ヴェルディ(歌劇)

2018年12月 1日 (土)

好きだ「アイーダ」 それは愛だ!

イタリアオペラやヴェルディの本当に好きな通の方にとってはヴェルディの傑作といえばやはり「オテロ」や「ドン・カルロ」なのでしょうが、僕は「アイーダ」が大好きなのですね。
管弦楽や合唱の美しさが比類なく、オペラ作曲家の枠を超えているように感じるからです。
そんなわけでこの作品を本当に愛していて、今でも相変わらず良く聴いています。
10年前にUPした記事に愛聴ディスクを追記しましたので、ご興味がありましたら覗いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

2009ミラノ・スカラ座日本公演 ヴェルディ 歌劇「ドン・カルロ」 他CD名盤

Story04

イタリア・オペラの最高峰 ミラノ・スカラ座歌劇場が現在日本公演を行っています。演目はヴェルディの「アイーダ」と「ドン・カルロ」の2つですが、大変運の良いことに「ドン・カルロ」のゲネプロを観ることが出来ました。ゲネプロと言っても舞台装置や歌手の衣装は本番と同じですので、ほとんど本番を鑑賞している気分です。オーケストラ団員は普段着で演奏しますが、どうせピットの中ですので気にもなりません。

一口に「オペラハウス」と言っても、ドイツのベルリン、ドレスデン、ミュンヘン、オーストリアのウイーンなどの主要都市にはモーツァルト、ワーグナー、Rシュトラウスなどのドイツオペラを得意とする歌劇場が有りますし、あるいはバイロイトにはワーグナー専門の祝祭劇場が有ります。これらは中々どこが一番だとは決められないと思います。けれどもイタリア・オペラの場合にはイタリア国内に多くの歌劇場が有りますが、名実共に最高峰はミラノ・スカラ座歌劇場であると相場が決まっています。彼らはドイツ・オペラなども多く上演を行いますが、文句無く素晴らしいのはやはりお国もののヴェルディやプッチーニのイタリア・オペラです。

Doncarlo01 さて、今回「ドン・カルロ」を指揮するのは、イタリアのダニエレ・ガッティです。僕はこの人の演奏はそれほど聴いていませんが、レスピーギの交響詩「ローマ三部作」などは、トスカニーニの大迫力には一歩譲るものの、繊細で詩情に溢れたとても良い演奏でした。オペラについても、この「ドン・カルロ」はミラノで大絶賛されたようですのでとても楽しみでした。

Story03

「ドン・カルロ」には全4幕構成の慣例版の他に、カルロとエリザベッタが婚約時代にパリのフォンテーヌブローの森で出会うシーンを第1幕に置いた全5幕フランス語版、イタリア語版が存在しますが、この公演は全4幕慣例版での上演でした。演出はシュテファン・ブラウンシュヴァイクです。昨年ミラノでプレミアが行われた新演出だそうですが、伝統的な派手で大掛かりな装置とは無縁ですが、かといって現代的な奇抜で飛躍し過ぎな演出でもありません。それは淡い色彩感と光の陰影とを上手に使った「詩的」で「演劇的」な舞台です。登場人物の心の中や懐古シーンを、舞台の背景に二重に再現してみせるあたりも非常にユニーク。とても美しくセンシティヴな演出でした。

歌手陣はさすがに粒よりです。ルネ・パーぺ(フィリッポ2世)、アナトーリ・コチェルガ(宗教裁判長)、ダリボール・ヴァルガス(ロドリーゴ)はいずれも素晴らしく、バルバラ・フリットリ(エリザベッタ)も人気に違わぬ声と表現力を聴かせてくれました。一つだけ気になったのは主役のラモン・ヴァルガス(ドン・カルロ)でしょうか。テノールの輝くハイトーン部分での声量にやや不足感を感じました。この人はむしろ静かに優しく歌う時の声のほうが魅力的だったように思います。ただ本公演では更に声が出るのかもしれません。それともうひとつ、背が小さい!父のフィリッポ2世や家来で親友のロドリーゴより小さいのは良いとしても、エリザベッタよりもずっと小さいのが気になりました。カルロは確かに英雄的な人物では無く、思い悩めるキャラクターなのではありますけどね。

ダニエレ・ガッティの指揮は大変気に入りました。この人は情熱的で切れの良いトスカニーニやムーティのような要素を持ちながらも、非常に繊細で情感の有る音を出すように感じます。終幕のフィリッポ2世の「彼女は決して私を愛していなかった」など非常に深みのある表現で素晴らしかったです。また歌手と合唱と管弦楽の音をまろやかにブレンドするあたりの能力にも非凡さを感じます。もっと多くのオペラを振って欲しいですね。いずれはイタリアNo.1マエストロに成れる可能性を持っていると思います。

