名ピアニスト

2016年11月26日 (土)

イェルク・デームス来日公演 ベートーヴェンピアノ協奏曲第3番

Dames_kobayashi
まだ11月というのに昨日は東京でも雪が降って驚きました。幸い午後には降り止んで、さしたる影響もない中をサントリーホールで読売日本交響楽団のコンサートを聴いてきました。

指揮者は小林研一郎、ピアニストはイェルク・デームスでしたが、なんと60年以上もステージに立つデームスさんの演奏が最大の聞き物です!
デームスさんは1950年代のウエストミンスター録音でワルター・バリリ達との演奏を色々と聴いたので非常に懐かしく感じられるピアニストですが、録音当時はまだ20代だったので現在でも現役で演奏を続けていらっしゃるのですね。
昨日は前半がベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番、後半がブラームスの交響曲第4番という2曲プログラムでした。ですので、いきなりデームスさんの登場となります。
オケ導入部が長い曲ですが、コバケンと読響の安定した演奏に続いてピアノの演奏が始まりました。実にじっくりと落ち着いた演奏です。体を大きく動かすわけでは無く、淡々と弾いているように見えます。力みなく、しかし枯れているわけでもない円熟の技は、例えれば歌舞伎役者の人間国宝のような味わいです。もちろん若手演奏家のような力強さには欠けますが、演奏から醸し出される音楽の香りが何とも魅力的です。やはりというか特に第2楽章の美しさに惹きつけられました。
オーケストラは余りガツンとした芯のある音は出していませんでしたが、これはコバケンがデームスさんの音楽に合わせていたのでしょうか。この曲のオケ演奏はもう少しドイツ的なしっかりとした音が欲しいような気もしました。
協奏曲の後にデームスさんがアンコール演奏したのはシューベルトの即興曲142-2でした。これはもう絶品のシューベルトで、個人的には協奏曲以上に惹きつけられました。
さて、後半のブラームスですが、3番までのシンフォニーはコバケンでそれほど聴いてみたいとは思わず、聴くなら4番だと思っていました。4番のみは自分の好みはともかくフルトヴェングラーに代表される造形性を犠牲にしたロマンティックな演奏スタイルも有りだからです。そうしたスタイルのエッシェンバッハの指揮するブラ4の超名演をこのサントリーで聴いています。
しかし、この日のコバケンと読響の演奏はテンポをそれほど動かさずに古典的な造形を保とうとしていました。その割にはどっしりとしたドイツ的なリズム感や音色が欠けているので魅力に乏しくなります。元々我が国のオケでそうした正統的なスタイルの演奏でドイツの楽団のような魅力を感じさせるのは無理だと思っています。ドイツのローカルオケでも醸し出すズシリとした音は聴けた試しがありません。であればロマンティックに徹した熱演のほうがよほど楽しめるのですが、この日の演奏はそうではありませんでした。
むしろアンコールのハンガリア舞曲第1番、これは若きコバケンが君臨したハンガリーの血を感じさせる熱演で楽しかったです。こういうブラ4が聴きたかったですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

幻のピアニスト、グリゴリー・ソコロフで聴く史上最高のチャイコフスキーとシューマン

Cg50bb_3


1950年生まれのロシアのピアニスト、グリゴリー・ソコロフは若干16歳でチャイコフスキーコンクールにおいて満場一致で優勝をし果たしました。

東西冷戦の間、西側諸国では幻のピアニストでしたが、その後ヨーロッパ、アメリカでは現代最高のピアニストとして称賛されています。

ところが日本においては1991年に来日したもののほとんど騒がれず、その為に未だに「知る人ぞ知る名ピアニスト」の存在です。

今回は輸入ハイファイ・オーディオ専門店のご協力を得て、ロマン派の傑作名曲2曲のライブ演奏を鑑賞します。

どちらもリヒテルやホロヴィッツ、あるいはアルゲリッチなどが得意としていますが、それらを凌ぐ驚異の名演奏であることを保証します。

クラシックマニアはもちろんのこと、むしろプロのピアニストに聴いて頂きたい演奏です。

この演奏を聴いて、果たしてどのようなご感想を持たれるか。是非お伺いしたいと思っています。

<プログラム>

1.シューマン 幻想曲ハ長調(1988年 サンクトペテルブルクでのライブ録音)(メロディア音源)

