音楽やその他諸事

2024年1月 1日 (月)

新年おめでとうございます <2024年の目標>

新年おめでとうございます。

旧年中は、ハルくんの気まぐれブログをご覧いただきまして誠にありがとうございました。

さて、毎年その年の目標を上げていますが、昨年は以下のような内容でした。

1.ワーグナー「ニーベルングの指輪」
2.ベートーヴェンの交響曲の補完
3.ベートーヴェンの弦楽四重奏の補完
4.ベートーヴェンのピアノソナタ(主要な曲)
5.バッハの無伴奏チェロ組曲
6.バッハの平均律クラヴィ―ア曲集
7.シューベルトの弦楽四重奏、五重奏
8.ドビュッシーの前奏曲集
9.ヴェルディとプッチーニの主要オペラ

結局のところ、達成できたのは、1の半分(ラインの黄金、ワルキューレまで)、2、5、だけでした(涙)
うーん。。。打率2割7分か。これでは打撃10傑にも入れなそうです(汗)

ということで、今年の目標は昨年の落とし前(ヤクザか!)も含めて次のように掲げます。

1.ワーグナー「ニーベルングの指輪」後半(ジークフリート、神々の黄昏)
2.ワーグナーの他のオペラの補完
3.ベートーヴェンの弦楽四重奏の補完
4.ベートーヴェンのピアノソナタ(主要な曲)
5.バッハの平均律クラヴィ―ア曲集
6.バッハの三大宗教曲の補完
7.シューベルトの弦楽四重奏、五重奏
8.ドビュッシーの前奏曲集
9.ヴェルディとプッチーニの主要オペラ
10.モーツァルトのオペラの補完

うーん、打率3割越えも危ぶまれる目標ですが、挑戦有るのみ!

本年もお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

  2024年 元旦 ハルくん

| | コメント (10)

2023年8月 3日 (木)

「ハルくんの音楽日記」 ブログ開設15周年

このブログを開設したのは、今からちょうど15年前の2008年8月3日のことでした。その時の記念すべき第1回投稿です。
 「ハルくんの音楽日記」にようこそ

それからもう15年です。。。 月日の経つのは本当に速いですね。

その当時はブログの全盛期で、著名人も一般人もこぞってブログを書いていました。けれどもその後にSNSはFacebook、インスタ、Twitter、LINEなどが世の中の中心となり、ブログはめっきり減りました。当時、音楽ブログを書いていたお仲間さん達もいつしか休眠、停止が多く成りました。

自分の場合は、Facebookの音楽愛好家グループの幾つかに参加はしていますが、メインはあくまでもこのブログです。
今でも多くの方に閲覧して頂いているのには心から感謝です。PC版ですと下の方に閲覧カウンターが見られますが、いつしか900万PVものカウント数を越えていました。ただの音楽鑑賞のブログが、これほど続くとは夢にも思いませんでした。

さて、この先あと何年続けられるかは分かりませんが、可能な限り続けられたら良いなと思っています。

皆さま、今後もどうぞよろしくお願いします!

ハルくん
2023.8.3.

| | コメント (14)

2023年7月22日 (土)

神奈川チェンバー・オーケストラ サマーコンサート2023へのお誘い

昨年8月、私が事務局長を務める神奈川の新しいオーケストラ、”神奈川チェンバー・オーケストラ”の設立記念コンサートを開催して、高い評価を得ることが出来ました。

今年の夏には第二回演奏会を開催しますが、神奈川新聞さんが717日の文化紙面で、指揮者の本多優一氏と神奈川チェンバー・オーケストラを記事に取り上げてくれました。その記事がWEB版にも掲載されています。 

神奈川チェンバー・オーケストラ、横浜でサマーコンサート
指揮者・本多優一「豊かな響き引き出したい」

https://imakana.kanaloco.jp/article/entry-465522.html

コンサートは8月11日(金・祝)、長津田のみどりアートパークで1400開演です。

メイン曲はメンデルスゾーンの交響曲「イタリア」ですが、ロンドンで作曲者自身の指揮で初演された時に同時に初演された「フィンガルの洞窟」を合わせて演奏します。サブメインにはドイツの名門オーケストラに客演中の若手注目ファゴット奏者長谷川花をソリストに迎えてウェーバーのファゴット協奏曲を披露します。
是非いらしてください! 

