクララを紹介する。お菓子の精たちによる歓迎の宴が盛大に繰り広げられる。

クララがクリスマス・ツリーの下で夢から覚める。(そのまま、お菓子の国のシーンで終わる演出も有る)

と、正に夢のように愉しいお話ですね。それでは、僕の所有するCDとDVDをご紹介します。

全曲CD

517hhded9gl
エフゲニ・スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立響(1988年録音/メロディア盤) 

さすがにスヴェトラーノフというべきか、重厚でシンフォニックな演奏です。テンポの緩急の幅が非常に大きいので、これでバレエを踊るのは不可能でしょう。弱音部での繊細な音と表情は良いのですが、強音部での豪放極まりない音は、チャイコフスキーの交響曲ではそれが大きな魅力になりますが、バレエ曲の中でも、特にこの「くるみ割り人形」では過剰に感じられてしまいます。この辺りは聴き手の好みにかなり左右されると思います。録音が比較的新しい割には、楽器の音に色彩感に不足するように感じられます。なお、自分は三大バレエのボックスセットで持っています。

600a1gz
ワレリー・ゲルギエフ/キーロフ管(1998年録音/フィリップス盤) 

スヴェトラーノフの重厚なシンフォニーのような演奏と比べると、ずっとバレエの舞台に近いと思います。全体的に速めのテンポでキビキビと子気味良く進むので、音楽の流れを弛緩させることが無く、曲の長さを感じさせません。もちろん細部でデリカシーに溢れる表情づけは、さすがゲルギエフで素晴らしいですし、強音部でも決して強奏し過ぎることがなく、響きの美しさを失いません。録音の良さも有るでしょうが、各楽器の色彩感がふんだんに感じられて楽しいことこの上ありません。全曲が1枚のCDに収まっているのも有り難いです。

組曲CD

619ak1q0nfl
ハンス・クナッパーツブッシュ/ウイーン・フィル(1960年録音/DECCA盤)

組曲での録音盤は数多く有るのでしょうが、僕が好きなのは、巨人クナッパーツブッシュの演奏です。ここには、クナ得意のブルックナーやワーグナーの演奏に通じるスケールの大きさを感じます。全体のテンポは緩やかで少しもせせこましさを感じない大人の余裕が有ります。ウイーン・フィルもこの余裕を心から楽しんでいるようで、元々オーケストラの持つチャーミングな音色も演奏の魅力を倍増させています。白眉は「花のワルツ」で、スケール巨大なワルツが、中間部で短調に転じると、翳りの濃さが極まります。組曲版で全曲にも劣らぬ聴き応えを感じさせる唯一の演奏です。なお、僕のCDは旧盤ですので、現在はカップリング曲目が変わっていると思います。

DVD

Tchaikovskynutfedotov
キーロフ・バレエ(マリインスキー劇場)、ヴィクトール・フェドートフ指揮(1993年収録/フィリップス盤) 

ゲルギエフが芸術監督として君臨するサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場は古くはロシアの宮廷劇場として設立されて、今もバレエ・ファンに絶大な人気が有りますが、演出は伝統的な保守路線を維持していて、モスクワの革新的なボリショイ劇場とは性格を異にします。それでも最近は少しづつ実験的な舞台演出も試みられていうようです。けれどもオジサンのようなバレエ・ファンは、やはり伝統的な舞台が好きなのですよね。これはオペラの舞台についても言えることなのですが。
そんな保守的なオジサンが安心して楽しめる「くるみ割り人形」が、この1993年に収録された公演です。正に子供の絵本から飛び出したような舞台装置と衣装と演出です。やはり童話の世界は、理屈無しに子供が喜ぶような舞台であって欲しいです。

指揮をしているのはヴィクトール・フェドートフです。キーロフ・バレエで指揮者デビューをしてから、その生涯をこの劇場のバレエ指揮者として捧げた、ミスター・キーロフ・バレエなのですね。コンサート指揮者には真似のできない、バレエ・ダンサーたちが本当に気持ち良く踊れるような演奏をしています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

~ロシア音楽紀行~ チャイコフスキー「弦楽のためのセレナーデ」ハ長調op.48

Lodgeheader2

本当に寒い日が続きますね。こんな冬の夜には、♪雪のふる夜は楽しいペチカ~♪という気分になりませんか?そのペチカというのはロシアの暖炉のことです。日本ではお金持ちでなければこんな暖炉は造れないでしょうけれど、暖炉にあたりながら音楽を聴いたら素敵でしょうね。その時に聴くのははもちろんロシア音楽です。ということで暖炉にあたった気分でロシア音楽を聴きましょうシリーズです。

新年の気分がすっかり抜けたとはいうものの、余り暗くなるのもいやですので、美しく楽しいチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」を聴きましょう。昨年小澤征爾さんが、がんの治療からカムバックして最初に指揮したのはこの曲でした。その演奏には並々ならぬ気迫を感じましたが、この曲は決して表面的に美しいだけでなく、チャイコフスキーの強いロシアへの想いが込められていると思います。弦楽セレナーデではドヴォルザークの作品も有名で僕は大好きですが、どちらも負けず劣らず素晴らしい名曲だと思います。ドヴォルザークは5楽章構成でしたが、チャイコフスキーのほうは4楽章構成です。

第1楽章「ソナチネ形式の小品」 導入部の重圧で哀愁漂う弦楽合奏が非常に印象的ですが、主部に入ってからの軽快な動きも非常に楽しいです。

第2楽章「ワルツ」 バレエの得意なチャイコフスキーは美しいワルツを幾つも書いていますが、その中でも特に傑作だと思います。美しく軽快ですが、どこかメランコリックな味わいがたまらない魅力です。