せっかくですので、このオペラのCD愛聴盤のご紹介もしておきます。

Cci00018 ガブリエーレ・サンティー二指揮ミラノ・スカラ座歌劇場(1961年録音/独グラモフォン盤) 僕は現在CDは全5幕イタリア語版の一種類しか所有していません。けれども、この録音はボリス・クリストフのフィリッポ2世、バスティ二アーニのロドリーゴ、ステッラのエリザベッタ、コッソットのエボーリ公女などの最高の歌唱の数々を聴くことが出来る素晴らしい録音で非常に気に入っています。イタリアの名匠サンティー二の指揮もミラノ・スカラ座管弦楽団を完全に手中に収めていてイタリア・オペラの粋を思う存分に味合わせてくれます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

ヴェルディ 歌劇「アイーダ」全曲 続・名盤

7e46483b3f9a9b7be61a85fc346e49f1s

今年の夏から秋にかけては、ヴェルディの傑作オペラ「アイーダ」がどうも流行りそうです。もともとイタリアオペラの中でも「椿姫」「蝶々夫人」「ラ・ボエーム」「トゥーランドット」と並んで公演される回数の多い作品なのですが、今年はオペラだけでなくミュージカルでも色々と取り上げられるからです。

オペラでは9月に世界一のイタリアオペラハウスであるミラノ・スカラ座が来日して「ドン・カルロ」とこの「アイーダ」を公演します。同じ9月には梅田芸術劇場が東京と大阪でミュージカル「アイーダ」を公演します。これは数年前の宝塚のミュージカルがベースだそうです。もうひとつは劇団四季がディズニー製作のブロードウェイ作品を公演します。但し音楽はどちらもヴェルディとは関係無いようですし、ディズニー版の音楽はエルトン・ジョンですので、お得意のラブ・バラードが満載でしょう。昨年夏に歌舞伎座で公演された野田秀樹さんが演出した「野田版・愛蛇姫」は逆にヴェルディの音楽を和楽器にとても面白くアレンジしていたのでオペラファンとしてはとても楽しめました。それにしても、これだけ色々と形を変えて公演されるということはこの「アイーダ」がそれだけ人々にとって魅力有る作品だということでしょう。

以前、自分の愛聴盤としてリッカルド・ムーティのEMIスタジオ録音盤とバイエルン歌劇場でのライブ録音盤、それにクラウディオ・アバドがミラノ・スカラ座を率いたライブ盤2種類とグラモフォンのスタジオ録音盤について記事にしました。
ヴェルディ 歌劇「アイーダ」全曲 ムーティとアバドの名盤

もちろん、それらは不動のマイ・フェヴァリット盤であることに変わりは無いのですが、もちろんその他にも好きな演奏が有りますので、ぜひ「続編」としてご紹介したいと思います。

Cci00015アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC響(1949年録音/RCA盤) 20世紀最大の指揮者の一人トスカニーニにとって「アイーダ」は曰く付きのオペラです。すでに19歳でイタリアの歌劇場の首席チェリストであり合唱副指揮であった彼は、ブラジル演奏旅行の時に正指揮者が倒れた為に急遽本番を指揮することになりました。その時の演目が「アイーダ」であり、演奏会は大成功を収めたのです。このCDはモノラル録音ですし、歌手陣も弱い部分は有ります。しかしこの力強く圧倒的なエネルギーを持つ管弦楽の音はまぎれも無くトスカニーニです。想像を絶する迫力が有ります。これは単に歴史的な録音ということだけではなく是非とも聴いて頂きたい演奏だと思います。

Aida51wdiwn5del トゥリオ・セラフィン指揮ミラノ・スカラ座(1955年録音/EMI盤) 一般的にはカラスのアイーダ盤として認知されていますが、僕は元々歌手よりもむしろ管弦楽の演奏に耳が傾くので、ここではセラフィンの率いるスカラ座の素晴らしい演奏に魅了されます。ほどよく引締まっていてもイタリア的な解放感を感じさせる歌わせ方や音が最高です。一方声楽陣については、カラスの声はそれほど好まないのと他の歌手についても特筆するほどではありません。にもかかわらず聴いているうちにいつの間にか引き込まれてしまうのは、やはりセラフィンとスカラ座の魅力だと思います。

Aida81mlbutr4zl_sl1500_ ジョネル・ペルレア指揮ローマ歌劇場(1955年録音/RCA盤) これは今では余り話題になりませんが、当時アメリカではトスカニーニ盤と並んで良く売れたようです。ジンカ・ミラノフやヨッシ・ビョルリンクをはじめとするメトの人気歌手を揃えているのは大きな理由でしょう。指揮者のぺルレアはイタリア出身では無くルーマニア出身で余り知名度は高くないですが、オペラ界でそれなりに活躍しました。指揮にはイタリア的な解放感も感じさせますし、ローマの名歌劇場のオケが上手く後押して更に魅力を出しています。録音もモノラルながら鑑賞に支障はありません。これはこれで案外好きなディスクです。

