プッチーニ

2019年7月15日 (月)

プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」 東京文化会館/新国立劇場共同制作”オペラ夏の祭典2019-20”

Img_0396

昨日は東京文化会館と新国立劇場の共同制作によるプッチーニの歌劇「トゥーランドット」を観に上野の東京文化会館へ行ってきました。
この演目はびわ湖ホールと札幌でも公演される予定らしく、日本のオペラ公演の今後の一つの興行の在り方を示す画期的なプロジェクトだと思います。

総合プロデュースは指揮者の大野和士ですが、演出、美術、衣装にスペインのバルセロナ出身のスタッフが担当し、オーケストラはバルセロナ交響楽団です。
最初はどうしてわざわざスペインからオケを呼ぶ必要が有るのか疑問を持ちましたが、今日の演奏を聴いてみて納得が出来ました。大野が監督をしているこのオーケストがこの演目に欠かせなかったからです。それほど素晴らしかったです。音の重心が低く、ずしりとした重み、厚みが有り、非常に骨太でひ弱さが有りません。繊細な美しさも充分持っていますが、それが弱さに繋がらずに、あくまで逞しさを感じさせます。実はそれは新国立劇場に入る幾つかの在京オケにいつも感じてきた弱点だからなのです。

それにしても大野和士の指揮は流石でした。いくら主兵のオケといえども、ダイナミックさと繊細さのバランスが絶妙で、かつ、このオペラの近現代的な斬新な音を普段CDで聴いている以上に素晴らしく再現していました。

声楽陣も主要役柄は皆素晴らしく、最も気に入ったのはカラフのイリンカイでした。充分な声量と豊かな情感を備えた素晴らしいテナーです。「誰も寝てはならぬ」は感動的でした。
タイトルロールのテオリンも良かったですね。この大変な役を聴きごたえ充分で不満はありません。リューの中村恵理さんもとても良かったです。第一幕のアリアでは正直それほどでもありませんでしたが、三幕の自刃のアリアでは情感が籠りに籠り大粒の涙を誘いました。
新国立劇場、藤原歌劇団、びわ湖ホール合同の合唱団はとても力強く厚みが有り、オーケストラと一体になりこのオペラの一つの醍醐味をたっぷりと味合わせてくれました。少年合唱はとても上手かったのですが、何というか合唱コンクールのように聞こえたのがちょっとでした。例の「やーまのおてらの鐘がなる~」(笑)のところは同じ綺麗でももっと神秘的な雰囲気が欲しかったです。

最後に演出については、ことさら前衛的でもなく、オーソドックスさと現代的な感覚とのバランスが良かったように思います。演出には保守的な自分でも充分楽しめたのは良かったです。

このような質の高いプロジェクトならば、目の玉の飛び出る高額チケットの海外歌劇場の引っ越し公演よりもむしろ大歓迎です。

 

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」全曲 名盤 ~誰も寝てはならぬ~

Poster_turandot-s_20190708004301

イタリアオペラでヴェルディとプッチーニのどちらが好きかと聞かれても、ちょっと決められないというのが正直なところです。しかし旋律の美しさに心を奪われるのは、やはりプッチーニです。
プッチーニのオペラは所謂「お涙頂戴」的な作品が多いので、当時の聴衆に大変人気が有りました。けれども円熟期のオーケストレーションに関しては近現代の和声や響きを大いに感じます。忘れてならないのは「トスカ」以降の作品はすべて20世紀に入ってからのものだということです。そしてその最後の作品こそが歌劇「トゥーランドット」です。

「トゥーランドット」は、18世紀初めにラ・クロワが出版した『千一日物語』の中の「カラフ王子と中国の王女の物語」に登場する姫で、その物語を基にイタリアのゴッツィが戯曲を書き、その題材から生まれた最も有名な作品がプッチーニの「トゥーランドット」です。