お問い合わせ、お申込みのメールはこちらまで
rsa54219@nifty.com

神奈川チェンバー・オーケストラ ホームページ

演奏会チラシ(クリックで画像が大きく成ります)

Photo_20230722084801
Photo_20230722084802

| | コメント (0)

2023年1月16日 (月)

2023年の抱負

毎年、新年にはその年の目標を上げていたのですが、今年は何しろ腰痛が酷くてパソコンに向かう気力を失くしていました(涙)

ちなみに昨年はショスタコーヴィチの主要なシンフォニーとワーグナーのオペラで1年が終わってしまいました(汗)

で、今年はと言えばこんなところを考えています。

1.ワーグナー「ニーベルングの指輪」( CDが10種以上は有ります)

2.ベートーヴェンの交響曲の補完(所有CDで未紹介のものが主要曲では各7~8種類くらい有るかも)

3.ベートーヴェンの弦楽四重奏の補完(ベルチャ、エベーヌ、グアルネリ、アマデウス、ブダペスト旧盤、東京カルテット、他にもちょろちょろ)

4.ベートーヴェンのピアノソナタ(主要な曲)

5.バッハの無伴奏チェロ組曲(10種類は有るかも)

6.バッハの平均律クラヴィ―ア曲集

7.シューベルトの弦楽四重奏、五重奏

8.ドビュッシーの前奏曲集

9.ヴェルディとプッチーニの主要オペラ

などなど。。。ってこりゃ無理だな(汗)

しかし今年は8月でちょうどこのブログの15年目を迎えることですし、リアル演奏会活動の合間にもボチボチ書きますのでどうぞ宜しくお願いします!

| | コメント (6)

2022年9月15日 (木)

神奈川チェンバーオーケストラ YouTube動画

20228273_n-sns

神奈川チェンバーオーケストラの設立記念コンサートの一部が、横浜市みどりアートパークのYouTubeチャンネルに公開されました。
モーツァルト:モテット「エクスルターテ・ユビラーテ」K.165
こちらから ⇒ https://youtu.be/w23QYIs5SMk

 

| | コメント (0)

2022年9月10日 (土)

神奈川チェンバーオーケストラの設立記念コンサートが開催されました

Xdscf2360-s


8月後半
からはリアル活動の為にしばらく新規投稿もコメントのお返事も出来ずに申し訳ありませんでした(汗)。 

とにもかくにも、私が事務局長を務めている神奈川県の県央音楽家協会の演奏家メンバーを中心に有志が加わって結成された神奈川チェンバーオーケストラの第1回演奏会が、8月27日、横浜市みどりアートパークホールにおいて、好評のうちに終わりました。 

マエストロの本多優一氏からも「このオケには非常に伸びしろを感じた。これからが楽しみだ。」との感想を頂きました。素敵な歌唱を披露された北野綾子さん、ご来場頂いたお客様、ありがとうございました。 

次回の演奏会は2023年8月の予定です。

0
1_20220910102301
2_20220910102301

 

| | コメント (0)

2022年8月14日 (日)

神奈川チェンバー・オーケストラ 設立記念コンサートへのお誘い

お盆入り初日の昨日、関東地方は突然降って湧いた台風8号に襲われました。大井町で室内楽コンサートを開催する予定でしたが、やむなく延期せざるを得ませんでした。

今年もワーグナーの聖地バイロイトでは音楽祭が開かれています。バイエルン歌劇場には行ったことがあるのですが、バイロイトにはまだ詣でたことがありません。そこで、この夏は自宅で「おうちバイロイト」を楽しんでいます。今は「タンホイザー」の手持ちのCDを順に聴いていますが、何しろ長いので、聴いて記事にまとめるのも時間がかかります。この調子では音楽祭が終わるまでには「ローエングリン」までアップするのがやっとか(汗)。。。

ところで、8月27日(土)には私が事務局として運営している神奈川の音楽家協会のメンバーを中心に編成された新しいオーケストラ、”神奈川チェンバー・オーケストラ”の設立記念コンサートを予定しています。地元の神奈川県にはプロオーケストラが少なく、神奈川フィルハーモニー、東京交響楽団(団名は東京ですが登記上は川崎です)、横浜シンフォニエッタぐらいなので、稀少だと自負しています。

メンバーも優秀な奏者が集まっていますので、決して侮れませんよ。第15回ドナウ国際指揮者コンクール第二位を受賞した本多優一氏を指揮者に迎えて開催する第1回コンサートに、県内の方、ご興味のある方、ぜひ聴きにいらしてください。詳しくは下記のホームページをご参照願います。
また、お問い合わせ、お申込みのメールはどうぞこちらまで
rsa54219@nifty.com

神奈川チェンバー・オーケストラ ホームページ

S-size
S-size_20220814101401

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

2022年 謹賀新年 ご挨拶

D1171012843636270

 

新年おめでとうございます。

昨年中は誠に有難うございました。

本年もクラシック音楽の話題をメインに皆様と楽しく交流が出来たらと思います。

このブログをスタートした10数年前とは状況が異なり、リアル音楽活動で日々追われてしまって新しい記事のアップも間隔が空いてしまいがちですが、これからも出来るだけの記事アップを目指すつもりです。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!

