ハンガリー音楽

2009年6月28日 (日)

~ハンガリーへの旅~ リスト 「ハンガリー狂詩曲」第2番

Parliament

さてオーストリアをぶらり旅していたフーテンのハルくんはお隣の国ハンガリーへと足を延ばしました。ハンガリーはマジャール民族の国。元々は遠くモンゴルの遊牧民族がトルコあたりを流れて最終的に行き着いたのが現在のハンガリーなのです。要するにさすらうジプシー民族の国。フーテンのハルくんも情熱的なジプシー風女性には大いに惹かれます。えっ、女性には皆惹かれるんだろうって?実はそうなのです。特に情熱的な女性には滅法弱いんですよ。(笑)

ところでハンガリー民族はヨーロッパの中に有ってアジア民族に似た特徴を多く持つのだそうです。マジャール語は言語学的にはアジアに近いのだそうですし、氏名の呼び方についても、名字が前で、名前が後ろなんです。それにアジア民族の赤ん坊のお尻にできる蒙古斑。これも欧米民族で出来るのはハンガリー人だけだとか。音楽の特徴も独特です。激しいリズムと哀愁漂うメロディ。特にあのジプシー風の音楽にはとても共感を覚えます。ブラームスの書いた「ハンガリア舞曲集」も好きですが、ハンガリー人の書いた音楽にも好きな曲が有ります。フランツ・リストの「ハンガリアン・ラプソディー(ハンガリー狂詩曲)」とかね。この第2番は大変有名ですし、昔から大好きなのですよ。とは言え、ポピュラー管弦楽曲集なんかに入っていますが、余り真剣に聴くようなことも有りませんでした。ところが思わず耳を傾けてしまう本場物の素晴らしい演奏が有りますので是非ご紹介します。

Cci00047 マーティアス・アンタル指揮ハンガリー国立交響楽団(1988年録音/ナクソス盤) 世界的廉価レーベルのナクソスは、正直言ってマイナーな演奏家のものがほとんどです。コストを切り詰めるためです。ところが中には結構良い演奏も存在するので侮れません。例えば、この「ハンガリアン・フェスティバル」というタイトルのCDです。ハンガリーのこの楽団は、以前小林研一郎が首席指揮者を務めていた名オーケストラですが、実際に僕も10年前ほど前に素晴らしいコンサートを東京で聴いています。この「ハンガリアン・フェスティバル」のCDで指揮をしているのはやはりハンガリーの指揮者で、全て自国の演奏家で固めたこのCDは曲目もとても良いのです。コダーイ「ハーリヤーノシュ」組曲、リスト「ハンガリー狂詩曲1番、2番、6番」、フバーイ「ヘイレ・カティ」からチャルダーシュ、ベルリオーズ「ハンガリー行進曲」です。まさにハンガリアン・フェスティバルではありませんか!

ハンガリー狂詩曲第2番ですが、前半の哀愁漂う旋律を歌う木管や弦の味わいはちょっと他の国の楽団では聞けません。さほど大げさではないのに実に心に染み入ってくるのですよ。そして中間部のヴァイオリン独奏はいかにもジプシー風で最高です。こうでなくてはね。他のいずれの曲も楽しめます。フバーイもやはりジプシーヴァイオリンが素晴らしいですし、ベルリオーズの「ハンガリー行進曲」は同じハンガリー出身のジョージ・セルのお得意のアンコール曲目でしたが、このCDの演奏もフランスの楽団のきらびやかな音色とは違ってまた魅力的です。こういうCDが1000円程度で買えるのは実に素晴らしいことだと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) | J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) | J.S.バッハ(協奏曲) | J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) | J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) | J.S.バッハ(管弦楽曲) | J.S.バッハ(諸々その他) | アントニオ・ヴィヴァルディ | エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 | グラズノフ | グリーグ | シベリウス(交響曲全集) | シベリウス(交響曲) | シベリウス(協奏曲) | シベリウス(室内楽) | シベリウス(管弦楽曲) | シューベルト(交響曲) | シューベルト(声楽曲) | シューマン(交響曲) | シューマン(協奏曲) | シューマン(器楽曲) | シューマン(声楽曲) | シューマン(室内楽) | ショスタコーヴィチ | ショパン(協奏曲) | ショパン(器楽曲) | ストラヴィンスキー | スメタナ | チャイコフスキー(交響曲) | チャイコフスキー(協奏曲) | チャイコフスキー(室内楽) | チャイコフスキー(管弦楽曲) | ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) | ドイツ・オーストリア音楽 | ドヴォルザーク(交響曲全集) | ドヴォルザーク(交響曲) | ドヴォルザーク(協奏曲) | ドヴォルザーク(室内楽) | ドヴォルザーク(管弦楽曲) | ハンガリー音楽 | ビゼー | ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 | フォーレ(声楽曲) | フォーレ(室内楽) | フランス音楽 | ブラームス(交響曲全集) | ブラームス(交響曲第1番~4番) | ブラームス(協奏曲:ピアノ) | ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) | ブラームス(器楽曲) | ブラームス(声楽曲) | ブラームス(室内楽) | ブラームス(管弦楽曲) | ブルックナー(交響曲第0番~3番) | ブルックナー(交響曲第4番~6番) | ブルックナー(交響曲第7番~9番) | ブルッフ | プッチーニ | プロコフィエフ | ベルリオーズ | ベートーヴェン(交響曲全集) | ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) | ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) | ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) | ベートーヴェン(協奏曲) | ベートーヴェン(室内楽) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) | マーラー(交響曲第1番~4番) | マーラー(交響曲第5番~7番) | マーラー(交響曲第8番~10番) | メンデルスゾーン | モーツァルト(交響曲) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) | モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) | モーツァルト(協奏曲:管楽器) | モーツァルト(器楽曲) | モーツァルト(声楽曲) | モーツァルト(室内楽) | モーツァルト(歌劇) | モーツァルト(諸々その他) | ラフマニノフ | ラヴェル | リヒャルト・シュトラウス | リムスキー=コルサコフ | ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) | ワーグナー | ヴェルディ(声楽曲) | ヴェルディ(歌劇) | 名チェリスト | 名ピアニスト | 名ヴァイオリニスト | 名指揮者 | 政治・経済問題 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人作品 | 映画 | 映画(音楽映画) | 歌舞伎 | 演奏会(オムニバス) | 舞踏&バレエ | 芸能・スポーツ | 読書 | 趣味 | 音楽やその他諸事 | 音楽(やぎりん関連) | 音楽(アニメ主題歌) | 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) | 音楽(ジャズ) | 音楽(ポップス) | 音楽(ロック) | 音楽(和楽)