第3楽章「エレジー」 美しいロシア風の悲歌で全体に憂愁が漂いますが、暗くなり過ぎることが無いのでとても楽しめます。

第4楽章「ロシアの主題のフィナーレ」 ロシア民謡から主題が取られています。躍動感の中に大きく歌う部分がとても心地よいです。最後に1楽章の導入部分が再現されて感動的に終わります。

それでは僕の愛聴盤のご紹介です。

Tchaikovsky_strings_serenade_mravi エフゲニ・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル(1949年録音/メロディア盤) 古いモノラル録音ですので、音質に期待はできません。けれどもムラヴィンスキーらしい速めのテンポで彫の深い演奏はやはり存在感が有ります。ムード的に陥る部分が無く、全ての音符が真剣勝負といった風情です。もちろん無味乾燥ということでは無く、味わいに満ち溢れてています。軽く流される音が無いので非常に聴きごたえが有ります。

Tchaikovsky_strings_serenade_stoko レオポルド・ストコフスキー指揮ロンドン響(1974年録音/DECCA盤) 19世紀生まれのストコフスキーはポーランド系ですが、ロンドン生まれのアメリカ育ちです。戦前から積極的にレコーディングに取り組んでいたのと映画「オーケストラの少女」にも登場しましたので大衆にとても人気が有りました。大曲も多く演奏しましたが、ポピュラー指揮者というイメージが強くて気の毒です。この演奏は90歳を超えての録音ですが、生命力に溢れてロマンティックに歌わせた楽しい演奏です。

Sve2live エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立管(1992年録音/CANYON盤) CANYONの優秀な録音のせいも有るのでしょうが、弦楽の響きがため息が出るほどに美しいです。ロシア国立管の弦がこれほど優秀とは思いませんでした。スヴェトラーノフのテンポはゆったりとしていて非常に重圧です。決して重苦しいということは有りませんが、まるでロシアの大地を想わせるかのようです。ワルツも楽しさの中に哀愁が一杯に感じられますし、エレジーでの歌いまわしも実に自然でロシアの空気感に惹きつけられます。フィナーレも同様でロシアの味わいに満ちています。

ということで、ファーストチョイスとしては当然、スヴェトラーノフ盤になるのですが、ムラヴィンスキー盤は聴いているうちに音質を忘れて演奏に惹きこまれます。ステレオ録音が残されていたら、どんなに良かったでしょう。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) | J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) | J.S.バッハ(協奏曲) | J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) | J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) | J.S.バッハ(管弦楽曲) | J.S.バッハ(諸々その他) | アントニオ・ヴィヴァルディ | イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) | エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 | グラズノフ | グリーグ | シベリウス(交響曲全集) | シベリウス(交響曲) | シベリウス(協奏曲) | シベリウス(室内楽) | シベリウス(管弦楽曲) | シューベルト(交響曲) | シューベルト(声楽曲) | シューベルト(室内楽) | シューマン(交響曲) | シューマン(協奏曲) | シューマン(器楽曲) | シューマン(声楽曲) | シューマン(室内楽) | ショスタコーヴィチ | ショパン(協奏曲) | ショパン(器楽曲) | ストラヴィンスキー | スメタナ | チャイコフスキー(交響曲) | チャイコフスキー(協奏曲) | チャイコフスキー(室内楽) | チャイコフスキー(管弦楽曲) | ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) | ドイツ・オーストリア音楽 | ドヴォルザーク(交響曲全集) | ドヴォルザーク(交響曲) | ドヴォルザーク(協奏曲) | ドヴォルザーク(室内楽) | ドヴォルザーク(管弦楽曲) | ハンガリー音楽 | ビゼー | ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 | フォーレ(声楽曲) | フォーレ(室内楽) | フランス音楽 | ブラームス(交響曲全集) | ブラームス(交響曲第1番~4番) | ブラームス(協奏曲:ピアノ) | ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) | ブラームス(器楽曲) | ブラームス(声楽曲) | ブラームス(室内楽) | ブラームス(管弦楽曲) | ブルックナー(交響曲第0番~3番) | ブルックナー(交響曲第4番~6番) | ブルックナー(交響曲第7番~9番) | ブルッフ | プッチーニ | プロコフィエフ | ベルリオーズ | ベートーヴェン(交響曲全集) | ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) | ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) | ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) | ベートーヴェン(協奏曲) | ベートーヴェン(室内楽) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) | マーラー(交響曲第1番~4番) | マーラー(交響曲第5番~7番) | マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) | マーラー(歌曲) | メンデルスゾーン | モーツァルト(交響曲) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) | モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) | モーツァルト(協奏曲:管楽器) | モーツァルト(器楽曲) | モーツァルト(声楽曲) | モーツァルト(室内楽) | モーツァルト(歌劇) | モーツァルト(諸々その他) | ラフマニノフ | ラヴェル | リヒャルト・シュトラウス | リムスキー=コルサコフ | ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) | ワーグナー | ヴェルディ(声楽曲) | ヴェルディ(歌劇) | 名チェリスト | 名ピアニスト | 名ヴァイオリニスト | 名指揮者 | 政治・経済問題 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人作品 | 映画 | 映画(音楽映画) | 歌舞伎 | 演奏会(オムニバス) | 舞踏&バレエ | 芸能・スポーツ | 読書 | 趣味 | 音楽やその他諸事 | 音楽(やぎりん関連) | 音楽(アニメ主題歌) | 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) | 音楽(ジャズ) | 音楽(ポップス) | 音楽(ロック) | 音楽(和楽)