Aida71mro4antml_sl1255_ ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウイーン国立歌劇場(1959年録音/DECCA盤) ステレオ録音時代に移ってからの大名盤であり、カラヤンが再録音を行ってからもこの旧盤のほうを支持する声は多いです。テバルディ、ベルゴンツィ、シミオナートらの歌手も最高ですし、カラヤンのスケールの大きな演奏を十全にとらえた立体的で優れた録音は古さを感じさせません。あえて指摘するとすれば、この演奏にはイタリア的な輝かしさや解放感は感じられず、あくまでゲルマン的な重いリズムの堂々とした演奏だということです。個人的にはイタリア的なヴェルディが好きなのですが、これはもう聴き手にお任せするしかありません。

Aida51od8q77npl_sy355_ ゲオルク・ショルティ指揮ローマ歌劇場(1961年録音/DECCA盤) この録音当時、既にワーグナーの「リング」録音を始めていたショルティでしたが、カラヤン盤の僅か二年後に同じデッカが録音するとは、そういう有難い時代だったのでしょう。この演奏はいかにもショルティらしくローマの名門歌劇場のオケをぎゅうぎゅうと締め上げて、アメリカのオケのごとく整然としたアンサンブルをさせています。凄いです!まるでイタリアのオケでは無いようです(苦笑)。”暴力的”とは言い過ぎかもしれませんが、フォルテの音にはそれぐらい迫力を感じます。最初は面食らいましたが、聴き慣れるとクセになるというか、案外楽しく感じられます(笑)。プライス、ヴィッカースらの声楽陣も健闘しています。

Aida515gqgi8bl_sx355_ ズービン・メータ指揮ローマ歌劇場(1967年録音/EMI盤) メータはオペラのレパートリーは決して多くは無いですが、得意な演目はなかなか素晴らしいのです。例えば「トゥーランドット」を十八番にしていて、フェレンツェ歌劇場の3年前の日本公演も素晴らしかったですし、DECCAへの録音盤も自分の愛聴盤です。この「アイーダ」はほとんど話題にならない演奏ですが、素晴らしいニルソンのアイーダ、コレッリのラダメスを聴くことが出来ますし、ローマ歌劇場管の音がとても地中海的に輝かしくて良いのです。特筆すべきは凱旋行進の場のトランペットが荒々しく勇壮で実にリアルです。軍隊ラッパはこうでなくてはいけません。まるで行進が目に浮かぶようです。いくらアイーダトランペットを使っても、綺麗で上手に吹かせて雰囲気が出ないのでは困ります。全体も熱くドラマティックで素晴らしいです。このような名演奏が余り注目されないのはとても残念なことです。

<補足>後からセラフィン、ペルレア、カラヤン、ショルティ盤を追加しました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

ヴェルディ 歌劇「アイーダ」全曲 ムーティとアバドの名盤

先日、歌舞伎座で観劇した「アイーダ」のパロディ「野田版 愛蛇姫」の評判をネットで見てみると、感想は様々のようです。オペラを観たことの無い人も多く、「違和感を感じた」と言う人と「楽しめた」と言う人が半々かもしれません。またオペラの「アイーダ」を知っている人の中にも「壮大な凱旋の場面の再現には無理がある」と言う人も居ました。けれども自分はとても楽しめました。そもそもこれはパロディです。ここで壮大な舞台を求めるのは野田さんの意に沿わないと思います。ともかく観客の受止め方が様々なのが舞台芸術の面白いところですね。

それはさておき、僕はこの「アイーダ」というオペラが大好きです。ヴェルディの作品の中でも「オテロ」と並んでよく聴いています。伝統的なイタリアのオペラというと、歌い手達の妙技を順番に披露するスタイルですので、通常は1曲ごとに番号を付けた紋切り型の構成なのですが、ヴェルディ最円熟期のこの作品は、実に”器楽的に”ゆったりと曲と場面を移し変えながら進行してゆきます。それはまるでワーグナーの中期以降の作品のようです。このオペラはどうしても派手な凱旋行進の場面ばかりがクローズアップされてしまいますが、実際には管弦楽、合唱とも繊細で絶美なメロディとハーモニーの宝庫なのです。そして最後のアイーダとラダメスの二人がこの世へ別れを告げるシーンは非常に感動的です。愛し合う二人はもはや死をも恐れない。永遠にお互いの心が結びつくことを喜び、抱き合いながら最後の時を迎えるのです。

