シューマン(協奏曲)

2016年12月 5日 (月)

シューマン ピアノ協奏曲 続々・名盤 ~落穂ひろいに非ず~

シューマンのピアノ協奏曲イ短調はドイツ・ロマン派を代表するピアノ・コンチェルトの一つですので、このブログでもこれまでシューマン ピアノ協奏曲 名盤、さらに続・名盤と二度にわたり愛聴盤をご紹介しました。

録音状態を度外視して演奏だけで言えば、ディヌ・リパッティのアンセルメとのライブ盤がベストです。また録音やオーケストラを含めた総合点で言えば、リヒテルのムーティ/ウイーン・フィルとのライブ盤やグリモーのサロネン/SKドレスデンとのDG盤が挙げられます。

また個人的には僕の中学時代の同級生で僅か49歳でこの世を去ってしまった小池由紀子が生前ブルガリアのソフィアで演奏したライブ録音盤にも特別な想いが有ります。

それらはいずれも名演奏揃いなので、三度目ともなればともすると”落穂ひろい”になりかねません。ところがどっこい、まだまだ名盤が残っているものだと認識を新たにします。

それでは続々とご紹介してみます。

Schumann71h4pr6xkrl__sy355_アルトゥーロ・べネデッティ・ミケランジェリ独奏、ダニエル・バレンボイム指揮パリ管(1984年録音/グラモフォン盤) これはパリでのライブ録音から25年も経ってから突然発売されたCDです。その理由はミケランジェリが生前にリリースを許可しなかったからだそうです。確かにこの人にしては100%完璧だとは言えないのかもしれません。特に演奏開始後しばらくが演奏に乗り切れていないように感じられます。けれども第1楽章のあの美しい中間部に入る辺りから、がぜん演奏に感興が増してきます。それにつれてピアノの音もどんどん輝いて来るから不思議です。必ずしもがっちりとしたドイツ風の演奏ではありませんし、シューマンの音楽の持つ不健康さも余り感じません。どこまでもミケランジェリのピアノ美の様式で彩られた演奏です。そういう点ではホロヴィッツとこの人は正に双璧です。少しも粘ることなく、ロマンの香りを一杯に漂わせるのは流石はこの人です。幾らかゆったり目のテンポでじっくりと大人のロマンを味合わせてくれます。バレンボイムもミケランジェリと同質の音楽を感じさせて、雰囲気がピタリと合っています。

Scumann41jdvhzqgglホルヘ・ボレット独奏、リッカルド・シャイー指揮ベルリン放送響(1985年録音/DECCA盤) ボレットもまた大人好みの名人ピアニストだと思います。冒頭から非常にゆったりとしたテンポで、音楽に念を押しながら曲を進めて行っています。それが時にはもたれる印象を受けることも有りますが、この曲の場合には音楽に気宇の大きさを感じさせていて素晴らしいです。ピアノのタッチも神経質さからはかけ離れたおおらかな印象を受けます。かと言ってテクニックに劣ることは有りません。エンターテイナー的な印象を受けるのはルービンシュタインと似ています。とにかく演奏に温もりを感じさせていて、聴いている人を幸福感で包んでくれます。シャイーに関しては、部分部分でボレットの音楽に付いてゆけずに、やや軽さ、小ささを感じさせてしまうことが有るものの全体的にはさほど不満を感じさせることは有りません。

Shumann41gil0xlil__sl500__2仲道郁代独奏、クラウス・ペーター・フロール指揮フィルハーモニア管(1994年録音/BMGビクター盤) 仲道郁代はシューマンが最高だと思います。ショパンよりベートーヴェンよりです。もしそう言うのがおこがましければ、シューマンの演奏が一番好きです。その理由はピアノの音の、表情の「優しさ」「温かさ」に有ります。確かに「狂気」や「暗さ」には幾らか不足するかもしれませんが、とにかくシューマンの夢見るようなロマン性が自然にしかも充分に滲み出ているからです。その仲道さんの特性にピタリと合うのがピアノ協奏曲です。1楽章、2楽章と実にゆったりと穏やかにシューマネスクな世界に導かれます。3楽章は落ち着いたテンポが輝かしさに欠けるかも知れません。けれどもそれが味なのです。フロールの指揮は仲道さんの音楽の特徴と寸分の隙間も感じられずに素晴らしいサポートぶりですし、英国のオケからドイツロマン派の響きを引き出していて心地良いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

