ブラームス(交響曲第1番~4番)

2014年11月28日 (金)

ブラームス 今年聴いた交響曲のCDから

それでは今年聴いたブラームスの交響曲CDの単独盤をご紹介します。古い奴だとお思いでしょうが・・・相変わらず古いCDばかりです。(苦笑)

交響曲第1番

Brahms_41i7pt88qxl
ヨーゼフ・クリップス指揮ウイーン・フィル(1956年録音/DECCA盤)

クリップスによる最初期のステレオ録音ですが、音質は良好で許容出来ます。それにしても当時のウイーン・フィルの響きの何とも魅力的なこと!堅牢な造形を誇るドイツ・スタイルとはまるで異なる柔らかい音のウイーン風ですが、ゆったりと構えて下手なテンポ操作を行わないオーソドックスな指揮なので、安心して耳を委ねられます。と言うよりも、演奏に心が自然と惹き込まれてしまい、気付けば陶酔して浸り切っている自分が居ます。特に2楽章の歌いぶりの何と甘く柔らかいことか。単なる伴奏音型さえもがドキッとさせるほどに魅力的なのです。ヴァイオリン独奏も魅惑の限りで、名前の記述は無いのですが、恐らくはウイリー・ボスコフスキーでしょう。終楽章の序奏はあっさりと始まりますが、第1主題の歌も軽く流すようです。展開部でも力みが一切有りませんので、迫力不足に感じられるでしょうが、これこそが古くて粋なウイーンのスタイルです。

交響曲第3番

Img_1039_20210209100001
グィド・カンテルリ指揮フィルハーモニア管(1955年録音/EMI盤)

これはEMIの9枚組BOXの中の1曲です。録音の大半はモノラルですが、この曲はステレオ録音ですので聴き易く、同じくこのBOXに収められた第1番のモノラル録音とは音質に大差が有ります。音にざらつきも少なく、当時のEMIの録音にしてはかなり良質な部類です。しかしオーケストラの管楽と弦楽をふっくらと柔らかくブレンドさせた心地良い響きを造り出しているのはカンテルリの実力なのでしょう。テンポも速からず遅からず中庸で落ち着きが有り、イン・テンポをしっかりと守るので安心して聴いていられます。大袈裟に歌わせないのもかかわらず情感にも事欠きません。ドイツの武骨さこそ有りませんが、これは極めてオードソックスなブラームスという印象です。イタリアの若手指揮者がこれだけのブラームスを振れるのは驚きで、飛行機事故による死がつくづく惜しまれます。

Brahms_uccd7208m01dl
イシュトヴァン・ケルテス指揮ウイーン・フィル(1973年録音/DECCA盤)

奇しくも若くして事故死した指揮者が続きますが、その割にはケルテスには録音の数が案外と多く、ブラームスも交響曲全集を残しました。同じ1970年代のウイーン・フィルとの録音とあればグラモフォンのベーム盤と比べたくなりますが、あくまで自然体で立派な貫禄を感じさせるベームとは対照的な演奏です。こちらは「積極的表現主義」とでも言えそうな、楽譜の読み方からして表現意欲が満々だからです。パートごとの音量バランスやダイナミクスがかなり極端です。特定の音型が強調されたり、通常は目立たない金管の音が浮き上がってみたりと、それはマーラーやワーグナーなら大成功するような手法です。しかしブラームスではどうか・・・。少なくとも自分は違和感を憶えてしまいます。愉しめないどころかわずらわしさを感じてしまうのです。基本テンポがいじられずにイン・テンポを守っているのは唯一の救いです。これが若さに任せた演奏だとすれば、円熟したこの人がどんなブラームスを演奏したか聴いてみたかった気はします。

交響曲第4番

Brahms29291
サー・ジョン・バルビローリ指揮ウイーン・フィル(1967年録音/EMI盤)

バルビローリの全集はかつて廉価のDisky盤で持っていましたが、現在は有りません。ところがこの第4番の演奏を熱烈に支持されるCBEDさんからコメントを頂いてからというもの再び聴きたくなってしまいました。そこで入手したのは中古の東芝盤です。最新リマスターに良くありがちな高域強調型でない為にEMI録音にしては聴き易さを感じます。改めて聴いてみて、つくづく深い情感に覆われた演奏だと思います。この人のマーラー演奏のようにテンポは遅く、一歩一歩を踏みしめながら歩みますが、演奏スタイルと同期しているせいか不思議と不自然さやもたれる印象は受けません。ブラームスの古典的造形は希薄でも、内面のロマンティシズムのほとばしりによって、他には例が無いぐらい強い説得力を持ちます。恐らくはバルビローリにしか演奏が出来ない非常に個性的なブラームスです。

Brahms_uccd7208m01dl
イシュトヴァン・ケルテス指揮ウイーン・フィル(1972年録音/DECCA盤)

現在出ているCDでは、上述の第3番とカップリングされています。お買得ですが、演奏そのものは第3番の表現スタイルと同じです。けれども1、2楽章には抵抗感は感じられず、逆に青春の光と陰のような新鮮なブラームスを愉しめました。問題は3、4楽章で、極めて積極的でダイナミックな表現がブラームスのイメージからは遠ざかります。但し、それも聴き手の好み次第ですし、こういうブラームスが好きだという方は案外と多いのではないでしょうか。自分自身、普段は枯れたブラームスを好んで聴いているので、余り固定概念にとらわれないようにする為に、時にはこのような演奏を耳にするのも良いのかもしれません。

Brahms20blomstedt
ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプチッヒ・ゲヴァントハウス管(1996年録音/DECCA盤)

シュターツカペレ・ドレスデン、北ドイツ放送響の他にもうひとつ”ブラームス・オーケストラ”を上げるとすればライプチッヒ・ゲヴァントハウス管でしょう。ところが残念なことにコンヴィチュニー以降、指揮者に余り恵まれなかった為に目ぼしいディスク録音が有りません。この演奏もいかにもブロムシュテットらしい誠実な演奏です。けれどもこの曲の魅力を充分に引き出しているかというと疑問です。古典的な造形性は素晴らしく保たれていますが、センチメンタリズムやロマンティシズムが不足です。第1番や第2番であれば構いませんが、第4番がこれでは頂けません。表情があっさりし過ぎている部分も多いですし、気迫や重厚さにも不足して感じられる箇所が見受けられます。管弦楽の響きが素晴らしいだけに残念でなりません。もっとも、このディスクには作品74-1や作品110の3つのモテット、作品109「祭典と記念の格言」といった無伴奏合唱曲が収録されていて、むしろこちらのほうが価値が高い気がします。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

秋のブラームス祭り フィナーレ ~今年聴いたシンフォニーのCDから~

すっかり寒くなってきました。昨日は北国だけではなく西日本でも雪がちらついたそうです。”冬将軍”の足音もどんどんと大きくなって、晩秋も終わりを遂げようとしています。
ということで「秋のブラームス祭り」も、いよいよフィナーレですが、締めくくりはやはりシンフォニー特集と行きましょう。但し、今年は新しく聴いたブラームスの交響曲のCDが例年に比べて不作でした。これも異常気象と猛暑の影響なのでしょうか。夏の暑さがずっと続いて、秋の訪れが遅れてしまっては、さすがのブラージアーナーといえどもブラームスを聴く気分が減退させられても不思議は有りません。ブラームス愛好家の減少を防ぐためにも、世界の温暖化対策の実施は火急の責務でしょう。(ホント?)

などなどと、妙ちくりんな話をウジウジと並べたてる、こういう性格こそがブラームジアーナーたる所以なのですが。(苦笑)

ともかく、今年ご紹介するブラームスのシンフォニーCDは本当に少ないのですよ。フィナーレと呼ぶのもはばかれる枚数ですが、順にご紹介してゆきます。

交響曲第1番

P1010068_2
クリストフ・エッシェンバッハ指揮北ドイツ放送響(2000年録音/En Larmes盤)

いきなり海賊盤CD-Rが登場するあたり、今年の不作を物語りますが、エッシェンバッハのブラームスは昨年、ヒューストン響と録音した交響曲全集をご紹介しました。まるでドイツのオケと間違えるような響きを醸し出したスケールの大きな名演奏ですが、細部にこだわって聴いてみると微妙な違いにはどうしても気付かされてしまいます。そこで、北ドイツ放送響あたりとの再録音を望みたいと書いたのでしたが、その夢が多少でも適ったのが、この海賊盤です。海賊盤のCD-Rにはメジャーレーベルの正規盤以上の音質のものも数多く存在しますが、もちろん逆のものも有ります。En Larmesはレーベルとしては優秀な方だと思っていますが、実際に聴いてみるまでは分かりません。
で、このディスクの音質は最優秀では有りませんが、合格です。最強音時に僅かに音のざらつきをを感じますが、全体的にはバランスも良く、下手なアナログ・リマスター盤よりはずっとまともです。EMI録音のヒューストン響と比べても、やはりドイツのオケの音を聴いている実感が湧いてきます。実際に聴いたこのオケの生の音に近いのが嬉しいです。シュターツカペレ・ドレスデン、それにゲヴァントハウス管と並んで、ドイツの三大ブラームス・オーケストラと僕が考えている北ドイツ放送響のいかにも「プロシア的」な厚く暗い響きを聴くことが出来ます。エッシェンバッハの指揮は遅めのテンポでスケールが大きいですが、そこに微妙なテンポの加減を与えて情熱的に盛り上げます。全体のバランスや造形性を損ねたりしないのが実に素晴らしいです。あのフルトヴェングラーやカラヤンが失敗するブラームス演奏の愚を決して行なったりはしません。ますます、このオケとの組み合わせで全集録音を聴いてみたくなります。

交響曲第3番

145
コリン・デイヴィス指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1992年録音/Profile盤)

ディヴィスはSKドレスデンの首席指揮者にこそ就いたことは有りませんが、数多くの共演、録音を行ないました。これは1992年の本拠地ゼンパーオーパーでのライブ録音です。このオケのブラームスというと、どうしても不動の名盤であるザンデルリンクの全集録音と比べてしまうので気の毒です。それはともかく、ディヴィスの演奏のテンポは遅めですが、ザンデルリンクよりは速いです。リズムの腰の座り方もザンデルリンクのテコでも動かない安定感と比べれば遜色を感じます。それは単にテンポの問題では無く、リズムの刻みの深さの違いだと思われます。ただし、旋律をだらしなくベタベタと歌い崩さないのは理想的です。オケの響きについては、ザンデルリンクが正にこのオケの持つ古雅な響きが最も魅力的であった1970年代に録音しましたので、それを越えることは不可能です。それに実演のハンディでもあるのでしょう、頭の音に微妙なズレを感じることが幾度となく有ります。従って、どうしてもザンデルリンク盤には劣る印象ですが、”最高のブラームス・オーケストラ”という肩書きを返上する必要は有りません。同じ年代の録音で、これ以上のブラ3の演奏もそうそう思いつかないからです。それがシュターツカペレ・ドレスデンたる所以です。

交響曲第4番

Sanderling_brhaa4
クルト・ザンデルリンク指揮スウェーデン放送響(1990年録音/WEITBLICK盤)

”ブラームス演奏の神様”ザンデルリンクのブラ4と言えば、代表的なところでは1972年のSKドレスデン盤、1984年のミュンヘン・フィル盤、1990年のベルリン響盤があります。今回のスウェーデン放送響盤と同じ年の録音であるベルリン響盤は、もたれるほどに遅いテンポによる沈み込むような味わいの名演奏でした。但し、聴いていて時に覇気に欠けるように感じてしまう部分も有ります。このスウェーデン放送響盤ではテンポは遅めですが、ベルリン響盤のようにもたれる印象は受けません。これは実演による流れの良さが有るからでしょう。特筆すべきは、旋律を大きく歌わせて、感情を思いきり吐露していることです。その点では、これまでの客観的で大袈裟に感情移入しない演奏スタイルとはだいぶ異なります。晩年においてもザンデルリンクは決して枯れることなく、非常にロマンティックなハートを持ち続けていたことの証明です。スウェーデン放送響の音はドイツ的というわけでも無いのですが、とても美しくブレンドされた厚みのある響きでブラームスを堪能させてくれます。やはり優れたオーケストラです。録音が生々しいのも理想的で、残響過多のベルリン響盤よりもずっと好みます。ザンデルリンクのブラ4では、これからSKドレスデン盤と並んで愛聴しそうです。カップリングされているのは「悲劇的序曲」ですが、交響曲全集の新盤にこの曲は含まれていなかったので大変貴重です。演奏も実に素晴らしいです。ということで、これを今年聴いたブラームスのシンフォニーのCDのベスト盤にしたいと思います。

41npcsopzvl
ルドルフ・ケンぺ指揮BBC響(1976年録音/BBC Music)

ケンぺは同じドイツの指揮者でもザンデルリンクのような重量級では無く、中量級のイメージです。リズムにテコでも動かないような念押しは有りませんし、表情を刻々と変化させてゆく軽妙なフットワークを持っています。それでももちろんドイツ人ですので音楽を上滑りさせるようなことはありません。特にこの晩年のライブでは、英国放送のオーケストラを感情豊かに歌わせて、聴き手の心に強く訴えかけています。元々ケンぺはスタジオ録音では冷静で居ても、実演になると気迫を前面に押し出して、聴衆を圧倒するタイプでした。カール・ベームに似ています。ここでも、その実演での良さが一杯に現れています。第1楽章では後半になればなるほど熱気が増してきて非常に充実感を感じさせます。第2楽章は中庸で引き締まったテンポですが、旋律が充分に歌い切れていて寂しい情感が心に深く染み入ります。第3楽章では他の楽章とのバランス的には幾らか遅めに感じます。爆演とはかけ離れた充実した響きと重みのある素晴らしい演奏です。ドイツのオケに比べて金管の音質が明るめなのと、トランぺットの音量が高めなのが少々引っ掛かりますが、許容範囲です。終楽章も好演です。イギリスのオケにこれだけのブラームスを演奏させるのは決して容易なことでは無いと思います。カップリングはシューベルトの交響曲第5番ですが、これも素晴らしい演奏です。

ということで、今年もまた「秋のブラームス祭り」にお付き合い下さいまして誠にありがとうございました。次回は、シベリアからやってくる冬将軍閣下の到来に合わせて「冬のロシア音楽祭り」をスタートします。

<関連記事>
ブラームス 交響曲全集 エッシェンバッハ/ヒューストン響
ブラームス 交響曲第1番 名盤(モノラル録音編)
ブラームス 交響曲第1番 名盤(ステレオ録音編)
ブラームス 交響曲第3番 名盤
ブラームス 交響曲第4番 名盤

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

ブラームス 交響曲第1番 テンシュテットの1992年ロンドン・ライブ盤

今年のマニュフェストに「脱ブラームス、卒ブラームス」を掲げたために、ブラームスの記事を止めないで欲しいというコメントを幾つか頂いてしまいました。
そこで、大きな声では言えませんが、実は「や・め・ま・せ・ん。」(笑) これが信憑性の低い「マニュフェスト」の良いところ??ですね。

ということで、新年の初聴きはブラームスの交響曲第1番です。(爆)

なにしろ完成までに20年以上の歳月を要したこの曲は、完全主義者ブラームスの代名詞のような作品で、ベートーヴェンの「第10交響曲」とも呼ばれています。年末恒例の曲が「第九」ならば、それに続く「第10」を新年に、というのも、また一興ではないでしょうか。何と言っても、この曲の気宇壮大さと、終楽章に高らかに歌い上げられる勝利の歌は、新しい年の始まりに相応しい気がします。

第1交響曲については、これまで「モノラル録音の名盤」、「ステレオ録音の名盤」で愛聴盤をご紹介しました。そこで、今回は昨年末にリリースされたばかりの新盤をご紹介します。

91ewrchiykl__aa1500__2
クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィルハーモニー(1992年録音/BBC盤)

テンシュテットという指揮者は、マーラーの演奏に於いては、バーンスタインと並び立つ存在だと思います。もちろんワルターやバルビローリ、ベルティーニ、ノイマンなどの素晴らしいマーラーを演奏する指揮者は何人も存在しますが、この二人ほど心底圧倒される演奏を聴かせる指揮者は、まず居ないと思うのです。但し、マーラー以外の曲の演奏に関しては、正直そこまでの認識は持っていません。テンシュテットの熱烈なファンからは反論を受けそうですが。

実はブラームスについても、あの余りに凄いマーラーの一連の演奏が、逆にブラームスの音楽には遠いイメージとなっていて、これまで食指を動かされたことが有りませんでした。

この人のブラームスの第1交響曲の演奏は、既に1983年のスタジオ録音(EMI盤)、1990年のライブ盤(BBCレジェンド盤)などが出ていましたが、あいにく聴いたことが有りません。そこへ今回、新しく1992年のライブ盤がリリースされたので、テンシュテットのブラームスを一度ぐらいは聴いておいても悪くないと思い、聴いてみました。これはロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライブ録音です。

第1楽章冒頭のテンポはゆったりと、しかし緊張感を一杯に湛えており、ティンパニーが非常に力強く叩かれていて後の凄演を予感させます。主部に入ってもテンポはゆったり気味ですが、イン・テンポで緊張感を保ちながら、リズムに念押しを加えてゆくのがプロシア風のブラームスが感じられて心地よいです。響きも金管だけが浮かび上がることなく、弦楽と溶け合っているのが良いです。低弦がうねるような迫力を感じさせるのは、ややワーグナー、マーラー風ですが、ブラームスも元々響きを分厚く書いているので違和感を感じるどころか、逆に魅力的です。

第2楽章も非常にゆったりとロマンティックに聴かせています。甘さよりも悲劇性を強く感じさせるのは、音楽の本質を突いているように思います。

第3楽章でも、遅めのテンポで立体的に響かせているのが良いです。爽やかではありませんが重厚さがたまりません。

第4楽章では、冒頭のティンパニの強打にいきなり驚かされます。同時に「大丈夫かな。爆演になってしまうのかな?」と不安が心をよぎります。聴き進むとホルンによる有名な主題は朗々と響き、ドイツのオケにも聴き劣りがしないほどです。続く弦による主題も悪くは有りませんが、水準レベルというところです。展開部に入ると、にわかに熱気を帯びてきて、楽器が力強く鳴り出します。徐々に爆演に成りかけてきます。あぶないあぶない。更に聴き進むと、全般にティンパニの音が過剰気味ではありますが、幸い金管のボリュームは許容範囲内です。終結部に入ってもある程度の抑制が効いていますので違和感は有りません。終結部では、ずしりとタメを効かせて、中々に満足感を与えます。ちなみに、同じホールでのカラヤン/ベルリンPOの1988年ライブ(Testament盤)では、終結部の余りの強奏にいささか辟易しました。それに比べれば遥かに抵抗感が無く、素晴らしいです。ブラームス演奏は熱演の中にも、やはり一定の節度が無くてはいけません。

このCDは2枚セットで、もう一枚には1983年のライブでブラームスの第3交響曲が収められています。そちらも遅めのテンポで堂々とした演奏なのですが、どういうわけか録音がのっぺりしているので第1番よりも、かなり聴き劣りしてしまいます。録音が良ければ、もっと真価を理解できるのかもしれないので残念です。

ということで、第1番に限っては、愛聴盤の仲間入りをさせたいと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

ブラームス 交響曲第4番 エッシェンバッハの東京ライブ盤 ~千秋楽 結びの1番、ではなく4番~

今年のブラームス秋場所も、とうとう千秋楽を迎えました。今場所はブラームスの若い10代から最晩年に至るまでの作品を早足で(早過ぎ??)たどりながら、これまで記事に取り上げていなかった曲や愛聴盤をご紹介してみました。

後期ロマン派の革新的な音楽の時代に在りながら、古典的な様式を基盤にして作曲を続けたブラームスは、当時の先進的な音楽家たちから、どんなに批判や揶揄をされようとも、頑固なまでに我が道を行きました。さすがは北ドイツ生れのプロシア人です。どすこい!

