モーツァルト(協奏曲:管楽器)

2014年5月22日 (木)

モーツァルト クラリネット協奏曲イ長調K622 名盤 ~彼岸の音楽~

Mozart_0

モーツァルトが亡くなる一か月前に完成させた「クラリネット協奏曲イ長調K622」は、数々の名作が並ぶ彼の協奏曲の中の最後の作品です。そして、この曲を最高傑作に上げる人も決して少なくは無いと思います。

この曲には良く言われるように、既に天国に旅立ってしまったかのような、現世から解脱した雰囲気が漂っています。正に「彼岸の音楽」に他なりません。
若い頃の作品にも、天国的な曲は幾つも有りましたが、この曲の第2楽章は自分が黄泉の国へ旅立つことをはっきりと予感して、”去りゆく自分自身のためのレクイエム”として書いたことは間違いないでしょう。まるで秋の青空のように澄み渡った音楽は、そこに何とも深い哀しみをたたえています。モーツァルトが愛する家族や友人たち、それに音楽活動に別れを告げねばならない、この世の無常さを感じていたからでしょう。

クラリネットは木管楽器としては比較的歴史が新しいので、モーツァルトがザルツブルク時代に書いた交響曲には使用されていません。宮廷楽団には奏者が居なかったからです。

Stadler1b その後、ウイーンに移ってようやくアントン・シュタードラーという名奏者と出会います。この人は”ウイーンで最初のクラリネット名演奏家”と呼ばれた人で、非常に美しい音色で知られていました。特に低音の演奏を得意としていたので、楽器製作者と協力して低音域を拡張した、現在でいう、バセット・クラリネットを考案しました。

モーツァルトはシュタードラーに宛てた手紙の中で次のように書き記しています。

「あなたの演奏ほど、クラリネットが巧みに人の声に近づくことができるとは思ったことがありませんでした。あなたの音は柔らかく繊細で、心ある者は抗うことができません。」

すっかりシュタードラーの演奏に惚れ込んだモーツァルトは晩年に、「クラリネット五重奏曲K581」、そしてこの「クラリネット協奏曲」という2曲のクラリネットのための大傑作を書き上げました。

ただ、シュタードラーは私生活上の問題は多かったようで、色々なところに多くの借金が有ったうえ、愛人と暮らすために妻と別居をしています。宵越しの銭を持たない江戸っ子(ウイーンっ子??)気質と、女性に惚れやすい性格が、モーツァルトと非常に気が合ったのだろうと思います。自分も友達になってみたかったです??

この曲はバセット・クラリネット用に書かれたので、通常のクラリネットで演奏をすると、最低域の音をオクターブ上げて演奏する必要が有ります。かつてはそのように演奏されてきました。それが1980年代頃からはモーツァルト当時のバセット・クラリネットを研究・復元することにより元の楽譜通りに演奏することが可能になりました。現在では少なくとも録音においてはバセット・クラリネットが主流となった感が有ります。

ということで、愛聴盤のご紹介です。

M4112121211 レオポルト・ウラッハ(Cl)、アルトゥール・ロジンスキ指揮ウイーン国立歌劇場管(1954年録音/ウエストミンスター盤) 往年のウイーンの名奏者ウラッハを外すわけにはいきません。後輩のプリンツよりも速めのテンポで飄々と吹いている印象ですが、ニュアンスがすこぶる豊かで高い名人芸を感じます。モノラル録音ですが音質が明瞭なのでウラッハの楽器の音を忠実に味わうことが出来ます。ウラッハは、これ以前にもカラヤンの伴奏で録音していますが、音質が劣るので一般的にはこちらをお勧めしたいです。

5b アルフレート・プリンツ(Cl)、カール・ミュンヒンガー指揮ウイーン・フィル(1962年録音/DECCA盤) 1960年代初めのウイーン・フィルの柔らかくエレガントな音を透明感のあるデッカ録音で聴けるのがポイントです。遅めのテンポでゆったりと落ち着いたミュンヒンガーの指揮も秀逸です。プリンツの独奏も文句の付けようが無いほどに美しいです。後述のベームとの新盤に隠れた感も有りますが、こちらの旧盤も中々どうして素晴らしいです。

