ドイツ・オーストリア音楽

2019年9月 5日 (木)

カール・オルフ 世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」 名盤 ~ボイエルンの歌集~

1024pxsicht_von_norden_auf_das_kloster_b
ボイエルン修道院

19世紀初め、南ドイツのバイエルン地方にあるボイエルン修道院の書庫から11世紀から13世紀の間に書かれたとみられる古い詩歌を集めた写本が発見されました。それらは修道院を訪れた若い旅人や修道僧たちが書き遺したものと考えられますが、内容は、酒、恋愛、男女の営み、社会風刺などと極めて世俗的なものが多いのが特徴で、ラテン語、古イタリア語、ドイツ語、古フランス語などの様々な言語で書かれています。

それらが『カルミナ・ブラーナ』(ボイエルンの歌集)という題名で編纂され、1847年に出版されました。それを基にドイツのカール・オルフが作曲したのが同名の有名な世俗カンタータです。

それは“楽器群と魔術的な場面を伴って歌われる独唱と合唱の為の世俗的歌曲”という長い副題が付けられた舞台形式によるカンタータで、ソプラノ、テノール、バリトン独唱、混声合唱、少年合唱、管弦楽、さらに本来は舞踊を伴うという大作です。

作品は3つの主要部分から構成されています。
第1部『初春に』 うららかな春の気分と愛が歌われる
第2部『酒場で』 酒場での男の欲望が歌われる
第3部『愛の誘い』 男女の愛と性欲が歌われる
更にその前後に置かれたプロローグとエピローグでは、「人間は常に運命に支配されて翻弄されるだけである」と歌われます。

曲は原始的なバーバリズム溢れるリズムとシンプルな和音が特徴で、歌詞はラテン語が主体ですが、一部にドイツ語と古いフランス語が用いられています。 初演は1937年にフランクフルトの劇場でベルティル・ヴェツェルスベルガーの指揮により行われました。

オルフは1935年から1951年にかけて“トリオンフィ”(勝利3部作)と呼ばれる舞台演奏用の作品を作曲していて、この「カルミナ・ブラーナ」はその第1作目にあたり、第2作の男と女の愛の現場を描いた「カトゥーリ・カルミナ」、第3作の愛の結実と結婚を描いた「アフロディーテの勝利」へと続きます。しかし演奏頻度においては圧倒的に「カルミナ・ブラーナ」が勝ります。

冒頭の「おお、運命の女神よ(フォルトゥナ)」は激しいリズムと緊迫感から、スポーツイヴェントの選手入場やドラマや映画のシーンで多く使われので、曲名を知らない方でも必ず耳にしていると思います。 オルフの代表作であり20世紀の音楽作品の傑作の一つと言えます。

ということで、恒例の愛聴CDのご紹介ですが、まずは「勝利三部作」のCDから始めます。

Mi0000991668
フェルディナント・ライトナー指揮ケルン放送響/合唱団(1973-74年録音/Acanta盤) 作曲者オルフと親交の厚かったライトナーが、オルフの監修の下に製作した三部作全曲の録音です。初回は分売でリリースされましたが、有難いことに現在ではまとめて発売されています。三部作ともドイツ的な重厚さと素朴さが魅力であり、現代のスマートで颯爽とした演奏とは印象が異なります。「カルミナ・ブラーナ」も、じっくりとしたテンポによる風格が素晴らしく、この曲のリファレンスとしてかけがえのない価値を放ちます。録音も優れています。これが廉価盤で購入できるとは実に有難いですね。

以降は「カルミナ・ブラーナ」単独盤です。

51fes2fkxl
オイゲン・ヨッフム指揮ベルリン・ドイツオペラ管(1967年録音/グラモフォン盤) ヨッフムもまたオルフ演奏に定評が有り、早々とモノラル期に行った録音に続く再録音盤でした。この録音にもオルフが立ち会っていたようです。長い間ベストセラーとして君臨しましたが、現在聴いてもエネルギッシュでドイツ的なバーバリズム全開の魅力は「カルミナ・ブラーナ」では絶対に外すことの出来ない名盤中の名盤です。これから聴かれる方はまずはこの演奏を。但し、あえて指摘するとすればバリトンのフィッシャー=ディースカウは抜群に上手いもののコントロールされ過ぎの印象です。録音の鮮度はやや落ちていますが、バランスは良く聞きごたえは有ります。

61jwn0djxl
ヘルベルト・ケーゲル指揮ライプチヒ放送響(1959年録音/エテルナ盤) ケーゲルは元々合唱を得意とする指揮者なのでこの曲にはうってつけです。洗練され過ぎることの無い、粗削りで素朴な味わいはヨッフム以上ですし、魔術的、呪術的という言葉が最も似合うように感じます。現代的で無いところが、逆にこの演奏の最大の魅力となるのでは無いでしょうか。録音は流石に古さを感じますが、鑑賞には問題ありません。ケーゲルは70年代に再録音を行っていますが、そちらは未聴です。