それにもかかわらず、彼の音楽は当時の多くの聴衆に愛されましたし、時を経て20世紀の後半にもなり、マーラーやブルックナーが一大ブームになった現代でも、ブラームスの音楽は少しも変わらず多くのファンに愛好され続けています。それはいったいどうしてなのでしょう。

たとえ様式的には古くても、肝心の音楽の中身が他の誰よりもロマンティックであり、人間の喜びや哀しみに満ち溢れているからではないでしょうか。そこには、背筋をぴんと伸ばして、すっくと立ち、心の中の哀しみを隠して大げさな涙を見せないブラームスの姿があります。この人の音楽には、そんな成熟した大人の風格を感じます。

また、ブラームスはシューベルトやシューマン、もしくはドヴォルザークのように、初めから魅惑的な旋律を生み出すタイプではなく、ひとつの動機を職人芸によって発展させてゆく術にすこぶる長けていると思います。従って、最も「変奏曲」を得意とした人だと言えるのではないでしょうか。ブラームスの優れた代表作を選ぶとすれば、僕が真っ先に思い浮かぶのは第4交響曲です。そして極め付きがその終楽章です。個人的には第3交響曲をとても好んでいますし、第1交響曲の壮大さにも惹かれます。しかし最高傑作の名前に最もふさわしいのは、やはり第4番を置いて他に有りません。この曲を今場所の結びの一番としたいです。

51zthntyphl
クリストフ・エッシェンバッハ指揮シュレスヴィヒ・ホルシュタイン祝祭管弦楽団(2005年録音/独ヘンスラー盤)

さて、どの演奏を聴こうかと迷いましたが、特筆すべき演奏だと改めて感じたのが、以前の記事でも一度ご紹介した、クリストフ・エッシェンバッハが2005年にサントリーホールでシュレスヴィヒ・ホルシュタイン祝祭管弦楽団を率いて演奏したときのライブ録音です。これはまるでフルトヴェングラーのようにロマンティクで自在な表現でありながら、フルトヴェングラーでは夢中に成り過ぎて失われてしまった造形性をしっかり保持するという、正に離れ業を成し遂げた演奏なのです。前回の記事では、うっかり「技術的には完璧とは言えません」と書いてしまいましたが、それは「SKドレスデンや北ドイツ放送響の熟した楽団には及びませんが」と書き直すべきです。臨時編成でありながら、充分に上手いオーケストラです。これほどのブラームスが日本で演奏されて、それを自分が生で聴けたことは幸運だったとしか言いようが有りません。ウイーン・フィルやSKDのコンサートは毎回話題に事欠きませんが、目立たないコンサートの中にもこんなに素晴らしいものが有るのですね。是非ヘンスラー・レーベルから出ている、この時のライブCDをお聴きになられてください。録音も会場の臨場感が充分に感じられる優れたものです。

<関連記事> 
ブラームス 交響曲全集 エッシェンバッハ指揮ヒューストン響
ブラームス 交響曲第4番 名盤 ~温故知新~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

ヤノフスキ/ベルリン放送交響楽団 2011日本公演 ~秋の夜はブラームス~

Berlin_brahms_consert

「秋の夜はブラームス」。これは、ブラームスの音楽を愛する人の合言葉ですね。日を追うごとに肌寒さを感じてくる秋の夜、人恋しくなったときに聴く音楽として、これほどふさわしいものは有りません。そんな昨夜は、ブラームスのコンサートを聴きに行きました。演奏は来日中のベルリン放送交響楽団で、指揮はマレク・ヤノフスキです。そしてプログラムは、ブラームスの交響曲第3番、第4番という、これこそ秋の夜のコンサートにピッタリの曲です。

「ベルリン放送交響楽団」という名前は、実は誤解しやすいのです。戦後ベルリンが東と西に分かれた時代に、それぞれに全く別の団体が存在したからです。オールド・ファンにはなじみが有りますが、東独の団体はかつてヘルマン・アーベントロートやハインツ・レーグナーが指揮しました。西独の団体はフェレンツ・フリッチャイや若きロリン・マゼールが指揮しました。東独の団体は昔も現在も同じ名前なのですが、西独の団体は現在はベルリン・ドイツ交響楽団と名前が変わっています。

ということで、今回来日しているのは旧東独の団体です。北の街ハンブルクに生まれ育ったブラームスの音楽の暗く、厚い響きを再現するのにはやはりドイツ北部の街のオーケストラが適しています。とは言っても、同じベルリンのオーケストラでありながら、現在のベルリン・フィルハーモニーは既にドイツ人だけでなく、世界中から選りすぐりのプレーヤーが集まっていますので、伝統的なドイツの音とは言えません。その点、今日のステージの上のこのオーケストラを見渡すと、大半がドイツ人団員のようです。それには安心します(ホッ)。意外に美女が多いのにも感心します(ドキドキ)。

前置きが長く成りましたが、プログラム前半の曲が第3番です。演奏はというと、弦楽器がベースになって管楽器をブレンドさせる音造りがいかにもドイツ・スタイルです。ヤノフスキがしきりに管楽器の音を抑えるようなしぐさをしていたのが印象的でした。弦楽は最前列から最後列まで実に同じような音が出ています。日本のオケだと中々こうは行きません。ヤノフスキのテンポは好みで言うと幾らか速めに思いましたが、音楽の流れが良くて悪くありません。それでも刻むリズムが堅牢なので、決して前にのめりません。さすがにドイツ人たちです。個々のプレーヤーが飛びぬけて優秀という印象では有りませんが、全体としてまとまったときに大きな魅力となるのです。いい第3番でした。

後半の第4番では、1楽章の前半が何とも安全運転(ならし運転?)のようで、アレレという感じ。ところが後半に入ると突然ギアが入った(速くなるわけではありません。気持ちがです。)ようで、音の表情が豊かになり惹きつけられました。この曲はアマチュア・オケで演奏したことが有りますが、弾いていると非常に興奮する曲なんです。それが往々にして爆演になってしまう原因なのでしょうが、やはりブラームスの演奏は、このように「内に秘めたる炎」であって欲しいです。1939年生まれのベテラン・マエストロ、ヤノフスキさんは職人タイプですが、特別な才気に富んだ印象は有りません。それでもオーソドックスな演奏というものは、下手に表現意欲旺盛な演奏よりも好ましく思うことが有ります。昨夜はそんな演奏を楽しみました。

それにしても、本当に3番と4番は好きですね。ブラームス「らしい」最高のプログラムでした。僕が指揮者なら、更に前プロに「悲劇的序曲」でも加えちゃうんですけどね。現代のプレーヤーからはブーブーでしょうけど、昔のプログラムは今よりもずっと長かったんですよ。

アンコールはシューベルトの「ロザムンデ」からあの静かな「間奏曲」でした。秋の夜の音楽会の余韻に浸れる、良い選曲でしたね。

11月には、このブログで晩秋のブラームス特集をしてみたいと思っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

ブラームス 交響曲第4番ホ短調op.98 名盤 ~温故知新~

さてブラームスの交響曲特集ですが、早くも最後の第4番になってしまいました。

Johannes_brahms5b15d

交響曲第3番を完成させたブラームスは、その翌年には早くも第4番の1、2楽章を書き上げました。更に次の年には3、4楽章を書いて、この曲を完成させました。第1番の完成迄には、あれほど苦労したのが嘘のようです。しかも最後の交響曲だけあって、ブラームスの円熟の極みの作品となりました。

ロマン派全盛の時代にあっても、古典派形式を踏襲したブラームスは、新古典派などとも呼ばれましたが、この交響曲の終楽章では古典派どころか、バロック時代の変奏曲形式であるシャコンヌ(パッサカリアとも言います)を用いました。当時の楽壇の中には、「古臭くて陳腐だ」とけなす人も居たそうです。あのマーラーでさえこの作品を「からっぽな音の桟敷」と酷評したぐらいです。けれども、若きリヒャルト・シュトラウスは、父親への手紙の中で「間違いなく巨人のような作品です。とてつもない楽想、そして創造力。形式の扱いや長編としての構造は、まさに天才的です。」と書いています。リヒャルト・シュトラウスはかく語りきです。

この曲の凄さを理解したシュトラウスは、ブラームス自身の指揮で行なわれた初演の際のオーケストラでトライアングルを担当しました。あの3楽章で、チンチンチンとやったのですね。想像すると何だか愉快です。ともかく、この曲はブラームスのシンフォニーの最高傑作です。第1番は大変な力作ですし、第2番、第3番も名作なのですが、そのことだけは疑いの無い事実です。ブラームスはこの作品で正に「温故知新」を完遂させたのです。

第1楽章の冒頭は、いきなり第1主題がヴァイオリンのH(ハー)の音で開始されます。これは非常に演奏が難しいです。音の強さ、表情、テンポ、以後との関連づけと色々な要素が有り過ぎるからです。それにしてもこの楽章は、いかにもブラームスらしい哀愁と暗い情熱の高まりが一体化している傑作です。続く、第2楽章も寂寥感いっぱいでノスタルジックな深い深い浪漫がブラームジアーナーを泣かせます。第3楽章はスケルツォ楽章ですが、粗野で荒々しく、ラプソディックな性格は、ヴァイオリン協奏曲の終楽章あたりと似ています。そして、終楽章のシャコンヌです。これは200年も前の古い様式を使って、主題に続く30回もの変奏を、ありとあらゆる手練手管を駆使して書かれた変奏曲の一大傑作です。演奏の難しさは極まっていて、下手な指揮者の場合は気持ちが前面に出過ぎて、派手な響きで管楽器が咆哮する爆演に終わることが往々です。コンサートでは盛大な拍手を受けるでしょうが、大抵の場合には空虚さだけが残ります。

この曲は、僕が大学のオーケストラに入って初めて定期演奏会で弾いた思い出深い曲です。当然ながら、半年間来る日も来る日も必死でパート譜とスコアとにらめっこをしました。ですので、逆に曲の隅々が頭の中に残っています。そういう曲なので、演奏については他の曲以上にうるさくなるのかもしれません。

ともかくは愛聴盤のご紹介に移りましょう。

Cci00054 ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル(1943年録音/ターラ盤) 戦時中のライブですが、僕はターラ盤のセットで聴いています。昔から「冒頭のHの音をあんな風に出せる指揮者は他には決していない」と言われてきました。確かに、まるで首のうなじにそっと触れられるようなゾクゾク感が有ります。うーん、なんてエッチなんでしょう!この演奏は完全に後期ロマン派的な演奏で、古典的造形性には著しく欠けています。テンポの急激な変化や加速、極端に大きなルバートが頻出します。本来は僕の好まないタイプの演奏なのですけれども、嫌でも引きずり込まれてしまいます。モノラル録音でざらつきが多いものの、この年代にしては明瞭です。

41uvmjpcql__sl500_aa300_ ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル(1948年録音/audite盤) ベルリンのティタニア・パラストでのライブです。長い間EMIから発売されていましたが、昨年RIAS放送のオリジナルテープからCD化されて、各パートの音像がずっと明確になりました(といっても所詮は年代による限界が有ります)。演奏の基本スタイルは43年の演奏と同じですが、モノラルながらも録音の良さで、聴きごたえがずっと増しています。演奏そのものも、我を忘れるほどに興奮したオケの熱演度が更に凄いので、これこそは好き嫌いを超えた超演と呼べるのではないでしょうか。

Brahms-81jafhwfzyl_ac_sl1400_ オイゲン・ヨッフム指揮ベルリン・フィル(1953年録音/グラモフォン盤) 1950年代のモノラル録音による全集に含まれます。フルトヴェングラー存命中のベルリン・フィルの暗く重厚で、古き良きドイツを感じる音を味わえるのが大きな魅力です。ヨッフムの指揮は間を大きく取り、テンポを積極的に動かして濃厚な表情付けをしていて、終楽章の畳み掛けもかなりのものなのがフルトヴェングラーに非常に良く似ています。けれどもそれが決して”借り物”ではない自分のものになっているのが素晴らしいです。むしろ無我夢中に成り過ぎないのがブラームスの演奏としては好ましいです。録音も良好です。

Brahms-9147qsfx7al_ac_sl1500_ ヘルマン・アーベントロート指揮ライプチヒ放送響(1954年録音/シャルプラッテン盤)  1970年代に紹介されたときには”幻の指揮者”と紹介されたアーベントロートも徳間音工からの何度かのCD化のおかげで、すっかり幻では無くなりました。しかし、その後また徐々に忘れられた存在に成ってきたのは残念です。メンゲルベルクの自由自在な演出型の演奏ながらも、そこまで極端では無いので伝統的なブラームスファンでも抵抗なく聴くことが出来ます。それでいて濃厚なロマンの香りと情熱が溢れ出ているので強く惹き付けられます。放送用のモノラル録音ですが、音は明快で鑑賞にも充分耐えます。

Brahms-010 ルドルフ・ケンぺ指揮ベルリン・フィル(1956年録音/英テスタメント盤:EMI原盤) 英テスタメントからリリースされた全集盤に含まれます。フルトヴェングラー時代の響きがまだまだ残るベルリン・フィルの演奏が魅力的で、つくづく良いドイツの楽団でした。その音が失われるまでにあと10年もかかりませんでした。その暗く厚くパッションの有る響きは、この曲には最高です。無我夢中になるフルトヴェングラーの演奏は自分の嗜好とはやや異なるので、古典的造形性を残したケンペの指揮は好みと言えます。モノラル録音ですが、鑑賞には支障ありません。

4988005813220 ラファエル・クーベリック指揮ウィーン・フィル(1956年録音/DECCA盤) クーベリック40代初めの全集録音からです。相性の良いウィーン・フィルとの共演が嬉しいです。クーベリックの指揮は速いテンポで颯爽と進み、彫りが深く切れ味が有ります。それでいてそこはかとなく深い情緒が感じられます。そう書くとなんだかシューリヒトの様ですが、確かにこの演奏は似ていると思います。最初期のステレオ録音ですが、響きの薄さが余りマイナスに感じません。当時のウィーンPOの持つ柔らかく甘い音色が充分に味わえます。

049_2 ブルーノ・ワルター/コロムビア響(1959年録音/CBS SONY盤) オーケストラの音は薄っぺたく、迫力や重厚とさは無縁ですが、言い方を変えれば透明感の有る室内楽的な響きです。いかにもワルターらしい実に滋味に溢れた演奏ですが、とても美しくロマンティックに歌うので、聴いていると何かとても懐かしさを感じさせられます。ワルターのステレオ録音のブラームスでは第1番以上に素晴らしい出来栄えですので、この演奏は時々聴きたくなる時があります。

Brahms-2-4-083 ヨーゼフ・カイルベルト指揮ハンブルク国立フィル(1960年録音/テルデック盤) ドイツのカぺルマイスターそのもののカイルベルトはブラームスの音楽にうってつけです。テンポは特に遅くは無いですが、リズムを堅牢に刻むので非常に重厚感が有ります。弦楽をマルカートに弾かせるのもドイツ的です。手兵のハンブルク・フィルの持つ暗い音色は正に北ドイツを想わせますが、分厚い響きが圧倒的で何とも魅力的です。録音は新しくは無いですが、演奏との相性が非常に良く感じられます。カイルベルトのこの曲の録音ではやはりベストです。

Cci00036b カール・シューリヒト指揮バイエルン放送響(1961年録音/SCRIBENDUM盤:コンサートホール原盤) 以前はDENONからも出ていましたが、典型的なシューリヒト・スタイルの軽く颯爽と進む演奏で、およそブラームスの重厚な音は聞こえてきません。引き締まった造形性だけは見事ですが、ロマンティシズムが希薄です。某評論家がこの演奏を推薦していましたが、慌てて騙されてはいけません。シューリヒトのブラームスで真の名演奏は最晩年のシュトゥットガルト放送響との2番だけです。

Schu869 カール・シューリヒト指揮ウイーン・フィル(1965年録音/Altus盤) ハルくんのウソつきと言うことなかれ。このウイーンでのライブは良い演奏です。バイエルン盤から僅か5年後ですが、テンポが著しく遅くなりました。それでいて演奏の緊張感は保たれています。ウイーン・フィルそのものの持つ音色も魅力的ですが、要所でロマンティックに歌わせるので味わい深さが有ります。造形性も損なっていません。モノラル録音でライブとして年代相応ですが、マスタリングが高音強調なのが頂けません。