2.チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番(※)(1990年代 ミュンヘンでのライブ録音)(非正規音源)

 演奏:ピアノ独奏:グリゴリー・ソコロフ 
      ※管弦楽:ウラーディミル・フェドセーエフ指揮バイエルン放送響

*****************************************

日時:5月4日(水/祝)13:00

会場:DYNAUDIO JAPAN ショールーム on and on

    住所 東京都中央区新富1-16-12 新富アネックスビル
TEL 03-3537-7761

募集人数:15名限定

参加費用:¥800  コーヒー・菓子付き

お申し込み(朝倉迄)メールまたは電話でお願いします
 ⇒ 
asakura_haru@nifty.com 携帯090-6009-7213

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

若手ピアニスト磨依さんのグリゴリー・ソコロフ・ピアノリサイタル記事

8月にシェア奥沢で生演奏をしてくれた若手ピアニストの磨依さんが、研修先のパリでグリゴリー・ソコロフのピアノ・リサイタルに行かれた様子をご自身のブログに書かれています(その記事はこちらから)。

一部のファンからは”世界最高のピアニスト”と称されながらも、日本には15年以上前に一度来ただけなので、わが国では知る人ぞ知るピアニストという存在です。ソコロフの生演奏に触れた記事も中々に少ないので、ご興味のある方はご覧になられてください。

もっともそのソコロフも、ついに大手のグラモフォン・レーベルから近々CDがリリースされるとのことですので、ようやく広く知られる存在となりそうですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

仲道郁代 ピアノ・リサイタル ~ロマンティック極まる~

Nakamichi_image_144

人生は探求のかたまりです。
赤ん坊は母の乳を探し、生きる力を見出す。
若者は人生とは何かと、生きる意味を探す。
熟年は人生を振り返り、自分の生きざまの意味を探す。
どこにも答えなどなく、誰も答えを見つけられないのに・・・
そんな探究こそがロマンだと思うのです。
夢、渇望、自己との対話、果てしない”もがき”。

大作曲家は後世に残る素晴らしい作品を書きました。けれでも、その時、その瞬間は、等身大の”人生にもがく人”だったのです。それは偉大な作曲家の特別な何かではなくて、私たち一人一人が知っている”もがき”なのです。
そうです。私たちも、同じロマンに生きているのです。

  ―仲道郁代―(プログラムの「ご挨拶」からの引用)

仲道郁代さんは自分のアイドルですが、昨日は、まだ羽生君の金メダルと葛西選手の銀メダル、それに大雪の余韻が残る中をサントリーホールへピアノ・リサイタルを聴きに行きました。

なんたってタイトルが”ロマンティック極まる”ですよ。素敵ですよねぇ。
しかも、「ご挨拶」がまた気が利いています。演奏家としての智と心がこもっていますね。

演奏曲目を記しますと、

モーツァルト:ピアノソナタ第3番変ロ長調K281
シューマン :交響的練習曲作品13
ブラームス :3つの間奏曲作品117
     ―休憩―
ショパン   :バラード全曲

どーですか!いいでしょー!(⇒頭のてっぺんに抜ける高音になる:ジャパネットたかた風)(笑)
”ロマン”がジャパネットになってしまってはいけません。

とにかく郁代さんのピアノで聴いてみたい曲目ばかりだと思いました。プログラムには、各作曲家の亡くなった年齢と、曲を作曲したときの年齢がとても見やすく記されています。うーん、細かい配慮ですね。さすがは郁代さん。
それではそのリサイタルの様子をご紹介します。