1926年にミラノ・スカラ座でアルトゥーロ・トスカニーニの指揮により初演されましたが、そこまでには多くのアクシデントがありました。
台本固めに紆余曲折したために作曲もかなり滞っていましたが、ようやくオペラの完成が近づき、ミラノ・スカラ座でトスカニーニの指揮により初演されることに決まりました。ところがプッチーニは激しい喉の痛みと咳で、医者に癌と診断されます。手術が施されましたが、突然の心臓発作で息を引き取ってしまいます。

作品は第三幕後半の召使リューが自刃する場面までで未完成に終わりました。そこで遺されたピアノスケッチをプッチーニの息子から依頼された作曲家アルファーノが補作を行って総譜を完成させます。ところがトスカニーニはそれに不満で、補作の約400小節のうち100小節以上をカットしてしまいます。アルファーノは激怒しますが、結局は押し切られて削除されました。

こうして向かえた初演で、トスカニーニはリューの自刃の場面で突然指揮を止め、聴衆に向かって「マエストロはここまでで筆を絶ちました」と言うと指揮台を降ります。翌2日目からは補作部分も演奏されました。
この初演以降、トスカニーニによるカットが入った版が広く使われて、アルファーノの初稿版は、1982年まで演奏されることが有りませんでした。
アルファーノの補作部分にはプッチーニの霊感が感じられないという指摘をしばしば目にします。確かに事実だと思いますが、それが果たしてアルファーノの責任なのか、あるいは既に力を使い切ったプッチーニのスケッチそのものにあるのかは分かりません。それに、そうだとしても、リューの自刃の場面で話が尻切れトンボに終わるよりは、やはり結末までたどり着けたほうが良いと思うのです。

一方で、作曲家ベリオが指揮者シャイーの委嘱により、最後をプッチーニのピアノ譜の原作通りピアニッシモで終わらせる補作版を書いています。当然管弦楽の響きにアルファーノよりも新しさが有るのと、余韻を持って幕を閉じるのは凄く良いと思います。

いずれにしても「トゥーランドット」には単に中国の古謡や民謡が使われているだけでなく、多種多様な管楽器や打楽器が用いられ、斬新な調性や和音による響きが満載されています。そこからはドビュッシー、シェーンベルク、ストラヴィンスキー、オルフなど様々な“新しい音”を容易に感じ取れることと思います。

<主要登場人物>
トゥーランドット姫(ソプラノ)
皇帝アルトゥーム(トゥーランドットの父)(テノール)
ティムール(ダッタン国を追われた元国王)(バス)
王子カラフ(ティムールの息子で身分と名前を隠している)(テノール)
リュー(ティムールと王子に仕える若い娘の召使)(ソプラノ)
ピン、ポン、パン(皇帝に仕える三大臣)

<物語>
舞台:古代の中国北京
第1幕 宮殿(紫禁城)前の広場で役人が群衆に向かい「トゥーランドット姫に求婚する者は、姫の出題する3つの謎を解かなければならない。もし解けない場合には、その男は斬首される」と宣言する。
謎解きに失敗したペルシアの王子が処刑されるのを、戦に敗れて国を追われ放浪中の身であるダッタン国の王子カラフが見ている。そこにトゥーランドット姫が現れるが、カラフは一目見てその美しさの虜となる。ティムール、リューが思いとどまるよう説得するが、カラフは自分が新たな求婚者となることを宣言してしまう。

第2幕 群衆が万歳を叫ぶ中、皇帝アルトウームとカラフの前にトゥーランドット姫が冷やかな表情で出てくる。 姫は、どうして自分が謎を出し、求婚を断ってきたのかの訳を述べる。「かつてロウ・リン姫は、異国の男性に騙され、絶望のうちに死んだ。自分は彼女に成り代わり世の全ての男性に復讐を果たす」と。
そしてカラフの謎解きが始まるが、彼は与えられた三つの謎を全て解いてしまう。
謎を解かれたトゥーランドット姫は皇帝に「私は結婚などしたくない」と哀願するが、皇帝は約束を守るよう娘に翻意を促す。そこでカラフは姫に「それでは私もたった一つ謎を出そう。明日の夜明けまでに私の名が分かれば、私は死んでもよい。」と提案をする。