それでは、「アイーダ」のCD愛聴盤をご紹介しますが、僕が特に惹かれるのはムーティとアバドの数種類のディスクです。

Cci00031 リッカルド・ムーティ指揮ニュー・フィルハーモニア管(1974年録音/EMI盤)  この作品はオーケストラの演奏がとても重要です。オケが燃えないことには、どうしても退屈してしまいます。その点、リッカルド・ムーティが若い頃にEMIに録音した演奏は全体がはち切れるような生命感に満ち溢れています。それに加えて、歌手陣もカバリエやドミンゴ、コッソットなどの最高のメンバーたちで固められています。管弦楽がイタリアではなくイギリスのオーケストラであるのが幾らかマイナスですが、ムーティの熱い指揮がそれを補って余り有ります。

072 リッカルド・ムーティ指揮バイエルン歌劇場(1979年録音/オルフェオ盤) ムーティにはもう一つ1979年に彼がミュンヘンのバイエルン歌劇場に客演指揮した時のライブ録音盤がオルフェオから出ています。それは正に体から火の出るごとくに燃えに燃えた演奏で、その点ではEMIの演奏をも凌駕しています。トモワ=シントウ、ファスベンダー、ドミンゴらの歌手も水準以上ですが、最大の魅力はやはり全体の熱演ぶりです。正規録音のために音質も優れています。ですので僕はムーティではEMI盤とこのミュンヘン・ライヴ盤の両方を愛聴しています。

467クラウディオ・アバド指揮ミラノ・スカラ座(1972年録音/OPERA D'ORO盤)  ムーティも素晴らしいのですが、僕が全てのアイーダの演奏の中で最高だと思うのは、クラウディオ・アバドが1972年9月にミラノ・スカラ座を引き連れて、奇しくもムーティ盤と同じバイエルン歌劇場へ引越し公演をした時の演奏です。当時NHKもFM放送したらしいのでオールド・ファンには聴かれた方も多いと思います。残念ながら自分はその時には聴きませんでしたが、幸いなことに、現在マイナーレーベルのOPERA D'OROからライブCDが出ているので聴くことができます。録音は全体的に音ゆれやザラつきが有りますが、一応はステレオ録音ですし、この手のものとしては随分とマシな方です。管弦楽が生々しくうねり、スカラ座の圧巻の合唱と歌手が絶唱する、正に入魂の演奏です。イタリア・オペラの総本山が、いわばアウェーであるドイツの歴史有るオペラハウスで演奏するという状況が、このような尋常でない精神の高揚を生んだのでしょう。アバドはグラモフォンにスタジオ録音も行っていますが、演奏はずっとおとなしいので余り面白くは有りません。このライブがいつか正規録音盤で出ることを願ってやみません。
また、アバドとスカラ座は同年にミラノ、モナコでもほぼ同じキャストで公演を行い、別のマイナーレーベルからCDが出ています。

Verdi_515xo8kyiwl__sx425_sクラウディオ・アバド指揮ミラノ・スカラ座(1972録音/MYTO盤)  アバドがミラノ・スカラ座を引き連れて、1972年にミュンヘンへ引越し公演を行った同じ年の4月の本拠地ミラノにおけるライブ録音です。キャストがほぼ同じですしアバドとしても半年前の公演ということから演奏自体にはほとんど差が有りませんが、こと白熱度においてはやはりミュンヘン公演が一段上回る印象です。それよりもディスクとして大きく異なるのはこちらはモノラル録音の点です。ですので臨場感はミュンヘン盤に分が有ります。しかしミュンヘン盤が特に冒頭に音揺れが大きいのに対して、こちらは冒頭から音はかなり安定しています。そういう意味ではこちらのほうが聴き易いかもしれません。どちらを取るかは聴き手の好みになると思います。 但しMYTO盤の入手性は悪く、中古でもかなりの高額になるのを覚悟してください(私は運よくリーゾナブルな価格で入手できました)。

Verdio0354030711871012683 クラウディオ・アバド指揮ミラノ・スカラ座(1981年録音/グラモフォン盤) 前述のミュンヘンライブ盤のところでこのスタジオ録音は面白くないと書きました。それは事実です。72年のライブとは歌手のキャストが大きく入れ替りましたが、それが理由ではなく、やはりセッション録音でアバドが慎重になってしまいライブのようには熱くなれないということだと思います。オーケストラ演奏も静かな部分の美しさは良いとしても、凱旋の場面に代表される迫力を要求される部分での気の抜けたかのような生ぬるい演奏には不満が残ります。ただ「存在価値すら疑問を持たれる」とまで言っては少々言い過ぎでしょうか。

もちろん、ムーティとアバドの他にも大好きな演奏は幾つも有ります。トスカニーニ、セラフィン、カラヤン、メータなどですが、それらを名盤の続編として記事にしました。下記のリンクからご覧ください。
ヴェルディ 歌劇「アイーダ」 続・名盤

| | コメント (9) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)