51rca2cczzl
リッカルド・シャイー指揮ベルリン放送響(1983年録音/DECCA盤) 全体の速いテンポと切れの良いリズム感が魅力です。ですので、この現代的でスマートな演奏を好む方は多いのではないでしょうか。しかしドイツのオケを使っているにもかかわらず、暗さよりも明るさを強く感じる響きと、軽快で健康的に過ぎるように聞こえるのが個人的には幾らかマイナスです。声楽陣も独唱、合唱ともに洗練されていて非常に美しい反面、荒々しい力強さを感じることは有りません。

816gpys9kfl__sl1476_
ギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送響(1984年録音/Profile盤) ライヴ収録ですが、さすがは名職人ヴァントですので緻密な完成度の高さに感心させられます。テンポは速くも遅くもなく中庸。響きについても良くコントロールされていて素朴さこそ有りませんが、さりとて洗練され過ぎることもなく無く、やはり中庸です。そのあたりもヴァントらしいと言えば、いかにもヴァントらしい立派な良い演奏なのですが、個人的には正直もう少し個性や主張が欲しくなります。管弦楽はもちろんのこと声楽陣、合唱とも優秀です。

ということでオルフ自身の監修、立ち合いで録音されたライトナー盤とヨッフム盤が貫録勝ちというところです。ただしオルフは他にもサヴァリッシュの録音やショルティの演奏会など色々と立ち会ったようですので、それが決め手だということではありません。

| | コメント (5)

2018年3月 6日 (火)

絨毯座公演 クルト・ヴァイル作曲「マハゴニー市の興亡」(ブレヒト台本)

27332419_1634308099983482_814472603
 
3月3日(土)のことになりますが、絨毯座の公演でクルト・ヴァイル作曲「マハゴニー市の興亡」(ブレヒト台本)を観に行きました。
ヴァイルはこれまで「三文オペラ」以外は観たことが無く、大変興味深かったです。舞台は仮想?アメリカなのですが、マハゴニーでは1に食うこと、2にセックス、3に賭けボクシング、4に酒。「ここではやっていけないことはない。何でもありだ!」と歌われます。
ドイツにヒトラーのナチス党が勢力を伸ばす直前の作品ですので、やはり当時の混沌、無秩序化したドイツの時代背景を想像せざるを得ません。初演時には保守的な観客が抗議して騒動となり、ナチスのグループが妨害組織をつくりデモを仕掛けました。
我が国でこの作品は演劇としては近年も何度か公演されていますが、音楽劇としての公演は何十年ぶりだとか。貴重な観劇となりました。
 ステージの写真は絨毯座さんサイトから)
28337769_1672468962834062_481110040

28516365_1672468966167395_614131382

28337858_1672468969500728_614827851

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

ヴォルフ 「スペイン歌曲集」コンサート/ 黒田大介、宮田珠江、森勝久

13592784_1027985137296962_4010857_2
夏休みに入った11日のことになりますが、中村初恵さんつながりでお知り合いになれたテノール歌手、黒田大介さんの出演するフーゴー・ヴォルフの「スペイン歌曲集」コンサートを聴きに行きました。
「スペイン歌曲集」を聴けるだけでも貴重な機会なのですが、このコンサートでは曲の合間にセリフや寸劇を加えて聴衆がイメージを膨らませ易くすることを狙った演出が凄く楽しめました。
ヴォルフ自身の役を務めたピアニストの森勝久さんの発案は素晴らしく、そのアイディアを生かした黒田さんの奥様の訳詞、そしてもちろん黒田さんとソプラノの宮田珠江さんの素晴らしい歌唱と演技にすっかり魅了されてしまいました。

13912399_1051967224898753_807729842


13631619_1027985147296961_1263002_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

フルトヴェングラーと同時代の作曲家 ~エルンスト・ペッピング&ハインツ・シューベルト~

ドイツの大指揮者フルトヴェングラーが同時代の作曲家の作品をどれぐらいの頻度で取り上げたのかは詳しく有りませんが、フルトヴェングラー自身が作曲も行なっていたわけですし、演奏会では案外と取り上げていたのかもしれません。
ただ、我々が現在聴くことができる録音はそれほど多いわけではありません。

実は今月初めのことだったのですが、東京フルトヴェングラー研究会の鑑賞ゼミに参加する機会が有りました。その日のテーマの一つが「珍しいフルトヴェングラーを聴こう」ということでしたので、フルトヴェングラーと同時代の作曲家の作品の演奏を鑑賞しました。