曲を演奏する前にマイクで曲について解り易く解説するのはいつも通りですが、今日は特に曲の背景が解り易くて良かったです。

モーツァルトのソナタ第3番は、続く4番、5番ほど聴くことはありませんが良い曲です。僕がモーツァルトの演奏でポイントにするのはアレグロの16分音符がどれぐらい明確に美しく弾かれているかです。これは昔、ワルター・バリリ教授がモーツァルト演奏について強調していた点で、凄く重要なことだと思っています。その点では、今日の演奏では音が明確に聞こえませんでした。たぶんテンポの速さ、タッチ、ペダルの深さ、それらの組み合わせが必ずしも適当では無かったものと思います。大きな会場ですからこういう曲は難しいのでしょうね。緩徐楽章ではもちろん問題ありません。

シューマンの「交響的練習曲」。これは期待していました。郁代さんが一番向いているのはシューマンじゃないかと思っているからです。主題の美しさから非常に惹きつけられました。正に郁代ワールドです。ただ、第三変奏や最終変奏などのフォルテの音が非常に強く弾かれていたのは幾らか過剰なように感じました。彼女の最大の美点は”優しさ”だと思うのでここまで頑張らなくても・・・という印象です。ブリリアントな曲だからかなぁ。

ブラームスの「3つの間奏曲」では、一番良かったのはやはり美しい1曲目です。詩人ヘルダーの”不幸な母の子守歌”の詩を引用して、息子を亡くしたばかりのクララへの慰めの為にこの曲を捧げたブラームスの気持ちが一杯に滲み出ていました。子供の好きな郁代さんならではの共感溢れる演奏です。

休憩を挟んでの、後半のショパンの「バラード」。これは素晴らしかったです。特に大ピアニスト達の演奏で耳ダコの第1番が良かったのには驚きました。フレージング、ダイナミクス、タッチのどれも文句が無く、正直こんなに魅力的なショパンを聴けるとは思いませんでした。

アンコールは2曲。まず、ショパンのノクターン第20番嬰ハ短調<遺作>。これは「戦場のピアニストのラストシーンの曲ですね。そして最後はエルガーの「愛の挨拶」。コンサートの締めくくりに幸せな余韻を残すのには最上の曲ですね。

ということで、幸せなひと時を愉しめました。

それにしても彼女は2月13日の誕生日でもう51の齢を迎えたはずですが、美しさは少しも変わりませんね。本当に”儚い憧れ”を感じてしまいます。
自分は、あと二年足らずで還暦を迎えようという齢ですが、年齢的には郁代さんと丁度お似合いの齢なんですけどねぇ。人生のすれちがい。ああ、儚い・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

ヴァン・クライバーン 第1回チャイコフスキー国際コンクール・ライブ

Vancliburn5cf0c
アメリカのピアニスト、ヴァン・クライバーンが亡くなってから1年近く経ちますが、我々はこの人をどのように評価して来たのでしょうか。

彼が若くして一躍有名になったのは、1958年に開催された第1回チャイコフスキー国際コンクールのピアノ部門で優勝したからだということは良く知られています。
旧ソヴィエト連邦がこの国際コンクールを創設した目的は、当時冷戦時代だった為に、国家の威信を賭けた一大プロジェクトとすることだったそうです。もちろん、あのホロヴィッツを輩出して(ウクライナの出身)、リヒテルやギレリスという大ピアニストを抱えたソヴィエトが米国なんかに負けるはずは無いと確信していたからでしょう。

Vancliburn_performing_1
ところが、優勝をさらったのは、こともあろうにアメリカ生まれの23歳の若者でした。これは誰も予想していなかったでしょう。なにしろクライバーンはテキサス州中部のフォートワースの出身です。ここには国際空港が有って何度か降りたことがありますが、周辺にはまだまだ牧場が多く存在するような土地です。ただ、当時のクライバーンの顔つきは、テキサス・カウボーイというよりは、モルモン教徒の青年伝道師のような雰囲気ではあります。事実、彼は敬虔なクリスチャンでしたので、演奏家を引退した後は、教会のオルガニストとして奉仕活動を生涯続けたそうです。