シューマン ピアノ協奏曲 続・名盤 ~リヒテルとグリモーの名演奏~

シューマンのピアノ協奏曲はロマン派らしい名曲だとは思うのですが、意外と演奏は難しく思います。というのは、ピアノが頑張れば何とでもなる古典派の曲とは違って、オーケストラの響きにも深い陰影が求められるからです。その典型がブラームスでありシューマンです。

オーケストラの深い響きに支えられて、始めてピアノは演奏の舞台を得られるのですが、この曲では結構退屈してしまう場合が多いです。この曲に心の底から感動できる演奏というのは、考えてみたらディヌ・リパッティ/アンセルメ盤ぐらいかもしれません。不治の病魔に侵されて残り少ない命の炎を燃やしながら、高熱にもかかわらずピアノに向かった、あの伝説のコンサートです。アルフレッド・コルトーやマルタ・アルゲリッチらの雄弁な演奏も印象的でしたが、それでもリパッティの感動には到底及ぶところでありません。

そのような訳から、この曲の新しい演奏にも興味が湧くことが少なくなってしまいましたが、ところがどっこい、二つの素晴らしい演奏に出会いました。今回はそれをご紹介します。

13_1106_01_2
スヴャトスラフ・リヒテル(Pf)、リッカルド・ムーティ指揮ウイーン・フィル(1972年録音/オルフェオ盤)

私見ではリヒテルはシューマンの演奏が一番です。にもかかわらず、これまでのこの協奏曲の録音には余り恵まれていません。オーケストラのレベルが低いか、適していないかのどちらかだったからです。その点で、このザルツブルク音楽祭のライブでは、若き才能溢れるムーティが指揮するウイーン・フィルという、かなり理想に近いコンビに恵まれました。

期待に違わず、1楽章からシューマン特有のロマンの世界に引きずり込まれます。録音、マスタリングとも申し分なく、リヒテル本来の美しく底光りする音が忠実に捉えられています。これでこそリヒテルの実力が生きてきます。これまでのリヒテルの残したシューマンの録音のベストのように思います。演奏についても、ゆったりと悠然とした構えで、けれどもエスプレーシヴォのところは充分に盛り上げています。ほの暗いロマン性の表出がなんと見事なことでしょう。ムーティの指揮も素晴らしく、ウイーン・フィルから同じように暗いロマンの音色を引き出しています。

2楽章の味わいも見事です。ともすると退屈になる楽章ですが、音色と雰囲気だけで充分に酔わされます。オーケストラの音は、シューマンの心の奥にある幸福感や不安の入り混じった複雑な感情をそのまま聴かせてくれているかのようです。

3楽章はゆったりとした恰幅の良い演奏で、若きシューマンの精神の高揚ぶりというよりは、ロマン派の王道を行くような貫禄に満ちています。音楽が一つグレードアップしたかのような威厳を感じます。もちろん決して情熱が失われてるわけではありません。リパッティの命を燃やし尽くすような凄まじい気迫とは異なりますが、充分に「熱さ」も感じます。

なお、このCDには別の日の演奏で、モーツァルトのヴァイオリンとヴィオラのほうの「シンフォニア・コンツェルタンテ」K364が収められています。ゲルハルト・ヘッツェルの独奏が聴けるという貴重な録音です。

D0192112_22205035_2
エレーヌ・グリモー(Pf)、エサ・ペッカ=サロネン指揮シュターツカペレ・ドレスデン(2005年録音/グラモフォン盤)