9_2 ジャック・ランスロ(Cl)、ジャン=フランソワ・パイヤール指揮パイヤール室内管(1963年録音/エラート盤) パイヤールの速いテンポで軽く伴奏されると、この曲が晩年の曲とは思えなくなります。ランスロのフランス管の音色も軽妙洒脱で、深刻さとはおよそ無縁です。このようなラテン気質で楽天的な演奏を好む方もおられるのでしょうが、この曲を”彼岸”の音楽ととらえているファンにとっては、この演奏には幾らか抵抗を感じられるかもしれません。

1296010504 カール・ライスター(Cl)、ラファエル・クーベリック指揮ベルリン・フィル(1967年録音/グラモフォン盤) ライスターのこの曲の最初の録音です。余り手の込んだ表情づけをせずにストレートに吹いている印象です。音色にもことさら低音を強く意識していないような印象を受けます。天真爛漫なモーツァルトとしてとても上手いと思いますが、”枯淡”の雰囲気は有りません。クーベリックの指揮は壮年期のベームのような堅牢な造形性を感じる音をベルリン・フィルから引き出していて聴き応えがあります。

200753940 アルフレート・プリンツ(Cl)、カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1972年録音/グラモフォン盤) ベームの遅いテンポには好みが分かれるかもしれませんが、この曲を”彼岸”の音楽だとすれば、これほどまでに、その雰囲気を醸し出した演奏は有りません。録音も透明感はミュンヒンガーのデッカ盤に譲りますが、柔らかくブレンドされた録音で聴くウイーン・フィルの美音は最高です。プリンツの楽器の音は新盤が確実に勝っています。演奏についても旧盤よりも更に深みを増していて、孤高の域に到達した感が有ります。

M735504 カール・ライスター(Cl)、豊田耕児指揮群馬交響楽団(1980年録音/カメラ―タ・トウキョウ盤) さすがに円熟したライスターの吹くドイツ管の音色は陰影が深くて素晴らしいです。歌い回しも見事なものです。問題は管弦楽でしょう。この人の3度目の録音の伴奏は何と群馬交響楽団なのですが、弦楽器がピッチ、リズムともに不揃いなのが気に成ります。ライブ収録かと確認したほどですが、スタジオ録音でした。ただ、2楽章だけは独奏も管弦楽も非常に美しく音楽を堪能させてくれます。

M51rtwmrz0lリチャード・ストルツマン(Cl&指揮)、イギリス室内管(1990年録音/RCA盤) バセット・クラリネットが台頭して来た時代に入っても通常楽器で勝負した演奏ですが、ストルツマンの色彩的な音の変化と高度な技術による自由自在な歌い回しは非常に説得力が有ります。それが、この”彼岸”の曲にふさわしいのかどうかは別としても、愉しさに思わず惹き込まれるのは確かです。2楽章も意外なほどに深みが有ります。自ら指揮する管弦楽も優秀、雄弁で非常に素晴らしいです。

以上は、いずれも通常のクラリネットでの演奏ですが、ここから下はバセット・クラリネットを使用した演奏です。

M516ijzasnsl__sl500_aa300_ デイヴィッド・シフリン(バセットCl)、ジェラルド・シュワルツ指揮モーストリー・モーツァルト管(1984年録音/デロス盤) バセット・クラリネットを使用した先駆けのような録音で、現在聴いても低音域の音の威力には圧倒されます。但し、それ以外にモーツァルト演奏として大いに魅力が有るかと問われると、やや返事に窮します。フレージングの味わい、面白みで比べれば、同じアメリカ人でもストルツマンの方が上のように感じるからです。シュワルツ指揮の管弦楽伴奏は無難にこなしているといったところです。

M452011720pic2 ザビーネ・マイヤー(バセットCl)、ハンス・フォンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1985年録音/EMI盤) イングリッド・バーグマン級に美しいザビーネは、ついつい美貌の方ばかりに興味を奪われますが(それは自分だけ??)、美しい音も特筆ものです。ことさらにバセット・クラリネットの低域を強調しているわけではありませんが、やはり音に威力が有ります。2楽章の深みには幾らか物足りなさを感じますが、名指揮者フォンクが指揮するドレスデン管の合奏力といぶし銀の音色も素晴らしく、一聴に値する演奏だと思っています。