話はそれましたが、国家威信の失墜となるにもかかわらず、アメリカの若者を優勝させた審査員たちは非常にフェアでした。しかも、当時の国家主導者であるフルシチョフはクライバーンと笑顔でがっちりと握手を交わしました。新しい国際コンクールとしての価値と権威が守られた素晴らしい対応だったと思います。

20080211122608_2
コンクール優勝のニュースは直ぐにアメリカに伝えられ、彼は一夜にしてヒーローとなりました。凱旋帰国の際にはアイゼンハワー大統領がわざわざ空港まで出迎えて、ホワイトハウスでは祝賀パーティが開かれました。ニューヨーク5番街での優勝パレードが紙吹雪が舞う中で盛大に行われました。

Cliburn11
その後、コンクールで指揮をしたキリル・コンドラシンを招いてカネギーホールで記念のコンサートが開かれ、合わせてチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番がRCAにレコーディングされました。このレコードが当時、ポピュラー・レコード以上の大ベストセラーになったことは有名です。そもそも、街のレコードショップにクラシックのコーナーが日本以上に少ないアメリカでは驚くべきことですね。

しかし、彼は早々と音楽界を引退してしまいます。恐らく敬虔なクリスチャンとしての性格が、商業主義で多忙な音楽業界に嫌気を差したのではないかと勝手な想像をしています。
やがて、多くの有能な若手ピアニストたちの登場によって、彼の存在が徐々に忘れ去られていったことに不思議は有りません。

そんなクライバーンですが、コンクールで弾いたチャイコフスキーとラフマニノフの協奏曲の録音がCD化されています。

133

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番
ラフマニノフ    ピアノ協奏曲第3番

ヴァン・クライバーン独奏、キリル・コンドラシン指揮モスクワ・フィル(1958年4月11日録音/テスタメント盤)

これは、コンクール本選の最終審査で弾いた実演の音源です。もちろん年代が古いライブですので、後のRCAのセッション録音とは比べものにならない貧しい音質です。ただ、音そのものは明瞭ですので、鑑賞には充分耐えます。RCA盤も素晴らしい演奏だと思いますが、こちらではコンクールにおける一発勝負の緊張感が伝わって来ます。その気迫とは裏腹に、ピアノの音や表情に力みや硬さが感じられないこともありません。けれどもその分、得られたものはとても大きいです。

クライバーンのテクニックがその後デビューする若手たち以上だとは思いませんし、むしろ粗さが感じられるようにも思います。けれども、ラフマニノフの協奏曲にも示されているように、ロマンティックな情緒表現には非常に高い才能を持っています。そして、この大舞台で清水の舞台から飛び降りるような思い切りの良さが実に感動的です。これだけ大きな音楽の魅力が感じられるデビュー直後の若手ピアニストというのは稀ではないでしょうか。

コンドラシンとモスクワ・フィルも素晴らしい演奏を繰り広げていて、精一杯アメリカの若者の熱演に応えようとしています。ここには国境も政治も関係の無い、音楽に生きる者たち同士の共感が溢れ返っていて感動を呼びます。
やはり、このコンクールでのコンサートは歴史的な一夜と呼ぶに相応しいものだと思います。

なお、クライバーンは4年後の1962年に再びモスクワを訪れており、コンドラシン/モスクワ・フィルとチャイコフスキーを再演しています。これは映像に残されていて、DVDやYouTubeで観ることが出来ます。コンクールの時よりも、ずっと落ち着いた印象で、音楽に成熟を感じます。これもとても素晴らしい演奏だと思います。

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 クライバーン&コンドラシン/モスクワ・フィル(1962年演奏)