これまでに何度も書いていますが、グリモーが若い頃にザンデルリンクの指揮で録音したブラームスのピアノ協奏曲第1番は奇跡的な名演奏でした。そして、ブラームス晩年の小品集も同じように素晴らしかったです。深いロマンを内包した彼女の音と表現はブラームスに一番向いているように思います。ですので、同傾向のシューマンの演奏が悪いはずがありません。

この演奏は決してピアノを弾き崩してドロドロにしているわけではありません。(そのようなスタイルではコルトーが最高です。)感情を豊かに表現しながらも、一定の節度を保ったうえで、シューマン独特のまだら模様の色彩を刻々と変化せているのです。少しも奇をてらう表現はしなくても、自然にシューマンの音楽が具現化できてしまうグリモーは、生粋のロマンティストだと思います。

この曲の録音はドレスデンのルカ教会で行われました。SKドレスデンの持ついぶし銀の響きを最も忠実に捉える、残響の豊かなあの教会です。サロネンの指揮は余計な事を全くしていません。それが良いのです。この古都のオーケストラは、自分たちの古雅な美音を自発的に出せる優秀な楽団だからです。シューマンのまだら模様の音色に何と見事に適合していることでしょうか。

このCDには「Reflections」とタイトルが付いていますが、この場合は「似ている人、あるいは思想、考え方」という意味に思います。カップリングされているのは、クララ・シューマンの歌曲3曲(歌うのはアンネ・ゾフィー・フォン・オットー)、ブラームスの「チェロ・ソナタ第1番」(チェロはトルルス・モルク)、それに「二つのラプソディー」作品79です。音楽的にも近似していたシューマンとその妻クララ、それにブラームスの3人は、私生活においても深い関係に有りました。その3人の曲を集めて1枚のコンセプトアルバムに仕上げるあたりのセンスの良さはさすがです。

メインのシューマンの協奏曲はもちろんですが、他の曲、とりわけブラームスの曲に感銘を受けました。チェロ・ソナタでの彼女のピアノは、翳の濃さがブラームス晩年の作品のような佇まいを醸し出していて、これまでに聴いた中でのベストです。「二つのラプソディー」でも、速いテンポで焦燥感に溢れますが、決して一本調子で無く複雑な精神的葛藤を見事に表しています。ラプソディックであることこの上ありません。この曲でも、やはりこれまでのベストに思います。それにしてもグリモーの弾くブラームスは何故これほどまでに素晴らしいのでしょう。いずれは、ピアノ協奏曲第2番を是非ともSKドレスデンと録音して貰いたいです。指揮者ですか?それはもう誰でも良いです。(笑)

リパッティ/アンセルメの伝説的ライブは別格としても、それに次ぐだけの出来栄えの素晴らしい名盤が加わりました。録音を考慮に入れれば、今後はこのリヒテルとグリモーの二つの演奏を第一にお勧めしたいと思います。

<過去記事>

シューマン ピアノ協奏曲 名盤
シューマン ピアノ協奏曲 続々・名盤

ブラームス ピアノ協奏曲第1番 名盤
ブラームス 晩年のピアノ小品集

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

シューマン ピアノ協奏曲イ短調op.54 名盤

P1000261 シューマンはピアノ協奏曲もとても人気が有りますよね。当然良い曲です。ですが個人的には、むしろ独奏曲の「幻想曲」や「クライスレリアーナ」「交響的練習曲」のほうが更に感銘を受けます。この協奏曲は第1楽章は文句無しに素晴らしいのですが、第2、第3楽章にどうも物足りなさを感じてしまいます。ですので尻つぼみに感じてしまうのです。特に演奏が平凡だといけません。と言って何も大げさな演奏を望むと言う訳では在りません。真に魅力的な演奏をしないと、やや退屈に感じられてしまうということです。などと述べるとファンの方からは大変なお叱りを受けそうですが、どうかお許し下さい。そんなこの曲なのですが、僕が学生時代に聴いて心底感動したのはディヌ・リパッティのライブ演奏でした。(右上の写真は所有の海外DECCAアナログLP盤です。素適なジャケットでしょう?)