8144e9krizl__ac_sl1488__20210118094901 ヨーゼフ・カイルベルト指揮シュトゥットガルト放送響(1962年録音/TAHRA盤) カイルベルトのライブ録音ですが、ここではどっしりとしたテンポでことさら煽ることも無く実にオーソドックスかつ雄渾です。当時のシュトゥットガルト放送響は超一流では有りませんが、やはりドイツの団体としての味を持ちます。録音はモノラルで、幾らか不安定な箇所もありますが聴き易い音質です。ディスクには同日の演奏のバックハウスの「皇帝」が収められていて非常な名演です。

Brahms-155 ヨーゼフ・カイルベルト指揮バンベルク響(1968年録音/キング・インターナショナル盤) これはカイルベルトとバンベルク響の来日公演のライブです。カイルベルトはこの僅か2か月後にミュンヘンで「トリスタン」を指揮している最中に心臓発作を起こして亡くなります。それが信じられないほどの熱演です。ライブでもあり、響きの厚みや古典的な造形性は前述のハンブルク盤には及びませんし、些細なキズも多いです。2楽章の美しさも冴えません。しかし最晩年のカイルベルトの熱演を知る為には貴重な記録だと思います。NHKによる録音は残響の少ない生々しい音です。

Brahms_uccd7208m01dl

イシュトヴァン・ケルテス指揮ウイーン・フィル(1972年録音/DECCA盤) ケルテスの過剰な表現スタイルは往々にして好みでは有りませんが、この第1、2楽章には抵抗は余り感じられず、逆に青春の光と陰のような新鮮なブラームスを愉しめます。問題は第3、4楽章で、積極的でダイナミックな表現がブラームスのイメージから遠ざかります。もちろん聴き手の好み次第ですが、枯れたブラームスばかり聴いていないで、時にはこのような演奏を耳にするのも良いかもしれません。

4110061113 クルト・ザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1972年録音/DENON盤) SKドレスデンのことを「幾ら引っ張ろうとしても動かない牛車のようだ」と称したのは、指揮者フリッツ・ブッシュ(アドルフ・ブッシュの兄)でしたが、遅めで微動だにしないイン・テンポを守るザンデルリンクが振ると、その特徴が最高に生きてきます。良い例が終楽章のコーダの第273小節からで、念押しするリズムが巨大なスケール感を生み出します。厳格なマルカート奏法には凄みすら感じますし、柔らかく目のつんだ典雅で厚みのある響きには心底魅了されます。そして管楽器奏者たちの音楽的な上手さにも惚れ惚れします。ティンパニーのゾンダーマンの妙技も冴えわたっています。1970年代のこのオケは本当に凄かったです。

Brahms-410tvmv2kxl_ac_ ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1972年録音/フィリップス盤) 奇しくも前述のザンデルリンク盤と同じ年の録音ですが、それに肉薄する極上のブラームスです。何しろ当時のコンセルトへボウの響きはSKドレスデンと双璧とも言える素晴らしさです。東独的な堅牢な響きとは異なりますが、美しく熟成され切った豊穣の響きは正にヨーロッパの最高の遺産です。ハイティンクの指揮は腰の据わった落ち着いたイン・テンポで見事な造形性を生み出しています。それもまた最上のブラームスの条件です。力んだ煽り方はしませんが、じわりじわり感興を高めてゆく奥深さを感じます。フィリップスのアナログ録音も柔らかく素晴らしいです。全集盤で所有していますが、単独でも出ていると思います。

Boult_1678 サー・エードリアン・ボールト指揮ロンドン・フィル(1972年録音/EMI盤) 「バッハからワーグナーまで」というBOXに全集として含まれています。中庸の速さでインテンポを守りますが、そこにドイツ人のような厳格さは感じません。大袈裟な表情付けも見せませんが、そこはかとなく情緒を感じさせます。オーケストラの響きが地味で暗めの音色なのはブラームス向きですが、ドイツ楽団と比べると重厚さにおいて、やはり今一つの印象です。3楽章も迫力不足です。しかし、これだけのブラームスを聴かせるのは大したものです。

Bra-71hhhwzz9tl_ac_sl1244_ クラウディオ・アバド指揮ロンドン響(1972年録音/グラモフォン盤) アバド最初のシンフォニー全集は4つの異なる楽団が演奏しましたが、第4番はロンドン響でした。英国の楽団は総じて音のピッチが低く、ほの暗い響きを持つのでブラームスには適します。但しそれでもドイツ的な念押しするリズムはいま一つであり、アバドの指揮もあるのでしょうが、幾らか腰の軽さを感じてしまいます。この曲の持つ彫りの深さ、翳りの濃さの表現は前述のザンデルリンクの相手にはとてもなりません。

Brahms_14ハンス・シュミット-イッセルシュテット指揮北ドイツ放送響(1973年録音/EMI盤) これも北ドイツ放送響(NDR)とのライブ録音の全集です。NDRの暗くくすんだ音色がこの曲に良く合います。どっしりと構えたテンポも、いかにもドイツ的です。この念押しする感覚が無いとブラームスには聞こえず、一体誰の音楽を聴いていたのか分らなくなります。その点、この演奏は安心して聴くことができます。ちょうどザンデルリンクのスケールを一回り小さくしたような印象です。その分、良い演奏なのですが損をしているように思います。

Brahms_bohem_14 カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1975年録音/グラモフォン盤) ウイーン録音の全集盤です。ウイーン・フィルの透明感のある響きを立体的に生かしています。1楽章の前半は少々解説口調で音楽との隙間を感じますが、後半では一体になっています。2楽章は不健康さは感じませんが、ウイーンフィルが非常に流麗で美しいです。3楽章は立派ですが幾らか冷静過ぎる気はします。終楽章は巨大な建造物のようなスケール感があります。聴後の充実感は中々のものです。

Brahms-71xuzbkk2l_ac_sl1122_ ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィル(1975年録音/SCRIBENDUM盤:BASF原盤) ケンペ最晩年の全集録音で、ゆったり目のテンポでスケール感の有る演奏です。1楽章では弦楽器の主題の歌わせ方が幾らか表情過多ですが、終結部に向かってじわりじわりと高揚させるのが自然で良いです。2楽章はじっくりとした足取りで味わいが有ります。3楽章は気迫と躍動感が有るものの、音の厚みに乏しいのが残念です。終楽章は力み無く徐々に高揚してゆくのが上手いです。スクリベンダムのリマスターはイコライジング処理が強めですが、廉価の全集盤なので我慢しておきましょう。

41jzbkckisl_ac_ サー・ジョン・バルビローリ指揮ウイーン・フィル(1967年録音/EMI盤) バルビローリの第4番の演奏を改めて聴いてみると、つくづく深い情感に覆われた演奏だと思います。この人のマーラー演奏のようにテンポは遅く、一歩一歩を踏みしめながら歩みますが、演奏スタイルと同期しているせいか不思議と不自然さやもたれる印象は受けません。ブラームスの古典的造形は希薄でも、内面のロマンティシズムのほとばしりによって、他には例が無いぐらい強い説得力を持ちます。恐らくこれはバルビローリにしか演奏が出来ない非常に個性的なブラームスです。

41npcsopzvl_20210116220601 ルドルフ・ケンぺ指揮BBC響(1976年録音/BBC MUSIC盤) ケンぺはドイツの指揮者でも中量級のイメージですが、この晩年のライブは、英国の楽団を情感豊かに歌わせて心に訴えかけます。第1楽章では後半になるほど熱気と充実感が増しています。第2楽章は中庸で引き締まったテンポですが、旋律が歌い切れていて寂しい情感が心に染み入ります。第3楽章はいくらか遅めで爆演とはなりませんが、金管の音が明るめなのとトランぺットが目立つのは幾らか引っ掛かります。終楽章も好演です。英国のオケにこれだけのブラームスを演奏させるのは中々容易では無いと思いますが、かつてのベルリン・フィルとの演奏の魅力には及びません。

Tah474 オイゲン・ヨッフム指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1976年録音/TAHRA盤) ヨッフムのライブ録音のボックス・セットです。ヨッフムは基本的に後期ロマン派のタイプですので、厳格なイン・テンポを刻むのでは無く、テンポに揺れを感じます。けれどもフルトヴェングラーのように極端ではありません。この演奏はテンポがさほど遅くもなく、リズムの念押しも無いので、全体的にスタイリッシュに感じられて幾らか物足りなさを感じます。

795 オイゲン・ヨッフム指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1979年録音/WEITBRICK盤) この演奏は3年前に一度記事にしました(こちら)。ヨッフムのロマン的な気質とSKドレスデンの堅牢な奏法とが高次元で一体化した素晴らしい演奏です。これを聴いてみるとザンデルリンクの名盤も、SKドレスデンの力に由る部分が相当多いことが分かります。76年のコンセルトへボウ盤と比べると、僅か3年の違いでずっとテンポが遅く重厚です。そこにロマンの味わいが加わるのですからたまりません。欠点はマスタリングで高域がやや硬いことだけです。

Brahms4_jochum

オイゲン・ヨッフム指揮バイエルン放送響(1970年代録音/Green HILL盤) このライブ録音は海賊盤で正確な録音年が不明です。ただ基本テンポがSKドレスデン盤と似かよっているので70年代の終わり頃ではないかと思います。堅牢でプロシア的な響きを持つSKドレスデンに対して南ドイツ的に明るくしなやかな音色ですが、こちらも非常に魅力的です。またヨッフムのロマン的な資質がストレートに出ています。海賊盤ながらも音質は極上で、マスタリングの良さからSKドレスデン盤よりも良いと思います。

515r2b7qvll__ss500_ ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送響(1983年録音/オルフェオ盤) これもミュンヘン・ライブの全集盤です。ここまで4曲を聴いてきて共通して感じるのは、クーベリックのリズムに念押しが足りないことです。結果としてどの部分でも呼吸の浅さを感じてしまいます。ブラームスに重厚さを求めない聴き手には構わないことでしょうが、僕の場合は満足し切れなさが残ります。それでいて終楽章のコーダで突然テンポを落として念押しするのは唐突感が残ります。録音も優れていて一般的には悪い演奏では無いのですが。

Brahms_kurt619_2 クルト・ザンデルリンク指揮ミュンヘン・フィル(1984年録音/WEITBRICK盤) ミュンヘンのヘラクレスザールでのライブです。SKドレスデンの旧盤とベルリン響の新盤の間の時期になります。ですので基本テンポもちょうど中間で、SKD盤よりも遅く、ベルリン盤よりも早いです。興味深いのは、オケがかなりレガート気味に弾いているのと金管の明るい音色です。ある種、耽美的とも言える美しさを感じます。これはチェリビダッケの影響が大なのでしょうね。3楽章の荒々しくスカッとした演奏はザンデルリンクでは無い別人のようです。これはこれで楽しめます。

Suitner_brahms4 オトマール・スイトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン(1985年録音/シャルプラッテン盤) スイトナーの80年代のブラームス全集では3番と並ぶ名演だと思います。テンポは決して遅く有りませんが、呼吸の深さが有るので腰が据わった印象です。全体に古典的な造形感を感じますが、それでいてロマン的な味わいが充分有ります。このドイツの名門歌劇場のオーケストラの弦と管が柔らかく溶け合った響きはとても美しいです。強奏部分でも管が少しも煩く成らないのは流石です。

Brahms-4-wnvtutzl_ac_ ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮ロンドン・フィル(1989年録音/EMI盤) N響を指揮して我が国に馴染みの深いサヴァリッシュの録音です。1楽章冒頭のHの音を長く躊躇いがちに開始し、そのあともロマンティックさをかなり押し出しているのには驚きます。金打楽器を抑えることも無く、強い気迫を感じさせます。2楽章は静かに歩みますが、いつしか思いのたけをぶちまける様に歌わせて心を打たれます。3楽章も堂々たる構えですが、白眉は終楽章で、まるで実演の様に激しくうねります。サヴァリッシュ渾身の熱演に圧倒されます。

Brahms235 サー・コリン・デイヴィス指揮バイエルン放送響(1989年録音/RCA盤) バイエルン放送響との廉価全集に含まれています。1楽章は落ち着いたテンポで歌わせますが、少しもわざとらしく無く、自然に心に沁み込んできます。オーケストラも底光りするような上手さです。2楽章についてもほぼ同様で魅力的です。3楽章は少しも煽らず力まずですが、もたつく感は無く聴き応えが有ります。終楽章も好演はしていますが、ここは曲が曲なので、もう少し濃い翳りが欲しいです。少々ポーカーフェイスの紳士的に過ぎたように思います。オーケストラの美しい音を忠実に捉えた録音は優れています。

Vcm_s_kf_repr_500x500 クルト・ザンデルリンク指揮ベルリン響(1990年録音/カプリッチオ盤) ベルリン響との新盤の中では最も好きな演奏です。1楽章では、もたれるほどに遅いテンポが沈滞したロマンを感じさせます。2楽章も深いロマンの海に沈み込むようです。3楽章はSKドレスデンの切れの良さには敵いません。終楽章は遅いテンポでスケールが大きいですが、33小節からの第4変奏でぐぐっと重さを増すところは非常に素晴らしいです。後半の高揚ぶりも見事ですが、コーダの凄さはやはり特筆ものです。

41mqvx5jevl__sl500_aa300_ カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウイーン・フィル(1989年録音/グラモフォン盤) ジュリーニは、この曲でも遅いテンポでイン・テンポを守り、ゆったりとスケールの大きさを感じます。少しも力みが無いのに、緊張感を失うことがありません。但し、3楽章は落ち着き過ぎで、ラプソディックな性格が薄いです。全体を通してカンタービレがよく効いていますが、ごく自然で美しいです。ウイーン・フィルの響きはSKドレスデンのいぶし銀の音とは異なりますが、流麗で非常に美しいです。これはジュリーニの全集の中のベストだと思います。

Sanderling_brhaa4 クルト・ザンデルリンク指揮スウェーデン放送響(1990年録音/WEITBLICK盤) ザンデルリンクは、このスウェーデン放送響盤も非常に素晴らしく、テンポは遅めですが、もたれる印象を受けません。特筆すべきは、旋律を大きく歌わせて感情を吐露していることです。その点では、これまでの客観的で大袈裟に感情移入しないスタイルとは異なります。晩年もザンデルリンクが枯れることなく、ロマンティックなハートを持ち続けたことの証です。スウェーデン放送響の音は、美しくブレンドされた厚みのある響きでブラームスを堪能させてくれます。録音の生々しさも理想的で、残響過多のベルリン響盤よりもずっと好みます。併録の「悲劇的序曲」は二度目の全集に含まれていないので貴重です。

Brahms4577617016673624660213orig 小林研一郎指揮ハンガリー国立響(1992年録音/キャニオン盤) コバケンが最も相性が良かったのは、かつて指揮者コンクールで優勝したハンガリーの国立交響楽団でした。50代の円熟期にブラームスの交響曲全集をブダペストのフランツ・リスト音楽院大ホールで録音してくれたのは良かったです。そこに含まれる第4番の演奏は特に傑出していて、堂々とした構えで少しもハッタリや誇張が無く、ブラームスの良さを心から味わえます。ジプシーの悲哀が滲み出るような1、2楽章にも魅了されますが、3、4楽章のじわりじわりと徐々に高揚してゆく聴き応えと充実感も最高です。オーケストラの素朴で美しい響きが素晴らしく、それを十全に捉えた録音が嬉しいです。

Brahms20blomstedt ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプチッヒ・ゲヴァントハウス管(1996年録音/DECCA盤) SKドレスデン、北ドイツ放送響と並ぶ”ブラームス・オーケストラ”であるゲヴァントハウス管を指揮した、いかにもブロムシュテットらしい誠実な演奏です。けれどもこの曲の魅力を充分に引き出しているかというと疑問です。古典的な造形性は素晴らしく保たれていますが、センチメンタリズムやロマンティシズムに不足します。表情があっさりし過ぎている部分が多いですし、気迫や重厚さも不足して感じられる箇所が見受けられます。管弦楽の響きが素晴らしいだけに残念です。何曲かのモテット、作品109「祭典と記念の格言」といった無伴奏合唱曲が併録されています。

51zthntyphl クリストフ・エッシェンバッハ指揮シュレスヴィヒ・ホルシュタイン祝祭管弦楽団(2005年録音/独ヘンスラー盤) 以前の記事でも一度ご紹介した、クリストフ・エッシェンバッハが2005年にサントリーホールでシュレスヴィヒ・ホルシュタイン祝祭管弦楽団を率いて演奏したときのライブ録音です。まるでフルトヴェングラーのようにロマンティクで自在な表現でありながら、フルトヴェングラーが夢中に成り過ぎて失われてしまった造形性をしっかり保持するという、正に離れ業を成し遂げた演奏です。オーケストラも臨時編成でありながら、充分に上手いです。これほどのブラームスが日本で演奏されたのはほとんど奇跡です。録音も会場の臨場感が充分に感じられる優れたものです。

Brahms51xu8x6nwnl_ac_ ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン(2017年録音/グラモフォン盤) バレンボイムの二度目の交響曲全集に含まれます。30年も音楽監督を務めた手兵との録音です。冒頭Hの音をフルトヴェングラーのように弱音で伸ばし気味に弾かせます。その後は控え目に進みますが、この曲でも決して自然体では無く、細かいところで表現意欲が感じられます。気にならない人には問題無いでしょうが。2楽章は彫りが深く立派で聴き応えがあります。3楽章はややおっとり刀で、集中力と迫力がいま一つのように感じます。終楽章も変奏によりムラが感じられます。オケの響きは素晴らしいし、決して悪い演奏では無いのに残念です。

Brahms21_1111_01 クリストフ・エッシェンバッハ指揮ベルリン・コンツェルトハウス管(2020年録音/BERLIN CLASSICS盤) エッシェンバッハの二度目の交響曲全集に含まれます。コロナ禍における無観客ライブ録音とのことです。基本テンポは遅めでじっくりと進みます。歌わせ方には非常に神経が行き届いています。僅かに教え込んだ跡が感じられなくも無いですが気になるほどではありません。1、2楽章はとても美しいです。3楽章はやたらと煽るのではなく地に足を付けた恰幅の良い演奏です。終楽章では変奏が進むに連れてじわりじわりと高揚してゆく様が聴き応えあります。それでも、2005年東京ライブではフルトヴェングラーを想わせる激しさが有ったのに対して、こちらはずっと落ち着いた円熟の演奏となっています。

というわけで、マイ・フェイヴァリットを一つ選ぶとすれば、やはりこの曲でも不動のザンデルリンク/シュターツカペレ・ドレスデン盤です。

次点として、ザンデルリンク/スウェーデン放送盤、カイルベルト/ハンブルク国立フィル盤、スイトナー/シュターツカペレ・ベルリン盤、サヴァリッシュ/ロンドンPO盤、ジュリーニ/ウィーンPO盤、小林研一郎/ハンガリー国立響盤、エッシェンバッハの来日ライブ盤を上げたいです。

番外としてはフルトヴェングラー/ベルリン・フィルの壮絶な1948年盤、ユニークなクーベリック/ウイーンPO盤、それにワルター/コロムビア響盤を上げておきたいです。さて、皆さんの愛聴盤はどれでしょうか。

それにしても、こうして聴いていると、やっぱり4番はいいですね。う~ん、ブラームス!