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

ピアニスト 小池由紀子 ~コンケのこと~ 

小池由紀子さんは、今から8年前の2005年3月に享年49歳で亡くなったピアニストです。「コンケ」というのは彼女が中学生時代に呼ばれたニックネームです。中学1年の時に僕は彼女と同級生でした。彼女はセミロングの髪型で眼鏡をかけた優等生風の女の子で、我が家のすぐ裏にあるお宅の親戚にあたるという話を聞いてはいましたが、女の子にウブだった僕は、彼女と言葉を交わした記憶はほとんど有りません。

それから、40年も過ぎたある日、中学校のクラス会がきっかけとなって、彼女が東京音大を卒業してプロのピアニストになったこと。そして2年前に癌で亡くなったことを知りました。中学1年の時には彼女がピアノを習っていたことなどは全く知りませんでしたし、そもそも僕はクラシック音楽に興味が有りませんでした。接点が生まれるわけも有りません。それから長い時が経つにつれて、彼女は音楽の世界でピアニストとして活躍し、僕はクラシック音楽が飯より好きな大人になっていたのです。彼女のコンサートを聴いてみたかったですし、大好きな音楽の話を一度でも交わしてみたかったと思わずにはいられません。

大人になってから、彼女と交流できる機会は得られませんでしたが、ここに彼女が亡くなる直前に演奏したCDが2枚有ります。彼女の友人から譲って頂いたものです。リリース当時はHMVやタワーレコードで取り扱っていたようですが、現在は販売していないようです。

Koike_yukiko001_2
シューマン「交響的練習曲」(2003年ブルガリア、ソフィア録音)
ショパン「24の前奏曲集」(2000年東京カザルスホール録音)

ピアノ独奏:小池由紀子
制作:コジマ・ファクトリー、製造:ビクターエンターテイメント

これはまた、僕の大好きな曲目が並んだCDです。こんな曲を得意にしていたなんて、本当に彼女と音楽について語ってみたかったとつくづく思います。「交響的練習曲」は、深いロマンの香りが一杯のシューマネスクな演奏に他なりません。とても素晴らしい演奏で、大家の演奏と比べてみても、そうそう聴き劣りしません。「24の前奏曲集」もショパンの孤独感に胸が痛くなるような共感に溢れた演奏です。技巧的にも中々のものですが、小股の切れ上がったピアニスティックなショパンというよりは、むせび泣く様なロマンの香りの濃い演奏です。それでも時に繊細、時に豪快なピアノタッチが素晴らしいです。最後にアンコールピースのように収められているのが、やはりカザルスホールで演奏されたショパンのノクターン第20番嬰ハ短調<遺作>です。映画「戦場のピアニスト」のラストで印象的に流れる曲ですが、故人を偲んで聴くには胸が絞めつけられる想いです。

Koike_yukiko002 
シューマン「ピアノ協奏曲イ短調」
ベートーヴェン「ピアノ協奏曲第3番」

ピアノ独奏:小池由紀子
ヨルダン・ダフォフ指揮ソフィア・フィルハーモニック(2004年ブルガリア、ソフィア録音)
制作:コジマ・ファクトリー

ソフィアの大ホールでのライブ演奏です。これは前年に続く二度目のブルガリア・ツアーだったそうです。シューマンを得意にしていたという彼女のロマン的指向が良く分る、情感をとても大切にした演奏です。これまで聴いてきた大家達の演奏と比べてどこがどう違うなどと書く気にはなりません。どうしても中学時代の彼女の面影を浮かべてみたり、生前の大人の姿を想像してしまいます。それにしても、この華々しい海外ツアーの僅か1年後に彼女が神様に召されることを一体誰が知り得たことでしょう。ベートーヴェンは映像用の録音をCD化したようです。

彼女の生演奏に接することは適いませんでしたが、こうしてCDを聴くことが出来るのは、せめてもの喜びです。
コンケさん、君の演奏をこうして聴いているからね。そのうちに天国で会ったら君の愛した音楽について大いに語ろう。そして今度こそ生のピアノを聴かせておくれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

G.F.ヘンデル J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)