M51lccyjqsalエリック・ホープリッチ(バセットCl)、フランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ(1985年録音/フィリップス盤) バセット・クラリネットと古楽器オケの組み合わせによる正真正銘のピリオド演奏ですが、この”彼岸の音楽”に古楽器の音がとても良く似合っていると思います。ホープリッチの演奏は、大袈裟な歌い回しの少ない誠実な印象を受けますが、それもこの曲にふさわしいです。この演奏の持つ”たおやかさ”は、ちょっと他の演奏には無い魅力が有り、一度ハマると虜になると思います。

ということで、マイ・フェイヴァリットはと言えば、孤高の境地のプリンツ/ベーム盤、それにバセット・クラリネットのホープリッチ/ブリュッヘン盤、この二つです。

<関連記事>
モーツァルト クラリネット協奏曲&ピアノ協奏曲第27番

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

モーツァルト ホルン協奏曲集 名盤

Horn_natural2

モーツァルトのホルン協奏曲集を語るのには、モーツァルトの親しい友人であったホルン奏者のロイドゲープ(本名はヨーゼフ・ライトゲープ)を語らない訳にはゆきません。

モーツァルトよりも20歳ほど年上のロイドゲープは、ザルツブルクの宮廷楽団の名ホルン奏者でしたが、モーツァルトよりも早い時期にウイーンに移りました。それというのも、ロイドゲープの妻の実家のチーズ屋がウイーンに有ったので、それを手伝いながらオーケストラで働いたのです。4年遅れてモーツァルトがウイーンに移ると、二人の間の親交は増々深まりました。

モーツァルトはこの友人ロイドゲープの為に4曲のホルン協奏曲を書きました。かつて4曲には、作曲されたと推測される順番にそれぞれ番号が第1番から第4番まで付けられていました。ところが1980代に入ると学者の研究によって、作曲の順番が大きく訂正されました。かつての曲番号を入れ替えて作曲された順に並べますと、以下の通りになります。

①第2番変ホ長調K417
②第4番変ホ長調K495
③第3番変ホ長調K447
④第1番ニ長調K412

そのために、新全集では曲番号の表記は行われずにケッヘル番号のみとなっています。演奏録音についても1970年代までのものは大半が番号順に並べられていましたが、1980年代以降のものは、作曲順に並べられていたり、番号の表記を行なわないものが多くなりました。

さらに、”第1番”と言われてきたK412は実際はモーツァルトの死の年に書かれた作品で、第2楽章ロンドは未完成だったのを、弟子のジュースマイヤーが書き直したものであることが分かりました。現在ではこのジュースマイヤー版のロンドニ長調はK514とされています。ですので、現在はモーツァルトの未完成楽譜を基に新たに研究補筆したもので演奏されることが多くなりました。なお、良く知られたように初稿楽譜にはモーツァルトの手で五線譜の至る所にロイドゲープをからかうコメントが書き加えられています。このことからもモーツァルトとロイドゲープの親しさをうかがい知ることが出来ますね。

当時のホルンは現代のホルンと違って音程を操るバルブが無かったので、独奏楽器として演奏するのは非常に困難でした。ですので、他の管楽器と比べると、どうしても単調な曲に成りかねません。ところが、モーツァルトは伴奏の管弦楽をとても上手に使って、逆に”狩りの楽器”としてのホルンの魅力と楽しさを余すところなく引き出しています。天才ですね、モーツァルトは本当に。

4曲はどの曲も魅力的ですが、旋律の魅力、充実度から言えばやはりK447(第3番)が頭一つ抜けているように思います。ただ、K412(第1番)がモーツァルトの手で完成されていれば、K447に肩を並べた可能性はあります。

ホルンの為の協奏曲は決して多くは有りませんが、リヒャルト・シュトラウスの”英雄的な”2曲とは全く対照的な、美しく愉悦感に溢れた名作としてモーツァルトの4曲は輝きを放っています。