その日に鑑賞したのは下記の4作品です。

1.エルンスト・ペッピング:交響曲第2番へ短調
2.ウォルフガング・フォルトナー:ヴァイオリン協奏曲
3.ハインツ・シューベルト:「賛歌的協奏曲」
4.イーゴリ・ストラヴィンスキー:「妖精の接吻」から

このうち、1.と3.に使用したCDを発表者の方からお借りして来ましたので、ちょっとご紹介してみたいと思います。

Furtwangler_pepping

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリン・フィルハーモニー(ARKADIA盤)

エルンスト・ペッピング 交響曲第2番へ短調(1943年10月30日録音)

ペッピングは1901年にドイツに生まれて、ベルリン音楽大学で作曲を学びました。1934年からベルリンの教会音楽学校で教鞭を取るようになりました。ぺッピングはプロテスタント教会音楽家として多数のミサ曲やモテットを作曲しましたが、それ以外にも3曲の交響曲や、ピアノ協奏曲、管弦楽のための変奏曲、オルガン曲、ピアノ曲などの器楽曲を書いています。ちなみにこの人は1981年まで存命しました。

交響曲第2番は戦火真っ只中の1943年に書かれた作品で、フルトヴェングラーが初演者なのかどうかは定かでありませんが、これが世界最初の録音とのことです。曲は保守的な4楽章構成ですが、全体に悲劇的で重苦しい雰囲気を漂わせています。後期ロマン派のマーラーの作品に近いものが感じられます。

ハインツ・シューベルト 「ソプラノ、テノール、オルガン、管弦楽のための賛歌的協奏曲」(1942年12月6日録音)

シューベルトと言っても有名なフランツ・シューベルトではなく、20世紀生まれのハインツ・シューベルトです。この人は1908年にドイツに生まれて、ミュンヘン音楽院で音楽を学び、作曲と指揮の両方で活躍をしました。
作風はやはり後期ロマン派風で「大管弦楽のためのシンフォニエッタ」、「ヴァイオリンと管弦楽のための協奏的組曲」などを書いています。

「賛歌的協奏曲」は1939年に書かれた作品ですが、このフルトヴェングラーがベルリン・フィルを指揮し、それにエルナ・ベルガー(ソプラノ)、ヴァルター・ルートヴィヒ(テノール)、フリッツ・ハイトマン(オルガン)と行ったこの演奏が世界で最初の録音だったようです。よく”世界初演”と書かれているのを見受けますが、指揮者でもあったシューベルト本人がそれ以前に初演した可能性も有り得ると思いますが確証は有りません。

この曲は単楽章構成で、”協奏曲”と言っても二人の独唱歌手とオルガンのための協奏曲という非常に珍しい編成です。更には弦楽器による独奏も用いられています。”賛歌”というのは教会音楽的な厳粛なものではなく、”苦悩を背負った人間が人間らしく生きられるような強い祈りの気持ち”が込められているように感じます。
ところが、この人は1944年に徴兵されて、翌年の1945年に戦死してしまいました。楽譜もほとんど戦火で焼失されてしまったそうです。

それにしてもぺッピングとシューベルト、どちらの曲も全くの後期ロマン派風の音楽で、ワーグナーやマーラーなどの影響を強く感じます。同じ時代のロシアの革新的な音楽と比べれば、随分と保守的な音楽に聞こえます。もっとも、それはナチス・ドイツによって「退廃的な音楽だ」という烙印を押されて迫害を受け、国外に亡命せざるえを得なかったパウル・ヒンデミットの例に代表されるように、ドイツ国内に留まって音楽家として生き残るためには、このようなナチスの意向に沿った保守的な音楽を書く道しか無かったのかもしれません。
従って、フルトヴェングラーと同時代の作曲家の作品であるにもかかわらず、「現代の音楽」というよりは「前時代の音楽」という気がしてなりません。

ただ、これらが陳腐な音楽かと言えば、決してそのようなことは無く、現代音楽の無味乾燥なものに比べれば遥かに音楽の体を成しています。革新的な新鮮さは持たなくとも、心に自然と浸みこんでくるような親しみ易さが有ります。あの佐村河内氏も好むかもしれません??