この曲の愛聴盤ですが、例によって古い録音が多くを占めますが、順番にご紹介させて頂きます。

Bethcci00038 ワルター・ギーゼキング独奏、フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル(1942年録音/メロディア盤) 戦時中のドイツでの一連のライブ録音の一つですが、戦後のどさくさの際にソビエトが大量の録音テープを持ち去った為に原盤はロシアに有ります。まったくロシアという国はけしからんです。ところで、この録音はギーゼキングよりもフルトヴェングラーを聞くべき演奏です。当時のベルリン・フィルの奏でるドイツロマン派の深い雰囲気は古今髄一です。ですのでこの曲には向いていなそうなギーゼキングも触発されてなかなか雰囲気のある良いピアノを弾いています。但し録音状態は戦時中なのでお世辞にも良いとは言えません。これはフルトヴェングラー・ファンのみにお勧めしておきます。 

Mozcci00036 ディヌ・リパッティ独奏、カラヤン指揮フィルハーモニア管(1948年録音/EMI盤) ルーマニア生れのディヌ・リパッティは真に天才のピアニストでした。白血病に犯されて僅か33歳でこの世を去る前にEMIに残した録音はいずれもかけがえの無い記録です。この演奏はスタジオ録音なので音質は後年のライブ盤よりは優れています。リパッティの限りなく高貴であり深い精神性と力強さを兼ね備えた演奏は非常に素晴らしいです。若きカラヤンの指揮も特別に深みがある訳では有りませんが、伴奏としては充分に満足できるものです。ライブ盤が存在しなければ更に価値の高かった録音だと思います。

Schcci00036 ディヌ・リパッティ独奏、アンセルメ指揮スイス・ロマンド管(1950年録音/DECCA盤) リパッティが亡くなる9ヶ月前のライブ演奏です。演奏会の前日は40度の高熱で医師からは絶対安静を命じられていたにもかかわらず、解熱剤を投与してふらつきながら演奏会のステージに向かったそうです。そんな極限状態での天才の演奏が如何なるものであったかを思い知らされる録音です。演奏はとても余命僅かの人間の演奏には聞こえません。というより天才が死期を悟ったからこそこのような演奏が可能になったのかもしれません。打鍵は立派。ファンタジーは豊か。これほど感動的な演奏は他のどんなピアニストでも聴いたことが有りません。アンセルメ指揮のオーケストラ伴奏も状況を察して大変に感動的です。但しこれほどの素晴らしい演奏が現在は廃盤です。中古店で運良く見つけたら何を置いても購入すべきです。

187 アルフレッド・コルトー独奏、フリッチャイ指揮ベルリン放送響(1951年録音/Green Door盤) 以前から評論家の宇野先生が絶賛されていたので聞きたくて仕方の無かった演奏でしたが、数年前にグリーンドア出版が大変音質の良いCDを発売してくれました。現在は正規録音盤も出ていますがそれは聞いていません。コルトーもフリッチャイも真に表現力に優れた芸術家ですが、両者の共演が大変にユニークな名演を実現させました。冒頭の和音の後がなんという遅さで始まることでしょう。かつて耳にした事が有りません。ピアノのミスタッチも何のその、濃厚な表現の限りを尽くしています。しかしそれは両者の心に感じた通りの演奏なので、例えばアルゲリッチやチェリビダッケのような"あざとさ"は少しも感じられません。第2楽章も同様に深い深いロマン的表現です。第3楽章はいくら何でも遅すぎるのではないかと思いますが、好き嫌いは別にしてもこの演奏は必聴です。