<追記> ヨッフム/ベルリンPO盤、アーベントロート盤、ケンペ/ベルリンPO盤、クーベリック/ウィーンPO盤、カイルベルトのハンブルクPO盤、シュトゥットガルト放送響盤、バンベルク響盤の三種、ハイティンク盤、サヴァリッシュ盤、Cデイヴィス盤、ジュリーニ盤、コバケン盤、バレンボイム盤、エッシェンバッハ盤を後から加筆しました。

<後日記事>
ブラームス 交響曲第4番 エッシェンバッハの東京ライブ盤
今年聴いたブラームスの交響曲のCD

| | コメント (58) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

ブラームス 交響曲第3番ヘ長調op.90 名盤 ~ブラームスはお好き~

東日本大地震から10日以上が経ちました。東京では交通機関の乱れもかなり改善されましたし、ガソリン不足や計画停電の不自由さも被災地の困窮に比べれば何ということはありません。その被災地でも少しづつ復旧が進んではいるようですが、物資の不足は相変わらず改善されていないと伝えられています。そんな今、こんな風に音楽を聴いていて良いのだろうかという気持ちも有ります。けれども太古の昔から、音楽は人間の生活と切っても切れない存在でした。欧米では戦時中、毎晩爆撃されるような状況下でも、コンサートは続けられました。それを無理に断つというのも不自然な気がします。今、音楽を聴けることに心から感謝したいと思います。

それではブラームスの交響曲特集の再開です。

13049ac1d7e77845526f4f91bba067f2

「ブラームスはお好き?」という言葉は、フランソワーズ・サガンの同名小説の中で25歳の青年シモンが39歳の離婚独身女性ポールをコンサートに誘う手紙の中で出てきます。ブルックナーでないのは賢明です。デートが不成功に終わる確立が相当高いでしょう。この小説は映画化もされましたが、英語版タイトルでは「Goodbye Again」と変えられました。なにゆえ「さようならをもう一度」なのか。エスプリの効いた原題タイトルに対して、何ともアメリカ的な単純明瞭なタイトルです。映画の内容が分かりやすいことは確かですけれどもね。きっと、原題のままではアメリカの観客は集まらないと考えられたのでしょう。おっと、日本語タイトルも同じですね。

小説の中のコンサートの場面で演奏されるのはヴァイオリン協奏曲という設定ですが、映画でメインで使用されているのは交響曲第3番の第3楽章です。センチメンタルなメロディが大人の恋愛映画によく似合います。この美しい曲を聴きさえすれば、アメリカ人もすっかり魅了されたことでしょう。

それにしても映画のポール役のイングリッド・バーグマンって本当に綺麗ですよね。気品が有りますよね。こんな美人と一緒にブラームスを聴きに行ってみたいものです。映画っていいですね。非現実的で。(苦笑)

つまらない話はこれぐらいにして、第3番はブラームスの交響曲では最も私的な作品だと思います。全楽章がピアニシモで終わるという珍しい構成ですが、他の作品のように妙に凝り過ぎていません。実に簡潔明瞭です。この曲も第2番と同じように、大半がウイーンでは無く、避暑地のウイースヴァーデンで作曲されました。なんでもブラームスは森の中を散歩しながら、くつろいだ気分でこの曲を書いたそうです。

この曲の第1楽章冒頭で本来の6/4拍子が何拍子か分りにくいように聞こえるのは、恩師シューマンの第3番「ライン」の冒頭がやはり3/4拍子が分かりずらく書かれているのと同じです。リズム音型がよく似ています。学生時代に両曲ともアマチュアオケで演奏しましたが、その時に譜面を見てそう感じました。これは弟子のブラームスが同じ第3交響曲ということで、意識して書いたのかもしれません。展開部で身体が大きな波に揺さぶられるれるような部分も聴きものです。第2楽章は一転してクラリネットとファゴットが淡々とした足取りで大人の男の雰囲気を漂わせて歌います。ゆったりと、けれども毅然と歩くような演奏が僕は好きです。第3楽章は甘く美しいメロディがとても有名ですが、後ろ姿に寂しさを漂わせた男の姿が目に浮かびます。終楽章は情熱的に高揚しますが、一気苛性の追い込みがたまりません。

この曲は個人的にはブラームスのシンフォニーの中で最も好きかもしれません。それでは愛聴盤をご紹介します。

Img_1013 ブルーノ・ワルター指揮ウィーン・フィル(1936年録音/EMI盤) 当然ながらSP録音の復刻でノイズは有りますし音質は貧しいです。しかしこの当時の録音を聴き慣れた方は鑑賞に差し支えありません。何より戦前のウィーン・フィルの持つ音の柔らかさ、甘さを味わうことが出来ます。戦後徐々に失われてゆくそれがまだここには有ります。ワルターの指揮はそんなオーケストラの魅力を一杯に引き出していて素晴らしいです。ブラームスの演奏は堅牢な造形感を持つドイツスタイルが好みではありますが、このようなしなやかで情緒豊かな演奏もまた悪く有りません。

Brahms-3-gyiagj2l_sl1500_ ヘルマン・アーベントロート指揮ライプチヒ放送響(1952年録音/シャルプラッテン盤)  アーベントロートも、最近は忘れられた存在に成ってきたのは残念です。この3番は、故宇野功芳先生が絶賛された演奏で確かに凄いことは凄いです。1楽章はテンポやディナーミクの変化を駆使していて、メンゲルベルクやフルトヴェングラーに通じる古典的造形性の乏しい解釈なのが好みから外れるのと、爆演ぶりも自分の耳には過剰です。2、3楽章はロマンティックに大きく歌わせていて悪くは無いです。終楽章は1楽章と同様に凄まじいものの、リズムは前のめりで堅牢さが有りません。放送用のモノラル録音ですが、音は明快で鑑賞にも充分耐えます。

41uvmjpcql__sl500_aa300_ ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル(1954年録音/audite盤) ベルリンのティタニア・パラストでのライブです。昨年発売されたRIASボックス盤は、同じ録音で従来から出ていたグラモフォン盤よりも音質が飛躍的に向上しました。フルトヴェングラーのブラームス演奏は頻繁にテンポが揺れていて後期ロマン派寄りなのが正直好みでは有りません。造形性に欠けるからです。けれども、これだけ明瞭な音で鑑賞できると、フルトヴェングラーの世界にどっぷり浸かろうという気持ちになれます。終楽章展開部以降の情熱と迫力は凄まじい限りです。なお、このボックスには1949年の演奏も含まれていて更に凄まじい演奏なのですが、音質は大分劣ります。

Img_1039 グィド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管(1955年録音/EMI盤) 写真のEMIのカンテッリの9枚組BOXに収められます。カンテッリの数少ないステレオ録音なので貴重ですし、音質もざらつきも少なく良質です。オーケストラの管楽と弦楽をふっくらと柔らかくブレンドさせた心地良い響きを造り出しているのはカンテルリの実力でしょう。テンポも中庸で落ち着きが有り、イン・テンポをしっかりと守るので安心して聴いていられます。大袈裟に歌わせたりしないにもかかわらず情感にも事欠きません。極めてオードソックスで素晴らしいブラームスです。

Brahms-81jafhwfzyl_ac_sl1400_ オイゲン・ヨッフム指揮ベルリン・フィル(1956年録音/グラモフォン盤) 1950年代のモノラル録音による全集に含まれます。フルトヴェングラーが没して間もない時代の録音なので、ベルリン・フィルの暗く重厚で、古き良きドイツを感じる音を味わえるのが大きな魅力です。ヨッフムの指揮は、テンポを幾らか動かして時には煽り、積極的な表情付けをしています。全体的にフルトヴェングラーに良く似ています。けれどもそれが自分のものになっているのと、むしろ余りにも無我夢中に成り過ぎないのはブラームスとしては好ましいです。モノラル録音末期なので音も明瞭です。

4988005813220 ラファエル・クーベリック指揮ウィーン・フィル(1957年録音/DECCA盤) クーベリック40代初めの全集録音からです。相性の良いウィーン・フィルとの共演が嬉しいです。クーベリックの指揮は基本は中庸のテンポで弦楽を表情豊かに歌わせた魅力的な演奏です。気迫も籠っています。 初期のステレオ録音で、デッカにしても音の古さは感じます。響きの薄さを感じてしまうのがブラームスにとってはマイナスですが、それでも当時のウィーン・フィルの持つ柔らかく甘い音色は充分に味わえます。

Bra-3-710q7zbjsvl_ac_sl1500_ ブルーノ・ワルター指揮コロムビア響(1960年録音/CBS SONY盤) ワルターは1950年代にニューヨーク・フィルとモノラル録音を残していて、評論家からもその若々しいエネルギーを評価されます。しかし煽るようなテンポと、それ以上に明るく乾いた響きがアメリカ的で、とてもブラームスには聞こえません。その点、このステレオ録音では落ち着いたテンポと響きがヨーロッパ的、ブラームス的です。確かに本物のヨーロッパの響きとまでは行きませんが、これだけの演奏を引き出す晩年のワルターにはつくづく驚きます。とりわけ第3楽章のあの美しい歌いまわし!

Brahms_monteux ピエール・モントゥー指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1960年録音/TAHRA盤) これもライブ録音です。モントゥーのブラームスは世評の割に僕はそれほど感心したことがありません。けれどもこの演奏は中々聞かせます。テンポは中庸ですが、重圧さを感じさせます。この曲の歌謡性と情熱的な要素の表現も意外に自分の肝に合っているように思います。2、3楽章は味わい深く、終楽章は情熱的に盛り上がります。録音はモノラルですが明瞭です。そういえばこの人はブラームスはお好きなんだそうです。(ホントの話)

Brahms_kempeルドルフ・ケンぺ指揮ベルリン・フィル(1960年録音/EMI盤) ケンぺのベルリン・フィルとのEMI録音は1番と3番のみがステレオ録音です。やはり当時のベルリン・フィルのドイツ的な響きは良いのですが、速めのイン・テンポで押し通すので、ややスタイリッシュに過ぎる気がします。逆に遅いテンポが嫌いな人には丁度良いと思います。写真の東芝EMI盤は高音に強調感が有ります。英テスタメントから全集盤が出ていますが、そちらの方が幾らか強調感は少なめです。

41gh0rfq9cl_2 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウイーン・フィル(1961年録音/DECCA盤) いつもブラームスの曲からは”壮年の紳士”を連想させられるのですが、この演奏からはアラ・サーのスマートな青年を想わされます。確かに当時のウイーン・フィルの音は非常に美しいですし、流麗な歌い回しも(幾らか過剰なほどですが)魅力です。所々でリズムに更にドイツ的な念押しが有ればとは思いますが、これは自分のブラームスのイメージなので仕方ありません。全体的に若さ溢れる名演で、この3年後に録音したベルリン・フィル盤(DG)よりもずっと好みます。

Brahms-532 ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ケルン放送響(1962年録音/オルフェオ盤) 大学生の時にこの曲のクナ/ベルリン・フィルの1943年盤の海賊LP盤を大金はたいて買いました。それは天地が引っくり返るような巨大な演奏でしたが、そのうち異形に感じられて聴かなくなりました。後年リリースされたこの晩年のライブは、それをさらに上回る巨大な足取りです。この曲としてはやはり異形ですが、ここまで圧倒的だと脱帽です。ドイツ古都の放送オーケストラなので音色が暗めで曲に合い、第3楽章など大波の様に歌わせて、情感もこぼれるように豊かです。モノラル録音ですが、ケルン放送協会の音源から復刻されたので音質は優れます。

Bra618 ハンス・クナッパーツブッシュ指揮シュトゥットガルト放送響(1963年録音/ヘンスラー盤) このクナ最晩年の演奏は1楽章から前年のケルン盤より遅く、更に上回る巨大さなのは信じられません。ブラームスというより、まるで「ニーベルンクの指輪」みたいです。故宇野先生ではありませんが、聴いていると部屋が音を立ててガラガラと崩れ落ちる気に成ります。終楽章など、ケルン盤も凄かったですが、それ以上なのには開いた口が塞がりません。オーケストラの音色はケルン放送響よりも明るめですが、これは好み次第でしょうか。モノラル録音ですが南西ドイツ放送の音源で音に広がりが有りとても良いので、興味の有る方は一度お聴きになると面白いです。但し腰を抜かさないようにご注意を。

Brahms-1-3-kb ヨーゼフ・カイルベルト指揮バンベルク響(1963年録音/テルデック盤) ドイツのカぺルマイスターそのもののカイルベルトはブラームスの音楽にうってつけで、リズムを堅牢に刻むのが正にドイツ的です。ただし元々プラハでドイツ人奏者が集まって結成されたバンベルク響は、ハンブルク・フィルやベルリン・フィルと比べて響きが薄い点が特に1楽章においてマイナス印象です。2楽章などは中々に美しいですし、終楽章の重厚なテンポ感も魅力ですが、全体を通してみると、この人の第2番や第4番の演奏の聴後の充実感には遠く及びません。非常に残念です。

Brahms41rsb0rr8kl_sx355_サー・ジョン・バルビローリ指揮ウイーン・フィル(1967年録音/EMI盤) ゆったりとしたテンポで一歩一歩を踏みしめながら歩みを進めます。情緒豊かで深い情感に覆われているのもバルビローリのファンにはこたえられないと思います。3楽章ではこの人にしては寂寥感が足りないかなと思っていると最後に情緒面々と歌いあげて挽回します。終楽章でもブラームスの古典的造形性が希薄なのが気になります。トータルの出来映えとしては第4番のほうが高いと思います。古いCDのために最新リマスターにありがちな高域強調型でないのがブラームスにはむしろ幸いです。

Cci00062b ハンス・シュミット-イッセルシュテット指揮バイエルン放送響(1967年録音/GreenHILL盤) ライブ演奏ですが、海賊盤ながらも高音質で定評の有るグリーンヒル盤です。オケは南ドイツ的な明るめの音ですが、しなやかでとても美しいです。といってウイーンのオケほど柔らかくはなりません。古典的な造形性とロマンティシズムがこれほど高次元でバランスの取れている演奏は珍しいです。終楽章の高揚感も実に素晴らしいです。なお、カップリングのシェリング独奏のベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲も最高の演奏です。未聴の方は是非とも中古店で見つけて聴かれてほしいです。

Brahms_14 ハンス・シュミット-イッセルシュテット指揮北ドイツ放送響(1968年録音/EMI盤) 北ドイツ放送響(NDR)とのライブ録音の全集です。 2番はともかくとしても、北ドイツの楽団の音はブラームスの音楽に本当に合います。バイエルン放送響も音が南ドイツの晴れた空を想わせるのに対して、こちらは北ドイツのどんよりした曇り空のようです。ドイツ的ということももちろんですが、非常に内向的な演奏だと思います。1、4楽章は外面的な爆発は一切無く、3楽章の歌い方も実に地味です。個人的にはバイエルン放送盤のほうを好みます。

Boult_1678 サー・エードリアン・ボールト指揮ロンドン響(1970年録音/EMI盤) 「バッハからワーグナーまで」というボールトのBOXにブラームスの交響曲4曲が含まれています。その最初の録音で、この曲のみロンドン響で他の3曲はロンドン・フィルですが、同じキングスウェイホールでの録音で差は感じられません。オーケストラの技量、響きについても同様です。演奏全体はゆったりとしたインテンポでしっかりとした構築性が有るのは良いですが、終楽章だけ幾らか前のめりなのが残念です。せっかく良いブラームスを聴いたと感じられる演奏なのですが。

Brahms-410tvmv2kxl_ac_ ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1970年録音/フィリップス盤) 全集盤に収められています。この当時のコンセルトへボウの響きは本当に素晴らしく、大島紬のような地味な色彩ながらも目のつんだ厚みの有る、かつ美しい響きを持ちます。それは正にヨーロッパの文化遺産そのものという気がします。フィリップスによる優れたアナログ録音もそれを忠実に捉えています。ハイティンクの指揮はゆったりとした構えで、底光りするような重厚なブラームスを聴かせてくれます。2、3楽章も美しいですが、終楽章の高揚ぶりも見事なもので、この曲の最も充実した演奏の一つに上げられます。

4110061114クルト・ザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1972年録音/DENON盤) ザンデルリンクが全盛期のSKドレスデンを振った旧全集ですが、相変わらず遅めのインテンポを頑固に守り、強固なリズムとマルカート奏法がドイツ的な重厚さを生み出します。それが推進力と黄金比のバランスを取っています。1楽章展開部の大波に揺れるような凄みや、終楽章の充実感も最高です。SKドレスデンの柔らかで目のつんだ音の弦に管が完全に溶け合って、実に厚みのある音を聞かせます。管のソロ奏者達の上手さも本当に魅力的です。録音から40年経た今でもこの音と演奏を越えるものは未だに聴いたことが有りません。

522 エフゲニ・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル(1972年録音/Scribendum盤) モスクワでのライブ録音です。4番の演奏なんかもそうですが、ムラヴィンスキーの演奏としては良くてもブラームスとしては不満です。まず各パートのリズムにドイツ的な厳格さが足りません。全体の響きも一つに溶け合ったドイツ的な厚みを感じません。ムラヴィンスキーとしては精一杯客観的な演奏を行なっているのは分かりますが、伝統の重みというのはそれほど簡単には片付けられません。