それでは愛聴盤のご紹介です。

Mozart_brain デニス・ブレイン(Hr)、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア管(1953年録音/EMI盤) 昔、東芝EMIのアナログ盤で聴いた時には音の悪さで話になりませんでしたが、CD化されて随分と音がしっかりしました。ブレインの輝くばかりのテクニックと歌い回しは、やはり一聴に値します。カラヤンの指揮伴奏も意外にゆったりとしたテンポで旋律を甘く歌わせていて素晴らしいです。この曲集の歴史に残る演奏ということでとても価値が有ると思います。

Uccg5269m01dl ギュンター・へーグナー(Hr)、カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1978-80年録音/グラモフォン盤) ”狩りの楽器”あるいは”ウインナーホルン”を連想させる音が魅力的です。ナチュラル・ホルンでなくても、これだけ深い味わいの音が聴けるのですね。ウイーン・フィルの柔らかい音色も非常に魅力的ですが、それをゆったりと風格の有る指揮で支えるベームの芸格の高さが最高です。作曲の順番が訂正される直前の録音ですので、1番から順に並んでいます。

Nhorn05 アントニー・ハルステッド(Hr)、クリストファー・ホグウッド指揮エンシェント室内管(1993年録音/DECCA盤) イギリスの名手ハルステッドによる二度目の録音です。ナチュラル・ホルンでの演奏ですが、非常に上手く吹きこなしているのに驚かされます。表情の豊かさ、細やかさに感心します。また、しばしば現れる大胆に音を割った思い切りの良さも快感です。ホグウッドが指揮する管弦楽は清純な音が魅力的ですし、リズムもキビキビしていて古楽器演奏としてはおよそ理想的だと思います。

ということで、この三つの演奏はどれも特徴と魅力が有るので順番を付けるのは不可能です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

モーツァルト フルート協奏曲&オーボエ協奏曲 名盤

Flute_and_obe

モーツァルトは父レオポルトへ送った手紙の中で、「嫌いなフルートのために曲を書くのは苦痛です。」と書いています。どうやらお気に入りの楽器ではなかったようです。ところが、実際は「フルートとハープの為の協奏曲」や「フルート四重奏曲集」、あるいは歌劇「魔笛」のようにフルートが大活躍する傑作を幾つも書いています。楽器の好き嫌いとは別に名曲を書き上げてしまうというのは、正に”プロフェッショナル”の仕事だと言えますね。

そんなモーツァルトが独奏フルートのために書いた協奏曲が2曲存在します。

フルート協奏曲第1番ト長調K.313
フルート協奏曲第2番ニ長調K.314

この2曲は、モーツァルトがマンハイム=パリ旅行中に知り合った、外科医で裕福な音楽愛好家のドジャンから、フルートのための”協奏曲”と”四重奏曲”の注文を受けたために作曲をしました。第1番も良い曲ですが、第2番の魅力の方が上回っている様に感じます。但し、この第2番は既作品である「オーボエ協奏曲ハ長調」に僅かに変更を加えて移調しただけの作品です。

オーボエ協奏曲ハ長調K314

20世紀に入るまでは、フルート協奏曲の第2番と、どちらが先に書かれた曲なのかが謎とされていましたが、現在ではマンハイムのオーボエ奏者に提供したオーボエ協奏曲ハ長調のほうが先だったことが判明しています。もっとも、これも新曲では無く、原曲はザルツブルク時代に書かれた作品だと推測されています。

それはともかくとして、このような場合に大抵はオリジナルの方が魅力的であるケースが多いように思うのですが、この作品に関しては全くの互角。いずれかの楽器を自分で演奏する人でも無い限りは、軍配を上げるのにとても迷うのではないでしょうか。そこでモーツァルトを愛する人は、それぞれの曲を奏でる楽器の音色の違いを味わい楽しむことが出来ます。この曲は、例えてみれば”1つぶで2度おいしい”アーモンド・グリコのような作品ですね。そう言えば、グリコはお菓子も食品も、まろやかな味付けが得意ですからね。モーツァルト=グリコ説。新しい論文をネイチャー誌に投稿しましょうか??