Sch195 スヴャトスラフ・リヒテル独奏、ロヴィツキ指揮ワルシャワ・フィル(1958年録音/グラモフォン盤) 個人的にはリヒテルはシューマンの演奏が一番良いと思います。これは彼が西側にデビューして間もない時期の録音なので、技術的にも全盛期にあります。但し元々から演奏に随分とムラのあるリヒテルとしてはこの演奏は中の中というレベルです。スタジオ録音ということもあり、いまひとつ感興が乗り切っていないのです。しかしそれでも第1楽章中間部などのシューマネスクな香りの漂うピアノはさすがにリヒテルです。ロヴィツキの指揮はとりたててどうということはありません。

Schucci00019b ジュリアス・カッチェン独奏、ケルテス指揮イスラエル・フィル(1965年録音/DECCA盤) カッチェンは知る人ぞ知る名ピアニストでしたが早死にしてしまいした。奇しくもケルテスも水の事故で早死にしてしまう名指揮者です。なかなか珍しい"早死に"名演奏家の共演盤です。(苦笑) しかしさすがに名演奏家同士だけのことはあってとても良い演奏です。カッチェンはブラームスを最も得意として男性的なピアノを弾きますが、この演奏も力強い打鍵で大変男性的です。ケルテスの指揮も実に立派です。第3楽章などはまるで「皇帝」のフィナーレのようです。といっても決して優しさや情緒に欠ける演奏ということではありません。このような「男気」のある演奏も是非一度は聴いてみる価値が有ると思います。

Schcci00037 ラドゥ・ルプー独奏、プレヴィン指揮ロンドン響(1973年録音/DECCA盤) デビュー間もない頃の若きルプーの演奏です。彼はルーマニア生まれだったので、当時のキャッチコピーが「リパッティの再来」「千人に一人のリリシスト」であった記憶が有ります。確かに良い演奏が多く有りましたが、いつの間にか若手奏者の影に隠れて目立たなくなってしまいました。10年ほど前に東京で生演奏を聴いた時には大変素晴らしかったので残念です。この演奏はプレヴィンの指揮共々とても瑞々しい演奏です。大げさにならない等身大のシューマンという感じでこれもまた捨て難い良さを感じますが、その分ややムード的に聞こえてしまう難点はあります。

Schcci00037b マルタ・アルゲリッチ独奏、コード指揮ワルシャワ・フィル(1980年録音/Accord盤) 何度も書いてしまいますが、90年代以降のアルゲリッチは表情が多分に恣意的であり、聴いてどうしても"あざとさ"を感じてしまいます。真の芸術は決して作り物めいてしまってはいけないと思うのです。話は逸れますが僕が大抵のカラヤンの演奏を好まないのはそういう理由からです。ここでのアルゲリッチのライブ演奏は彼女特有の気まぐれさを感じますが、それがシューマンの音楽のうつろさ加減と上手く合っているように感じます。男優りの力強い打鍵も非常に聴き応えが有ります。カップリングのチャイコフスキーも良い演奏ですし、これはなかなかお買い得な名盤だと思います。

Sch24062 マウリツィオ・ポリーニ独奏、アバド指揮ベルリン・フィル(1989年録音/グラモフォン盤) ポリーニのシューマンは決して嫌いでは無いのですが、どうも曲によって出来にムラが多いように感じます。この演奏もどうも覇気と締まりに欠ける気がします。両者の実力からすれば少々雑な仕上がりでもあります。ポリーニ&アバドという独グラモフォンのかつての看板ブランドですからセールスは間違いないでしょうが、売れりゃ良いというものではありません。どうしてこのような中途半端な演奏でプロデューサーはOKするのでしょう。収録の時間的な問題も有るのでしょうが、このような仕事ぶりがクラシックの衰退を招くのだと思います。

この曲のCDの数は他にも沢山有りますのでとても聴ききれませんが、僕が特に好きな演奏はやはりリパッティ/アンセルメのライブ盤。次いでコルトー/フリッチャイ盤です。あとはアルゲリッチ/コード盤とカッチェン/ケルテス盤。こんなところです。

<関連記事>
シューマン ピアノ協奏曲 続・名盤 リヒテルとグリモーの名演奏
シューマン ピアノ協奏曲 続々・名盤

| | コメント (38) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)