ARKADIA盤はCD2枚組で、他にブラームスの交響曲第4番やベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番(コンラート・ハンゼン独奏)といったフルトヴェングラーの第二次大戦中の定番とも言える録音が収められています。
録音はもちろんお世辞にも明瞭とは言えませんが、アナログ的で柔らく聴き易い音だと思います。1枚ものではメロディアやロシアン・ディスクなどのレーベルからぺッピングとシューベルトの2曲が組み合わされた形でリリースされていますので、ご興味の有る方は一度お聴きになられてみても決して損は無いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

後期ロマン派交響曲作曲家の巨人 マーラーとブルックナー

Brumar226058822

ブログを初めてから1年3ヶ月が過ぎましたが、これまで一度も記事を書いていない作曲家が居ます。グスタフ・マーラーです。その理由は決して興味が無いからでは無くて、大好きだからなのです。どうしても気軽には書けないのです。アントン・ブルックナーについてもやはり同じです。第4番「ロマンティック」だけは記事にしましたが、それはむしろ気楽に書けるからであって、4番より好きな曲は他に幾つも有ります。それが正直なところです。ベートーヴェンやモーツァルトもほとんど記事にしていませんが、それは名作が余りに多過ぎる為に、一体どこから手をつけて良いのか見当がつかないからなのですね。

ともかくは、マーラーとブルックナーの記事をしばらく続けようと思っています。2人は同じ後期ロマン派の交響曲作曲家として並び立つ存在ですが、作風はまるで正反対です。教会のオルガニストであり、俗世間を超越して森羅万象を音にしたような作品を神様に捧げようとしたブルックナー。それに対して、コンサート・オーケストラの指揮者であり精神分裂的と思えるほどに人間の喜びや悲しみ、あるいは厭世感を音楽にしたマーラー。しかし両者はどちらも掛け値なしの大作曲家です。

なにせ自分は多忙のサラリーマンの身ですので、これまでの「名曲名盤案内もどき」のスタイルでは、記事を書くのに結構時間がかかってしまい、週一回のペースではとても更新が出来ないかもしれません。そこはどうぞ気長にお付き合い頂ければと思います。そして気軽にコメントを頂けることを楽しみにしていますので、どうぞ宜しくお願いします。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) J.S.バッハ(協奏曲) J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) J.S.バッハ(管弦楽曲) J.S.バッハ(諸々その他) アントニオ・ヴィヴァルディ イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 グラズノフ グリーグ シベリウス シベリウス(交響曲全集) シベリウス(交響曲) シベリウス(協奏曲) シベリウス(室内楽) シベリウス(管弦楽曲) シューベルト(交響曲) シューベルト(声楽曲) シューベルト(室内楽) シューマン(交響曲) シューマン(協奏曲) シューマン(器楽曲) シューマン(声楽曲) シューマン(室内楽) ショスタコーヴィチ ショパン(協奏曲) ショパン(器楽曲) ストラヴィンスキー スメタナ チャイコフスキー(交響曲) チャイコフスキー(協奏曲) チャイコフスキー(室内楽) チャイコフスキー(管弦楽曲) ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) ドイツ・オーストリア音楽 ドビュッシー ドヴォルザーク(交響曲全集) ドヴォルザーク(交響曲) ドヴォルザーク(協奏曲) ドヴォルザーク(室内楽) ドヴォルザーク(管弦楽曲) ハンガリー音楽 ビゼー ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 フォーレ(声楽曲) フォーレ(室内楽) フランク フランス音楽(サン=サーンス、ドリーヴ、プーランクなど) ブラームス(交響曲全集) ブラームス(交響曲第1番~4番) ブラームス(協奏曲:ピアノ) ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) ブラームス(器楽曲) ブラームス(声楽曲) ブラームス(室内楽) ブラームス(管弦楽曲) ブルックナー(交響曲第0番~3番) ブルックナー(交響曲第4番~6番) ブルックナー(交響曲第7番~9番) ブルッフ プッチーニ プロコフィエフ ベルリオーズ ベートーヴェン ベートーヴェン(交響曲全集) ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) ベートーヴェン(協奏曲) ベートーヴェン(器楽曲) ベートーヴェン(室内楽) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) マーラー(交響曲第1番~4番) マーラー(交響曲第5番~7番) マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌) マーラー(歌曲) メンデルスゾーン モーツァルト(交響曲) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) モーツァルト(協奏曲:管楽器) モーツァルト(器楽曲) モーツァルト(声楽曲) モーツァルト(室内楽) モーツァルト(歌劇) モーツァルト(諸々その他) ヤナーチェク ラフマニノフ ラヴェル リヒャルト・シュトラウス リムスキー=コルサコフ ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) ワーグナー ヴェルディ(声楽曲) ヴェルディ(歌劇) 名チェリスト 名ピアニスト 名ヴァイオリニスト 名指揮者 政治・経済問題 文化・芸術 旅行・地域 日本人作品 映画 映画(音楽映画) 歌舞伎 演奏会(オムニバス) 舞踏&バレエ 芸能・スポーツ 読書 趣味 音楽やその他諸事 音楽(やぎりん関連) 音楽(アニメ主題歌) 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) 音楽(ジャズ) 音楽(ポップス) 音楽(ロック) 音楽(和楽)