ということで愛聴盤のご紹介ですが、やや変則的に成ります。

Mozart038フルート協奏曲第1番ト長調K.313
フルート協奏曲第2番ニ長調K.314
オーボエ協奏曲ハ長調K314

ヨハネス・ワルター(Fl)、クルト・マーン(Ob)、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1973年録音/キングレコード:シャルプラッテン原盤)
フルート協奏曲2曲とオーボエ協奏曲が収められていて便利です。しかもどちらもこの名楽団の首席奏者が独奏を務めています。それにしてもヨハネス・ワルターのフルートが実に美しいです。まるで木製のような滋味溢れる音色が心に浸み入って来ます。現代的なテクニックと古楽器の魅力を兼ね備えたかのような印象です。クルト・マーンのオーボエも同様の傾向で派手さは有りませんがやはり素晴らしいです。但し、ワルターのフルートの方が魅力において勝るような気がします。ブロムシュテットはオーケストラの典雅で美しい響きを生かして独奏を見事に支えています。

1197081051フルート協奏曲第1番ト長調K.313
オーボエ協奏曲ハ長調K314

ヴェルナー・トリップ(Fl)、ゲルハルト・トレチェク(Ob)、カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1974年録音/グラモフォン盤)
オリジナルのフルート協奏曲1番とオーボエ協奏曲との組み合わせですが、他にK299が収められています。トリップとトレチェクのそれぞれの美しい音と独奏は曲の魅力を十二分に引き出していて申し分ありません。それをウイーン・フィルの甘く柔らかい音が包み込んでいます。ベームの指揮はギャラント風の華やかさは有りませんが、ゆったりとした風格が有ります。若きモーツァルトの演奏としては立派過ぎるという批評は有るでしょうが、ここにある音楽の深みは実に得難いと思います。特に幾らかレガート気味に奏されるオーボエ協奏曲での美しさは尋常ではありません。

517l9l0hisl__sl500_aa300_フルート協奏曲第1番ト長調K.313
フルート協奏曲第2番ニ長調K.314

ペーター=ルーカス・グラーフ(Fl)、レイモンド・レッパード指揮イギリス室内管(1984年録音/クラ―ヴェス盤)
フルート協奏曲2曲として収録されています。フルートの音の粒立ち、輝かしさで言えばランパルの右に出る人は居ないように思いますが、演奏によっては饒舌に感じる場合が有ります。逆にニコレはモーツァルトには生真面目過ぎるように感じます。その点、グラーフは太めの音で逞しいですが、饒舌さを感じることは有りません。この2曲でも豊かな表現力とギャラント風の華やかさを持ちながら、落ち着いた風情をも感じさせる素晴らしい演奏です。若きモーツァルトの演奏として完全無欠の名演奏ではないでしょうか。レッパード/イギリス室内管の伴奏も緻密で美しく非常に素晴らしいです。

どのディスクも魅力的なのですが、好みで選べば、フルート協奏曲としてはワルター/ブロムシュテット盤とグラーフ/レッパード盤が互角。オーボエ協奏曲としてはトレチェク/ベーム盤を取りたいと思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

モーツァルト フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299 名盤

Mozart_harp_flute_2

モーツァルトが3度目のパリ旅行の時に父レオポルドに宛てた手紙の中で、交友を持ったフランスの公爵について、このように記しています。

「ド・ギーヌ公はフルートをとても良く吹きます。その令嬢には作曲を教えていますが、彼女もハープをとても上手く奏します。」

ド・ギーヌ公とはフランスの外交官で音楽の愛好家でした。モーツァルトは公爵の娘の家庭教師を務めていました。アマチュアながら名フルート奏者であったド・ギーヌ公が、ハープを弾く娘と共演できるような作品を望んだことがきっかけで、この「フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299」が作曲されました。