第3幕 街にトゥーランドット姫の命令が下る。「今夜は誰も寝てはならぬ。男の名を解き明かすことができなかったら住民は皆死刑とする」と。しかしカラフは「姫も眠れぬ一夜を過ごしていることだろう。夜明けには私は勝利するだろう」と高らかに歌う。
ティムールとリューが、求婚者の名前を知る者として捕えられ連れてこられる。名前を白状するようにリューは拷問を受けるが、彼女は口を閉ざして、衛兵の剣を奪い取り自刃する。全員が驚き嘆いてその場を立ち去り、トゥーランドット姫とカラフだけが残る。
カラフは姫に熱く口づけをする。姫はリューの献身を目の当たりにしてからは冷たい心に変化が生れ、彼を愛するようになる。そこで王子は自分の名がカラフであると教える。姫は「彼の名前がわかった」と人々を呼び戻す。
トゥーランドットとカラフが皇帝の前に進み出て、姫が「彼の名前は『愛』です!」と宣言する。群衆は愛の勝利を讃えて「皇帝万歳!」と高らかに歌い幕となる。

それではCD愛聴盤をご紹介します。オペラの核心的な役柄はトゥーランドット、カラフ、リューの三人です。これが主要三役で、その他は二の次と言っては語弊がありますが、それよりも指揮と管弦楽の出来栄えが極めて重要だと思います。

41v0rr4vkslアルベルト・エレーデ指揮サンタ・チェチーリア音楽院管(1955年録音/DECCA盤) この盤の売りは、やはりカラフを歌うマリオ・デル・モナコです。これほど男性的で圧倒的に力強いカラフは他に居ません。半面余りに男臭さが過ぎて姫に同情するような優しさ、弱さが薄く感じられるかもしれません。トゥーランドットのボルク、リューのテバルディも好演です。エレーデの指揮とオケの音が美しくイタリア的カンタービレで味のある演奏が楽しめます。録音年の割に案外と明瞭なステレオ録音なのはさすがDECCAです。

51hppb4x9l トゥリオ・セラフィン指揮ミラノ・スカラ座歌劇場(1957年録音/EMI盤) 名匠セラフィンがスカラ座との録音を残しているのは嬉しいのですが、モノラルなのにはがっかりします。二年前のDECCA録音がステレオで遥に音が良いのですから。カラスのトゥーランドットは極めて表情豊かですが、いささかやり過ぎに感じます。フェルナンディのカラフも表情豊かですし中々に検討しています。リューのシュワルツコップは意外の配役ながら流石の説得力で胸を打ちます。とにかくセラフィンの指揮とスカラ座が素晴らしいだけに残念な録音です。

81b05jc0mxl__sl1500_ エーリッヒ・ラインスドルフ指揮ローマ歌劇場(1959年録音/RCA盤) この盤の売りはトゥーランドットのニルソンとカラフのビョルリンク、リューのテバルディと主要三役が充実している点です。録音もステレオです。但しせっかく名門ローマ歌劇場が使われているのにラインスドルフの指揮がイタリア的な輝かしいカンタービレに不足するのはやや残念です。

51hscw1knl フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ指揮ローマ歌劇場(1965年録音/EMI盤) 主要三役の総合点ではこの盤を最も好みます。トゥーランドットのニルソンは更に凄みを増して最高ですし、カラフのコレッリも輝かしい声質が大きな魅力です。リューのスコットもまた素晴らしいです。そのうえモリナーリ=プラデッリがローマの名門歌劇場オケと合唱団から引き出す、まるでライヴ演奏のような迫真性のある輝かしい音が胸に迫り来ます。録音の鮮度こそ幾らか落ちてはいますが、全体のバランスが良いので聴き易く十分楽しめます。