Bra-71hhhwzz9tl_ac_sl1244_ クラウディオ・アバド指揮シュターツカぺレ・ドレスデン(1972年録音/グラモフォン盤) アバド最初のシンフォニー全集は4つの異なる楽団が演奏しましたが、第3番がSKドレスデンなのは嬉しいです。面白いことに同じ年の同オケとの録音に前述のザンデルリンク盤が有りますが、「誰が指揮しても同じ演奏をする」と皮肉られる楽団ですので、ブラームスにぴったりのマルカート奏法やいぶし銀の響きは変わりません。やはり非常に魅力的です。強いて言えば東独エテルナ録音のザンデルリンク盤が音の圭角が明確なのに対して、グラモフォン録音のアバド盤は幾らかマイクが遠いホールトーン的に聞こえます。両者では、まだ30代終わりのアバドの方が全般にテンポが速く、颯爽としています。もしザンデルリンクのテンポが遅いと感じられる方にはお勧めです。

Brahms_uccd7208m01dl イシュトヴァン・ケルテス指揮ウイーン・フィル(1973年録音/DECCA盤) 若くして事故死したケルテスには録音の数が案外と多く、ブラームスも交響曲全集を残しました。「積極的表現主義」とでも言えそうな、表現意欲満々の演奏です。パートごとの音量バランスやダイナミクスが極端で、特定の音型が強調されたり、通常は目立たない金管の音が浮き上がってみたりと、マーラーなら大成功するような手法です。しかしブラームスでは、少なくとも自分は違和感を憶えてしまいます。愉しめるどころかわずらわしさを感じてしまいます。基本テンポがいじられずにイン・テンポを守っているのは唯一の救いです。

Brahms_bohem_14 カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1975年録音/グラモフォン盤) ウイーンで録音された全集盤です。この曲ではウイーン・フィルの透明感のある響きがややマイナスに感じます。ドイツのオケのようにマルカートで無く流麗に過ぎるので全体的にムード的に聞こえます。遅いテンポの2楽章は特にダレているように感じます。ならば3楽章に期待したいところですが、意外に面白くありません。終楽章の高揚もいま一つですし、ベームのブラームスとしては消化不良に感じます。

Brahms-71xuzbkk2l_ac_sl1122_ ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィル(1975年録音/SCRIBENDUM盤:BASF原盤) ケンペ最晩年の全集録音で、前述のベルリン・フィル盤と比べると、ずっと肩の力が抜けていて、自然体の演奏です。テンポにもゆったり感があります。ただし録音バランスの問題か、打楽器の音が薄く迫力に欠けるように感じられます。それを補っているのが、随所から滲み出る滋味で、2楽章がその好例です。ミュンヘン・フィルの持つ南ドイツ的な音色の明るさは、北ドイツ的な暗さとは別の味わいが有ります。スクリベンダムのリマスターはイコライジング処理が強めです。

515r2b7qvll__ss500_ ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送響(1983年録音/オルフェオ盤) これもミュンヘン・ライブの全集盤です。幾らか明るくてもドイツ的なオケの音は好ましいですし、クーベリックの指揮に不満は無いのですが、しいて言えば中間楽章がいま一つです。2楽章のリズムに厳しさが欠けるのと、3楽章の歌いまわしがやや物足りません。両端楽章は非常に充実していて聴きごたえが有ります。全体としては中々に良い演奏だとは思います。

Suitner_brahms3 オトマール・スイトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン(1985年録音/シャルプラッテン盤) スイトナーの80年代のブラームス全集はドイツの名門オーケストラの響きと相まって、どの曲も安心して聴いていられますが、とりわけ3番と4番の演奏が素晴らしいです。弦と管が柔らかく溶け合った厚みある響きがとても心地よいです。1楽章の重厚なテンポは聴きごたえが有りますし、2楽章も味わいが有ります。3楽章はしなやかに歌いますが節度が合って良いです。終楽章はじっくりとしたインテンポですが、非常に高揚感が有ります。時に重く念押しするリズムも堪らない魅力です。

Brahms235 サー・コリン・デイヴィス指揮バイエルン放送響(1988年録音/RCA盤) バイエルン放送響との廉価全集に含まれています。ゆっくり目のテンポで常に余裕を感じさせ、いかにも英国の指揮者らしい品の良い穏健な演奏を聞かせています。それが曲の楽想に適していて好感が持てるのは第2番の演奏と同様で、オーソドックスなブラームスを味わうことが出来ます。強いて言えば、ブラームス特有の翳りがもう少し有れば更に良かったです。終楽章でじわりじわりスケール大きく盛り上がるのは見事です。オーケストラは優秀で美しく、それを忠実に捉えた録音も優れます。

Vcm_s_kf_repr_500x500 クルト・ザンデルリンク指揮ベルリン響(1990年録音/カプリッチオ盤) 旧盤に比べてテンポが大分遅くなりました。ところが推進力を失ってしまったので、聴いていてどうももたれます。終楽章などはスケール感は有りますが、緊張感に欠けます。またベルリン響をどうしても旧盤のSKドレスデンと比べてしまいますが、個々の奏者の力量では全く敵いません。残響の非常に多い録音もムード的に聞こえるので余り好きではありません。

41mqvx5jevl__sl500_aa300_ カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウイーン・フィル(1990年録音/グラモフォン盤) 全集盤の録音です。1楽章は遅めの非常に良いテンポです。イン・テンポを守るのも良しです。音には張りと緊張感が有ります。但し、ドイツ的な武骨なリズムの強調よりは、流麗なカンタービレが印象的です。2楽章の味わいも良いですが、3楽章の主題を弱い音で控えめに奏でるのがユニークです。4楽章も遅いインテンポですが、ライブのような迫力が有ります。金管が前面に出がちで、音色も明るいのは北ドイツ・スタイルとは異なりますが、感興の高まってゆくのにぐいぐい惹きこまれます。

Brahms-3-vrr7jxu2l_ac_ ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮ロンドン・フィル(1991年録音/EMI盤) N響を指揮して我が国に馴染みの深いサヴァリッシュの録音です。ゆったり気味かほぼ中庸のテンポで、速くは無いです。1楽章は良い演奏ですが、ドイツの楽団に比べると僅かに響きの厚みに欠ける気がします。2、3楽章は落ち着いていて地味ですが美しく、さほど不満は有りません。終楽章に入ると俄然気迫が込められて、一気に聴き応えが増しますが、ドイツ的な堅牢なリズム感を失わないのは良いです。

Brahms4577617016673624660213orig 小林研一郎指揮ハンガリー国立響(1992年録音/キャニオン盤) コバケンが最も相性が良かったのは、かつて指揮者コンクールで優勝したハンガリーの国立交響楽団でした。50代の円熟期にブラームスの交響曲全集をブダペストのフランツ・リスト音楽院大ホールで録音してくれたのは良かったです。そこに含まれる第3番の演奏は、1楽章からゆったりとしたテンポのオーソドックスなブラームスです。高揚感には幾らか不足しますが、オケの美しい響きと味わいに惹かれます。2楽章、3楽章も同様ですが、特に3楽章の主題から溢れる哀愁が素敵です。終楽章も底力を感じる堂々たる演奏です。録音も優秀です。現在はオクタヴィアレコードから再リリースされています。

145 コリン・デイヴィス指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1992年録音/Profile盤) これは本拠地ゼンパーオーパーでのライブ録音です。4年前のバイエルン放送響とのセッション録音と解釈はほぼ変わりません。ただ、このオケのブラームスというと、どうしてもザンデルリンクの録音と比べてしまうので気の毒です。ディヴィスのテンポは遅めですが、ザンデルリンクよりは速く、リズムの腰の座り方もザンデルリンクの安定感と比べると遜色を感じます。それでも旋律をだらしなく歌い崩さないのは理想的です。オケの響きについては、’70年代の古雅な響きは望めませんが、さりとて’90年代の録音でこれに匹敵するブラームスの演奏もそうそう思いつきません。

F6421 クルト・ザンデルリンク指揮ウイーン響(1997年録音/WEITBRICK盤) 3年前に発売されたときにこのブログで酷評して以来、ほとんど聴きませんでしたが、棚にはまだ残されていましたので改めて聴いてみました。うーん、やはりオケの響きが柔らかいのは良いとしても厚み不足なのですね。ザンデルリンクの指揮にも厳しさが有りません。ベルリン響との新盤よりは良いかもしれませんが、SKドレスデンとの旧盤とは全く勝負になりません。残念ながら3年前と感想はほとんど変わりませんでした。

Brahms51xu8x6nwnl_ac_ ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン(2017年録音/グラモフォン盤) バレンボイムの二度目の交響曲全集に含まれます。30年も音楽監督を務めた手兵との録音ですが、やや問題のある演奏です。というのも1楽章でディナーミクに工夫をする余り、何となく音楽が造り物めいて、そこに姑息さが感じられてしまうからです。力演の割に感銘を受けません。2楽章、3楽章では、無理に表情を付けようとしている跡がやや気になります。終楽章はスケール大きく盛り上がりますが、金管がやや浮きあがり気味なのが気になります。。

Brahms21_1111_01 クリストフ・エッシェンバッハ指揮ベルリン・コンツェルトハウス管(2020年録音/BERLIN CLASSICS盤) エッシェンバッハの二度目の交響曲全集に含まれます。ライブ録音です。1楽章から相当遅いテンポで恰幅の良さが際立ちます。ザンデルリンクの旧盤のような立派さです。もっともオーケストラの音の厚みと質は流石にSKドレスデンには及びません。2楽章、3楽章はやはり遅いテンポでゆったりと非常に味わい深く歌わせています。特に3楽章からこれほどまでに寂寥感を感じさせてくれる演奏は稀かもしれません。終楽章もスケールの壮大さが圧倒的です。それが異形さを感じさせることも無く、ブラームスの音楽の範囲内に収まっています。

というわけで、マイ・フェイヴァリットは不動明王(?)のザンデルリンク/シュターツカペレ・ドレスデンです。これはザンデルリンクの旧全集の中でも1、2を争う名演なので当然です。次点としては、海賊盤ながらもシュミット-イッセルシュテット/バイエルン放送響盤、それにハイティンク/コンセルトヘボウ盤、スイトナー/シュターツカペレ・ベルリン盤です。モノラルながらヨッフム/ベルリンPO盤にも惹かれます。

さて皆さんは、どのブラームスがお好きですか?

<追記> アーベントロート盤、ヨッフム/ベルリンPO盤、ワルターのウィーンPO盤とコロムビア響盤、クーベリック/ウイーンPO盤、カイルベルト/バンベルク盤、ハイティンク/コンセルトヘボウ盤、アバド/ドレスデン盤、ケンペ/ミュンヘンPO盤、ジュリーニ盤、サヴァリッシュ盤、カラヤン盤、バルビローリ盤、コバケン盤、バレンボイム盤、エッシェンバッハ盤を後から加筆しました。特にジュリーニ盤は、ザンデルリンクには及ばないまでも、次点グループに充分割って入ります。ウィーン・フィルの演奏する第3番としては最上ではないでしょうか。

<関連記事>
今年聴いたブラームスの交響曲のCD

| | コメント (54) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

ブラームス 交響曲第2番ニ長調op.73 名盤 ~避暑地ペルチャッハにて~

Picture01

― ブラームスが滞在したペルチャッハの城館 ―

さて、ブラームスの交響曲の特集ですが、今回は第2番です。第1番の完成に20年以上の歳月をかけたブラームスでしたが、この曲はオーストリアのウェルター湖畔の避暑地ペルチャッハに滞在しながら僅か4か月で完成させてしまいました。この曲には、そうしたくつろいだ気分が反映されているので、ブラームスの「田園交響曲」などと呼ばれたりもしています。確かにその通り、曲全体に牧歌的な雰囲気を湛えています。開放的でメロディアスですが、どこか寂しさを感じさせる第1楽章、抒情的でオーストリアの美しい自然をいっぱいに想い抱かせる第2楽章、いじらしいほどに愛らしい第3楽章と実に魅力的です。終楽章はうって変わって躍動感に溢れ、イケイケどんどん的な単純さがブラームスの曲想としては幾らか物足り無さを感じますが、それでも中間部でぐっと抒情的に歌うところなどはブラームスの醍醐味です。

この曲の演奏は意外に難しく、4曲の中でも美しい響きを造り出すのに最も苦労するのはこの曲です。オーケストラの音の質が一番さらけ出されてしまいます。その理由の一つは金管の響きに有ります。フォルテでどうしても金属的な音に聞こえやすいのです。それが気にならない演奏は指揮者の音のバランスが優れていると言えるでしょう。それに、好みの問題ではありますが、質の悪いオケや指揮者が終楽章をノリの熱演で乗り切って「終わり良ければ」で胡麻化そうとするのはその為です。常識的にはフィナーレですので、盛り上げるためにどうしても指揮棒には力が入ります。テンポは上がり、金管の強奏、ティンパニの強打となります。けれども、それではブラームスの書いた音楽の造形性と響きが失われてしまいます。いい例がブルーノ・ワルターのニューヨーク・フィルとのモノラル盤です。尊敬する宇野功芳先生はこの演奏を推薦されていますが、僕は全く好みません。このことを知っておいて頂けると、これからご紹介する僕の愛聴盤に納得されることと思います。

Brahms-81jafhwfzyl_ac_sl1400_ オイゲン・ヨッフム指揮ベルリン・フィル(1951年録音/グラモフォン盤) 1950年代のモノラル録音による全集に含まれます。フルトヴェングラー存命中のベルリン・フィルの暗く重厚で、古き良きドイツを感じる音を味わえるのが大きな魅力です。ヨッフムの指揮も堂々とした恰幅の良さが有りますが、テンポを端々で流動的に動かして表情も豊かなので濃い目のロマンティシズムを感じさせます。終楽章では畳み掛ける迫力と情熱が有りますし、全体的に後述する晩年のウィーン・フィルとの演奏とはまた違う魅力が有ります。セッション録音なので音質も良好です。

Bra-71m56wpho1l_ac_sl1425_ ヴイルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル(1952年録音/EMI盤) 近年ボックスで出た全集に含まれます。ミュンヘンでのライブです。フルトヴェングラーのブラームスには造形性が欠如しているので正直余り好みません。テンポを頻繁に動かして興奮を誘うマエストロの演奏方法論がブラームスの音楽には適さないからです。また金管や打楽器をフォルテでここぞとばかりに強奏するのもいただけないです。弦楽の粘る歌い方も過剰に感じます。これがウィーン・フィルであれば、この曲にはずっと適していただろうと思います。録音は当然モノラルですが、当時のライブとしてはまずまずです。

131 フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン放送響(1953年録音/audite盤) ベルリンでのライブですが、自由ベルリン放送(RIAS)の優れたモノラル録音で楽しめます。引き締まった演奏タイプの多いハンガリーの指揮者の中で、フリッチャイはロマンティックなスタイルで一線を画します。豊かな表現力が時に絶大な魅力となります。この演奏もゆったりと非常に表情が豊かですが、基本的にインテンポで造形の崩れは感じません。終楽章もかなりの迫力を見せますが、騒々しくなることはありません。

Brahms-010 ルドルフ・ケンぺ指揮ベルリン・フィル(1955年録音/英テスタメント盤:EMI原盤) 英テスタメントからリリースされた全集盤に含まれます。フルトヴェングラーが亡くなった翌年の録音なので、ベルリン・フィルの響きが暗く厚く、この曲にはむしろドイツ的に過ぎるほどで、晩年のミュンヘン・フィルとの録音とはだいぶ趣が異なります。しかしその後に失われてゆくベルリン・フィルの古の響きを味わえる点でやはり魅力が有ります。ケンペの指揮も落ち着いたテンポでじわじわと高揚させてゆく辺りは、非常に素晴らしいです。モノラル録音ですが、鑑賞に全く支障ありません。

Bra302 カール・ベーム指揮ベルリン・フィル(1956年録音/グラモフォン盤) モノラル時代末期のセッション録音ですので音質は優秀です。ここでは、よく言われるように壮年期の気合の入ったベームを聴けます。ベルリン・フィルの響きがまだまだドイツ的な暗さを持つ音色なのが特徴です。この曲にしては少々がっちりとし過ぎに感じなくも有りませんが、やたらとテンポを煽ることはせずにインテンポで堂々とした構えなのはベームの大きな魅力です。それでいて2楽章などの自然な流れや情感も実に素晴らしいです。

4988005813220

ラファエル・クーベリック指揮ウィーン・フィル(1957年録音/DECCA盤) クーベリック40代初めの全集録音からです。相性の良いウィーン・フィルとの共演が嬉しいです。最初期のステレオ録音であり、デッカにしても録音の古さは感じます。音の薄さを感じてしまうのがブラームスにとってはマイナスです。それでも当時のこの楽団 の柔らかく甘い響きは味わえます。演奏はテンポも表現も中庸なもので、可も無く不可も無く、というところでしょうか。

Img_1067s

ピエール・モントゥー指揮ウィーン・フィル(1959年録音/DECCA盤) モントゥーのブラームスの第2番と言うと後述するロンドン響盤が一般的ですが、どっこいこちらのウィーン・フィル盤もまた捨てがたい演奏です。理由はオーケストラの音と魅力です。ホルンや木管、弦楽のこぼれるような美しさはロンドン響の及ぶところではありません。強奏で金管が目立つのはウイーン・スタイルです。確かに古いステレオ録音で音の薄さはマイナスですが、元々透明感のある響きのウィーン・フィルですし、これは長所短所相半ばということで目をつぶりましょう。

Bra2-71ifkdj45l_ac_sl1500_ ブルーノ・ワルター指揮コロムビア響(1960年録音/CBS SONY盤) ワルターは1950年代にニューヨーク・フィルとモノラル録音を残していて、評論家からもその若々しいエネルギーを評価されます。しかし例えば第2番の終楽章では畳みかけるテンポと荒々しい響きがとてもブラームスには聞こえません。その点、このステレオ録音では落ち着いたテンポと響きがヨーロッパ的でよほどブラームス的です。贅沢を言えば、これが本当のヨーロッパの楽団であったらと思わないでも無いですが、これだけの演奏です、良しとしましょう。