独奏楽器のフルートと、通常は伴奏の役割が多いハープとの二つの楽器が独奏をするというコンチェルトは非常に珍しい構成ですが、素晴らしい名曲に仕上げてしまうあたり、さすがは天才モーツァルトです。但し楽器の特性上から、どうしてもフルートが目立ちがちとなり、ハープはさしずめ”夫を立てる控え目な奥様”という風に聞こえるのは仕方の無いことでしょう。けれどもこの奥様、いざという時にははっきりと物を言えるしっかり者でもあります。男性にとっては理想の奥様ですね。

ともかく、この曲は本当に素晴らしい傑作です。第1楽章アレグロも美しいですが、第2楽章アンダンティーノのこの世のものとは思えない美しさと第3楽章ロンド・アレグロのほとばしる愉悦感は言葉にできません。モーツァルトの管楽器を伴う協奏曲では、クラリネット協奏曲が最高ですが、それに並ぶ存在がこの「フルートとハープのための協奏曲」です。

それでは僕の愛聴盤です。

5b ウェルナー・トリップ(Fl)、フーベルト・イェリネク(Harp)、カール・ミュンヒンガー/ウイーン・フィル(1962年録音/DECCA盤) 恐らくこの曲の定番でしょうが、パリのギャラント風スタイルでは無く、ウイーン風の演奏です。ミュンヒンガーの遅くかっちりしたテンポはドイツ風ですが、録音当時のウイーン・フィルの持つ甘く柔らかい音色がそれを補って余りあります。トリップとイェリネクのソロは、自分が前面に出るという感じでは無く、オーケストラと素晴らしく溶け合っています。結果として、この曲の天国的な美しさが最も良く出ている点では随一だと思います。

9_2 ジャン=ピエール・ランパル(Fl)、リリー・ラスキーヌ(Harp)、ジャン=フランソワ・パイヤール/パイヤール室内管(1964年録音/エラート盤) これはミュンヒンガ-盤以上に定番かもしれません。こちらはパリのギャラント風のスタイルですが、決して華やか過ぎることはありませんし、テンポも中庸で落ち着きが有ります。時には上手さが鼻につくことがあるランパルも、正に”フランス公爵”のような気品と風格が素晴らしいですし、ラスキーヌもまた”公爵夫人”といった貫禄を感じさせます。二人とも半端で無く上手いのですが、それが全て音楽表現に生かされています。録音は多少古めに感じるかもしれませんが、鑑賞に支障は有りません。

4191vr749vl__sl500_aa300_ ヨハネス・ワルター(Fl)、ユッタ・ツォフ(Harp)、オトマール・スウィトナー/シュターツカペレ・ドレスデン(1975年録音/シャルプラッテン盤) 当時のSKドレスデンの首席のヨハネス・ワルターのフルートは大好きでした。歌劇「魔笛」などでの演奏が忘れられません。旧東ドイツ製の楽器らしいですが、ピリオド楽器でないのに、まるで木製のような音色が魅力的です。大きなビブラートが特徴ですが、それが派手さにつながることもありません。ツォフのハープは堅実で不満は有りません。スウィトナーのテンポは速めで躍動感が有りますが、もちろんアンダンティーノでは美しく歌わせてくれています。

1197081051 ヴォルフガング・シュルツ(Fl)、ニカノール・サバレタ(Harp)、カール・ベーム/ウイーン・フィル(1979年録音/グラモフォン盤) ウイーンの演奏ということで、当然ミュンヒンガー盤との比較になります。ベームのテンポ感はミュンヒンガーと大きな差は有りませんが、立派さではやはりベームが上です。シュルツのフルートは、表現の深さが感じられて素晴らしいです。一方、奥様役のハープはサバレタですが、この奥様は少々出しゃばる傾向が有り、うるさく感じられることがあります。控え目で夫にピタリと寄り添うようなミュンヒンガー盤のイェリネクの方が好感が持てます。厳しい祖父役のベームの存在感は無視できませんが、やはり独奏者に”夫婦円満度”の高いミュンヒンガー盤を個人的には上位に置きたいと思います。

ということで、マイ・フェイヴァリットは余りにオーソドックスな選択なのですが、古き良きウイーンの香りを漂わせたトリップ/イェリネク/ミュンヒンガー盤、それにパリの香りを漂わせるランパル/ラスキーヌ/パイヤール盤、この二つです。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)