リヒャルト・シュトラウス

2009年4月30日 (木)

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 日本公演 リヒャルト・シュトラウス

Skd0028

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団が日本に来ています。既に関西公演を終えて現在は東京公演中です。そこで今日はサントリーホールでのオール・リヒャルト・シュトラウス・プログラムを聴きに行ってきました。指揮はイタリア人の音楽監督ファビオ・ルイジです。

この楽団は言わずと知れた世界最古のオーケストラです。もともとは宮廷楽団として発祥しましたが、以来、古都ドレスデンの歌劇場の専属オーケストラとして今年で461年という実に長い歴史を刻んで来たのです。元々は酒場の楽団であったベルリンフィルが正式にオーケストラとしてスタートしたのが130年ほど前ですから、いかにこのオーケストラが長い歴史と伝統を持つかが分かりますね。とは言いましても音楽は生きた芸術です。美術品ならば適正に保存されていれば良いのですが、構成団員は命に限りが有りますから常にメンバーが交代します。変わらずに歴史を受け継ぐのもそう簡単なことではありません。

彼らは2年前にオペラハウスとして来日して、僕はその時には東京文化会館で「タンホイザー」を聴きに行きました。あれほど質の高いドイツオペラの音を聞かせることが出来るのは他にはウイーン歌劇場とベルリン歌劇場、次いでバイエルン歌劇場ぐらいではないでしょうか。

今日の曲目は「ドン・ファン」「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」「英雄の生涯」です。もちろん2年前の文化会館でのワーグナーも素晴らしいものでしたが、今回のオーケストラコンサートの音は圧倒的でした。といってもキンキラ輝くような音とは全く異なる、実に深々と落ち着いた音なのです。管楽器や弦楽器の全てがまろやかに溶け合っていて、昔からよく言われる「いぶし銀の響き」、まさにそれです。アンサンブルも優秀ですが、機械的な冷たさは微塵も有りません。このような伝統的なドレスデン・サウンドが何年経っても変わらずに継続されているのは奇跡でしょう。特に後半の「英雄の生涯」はルイジの指揮とメンバーの気迫が一段と増して圧巻でした。アンコールはウェーバーの歌劇「オベロン」序曲。かっちりと厳しく統制されたマルカート奏法で推進力に満ち溢れた演奏はこの楽団の真骨頂。まさに最高でした。このような純正ドイツの音を出させたら、やっぱり世界一の楽団だと思います。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) | J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) | J.S.バッハ(協奏曲) | J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) | J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) | J.S.バッハ(管弦楽曲) | J.S.バッハ(諸々その他) | アントニオ・ヴィヴァルディ | イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) | エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 | グラズノフ | グリーグ | シベリウス(交響曲全集) | シベリウス(交響曲) | シベリウス(協奏曲) | シベリウス(室内楽) | シベリウス(管弦楽曲) | シューベルト(交響曲) | シューベルト(声楽曲) | シューベルト(室内楽) | シューマン(交響曲) | シューマン(協奏曲) | シューマン(器楽曲) | シューマン(声楽曲) | シューマン(室内楽) | ショスタコーヴィチ | ショパン(協奏曲) | ショパン(器楽曲) | ストラヴィンスキー | スメタナ | チャイコフスキー(交響曲) | チャイコフスキー(協奏曲) | チャイコフスキー(室内楽) | チャイコフスキー(管弦楽曲) | ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) | ドイツ・オーストリア音楽 | ドヴォルザーク(交響曲全集) | ドヴォルザーク(交響曲) | ドヴォルザーク(協奏曲) | ドヴォルザーク(室内楽) | ドヴォルザーク(管弦楽曲) | ハンガリー音楽 | ビゼー | ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 | フォーレ(声楽曲) | フォーレ(室内楽) | フランス音楽 | ブラームス(交響曲全集) | ブラームス(交響曲第1番~4番) | ブラームス(協奏曲:ピアノ) | ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) | ブラームス(器楽曲) | ブラームス(声楽曲) | ブラームス(室内楽) | ブラームス(管弦楽曲) | ブルックナー(交響曲第0番~3番) | ブルックナー(交響曲第4番~6番) | ブルックナー(交響曲第7番~9番) | ブルッフ | プッチーニ | プロコフィエフ | ベルリオーズ | ベートーヴェン(交響曲全集) | ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) | ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) | ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) | ベートーヴェン(協奏曲) | ベートーヴェン(室内楽) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) | マーラー(交響曲第1番~4番) | マーラー(交響曲第5番~7番) | マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) | マーラー(歌曲) | メンデルスゾーン | モーツァルト(交響曲) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) | モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) | モーツァルト(協奏曲:管楽器) | モーツァルト(器楽曲) | モーツァルト(声楽曲) | モーツァルト(室内楽) | モーツァルト(歌劇) | モーツァルト(諸々その他) | ラフマニノフ | ラヴェル | リヒャルト・シュトラウス | リムスキー=コルサコフ | ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) | ワーグナー | ヴェルディ(声楽曲) | ヴェルディ(歌劇) | 名チェリスト | 名ピアニスト | 名ヴァイオリニスト | 名指揮者 | 政治・経済問題 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人作品 | 映画 | 映画(音楽映画) | 歌舞伎 | 演奏会(オムニバス) | 舞踏&バレエ | 芸能・スポーツ | 読書 | 趣味 | 音楽やその他諸事 | 音楽(やぎりん関連) | 音楽(アニメ主題歌) | 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) | 音楽(ジャズ) | 音楽(ポップス) | 音楽(ロック) | 音楽(和楽)