Brahms-2-4-083 ヨーゼフ・カイルベルト指揮ハンブルク国立フィル(1962年録音/テルデック盤) ”カぺルマイスター”の称号が最も似合うカイルベルトですが、ブラームスの音楽もまた最上のレパートリーです。じっくりとしたテンポで堅牢なリズムは微動だにしません。ベルリン・フィルがドイツ的な暗い音色を失う前の最後の時期の録音なのも嬉しいです。後述するバイエルン放送響盤では南ドイツ的な響きがこの曲に向いていますが、こちらの北ドイツ的な響きもまた大いに魅力が有ります。テルデックの録音はそうした音を忠実に捉えています。

Brahms-837 ピエール・モントゥー指揮ロンドン響(1962年録音/フィリップス盤) 一部の評論家筋やオールドファンに人気の高いモントゥーのブラームスの代表的録音です。ドイツ系指揮者の堅牢な造形性は持ち合わせませんが、テンポの揺らし方が極端で無いので、頻繁に変化させている割には抵抗感が有りません。むしろそれが魅力と成るのは流石です。ロンドン響の暗めの響きもブラームスには適します。繰り返し聴くうちに味わいが増す”スルメイカ”のような演奏だと言えそうです。録音も優秀です。

890 カール・シューリヒト指揮ウィーン・フィル(1962年録音/audite盤) スイスのルツェルン音楽祭でのライブ録音です。ウィーンPOとは’50年代初めのDECCA盤が有り、オケの柔らかい音の魅力では敵いませんが、テンポがゆっくり気味に成り、音楽の深さは増しています。この演奏は丁度DECCA盤と後述の’66年の録音との中間的な印象です。録音はモノラルですが、スイス放送の良質な音で聴き易いです。シューリヒトの第2番でこの演奏をベストにあげるファンはおられるでしょう。

C0986599

フェレンツ・フリッチャイ指揮ウィーンフィル(1963年録音/グラモフォン盤) ザルツブルクでのライブです。モノラル録音なのが残念ですし、音質はむしろ前述のRIAS録音の方が明瞭です。元々抒情的なこの曲を、フリッチャイは造形が崩れるほど目いっぱい抒情的に演奏しています。その点ではRIAS盤以上です。それはオケがウィーン・フィルということもあるでしょう。随所にかかるポルタメントも少々煩わしく感じるほどです。終楽章はRIAS盤よりも更にドラマティックですので好まれる方はいらっしゃるでしょう。

Cci00003 カール・ シューリヒト指揮シュトゥットガルト放送響(1966年録音/archiphon盤) 巨匠シューリヒト最晩年の貴重なライブでのステレオ録音です。この人は通常は早いテンポで颯爽とした演奏をしますが、ここでは別人のように遅いテンポで全ての音符を慈しむように奏でます。全体を通してしみじみとした味わいが胸にしみ入って来ます。時に大きなルバートを見せますが、基本的にはイン・テンポですので造形が崩れるほどではありません。一般的にはウイーン・フィルとのDECCA盤がよく取り上げられますが、僕は断然こちらの方を好みます。この録音は現在はヘンスラー盤で出ていますが、マスタリングが高音に強調感が有るそうなので、出来れば中古店でarchiphon盤をお探しになるほうが良さそうです。

695 ヨーゼフ・カイルベルト指揮バイエルン放送響(1966年録音/オルフェオ盤) カイルベルトには上述したベルリン・フィルとのテルデックによるセッション録音も有りますが、これはミュンヘンでのライブ録音です。カぺルマイスターのカイルベルトの指揮は柔らかいウイーン・スタイルではなく堅牢なプロシア・スタイルですが、非常にオーソドックスで、ゆったりと曲そのものの良さを充分に引き出しています。2楽章は美しく、終楽章は堂々とした力演で充実感が有り、非常に聴きごたえがあります。終結部がやや爆演気味ですが許容範囲です。バイエルン放送響の音は南ドイツ的な明るさが有りますが、2番の場合にはそれが向いています。

Brahms_14 ハンス・シュミット-イッセルシュテット指揮北ドイツ放送響(1967年録音/EMI盤) 北ドイツ放送響とのライブによる全集ですが、第1番以外は全てステレオ録音です。高音強調型のマスタリングがやや気になりますが許容範囲です。Sイッセルシュテットは指揮するオケや音楽への順応性が非常に高く、この曲では北ドイツ放送響の暗く厚い響きをそのままに、堅牢一辺倒では無く、しなやかさも感じさせます。但し歌い方が控えめなので少々地味過ぎるように感じます。ハニカミ屋のヨハネス青年という感じかな。でも真面目なので好きですよ。

Img_1013_20210115170701 サー・ジョン・バルビローリ指揮ウィーン・フィル(1967年録音/EMI盤) 戦前の柔らかさ、甘さを徐々に失ってゆくウイーンPOですが、バルビローリが指揮するときにはそれを取り戻すように思います。遅いテンポで悠然と歌わせるバルビローリ節が全開の極めて美しい演奏です。一聴しただけだと音楽がもたれるように感じそうですが、これこそがマエストロの真骨頂です。聴き手により好みは分かれるでしょうが、慈愛に満ちたこの演奏の良さは掛け替えのない無いものです。ブラームスらしい厚い響きの録音も嬉しいです。

51avvm74jl__ss500_ サー・ジョン・バルビローリ指揮バイエルン放送響(1970年録音/オルフェオ盤) 前述したウィーンPOとの録音も素晴らしいですが、この3年後のバイエルン放送響とのライブ盤はオーケストラの厚い音がブラームスに適しているのと、演奏に気合が入っている点ではウィーン盤を上回ります。後期ロマン派寄りのたっぷりとした表現で、2楽章では弦の歌いまわしが震えるほどの美しさです。終楽章の遅いテンポでのじわりじわりとした高揚感とスケールの大きさには思わず惹き付けられてしまいます。

Bra-71hhhwzz9tl_ac_sl1244_ クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル(1970年録音/グラモフォン盤) アバド最初のシンフォニー全集は4つの異なる楽団が演奏しましたが、第2番はベルリン・フィルです。この楽団が既にドイツ的な響きを失い、明るく洗練された響きに変わっている時期なので、この曲には最も不向きに感じます。アバドの指揮はゆったりとした構えで妙にテンポを煽るような真似はせずに正攻法なのには好感が持てます。しかしこの演奏スタイルであれば、どうしてもオーケストラの響きの好みに左右されます。フィナーレの金管の音の派手さは自分としてはやはりがっかりです。

Boult_1678 サー・エードリアン・ボールト指揮ロンドン・フィル(1971年録音/EMI盤) 「バッハからワーグナーまで」というBOXに全集として含まれています。ゆったりとしたテンポでスケールが大きく、表情付けは控えめで正に英国紳士という趣です。第1番の演奏ほど厳格な印象は無く、ずっと自然な流れを感じます。オーケストラの響きは地味で厚みがあり、ブラームスに向いていますが、この曲ではもう少し透明感が有っても良かったかもしれません。とは言え、随所に滋味があふれる良い演奏だと思います。

416gjxaqwml__sl500_aa300_ クルト・ザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1972年録音/DENON盤) 徹底したマルカート奏法のSKドレスデンを聴くと、これぞドイツの音だと実感します。そのオケをザンデルリンクは頑固一徹にイン・テンポで押し通します。ブラームスの音楽が古典的な書法であることを最も感じさせる演奏です。大抵の指揮者がアッチェランド気味に煽る終楽章の終結部でも、逆に腰を据えた感じで大きな充実感を生み出します。ところで、何故かDENONのクレスト1000シリーズは、2番だけが20bitの新リマスターではありません。このことはsource manさんがDENONに直接確認されたのを教えて頂きました。元々LP時代から2番の録音は他の曲よりも幾らか音質が劣るような印象は有りましたが、因果関係は全く分かりません。但し通常は言われないと気にならない程度の違いですので心配は有りません。

Brahms-410tvmv2kxl_ac_ ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1973年録音/フィリップス盤) 全集盤に収められています。録音当時のコンセルトへボウの響きは本当に素晴らしく、ともすると金属的な音にも成りかねないこの曲を、シルクの織物のような柔らかく美しい音で味合わせてくれます。その響きは正にヨーロッパの遺産そのものという気がします。フィリップスによる優れたアナログ録音がそれを忠実に捉えています。ハイティンクの指揮はゆったりと、この曲の瑞々しい抒情性を描き出していますが、一方で終楽章では音楽に底力を感じさせます。

Brahms_bohem_14 カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1975年録音/グラモフォン盤) 全集盤に収められています。まず、ムジーク・フェラインでの美しい響きの録音に惚れ惚れします。金管の和音がとても美しく、セッション録音のメリットが出ていると思います。もちろん弦や木管の美しさも特筆ものです。ベームの演奏は非常に呼吸が深く、しかもどこまでも自然なので安心して身を委ねられる雰囲気です。加えて独特のたおやかさを感じます。終楽章も少しも騒々しくならないのが良いです。ベームは決してライブだけの人ではありません。

Brahms-71xuzbkk2l_ac_sl1122_ ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィル(1975年録音/SCRIBENDUM盤:BASF原盤) ケンペ最晩年の全集録音で、前述のベルリン・フィルとの全集の中でも第2番が特に気に入りましたが、こちらもやはり魅力的です。ゆったり目のテンポでスケール感が有り、ここぞという所では金管やティンパニが強奏されて迫力が有ります。ミュンヘン・フィルの持つ南ドイツ的な音色の明るさは、この曲に適していますし、2楽章や3楽章での滋味は魅力的です。終楽章もむやみに煽ることなく堂々たる演奏です。スクリベンダムのリマスターはイコライジング処理が強めですが、低音域の不足感は無く許容出来ます。

Hmv_2683414 カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1977年録音/TDK盤) 全集盤から2年後の日本公演のライブです。東京文化会館でのTDKの録音は優れていますが、ムジーク・フェラインの美しい響きには及びません。ベームの解釈は変わりませんが、ほんの少しだけテンポが速くなっていて、呼吸の深さは全集盤のほうが強く感じます。但し、終楽章だけは曲想のせいで、躍動感と高揚感に勝るライブの方が一般的に好まれるのは間違いありません。

175 オイゲン・ヨッフム指揮ウイーン・フィル(1981年録音/Altus盤) もうひとつウイーン・フィルの良い演奏があります。これは実はベーム追悼演奏会のライブです。会場は楽友協会大ホールですが、美しい響きが聞ける名録音だと思います。特に中低域の音が厚いので嬉しいです。ここはどうしてもベームの演奏との比較になりますが、元々テンポを微妙に揺らすヨッフムはベームほどの貫禄は有りません。けれども逆にしなやかさを感じますので、これはこれでとても魅力的です。終楽章も少しもうるさくならずに熱演しています。敬愛するベームを悼んで襟を正して真剣に演奏するウイーンの楽団員たちの姿が目に浮かぶようです。

515r2b7qvll__ss500_ ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送響(1983年録音/オルフェオ盤) ミュンヘン・ライブの全集です。元々明るい音色のバイエルン放送響ですが、この演奏は金管の音量バランスが幾らか強めで目立ちます。うるさいわけではありませんが、もう少し控えめのほうが落ち着きます。リズムに念押しが無いので腰の軽さを感じさせます。プロシア魂は感じさせない演奏です。かといって流麗なウイーン・スタイルでもありませんので、スタイルがやや中途半端な印象です。決して悪い演奏ではありませんが特徴に欠けます。

Br81wi3chbxl_ac_sl1366__20211201144701 オトマール・スイトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン(1984年録音/シャルプラッテン盤) スイトナーが80年代に録音したブラームス全集は旧東ドイツの名門歌劇場オーケストラのいぶし銀の響きが聴ける点で貴重です。弦と管が柔らかく溶け合い、厚みのある響きに魅了されます。1楽章はあわてず騒がず中庸の表現でありながら手応えが有りますし、2楽章はしっとりと美しく、とても味わいが有ります。3楽章は手堅く安心して聴いていられます。終楽章は意外とテンポの揺れを見せますが、造形感が崩れるほどではありません。徐々に高揚感を増してゆき、フィナーレも中々に煽りますが極端ではありません。

Brahms235 サー・コリン・デイヴィス指揮バイエルン放送響(1988年録音/RCA盤) バイエルン放送響との廉価全集に含まれています。この曲では、幾らかゆっくり目のテンポで、いかにも英国の指揮者らしい品の良い穏健な演奏を聞かせています。それが曲の楽想に適しているので好感をが持てます。特別な閃きこそ感じられませんが、極めてオーソドックスなブラームスを落ち着いて味わうことが出来ます。オーケストラの技量も優秀ですし、美しい響きを聴かせています。強いて言えば終楽章はもう少し盛り上げても良かった気がします。

Brahms-2-m40ixe22l_ac_ ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮ロンドン・フィル(1989年録音/EMI盤) N響を指揮して我が国に馴染みの深いサヴァリッシュの録音です。ゆったりとしたテンポで心からペルチャッハの自然を慈しむような演奏です。終楽章ではテンポを速めて勢いよく演奏する指揮者も多いですが、サヴァリッシュはここでも必要以上に煽らずにじわりじわりと高揚させていきます。金管を抑えてドイツの楽団のような厚みのある柔らかな響きを醸し出しているのは見事です。

Vcm_s_kf_repr_500x500クルト・ザンデルリンク指揮ベルリン響(1990年録音/カプリッチオ盤) SKドレスデン盤から18年後の再録音全集です。残響の深いイエスキリスト教会で、更にオフ気味の録音なのでムード的に聞こえます。演奏そのものもSKドレスデンのように徹底したマルカート奏法では無いにしても、圭角がまるで取れて聞こえます。テンポは大分遅くなっていて、幾らかもたつきを感じますが、スケールの大きさでは旧盤を上回ります。新盤の良さも無いわけではないのですが、全体的にはやはり旧盤を上にしたいと思います。

41mqvx5jevl__sl500_aa300_ カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウイーン・フィル(1991年録音/グラモフォン盤) 全集盤の録音です。この演奏は中野雄さんが推薦されていたので気になっていました。ウイーン・フィルの奏するブラームスでは最も適性を感じるのが第2番だからです。全体に遅いテンポで重厚な響きなのですが、旋律を美しく奏でる弦楽器と木管の音が確かにこの曲にはうってつけです。2楽章のカンタービレの美しさはいかばかりでしょう。終楽章のスケールの大きさもザンデルリンクに匹敵します。

Brahms4577617016673624660213orig 小林研一郎指揮ハンガリー国立響(1992年録音/キャニオン盤) コバケンが最も相性が良かったのは、かつて指揮者コンクールで優勝したハンガリーの国立交響楽団でした。50代の円熟期にブラームスの交響曲全集をブダペストのフランツ・リスト音楽院大ホールで録音してくれたのは良かったです。そこに含まれる第2番の演奏は、ゆったりとして堂々とした構えの非常にオーソドックスな聴き応えあるブラームスです。しみじみとした味わいに魅了されますが、終楽章における底力を感じる盛り上がりも素晴らしいです。オーケストラの響きが素朴で美しいのは、この作品にぴったりですが、それを優秀録音が十全に捉えています。現在はオクタヴィアレコードから再リリースされています。

Brahms51xu8x6nwnl_ac_ ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン(2017年録音/グラモフォン盤) バレンボイムの二度目の交響曲全集に含まれます。30年も音楽監督を務めた手兵との録音です。2番は、実はドイツ的な響きを造るのが一番難しい曲です。下手なオケが演奏すると金管の音が浮き上がってしまい、美しいハーモニーが生まれません。その点、この演奏は全体の音が柔らかく溶け合って非常に美しいです。それもウィーン・フィルの透明感の有る音とは異なり、あくまでもドイツ的な厚みの有る音です。弦楽、木管、金管いずれも上手く、美しく魅了されます。ある時は大きく、ある時はいじらしく歌わせるバレンボイムの手腕も素晴らしいです。テンポもゆったりと気宇の大きさを感じさせて理想的ですが、フィナーレはスケール大きく盛り上がります。

Brahms21_1111_01 クリストフ・エッシェンバッハ指揮ベルリン・コンツェルトハウス管(2020年録音/BERLIN CLASSICS盤) エッシェンバッハの二度目の交響曲全集に含まれます。コロナ禍における無観客ライブ録音とのことです。基本テンポは遅めで、ゆったりとした構えは堂々たるものです。透明感ある響きが美しく牧歌的な幸福感を感じさせます。4曲の中で、美しい響きを造り出すのが最も難しいこの曲ですが、流石はドイツのオケとマエストロの手腕です。第2、第3楽章も同様に美しいです。終楽章ではいたずらに煽るような真似はしない非常にスケールの大きい指揮が本領を発揮して、単なる姑息な爆演とは次元の異なる気宇の大きい演奏で大変な充実感を与えてくれます。

以上を改めて聴き直した結果のマイ・フェイヴァリットは、ベーム/ウィーン・フィルのグラモフォン盤です。次点としてはシューリヒト/シュトゥットガルト放送響、ザンデルリンク/シュターツカペレ・ドレスデンです。
他には、カイルベルトのベルリンPOとバイエルン放送響の両盤、バルビローリ/バイエルン放送響、ベーム/ウィーン・フィルのTDK盤、ヨッフム/ウィーンPO、ジュリーニ/ウイーンPOと続いて、中々の激戦状態です。

こうしてみると南ドイツ、オーストリアの楽団が大勢を占めていて、第1番で北ドイツの楽団が優勢であったのとは逆のねじれ現象が起こりました。これは明らかに曲想の違いだと思います。

<追記> フルトヴェングラー/ベルリンPO盤、ベーム/ベルリンPO盤、ワルター/コロムビア響盤、カイルベルト/ベルリンPO盤、モントゥー/ウィーンPO盤とロンドン響盤、シューリヒト/ウィーンPO盤、バルビローリ/ウィーンPO盤、ハイティンク/コンセルトヘボウ盤、アバド/ベルリンPO盤、ケンペ/ミュンヘンPO盤、サヴァリッシュ/ロンドンPO盤、ジュリーニ/ウイーンPO盤、コバケン盤、バレンボイム盤、エッシェンバッハ盤を後から加筆しました。