71jcakeoh6l__sl1400_ ズービン・メータ指揮ロンドン・フィル(1972年録音/DECCA盤) この盤の売りはカラフのパヴァロッティでしょう。「誰も寝てはならぬ」もハマり歌唱です。ただし、声質が優しいので、少々無鉄砲なところのある情熱的なカラフのキャラクターとしては幾らか物足りなさを感じます。トゥーランドットのサザーランド、リューのカバリエは中々の健闘です。メータは昔からこの作品を得意にしていますが、ロンドン・フィルから非イタリア的で近現代的な音を引き出すアプローチで成功していると思います。

51646dpjpnl リッカルド・シャイー指揮サンフランシスコ歌劇場(1977年録音/Gala盤) これは正規盤ではありませんが、複数の海賊レーベルから出ているライブ録音です。録音はところどころに幾らか不安定なところは有りますが、かなり優れています。若きシャイーのエネルギーに満ち溢れた指揮が大きな魅力です。市中のシーンなど「カルミナブラーナ」を彷彿させる速いテンポで切れが良く興奮を誘います。ただしトゥーランドットのカバリエは、冷徹さや凄みには欠けます。カラフのパヴァロッティはメータ盤と同じく一長一短です。

6165dllnqhl ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウイーン・フィル(1981年録音/グラモフォン盤) いかにもカラヤンらしいオーケストラと合唱が主役のユニークな演奏です。ウィーン・フィルの輝かしい音響と柔らかな美しさの両立に圧倒されます。といって歌手にも手を抜くことは一切無く、むしろカラヤンの音楽にピタリとはまる起用に感心します。リッチャレッリのトゥーランドットは意外でしたが、女性的なイメージが強く感じられてこれはこれで良いです。ドミンゴのカラフは強烈さこそナンバーワンの座は譲るかもしれませんが、充分に力強く、かつ感情がこもり素晴らしいです。

71o4ilqtehl__sl1025_ ロリン・マゼール指揮ウイーン国立歌劇場(1983年録音/SONY盤) これはウイーン歌劇場でのライブ録音であり、生舞台の臨場感が味わえます。マゼールの指揮は管弦楽の扱いが最も20世紀音楽を強く意識させられる演奏であり、それでいてゆったりとした構えで情感が豊かなのがユニークです。さりとて歌手陣も非常に素晴らしく、エヴァ・マルトンのトゥーランドットはニルソン張りに凄みが有り、かつもう少し女性を感じさせます。カレーラスのカラフも感情豊かな人間味の溢れる王子で、有名なアリアなども強く心に訴えかけます。リッチャレッリのリューも好演です。物理的な音響としてではなく、感動が胸に迫る点では古今随一の演奏だと思います。

べリオ補作版(映像によるDVD)
41ad97423al ヴァレリー・ゲルギエフ指揮ウイーン・フィル(2002年収録/TDK盤) ザルツブルグ音楽祭でのライブ収録ですが、はっきり言って現代的な舞台演出が余り好きではないので、これならむしろCDの音だけを楽しみたいです。もし映像であればメトロポリタンで収録されたゼッフィレッリ演出の方が好きです。

これらの中で特に愛聴するのは、モリナーリ=プラデッリ指揮ローマ歌劇場盤、カラヤン指揮ウイーン・フィル盤、マゼール指揮ウイーン歌劇場盤、この三つです。
残念なのはトスカニーニによる録音が無いことです。晩年にあれほど多くの録音を残したマエストロが残さなかったのは、やはり自らが関わり合いながらも未完に終わったということで録音する気になれなかったということなのでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