2022年 元旦

フーテンのハルくん

| | コメント (10)

2021年8月 3日 (火)

ブログ開設13周年

このブログを開設したのは2008年8月3日のことでした。
ですので今日で13周年を迎えました。

ニフティのデータ情報によれば、ブログに訪れてくれる方の年代は、20代、30代で7割を越えます。
何かの感染者の割合とは違って(汗)大変嬉しいです。

このブログのヒントは今は亡き音楽評論家、宇野功芳先生の著書「クラシックの名曲・名盤(講談社現代新書)です。小さな新書ながらも名曲、名盤の数々を分かりやすく、時に面白おかしく、短い文章で次々と紹介されていて、自分にとって大変有難い書籍でした。これからクラシックを聴いてゆきたいと思う人には最適な道案内だと思いました。
それから自分も様々なCDを入手して聴いてゆくうちに、それらの感想を同じように皆さんにお伝え出来たらと思い、始めたのがこのブログです。

SNSの世界では10年前と比べると「ブログ」はだいぶ下火になりました。参加者がどんどん感想を書き込むSNSのグループも多く有ります。ただ、感想や意見は次々と流れて行き、過去に遡って読むのは困難です。その点、このブログ形式は大変便利だと思っています。
ある曲のCDで誰の演奏が良いかという話題になったとき、自分でも全部は思い出せないので、このブログを開いて過去の自分の感想を読むこともしばしばあります(笑)。

新規記事のアップペースは相変わらずスローですが、まだ上げていない有名曲が沢山あります。これからも、それらをひとつひとつ上げて行きたいと思います。

| | コメント (10)

2021年1月 1日 (金)

2021年 新年のご挨拶

Jdl_hipgnosis_atom768x380


明けましておめでとうございます。

世界中が新型コロナに明け暮れた昨年となり、ベートーヴェンの生誕250周年記念は吹き飛んでしまいました。しかし、こんな時期だからこそ苦難に決して屈することのない精神力をもつこの人の音楽が求められるのではという声が多く発せられ、年末には各地でその演奏が行われました。

私の聴いた弦楽四重奏の演奏会ではメンバーがトークで「ベートーヴェンの誕生日は12月16日と言われています。ということは12月までは249歳でした。ようやく250歳となり、来年2021年の誕生日までは250歳です。まだ1年は250歳記念が続きます。」
と話されました。なるほど!
もう2021年となりましたが、250歳を祝い、今年もまたベートーヴェンの音楽を大いに聴いてゆきたいと思います。

それはそうと、上の写真は英国のプログレッヴ・ロック・バンド、ピンク・フロイドが1970年に発表したアルバム『原子心母』(げんししんぼ、原題:Atom Heart Mother)の有名なジャケットです。同じ英国のデザイナー集団ヒプノシスによるデザインでした。
タイトル曲の「原子心母」は当時のアナログLP盤のA面を全て使った大作で、チェロや金管楽器、合唱団を使ったクラシカルテイストの作品でした。今ではまず聴くことは有りませんが、ロック・ミュージックが多様に変化、進化していた楽しい時代でした。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

2021年 元旦 ハルくん

 

| | コメント (8)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

A.ヴィヴァルディ G.F.ヘンデル J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器、管楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) イギリス音楽(ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、デーリアス他) イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) ウェーバー エルガー グラズノフ グリーグ サン=サーンス シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽曲) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(器楽曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽曲) シューベルト(管弦楽曲) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽曲) ショスタコーヴィチ(交響曲) ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スペインの音楽(ファリャ、ロドリーゴ他) スメタナ チェコ、ボヘミア音楽 チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽曲) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽曲) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハイドン(交響曲) ハンガリーの音楽 ビゼー フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽曲) フランク フランス音楽(ドリーヴ、プーランク、サティ他) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽曲) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲全集) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ(管弦楽曲) ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽曲) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) ベートーヴェン(歌劇、声楽曲) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(声楽曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽曲) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ヨハン・シュトラウス ラフマニノフ(交響曲) ラフマニノフ(協奏曲) ラフマニノフ(室内楽曲) ラヴェル リヒャルト・シュトラウス(楽劇) リヒャルト・シュトラウス(歌曲) リヒャルト・シュトラウス(管弦楽曲) リムスキー=コルサコフ レスピーギ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフ他) ワーグナー(楽劇) ワーグナー(歌劇) ワーグナー(管弦楽曲) ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)