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

ブラームス 交響曲第1番ハ短調op.68 名盤(ステレオ録音編)

ブラームスの交響曲第1番の愛聴盤ご紹介ですが、前回の「モノラル録音編」に続いて今回はステレオ録音編です。懐かしい往年の名指揮者から順番に登場しますが、これらは全くの僕の趣味ですので、どうぞご了承ください。

Brahms_41i7pt88qxl ヨーゼフ・クリップス指揮ウイーン・フィル(1956年録音/DECCA盤) 最初期のステレオ録音ですが、当時のウイーン・フィルの響きの何と魅力的なこと!クリップスは堅牢な造形のドイツ・スタイルとはまるで異なるゆったりとしたウイーン風の指揮ですが、安心して耳を委ねられます。特に第2楽章の何と甘く美しいことか。伴奏音型さえもがドキッとさせるほどに魅力的です。絶美のVnソロは記述は有りませんが、ボスコフスキーでしょう。終楽章でも軽く流して力みが一切有りませんので迫力不足に感じられるかもしれませんが、これこそが古くて粋なウイーンのスタイルです。

4988005813220 ラファエル・クーベリック指揮ウィーン・フィル(1957年録音/DECCA盤) クーベリックは40代の初めに交響曲全集を残しましたが、相性の良いウィーン・フィルとの録音なのは嬉しいです。初期のステレオ録音であり、デッカ特有の透明感の有る音造りがブラームスにしては音に薄さを感じてしまいますが、逆に当時のこの楽団の柔らかく甘い響きを心ゆくまで味わえます。セッション録音のせいも有るでしょうが、肩の力を抜いた、ひたすら美しい演奏です。第2楽章の美しいVnソロは記述が有りませんが、ボスコフスキーだと思います。

Xat1245253140 エドゥアルト・ヴァン・ベイヌム指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1958年録音/フィリップス盤) 最近は、すっかり忘れ去られた感のあるベイヌムですが、僕が学生の頃には中々に人気が有りました。引き締まって切れの良いリズムが非常に魅力的でした。このブラームスも速めのテンポで躍動感の有るスタイルで、後述のベーム/ベルリン・フィルに共通していますが、少々引き締まり過ぎていて、もう少しゆったりとした余裕が欲しい気がします。

Walter3200081099 ブルーノ・ワルター指揮コロムビア響(1959年録音/CBS SONY盤) 僕はワルターのニューヨーク・フィルとのモノラル盤は好みません。かつての柔らかいヨーロピアン・スタイルとはかけ離れたアメリカ的な激しい表現だからです。その点ステレオ盤では、ゆったりとした雰囲気を取り戻していて、非常に魅力的です。曲のどこをとっても柔らかく美しい表情で一杯です。オケの音の薄さも不思議と気になりません。晩年のステレオ盤では2番と3番は音が荒くいただけないのですが、この1番と4番はとても出来が良いと思います。

41ce7fgfjsl__sl500_aa300_ カール・ベーム指揮ベルリン・フィル(1959年録音/グラモフォン盤)  ベームがまだ60代の壮年期の演奏です。後年の演奏よりもテンポが速く、活力に溢れています。当時のベルリン・フィルもドイツ的な暗い音色を残していてブラームスに適しています。ただ、音が余りに凝縮され過ぎているので、聴いていて息苦しさを感じます。一つはスタジオ録音のせいでもあるでしょう。個人的には後年のライブ録音の方に強い魅力を感じます。

Brahms_kempe ルドルフ・ケンぺ指揮ベルリン・フィル(1959年録音/EMI盤) ケンぺは晩年のミュンヘン・フィルとの録音も有りますが、響きが薄く好みません。その点、暗く厚い音を持つ当時のベルリン・フィルとの演奏には満足できます。厳格なイン・テンポでじわじわと高揚させてゆく辺りはやはりドイツ人です。それでいてベーム/ベルリン・フィルのような息苦しさも感じません。写真は東芝EMI盤なので僅かに高音に強調感を感じるものの悪くは有りません。英テスタメントから全集盤が出ていますが、それほど大きな音質の差は感じられません。

916yye7psul_ac_sl1500_ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィル(1959年録音/キングInternational盤) カラヤンがウィーン・フィルと来日したのは1959年のただ一度のみです。その際にNHKによりこの曲とモーツァルトの第40番のステレオ録音が残されました。流石にライブならではの力演です。第2楽章ではボスコフスキーのVnソロが聴けます。ただし終楽章の後半に入ると金管が強奏されて徐々にうるさくなります。カラヤンは後述の最後の日本公演でも同様であり、共通のスタイルなのでしょう。録音は色彩感の薄いモノクローム気味の音色ですが、音は厚く感じられてブラームスには向いています。年代を考えるととても優れています。記録としても貴重だと思います。

Brahms1_konvic フランツ・コンヴィチュニー指揮ライプチヒ・ゲヴァントハウス管(1962年録音/シャルプラッテン盤) コンヴィチュニー最晩年の録音です。ベートーヴェンやシューマンであれほど素晴らしいドイツの音を聞かせた全盛期のゲヴァントハウスとのブラームス全集が無いのは痛恨の極みですが、唯一録音が残された1番は、期待通りの演奏です。弦も管も古色蒼然としたオケの音色が最高で、特に終楽章冒頭のホルンには言葉を失います。テンポはもちろん厳格なイン・テンポ。これでこそブラームスの音楽は生きます。それにしても、この素晴らしい演奏が廃盤なのはドイツ音楽ファンにとって大きな損失です。

4105110900 カレル・アンチェル指揮チェコ・フィル(1962年録音/スプラフォン盤) 1楽章の導入部は速めですが主部に入るとじっくりと進行します。リズムやアクセントの厳格な刻みがドイツのオケ以上なのに目を見張ります。推進力が有りますが、決して上滑りしないのはブラームスに適しています。チェコ・フィルの清涼感の有る音色は悪くありませんが、管楽器の大きなビブラートが目立つのは微妙です。終楽章でもイン・テンポでじわじわと高揚する辺りは聴き応えが有ります。僕はこの演奏はこれはこれで案外と好みます。

Img_1014 サー・ジョン・バルビローリ指揮ウィーン・フィル(1967年録音/EMI盤) 1960年代も後半に入るとウィーンPOは戦前の柔らかさ、甘さを徐々に失ってゆくのですが、バルビローリが指揮するときにはそれを取り戻すように思います。全体的にテンポが遅いために、一聴しただけだと緊張感に欠けて音楽がもたれるように感じそうですが、このゆったりと歌わせるところこそがマエストロの真骨頂です。聴き手により好みは分かれるでしょうが、人生が終焉に近くなればなるほど魅力を感じられてします演奏かも知れません。

Brahms-nxswigi7l_ac_sl1420_ シャルル・ミュンシュ指揮パリ管(1968年録音/EMI盤) 故宇野功芳先生ご推薦の演奏として知られます。確かにほぼイン・テンポでスケールも大きく中々に聴き応えが有ります。問題は管弦楽の音の明るさで、特に金管の音色にドイツ的な厚い響きを求めるのは筋違いというものでしょうが、これは好みなので仕方ありません。終楽章の後半も壮大に鳴り響かせますが、それでもカラヤンのライヴのような騒々しさまでは感じないので有難いです。EMIの録音も響きの重厚さを捉えていないのが残念です。

Brahms_bohem_1 カール・ベーム指揮バイエルン放送響(1969年録音/オルフェオ盤)  ミュンヘンでのライブ録音です。ベームのこの曲の録音の中でも最も燃えに燃えている演奏です。ある評論家が「まるで阿修羅のようだ」と記述していましたが、とても的を得た表現です。老境に入る前のベームがライブでひとたび燃え上がるとどれだけ凄かったかが良く分かる最高の記録でしょう。但しその分、晩年の演奏に比べて音楽の翳りがやや乏しい面が有ります。バイエルン放送響の音色は幾分明るめに感じられますが、違和感は有りません。録音は年代相応というところです。

4110061114クルト・ザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1971年録音/DENON盤) 全盛期のSKドレスデンをブラームスの音楽を最も得意とするザンデルリンクが振った演奏です。やや遅めでインテンポを守りますが、アフフタクトを強調して念押しするような強固なリズムや、ドイツ的なマルカート奏法が重厚さをもたらしています。それでいて推進力を失いませんので、終楽章などは充実感で一杯です。SKドレスデンの典雅な響きも最高です。柔らかく目のつんだ弦の音に管が完全に溶け合って、実に厚みのある音を聞かせます。終楽章の弦の主題の高貴さは類例がないと思います。管のソロ奏者達も皆上手く極めて魅力的です。録音から40年経た今でもこの音と演奏を越えるものは未だに聴いたことが有りません。

Brahms-410tvmv2kxl_ac_ ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1972年録音/フィリップス盤) 前述のザンデルリンク盤と近い時期の録音ですが、当時のコンセルトへボウの響きもまた双璧とも言える素晴らしさです。ドイツ的な堅牢さとはやや異なりますが、長い年月をかけて練り上げられたような豊穣の響きはヨーロッパの遺産そのものという気がします。またフィリップスによる優れたアナログ録音がそれを忠実に捉えています。ハイティンクの指揮はゆったりとしたイン・テンポで堂々とした造形性を生み出していて、それもまた最上のブラームスです。全集盤で所有していますが、単独でも出ていると思います。

Bra-71hhhwzz9tl_ac_sl1244_ クラウディオ・アバド指揮ウイーン・フィル(1972年録音/グラモフォン盤) アバド最初のブラームスのシンフォニー全集は1970年から72年にかけて録音されましたが、4曲を異なる楽団と演奏したのが特徴でした。第1番はウイーン・フィルなので万全です。当時まだ30代の終わりだったアバドは落ち着いたテンポでいて、どこか若々しさも感じさせる絶妙なバランス感覚の好演ぶりです。但しその分、優等生的過ぎると言えなくも有りません。もう少し強く引っ張るところが有っても良かったようには思います。

Boult_1678 サー・エードリアン・ボールト指揮ロンドン・フィル(1972年録音/EMI盤) 「バッハからワーグナーまで」というBOXに全集として含まれています。堂々としたテンポでインテンポを守り、大袈裟な表情付けも見せません。正に英国紳士、あるいは武骨なドイツ人という趣です。オーケストラの響きは地味で厚みの有る音色を持ちますのでブラームスにぴったりです。聴けば聴くほどに味わいの増す素晴らしい演奏です。この録音の際にユーディ・メニューインが自らコンサートマスターを買ってでたといういわくつきです。

Sander416 クルト・ザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1973年録音/TDK盤) SKドレスデンの初来日時のライブ録音です。テンポといいオーケストラの鳴らし方といい、前述した2年前の録音と全く変わりません。演奏に大差は有りませんが、柔らかく深い響きはドレスデンのルカ教会で録音されたセッション盤のほうが勝ります。後述のベーム/ウイーン・フィルと並んで、過去日本で演奏された最上のブラームスだと思いますが、どちらかを選べと言われれば、僕は迷うことなく’71年のセッション録音盤をとります。

Cci00014b_2 カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1975年録音/グラモフォン盤) 日本公演のライブです。NHKホールのこの時の演奏はオールドファンの語り草となっています。バイエルン放送響盤よりもゆったりとしたテンポでスケールが非常に大きいのですが、一方で高揚感も充分に有ります。また、ウイーン・フィルらしからぬ重厚な響きも大変に魅力的です。厳格なプロシア風とは言い難いですが、雄大なアルプスを感じさせる演奏です。これはベームの最上の演奏記録だと思います。NHKの録音も低域まで充実していて非常に優秀です。

Brahms_bohem_14 カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1975年録音/グラモフォン盤) ベームとウイーン・フィルは日本公演から2か月後にウイーンで全集録音を行いました。音楽の造りはほぼ同じです。ムジーク・フェラインの美しい響きを捉えた録音も素晴らしいのですが、少々落ち着き過ぎている印象はあります。実演になると別人の如く気合の入るベームですので、この曲に関してはやはりNHKのライブ盤のほうを第一に取りたいと思います。

Brahms-71xuzbkk2l_ac_sl1122_ ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘン・フィル(1975年録音/SCRIBENDUM盤:BASF原盤) ケンペ最晩年の全集録音で、前述のベルリン・フィルとの演奏と比べると、ずっと肩の力が抜けている印象です。と言っても枯れているのでは無く、力みを配した自然体の演奏だということです。テンポにもゆったりして、迫力に欠けるように感じるかもしれませんが、随所から滲み出る滋味がそれを補う魅力となります。管弦楽の音色は南ドイツ的な明るさがあり、北ドイツの暗さとはまた別の味わいが有ります。スクリベンダムのリマスターはいつも通りイコライジング処理が強めです。

Brahms1_381 オイゲン・ヨッフム指揮ベルリン・ドイツ響(1981年録音/WEITBRLICK盤) ヨッフムはブルックナーほど多くの録音を残してはいませんが、ブラームスも重要なレパートリーです。幾らかテンポの浮遊感を感じますし、リズムの念押しも普通なので、特別に重厚な印象は有りません。古典派よりも幾らかロマン派に傾倒した演奏です。金管も部分的に強奏されます。人によっては好まれるのではないでしょうか。但し終楽章でフルートとホルンが聴きどころで音が不安定になるのは頂けません。ベルリン・ドイツ響はかつてのフリッチャイの西ベルリンの放送響です。レーグナーの東ベルリンの放送響とは異なります。

515r2b7qvll__ss500_ ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送響(1983年録音/オルフェオ盤) ミュンヘンでのライブの全集盤です。冒頭のテンポが速いので「これは爆演タイプかな」と警戒していると、主部では念押しした重圧なリズムになるので安心します。あとは最後までインテンポを通すのは我が意を得たりです。ホールトーンを生かした柔らかい録音なので響きがとても美しく心地よいです。終楽章の終結部で金管が開放的に奏されますが、騒々しくなることは無く許容範囲内と言えます。

Br800 オトマール・スウィトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン(1986年録音/シャルプラッテン盤) 何度もN響を指揮して人気の高かったスウィトナーは、モーツァルトを演奏すると非常に軽快ですが、このような重厚な音楽はその通り忠実に演奏します。1楽章のドイツ風の堅牢なリズムとテンポには安心して身をゆだねられます。2楽章、3楽章では美しい抒情性を感じさせて心地良いです。終楽章では僅かにテンポの揺れが有ったり、タメを作ったり、部分的にフォルテを強調したりはしますが、決して不自然なほどに踏み外すことは有りません。弦に管が溶け合う柔らかい響きはやはりドイツの伝統オーケストラです。

Brahms1_karajan_1988 ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル(1988年録音/テスタメント盤) これはカラヤン晩年のロンドンでのライブ録音です。この時は、会場への楽器の到着が遅れるアクシデントが有ったために、リハーサル抜きの本番だったとのことです。その影響かどうかは知りませんが、カラヤンにしては全体が遅めのテンポで堂々としています。古典派よりもロマン派に傾倒したような演奏です。終楽章の弦の主題がいい例で、極度のレガートで歌うのでムード的です。響きはいつものベルリン・フィルほどに騒々しくは感じませんが、終楽章では何事かと思うような凄まじい金管の強奏とティンパニの強打で本来のカラヤンに戻るので耳にこたえます。

F0123532_851327 オトマール・スウィトナー指揮シュターツカペレ・ベルリン(1988年録音/Altus盤) スウィトナーがパーキンソン病で引退する2年前のサントリーホールでのライブ録音です。2年前のセッション録音と基本は同じですが、重厚感が増していて、ドイツ風に念押しするリズムは、さながらザンデルリンクのようです。2楽章以降は造形性が幾らか緩やかになりますがやはり美しいです。終楽章ではライブならではの自在さが加わり、高揚感がどんどんと増してゆきます。旧東ドイツ特有のいぶし銀とも言えるほの暗い響きを忠実に捉えたNHKの録音も優れています。

Brahms235 サー・コリン・デイヴィス指揮バイエルン放送響(1989年録音/RCA盤) バイエルン放送響との廉価全集ですが、交響曲だけでなく2曲のピアノ協奏曲とヴァイオリン協奏曲が含まれる超お買い得盤です。この1番の演奏は速くもなく遅くもない中庸のテンポで、表現も(良く言えば)品の良さを持ちます。そういえばこの人は英国人でした。同郷の先輩ボールトのブラームスも同じ特徴が有りました。派手なことをしない分、好感は持てますが穏健に過ぎますし、ブラームスの音楽の持つ翳りの濃さが感じられないので少々物足りません。オーケストラは優秀ですし良い響きを聴かせてはいるのですが。。

Vcm_s_kf_repr_500x500 クルト・ザンデルリンク指揮ベルリン響(1990年録音/カプリッチオ盤) SKドレスデン盤から18年後の再録音全集です。テンポが非常に遅くなりました。そのうえで念押しするリズムは変わりませんので、かなりもたれます。1楽章などは推進力が全く失われているので、じれったいほどです。2楽章以降もやはり同様にもたれています。但し終楽章の弦による主題以降は推進力を感じます。ベルリン響の音については、このCDを推薦する評論家は「真にドイツ風の響きだ」と言いますが、イエスキリスト教会の深い響きに助けられているだけです。オケの魅力はSKドレスデンに遥かに及びません。

Brahms-1-pt6iubfl_ac_ ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮ロンドン・フィル(1991年録音/EMI盤) N響を指揮して我が国に馴染みの深いサヴァリッシュの録音です。ゆったりとしたテンポでスケールが大きく堂々たる演奏なのに驚きです。名前を聞かなければサヴァリッシュとは思わないでしょう。インテンポをかたくなに守りますが、端々でリズムの念押し、音のタメを効かせていて、真正ドイツ的で重厚なスタイルと言えます。2、3楽章の慈しみ深さ、終楽章のじわりじわりと高まる感興の深さも実に素晴らしいです。