プッチーニ オペラ「蝶々夫人」 新国立劇場公演2017

Butterfly66

日曜日のこと。新国立劇場でオペラ「蝶々夫人」を観劇しました。栗山民也のこの演出で観るのは何度目でしょうか。この長崎を舞台にしたオペラのとても分かり易くセンスの良い演出は完成度が高いです。日本の長崎で起こった悲劇を静的に、かつ劇的に堪能させてくれます。

今回のタイトルロールは安藤赴美子さん。新国立劇場生え抜きですが、素晴らしい歌唱に魅了させられました。ピン・カートンを除く全員を日本人歌手が歌いましたが、みな素晴らしかったですね。期待ほどでは無かったのがピン・カートン役のリッカルド・マッシ。テノールの声が持つあの輝きが感じられませんでした。調子が万全でなく安全運転に徹していたのでしょうか。

指揮のフィリップ・オーギャンと東京交響楽団はとても良かったです。弦も管も音が大変充実していました。特に終盤のドラマティックなシーンでのティンパニの強打が凄く雄弁で印象的でした。

それにしても昔から男が単身赴任すると現地妻を持ったりとロクなことをしませんねぇ。悲劇が起こらないようにみなさん気を付けましょ~ね。

Butterfly88

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

ソフィア国立歌劇場 日本公演2012  プッチーニ 歌劇「トスカ」

Oth_det_blog_image3_163

秋晴れの今日、上野の東京文化会館へブルガリアのソフィア国立歌劇場の日本公演を聴きに出かけました。と言っても、招聘元の会員サービスの招待だったのですが。

演目はプッチーニの「トスカ」です。プッチーニはとても好きで、一番好きなのは断然「ラ・ボエーム」。次いで「蝶々夫人」と「トゥーランドット」です。ところが「トスカ」は、さほど好きでもないのです。前の3演目なら、家でも鑑賞しますし、生公演にも行ったことが有ります。ところが「トスカ」だけは、今まで生で観たことはありません。なぜかと言うと余りに暗いストーリーだからです。暗いだけならまだしも、登場する悪役のスカルピアの陰湿さに耐えられないからです。トスカをものにしたくて、彼女の恋人のマリオを拷問にかけますが、「恋人を助けたいなら、お前の体をよこせ」などと要求をして、陰湿極まりないったらありません。トスカにナイフで刺殺されるのは「ざまあみろ」ですが、結局最後にマリオは銃殺されてしまうし、トスカは自決してしまうし、この話は救いようが無いのです。

もしも自分が出演するのなら、拷問はされるし、あげくに殺されてしまうマリオの役はやりたくないなぁ。どうせなら殺されても美女に迫れるスカルピアのほうが良いな・・・あれ??

それにしても、この暗い演目が、どうしてこんなに人気が有るのか不思議なのですが、やはり何曲も含まれている名アリアのせいですかね?

ということで、招待でも無ければ中々観に行かない「トスカ」ですが、いざ生で観劇してみると、なかなか楽しめます。ソフィア歌劇場は歴史があるだけ、レベルが高かったです。歌い手は上手いし、特にトスカ役のラドスティーナ・ニコラエヴァと、マリオ役のコスタディン・アンドレ―フは素晴らしかったです。スカラピオ役のニコラ・ミハイロヴィチも良かったです。オーケストラは専属のオケですが、これがなかなか上手い。といってもテクニック的に整っているとかいうのではなくて、オケピットに入ったオペラの伴奏オケとしての表現を知り尽くしているのです。これはヨーロッパの歌劇場の多くが同じように感じさせますね。わが国の新国立劇場は立派ですが、普段はコンサートオーケストラとして活動しているオケがピットに入っても、伴奏が上手いとは、どうしても感じられないのです。新国立劇場には、やはり専属オケが欲しいです。

などと、つらつら考えながら帰ってきました。でもやっぱりプッチーニは良いなぁ。暗くても陰湿でも。
やはり人間、「歌に生き、愛に生き」ですねー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

G.F.ヘンデル J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)