41mqvx5jevl__sl500_aa300_ カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウイーン・フィル(1991年録音/グラモフォン盤) 全集盤の録音です。遅いテンポでイン・テンポを守り、一音一音念押しするリズムがいかにもブラームスです。1楽章は緊張感と重厚な響きが素晴らしく、ベストを争うほどの出来栄えです。2楽章はゆったりとして、ウイーン・フィルがとても美しいです。4楽章もスケールが大きく、緊張感を保っていて良いです。カンタービレがやや過剰気味なのが自分の好みから離れてしまいますが、全体的には非常に良い演奏です。

Brahms4577617016673624660213orig 小林研一郎指揮ハンガリー国立響(1992年録音/キャニオン盤) コバケンが最も相性が良かったのは、かつて指揮者コンクールで優勝したハンガリーの国立交響楽団でした。50代の円熟期にブラームスの交響曲全集をブダペストのフランツ・リスト音楽院大ホールで録音してくれたのは良かったです。そこに含まれる第1番の演奏は比較的ゆったり目のテンポでスケールの大きさを感じます。非常にオーソドックスな聴き応えのあるブラームスです。ただ、ドイツの団体のようにリズムを厳格に刻まないので、それほど重々しさは有りません。管弦楽の素晴らしい響きを十全に捉えた優秀な録音なのは嬉しいです。現在はオクタヴィアレコードから再リリースされています。

91ewrchiykl__aa1500__2 クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィル(1992年録音/BBC盤) テンシュテットの第1番は、’83年のEMI盤や’90年のBBC盤などが出ていましたが、これはロンドンでのライブ録音です。第1楽章のテンポはゆったりと、しかし緊張感を湛えています。リズムにしっかり念押しを加えてゆくのが心地よいです。響きも金管が浮かび上がることなく、弦楽と溶け合っているのが良いです。低弦がうねるような迫力を感じさせるのも魅力的です。第2楽章もロマンティックに美しく聴かせます。終楽章は、展開部以降に熱気を帯びてきて、ティンパニの音が過剰気味ではありますが、金管の音量は許容範囲内で抑制が効き違和感は有りません。終結部でタメを効かせて満足感を与えます。熱演の中にも一定の節度が有る名演だと思います。

869 ベルナルト・ハイティンク指揮シュターツカペレ・ドレスデン(2002年録音/Querstand盤) 昨年末にsource manさんからこのディスクを頂戴しました。前述のハイティンク/コンセルトヘボウ盤は最上のブラームスですが、この本拠地でのライブも優秀です。響きは管が弦に完全に溶け込むSKDサウンドです。元々自己主張を強くしないハイティンクはSKDには向いているかもしれません。但しザンデルリンクには剛直なプロイセン魂を感じますが、ハイティンクにはそれは感じられません。SKDも40年前の方がドイツ的な体質をより強く保持していました。とはいえ、こちらもやはり素晴らしいブラームスです。

51qxycs6il__sl500_aa300_ 小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラ(2010年録音/DECCA盤) 小澤さんの若い頃の演奏は非常に若々しくフレッシュで好きでした。ところが年齢を重ねるにつれて、余り好まなくなりました。しかしこれは食道癌の闘病後にニューヨークのカーネギーホールで行った復帰コンサートのライブです。今回のオケ・メンバーには管楽に世界の著名オケの首席クラスが大勢加わっています。彼らが齋藤秀雄氏に関係が有るのか無いのか良く分かりませんが、スーパーヴィルティオーゾ・オーケストラと呼ぶのに躊躇いは有りません。演奏は遅めのテンポでゆとりが有りますが、メンバーの非常に高揚した気分を感じます。管楽に常設オケのような同一性や熟した印象は無くとも素晴らしいです。弦楽の表情もとても豊かで細やかで感心します。全体の響きもまろやかです。

Brahms51xu8x6nwnl_ac_ ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン(2017年録音/グラモフォン盤) バレンボイムの二度目の交響曲全集に含まれます。30年も音楽監督を務めた手兵との録音です。遅めのテンポで重さが有りますが、もたれるようには感じません。オーケストラの暗いドイツ的な響きが嬉しいです。録音もそれを忠実に捉えています。第3楽章ではほぼインテンポですが、終楽章に入ると少しづつですが、アクセルを踏んでゆく感じです。決め所でのティンパニの強打も効果的です。終結部はスケール大きく高揚して聴き応えが有ります。伝統的、正統的なブラームスであり、かなり満足出来ます。

Brahms21_1111_01 クリストフ・エッシェンバッハ指揮ベルリン・コンツェルトハウス管(2019年録音/BERLIN CLASSICS盤) エッシェンバッハの二度目の交響曲全集に含まれます。ライブ録音です。基本のテンポはだいぶ遅めで王道そのものです。金管も中々に鳴らせていますが、常にベースとなる弦楽の上に音を載せて、全体を美しく溶け合わせているので、とても心地好いです。その響きは北ドイツ風の暗く厚い音では無く、中部ドイツ的な透明感が有るように思います。第2楽章も大変美しく静かに流れゆきます。第3楽章もゆったりと美しく、その流れで終楽章に入って行き、導入部にはさほど劇的な効果は求めず、主題も落ち着いて歌われます。展開部に入ってからも中々アクセルを踏むことなく、少しづつ盛り上げて行くパースペクティブの良さは流石です。終結部もテンポを煽ったり、金管を強奏させたりせずに貫禄です。

ということで、この曲の所有CDを改めて聴き直しましたが、モノラル/ステレオ盤を合わせてのマイ・フェイヴァリットは、やはりザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ドレスデンの1971年盤でした。これは自分にとって完全無欠の「ブラ1」です。そして2番目はベーム/ウイーン・フィルの1975年NHKライブです。これも本当に素晴らしく、正に記念碑的な演奏だと思います。3番目グループとしては、フルトヴェングラー/北ドイツ放送響の1951年盤、コンヴィチュニー/ゲヴァントハウス管の1962年盤、シュミット-イッセルシュテット/北ドイツ放送響の1967年盤、ハイティンク/コンセルトヘボウ盤が続きます。それ以外も実はみな好きな演奏で、やはり自分はブラームジアーナーに間違い有りません。

<追記> クーベリック/ウィーンPO盤、カラヤン/ウィーンPOの来日ライブ盤、バルビローリ盤、ミュンシュ/パリ管盤、ケンペ/ミュンヘンPO盤、サヴァリッシュ盤、ジュリーニ盤、コバケン盤、バレンボイム盤、エッシェンバッハ盤を後から加筆しました。
<関連記事>
今年聴いたブラームスの交響曲のCD

| | コメント (59) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

ブラームス 交響曲第1番ハ短調op.68 名盤(モノラル録音編)

Fi2619759_1e_2_2

今年の目標の一つにブラームスの交響曲を1曲づつ記事にしたいということを上げました。自称ブラームジアーナーの僕ですが、意外なことに、これまでは4曲をまとめて「ブラームスの交響曲」として記事にしただけで、個々の曲について詳しく取り上げたことはありません。第3番だけは、ザンデルリンクの新盤が出た時に取り上げましたが、それも完全なものではありません。そこで今回あらためて交響曲の特集をしたいと思います。但し、前に一度触れた演奏については恐らく同じような内容になってしまうことと思います。まずは第1番からです。

ブラームスの第1交響曲は、構想開始から完成までに20年以上の月日がかかったことはよく知られています。ベートーヴェンの偉大な交響曲を継承する作曲家が中々現れずに、どんどんとロマン派に移りゆく音楽界を意識してブラームスはこの作品に取り組みました。それを成し遂げられるとすれば自分しかいないという強い使命感を持っていた為に、完全に納得出来る作品を目指したのでしょう。そしてついに、この作品を完成させます。名指揮者ハンス・フォン・ビューローが、この曲を「ベートーヴェンの第10交響曲である」と絶賛したことは有名ですが、事実、疑いもなく最も優れた交響曲の一つに数えられます。この作品は、いかにも「これぞクラシック音楽である」という雰囲気です。作品としては、頭で考えた理屈っぽさを感じないでもありませんが、その一方で大衆に喜ばれるようなサービス精神を随所に発揮しています。こんな作品は、やはりブラームスにしか書けないと思います。この曲の解説は色々な所で読むことが出来ますので省きますが、意外と書かれていないことは、独特のブラームス・リズムについてです。アウフタクトがとにかく多様されていることです。何気なく聴いていると、強拍の音のように聞こえている音附が、実は弱拍であることが非常に多いのです。これは何を意味するかというと、リズムの重厚さを生み出します。演奏の際にそれを強調しないと、何とも腰の軽い感じになります。ドイツ人以外の演奏家が、しばしば陥るのがそのようなブラームスです。逆に、これを最も忠実に演奏するのはシュターツカペレ・ドレスデンであり、指揮者で言えばクルト・ザンデルリンクです。

さて、僕の愛聴盤を順にご紹介してゆきますが、やはり自分にとってはブラームスと言えばザンデルリンク、ザンデルリンクと言えばブラームスというぐらいに唯一無二の存在です。けれども今回は無心の状態になって、改めて所有している全CDを聴き比べたいと思います。まずは前半のモノラル録音編です。

Img_1013 ブルーノ・ワルター指揮ウィーン・フィル(1937年録音/EMI盤) 当然ながらSP録音の復刻でノイズは有りますし音質は貧しいです。しかしこの当時の録音を聴き慣れた方には良好に感じられると思います。何より戦前のウィーンPOの持つ音の柔らかさ、甘さを味わうにはさして支障はありません。戦後徐々に失われてゆくそれがまだここには有ります。ワルターの指揮はそんなオーケストラの魅力を一杯に引き出していて素晴らしいです。終楽章の高揚ぶりもライブの様です。ワルターがアメリカに亡命した後の多くの録音も貴重な遺産では有りますが、あのままヨーロッパに留まって戦後も活躍してくれていたら、どんなに良かったかと思わずにはいられません。

Brahms-1-3-kb ヨーゼフ・カイルベルト指揮ベルリン・フィル(1951年録音/テルデック盤) ドイツのカぺルマイスターそのもののカイルベルトはブラームスの4曲の交響曲を録音しましたが、2番以降が1960年頃のステレオ録音であるのに1番だけが、それよりも10年近く前の古いモノラル録音なのは残念です。それでもフルトヴェングラー時代のベルリン・フィルの音がドイツ的で暗く厚いのは魅力です。1楽章は遅めのインテンポで、リズムを念押ししながら刻むので非常に重厚感が有ります。2、3楽章は大きくうねりゆく大河のような流れが素晴らしいです。終楽章も力感に溢れますが、セッション録音ですので、後述するフルトヴェングラーほど壮絶では有りません。

1198031254 ヴイルヘルム・フルトヴェングラー指揮北ドイツ放送響(1951年録音/TAHRA盤) フルトヴェングラーはもちろんブラームスを得意にしていましたし、ファンからは熱烈に支持されています。ところが個人的には必ずしも好みません。ロマンティシズムばかりが余りに目立ち、古典的造形性に欠けるからです。ブラームスの演奏にはその二つの要素の両立が必要だと思うからです。それはともかくフルトヴェングラーの交響曲第1番の演奏の中から一つ選ぶとすると正直迷います。この北ドイツ放送響とのライブは、極めて深刻に始まり、阿修羅のごとく凄まじいまでに白熱して終わりますが、フルトヴェングラーの表現スタイルとしては徹底され尽くしています。北ドイツ放送響もブラームスに相応しい響きを持っています。録音は高音がざらつきますが年代相応です。(補足:デルタ盤のリマスターが良いと言う評判ですが、自分は未聴です。)

B00005 ヴイルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル(1952年録音/グラモフォン盤) ティタニア・パラストでのライブ録音です。やはり手兵のベルリン・フィルとの演奏は上述した北ドイツ放送響よりも自由自在に手足となり”フルトヴェングラーのブラームス”となっています。弦楽もボルタメントが多めで、甘くロマンティックに聞こえます。2楽章の独奏ヴァイオリンはジークフリート・ボリスでしょう。これも濃厚な甘さです。こちらも演奏の白熱度はやはり凄いですが、ティンパニの強打が過剰で全体のバランスを崩しています。もっともファンには喜ばれるとは思います。録音はフルトヴェングラーのライブ盤としては良好な部類です。

Bra-71m56wpho1l_ac_sl1425_ ヴイルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウイーン・フィル(1952年録音/EMI盤) 近年ボックスで出た全集に含まれます。高校生時代に最初に買ったLPレコードがこの演奏でした。デジタルリマスターの音はライブとしてはまずまずで前述の北ドイツ放送盤やベルリン・フィル盤よりも聴き易いかもしれません。解釈はいつものドラマティックなフルトヴェングラー流ですが、ウィーン・フィルの持つ音の柔らかさがそれを中和させています。貧しい録音の中からも木管や弦楽の音の陶酔的なまでの美しさが充分に感じられます。「ウィーンのブラームス」として存在意義の有る演奏です。

Brahms_sym1 クレメンス・クラウス指揮ブレーメン国立フィル(1952年録音/TAHARA盤) 速めのイン・テンポで颯爽と進みますが、機械的な感じがしないのは流石に名人指揮者です。実はすぐに気付かないほどの微妙な間が多く有るからです。音楽の勢いとの絶妙なバランスが素晴らしいです。決して超一流のオケでは無いのに表現がニュアンスで満ち溢れていて、どこをとっても音楽に香りが漂っています。ただホルンが何度も音を外すのは困ったものです。終楽章もアクセルを踏み込んで熱狂するのは良いのですが、少々せせこましい感無きにしもあらずです。録音は明快で生々しい音が味わえます。

Brahms-81jafhwfzyl_ac_sl1400_ オイゲン・ヨッフム指揮ベルリン・フィル(1953年録音/グラモフォン盤) 1950年代のモノラル録音による全集に含まれます。何と言ってもフルトヴェングラーが没する前のベルリン・フィルの音がそのままに聴けるのが魅力です。音色は暗く重厚で、古き良きドイツを感じることが出来ます。その後カラヤン時代に入って音色が急速に変わってしまったのはつくづく惜しまれます。ヨッフムも堂々たる指揮ぶりで、情熱にも事欠かず素晴らしいです。唯一の欠点は終楽章のフィナーレで金管が咆哮して騒々しいことです。

Img_1039 グィド・カンテッリ指揮フィルハーモニア管(1953年録音/EMI盤) 写真のカンテッリの9枚組BOXセットに収められています。中庸の速さでイン・テンポをしっかりと守っている極めてオーソドックスなブラームスです。英国のオーケストラの音色を生かして、柔らかい響きを造り出しているのはイタリア人指揮者とは思えません。派手に歌わせ過ぎたりしないのにも好感を持ちます。残念なのは二年後のステレオ録音の第3番と比べると音質が古めかしい為に、そうした響きが充分に楽しめないことです。

Brahms_sym1_schuri カール・シューリヒト指揮スイス・ロマンド管(1953年録音/archiphon盤) ジュネーヴでのライブ録音です。シューリヒトは総じて快速テンポで腰の軽い演奏が多いので、ブラームスの音楽に余り向いてはいません。1楽章はある程度の重さを感じますが、妙な弦のポルタメントが耳につきます。2、3楽章での流れの良さは悪くありません。終楽章は快速で駆け抜けるシューリヒト調ですが、念押しの無い前のめりのリズムがどうも頂けません。音質は並み程度です。

Brahms_monteux ピエール・モントゥー指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1963年録音/TAHRA盤) これもライブ録音です。モントゥーは好きな指揮者に入るのですが、ブラームスに関してはそれほど感心したことがありません。このライブ盤も絶賛している方が居ますが、正直わざわざモノラル盤を薦めるほどのことは無いと思います。「フランス人にしては」という条件付きでは決して悪くはない演奏ですが、リズムにドイツ的な厳格さが無いのが自分には不満です。ブラームスはやはりドイツの語法で奏して欲しいのですね。

Brahms_14 ハンス・シュミット-イッセルシュテット指揮北ドイツ放送響(1967年録音/EMI盤) 北ドイツ放送響(NDR)とのライブ録音の全集ですが、何故か1番だけがモノラルです。この録音年でモノラルなのは残念です。戦後創設されたNDRを鍛え上げたのはこの人とシューリヒトですが、二人が「我々のオーケストラ」と呼ぶぐらいにNDRは素晴らしいオケです。この人はウイーン・フィルを振るときには音の柔らかさを生かしますが、ドイツのオケを振るときには非常に重圧な指揮ぶりになります。かくて、この演奏は正真正銘ドイツ風の実に聴きごたえのあるブラームスです。

以上のモノラル盤に限定すると、特に好きなのはSイッセルシュテット/NDR盤です。ブラームスの生まれ故郷ハンブルグのオーケストラにとっては、ブラームスの音楽は特別なものなのではないでしょうか。フルトヴェングラーではNDR盤が強烈な演奏ですが、最近はむしろウィーン・フィル盤を好みます。そして番外ではワルター/ウィーン・フィル盤は外せません。

ということで、次回はステレオ録音編です。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

A.ヴィヴァルディ G.F.ヘンデル J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器、管楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) イギリス音楽(ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、デーリアス他) イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) ウェーバー エルガー グラズノフ グリーグ サン=サーンス シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽曲) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(器楽曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽曲) シューベルト(管弦楽曲) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽曲) ショスタコーヴィチ(交響曲) ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スペインの音楽(ファリャ、ロドリーゴ他) スメタナ チェコ、ボヘミア音楽 チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽曲) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽曲) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハイドン(交響曲) ハンガリーの音楽 ビゼー フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽曲) フランク フランス音楽(ドリーヴ、プーランク、サティ他) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽曲) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲全集) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ(管弦楽曲) ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽曲) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) ベートーヴェン(歌劇、声楽曲) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(声楽曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽曲) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ヨハン・シュトラウス ラフマニノフ(交響曲) ラフマニノフ(協奏曲) ラフマニノフ(室内楽曲) ラヴェル リヒャルト・シュトラウス(楽劇) リヒャルト・シュトラウス(歌曲) リヒャルト・シュトラウス(管弦楽曲) リムスキー=コルサコフ レスピーギ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフ他) ワーグナー(楽劇) ワーグナー(歌劇) ワーグナー(管弦楽曲) ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)