旅行・地域

2013年11月27日 (水)

晩秋の高尾山へ紅葉狩り

晩秋の高尾山へ紅葉狩りに行きました。この高尾山は東京からも近いですし、ミシュランガイドにも三つ星スポットとして載りましたが、ずいぶん長いこと訪れていませんでした。前に来たのは、なにせ大学生の時ですから、およそ38年?ぶりです!

高尾山口駅で電車を降りると、土産物屋が数多く並んでいます。昔もこんなに多かったっけなぁ・・・。たぶん随分と増えたのでしょうね。それはともかく周囲は山の麓から紅葉が実に見事です。

久々の山登り??でもあるので、無理はせずに登りのケーブルカーに乗りました。平日にも拘わらず、結構多くの人が乗っていました。やはり自分のような年配者が多いようです。

ケーブルカーの山上駅からは歩きますが、紅葉が本当に綺麗。ただし、山の上のピークは既に過ぎつつあるようで、所々で少しづつ色が落ちかけているように見えます。”錦秋”というよりも”晩秋”か。それもまた良しですね。冷たく澄んだ空気が本当に気持ち良いです。

山門の周りは紅葉が綺麗です。(クリックで写真が大きくなります)

P1010076

薬王院にお参りしましたが、裏手の紅葉が素晴らしかったです。

P1010079

天気が良かったので山頂から山並みが眺望できました。遠く雪景色の富士山も眺められました。

P1010083

帰りは歩いて下山しましたが、反対方向からは多くの人が登って来ます。すれ違いながら見ると、歩いているのは若い人が圧倒的に多いですね。年配者はやはりケーブルカーでしょ。(笑)

ようやく麓まで下りてみると、どこの土産物屋も帰りの客で大賑わい。平日でこれでは、週末の土日はさぞかし大変な人出になるのでしょうね。ミシュラン効果も良いような悪いような・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

ハルくんの冬の旅 ~会津若松紀行~

三連休に冬の旅をしました。♪ゆーきのふるまちを~ ゆーきのふるまちを~♪と歌いながら、神奈川から車を運転して旅して来たのは、NHK大河ドラマ「八重の桜」で話題の、会津若松です。実はドラマの始まる以前の一昨年12月にも訪れたことがあるのですが、なかなかに良い土地なのですっかり気に入ってしまい、一年ぶりにまたまた訪れることにしました。

但し第一日目は、会津若松から30キロほど南にある湯の上温泉(ゆのかみおんせん)に宿をとりました。何故かと言うと、この近くの大内宿(おおうちじょく)という村へ行ってみたかったからです。

Aizu_ouchijyuku2大内宿(写真はどれもクリックで大きくなります)
昨年末にTVで放送されたのでご存じの方も多いと思いますが、古い宿場町をそのまま保存したような街並みなのです。訪れてみると確かに時代劇の股旅物そのもののような雰囲気で、いまにも木枯らし紋次郎(ご存知の方は自分と同世代?)が現れそうです。うーん素晴らしい。但し、ちょうど雪まつり開催時期だったからなのでしょうが、観光バスが大挙して旅行客がわんさか訪れていたので、静かな雰囲気からはほど遠かったのが心残りです。

Aizu_ouchijyku_2大内宿
それでも高台から眺望した雪に埋もれた街並みは静かな宿場町の雰囲気そのものです。

夜、湯の上温泉で宿泊した宿は古い民宿ですが、囲炉裏端で食べる会津の田舎料理がとても素朴で良かったです。

さて二日目には会津若松に入りました。最初に訪れたのは会津武家屋敷です。これは会津藩家老の西郷頼母(さいごうたのも)の邸宅を復元したものですが、この重鎮は昨年末の12時間時代劇「白虎隊」や「八重の桜」に登場するのでお馴染みです。当時僅か33歳の若き奥方が、薩長軍に攻め込まれて辱めをうけるくらいならと、年もゆかない娘たちを次々に自らの手にかけ、最後は自害したという「自刃の間(じじんのま)」の前に立つと感慨無量でした。

Tsurugajyo鶴ヶ城
それから会津若松のシンボル鶴ヶ城に行きました。戊辰戦争では、薩長の新政府軍の大砲の猛攻撃にさらされてボロボロになった城内に、「八重の桜」の主人公である山本(新島)八重が男の服装をして立てこもっていました。砲術指南役の家に生まれた彼女は、女ながらに鉄砲の名手だったので、城に迫る薩長軍の兵隊を次々に撃ち倒したそうです。
現在の城はもちろん再興されたものですが、白塗りの壁のお城が雪に覆われて非常に美しかったです。さすがにお城には雪にもかかわらず、大勢の観光客が訪れていました。それにしてもボランティアで無料ガイドをしてくれた現役の消防士さん、話が面白くて親切で楽しかったなぁ。どうもありがとうございました!

Oyakuen御薬園
それから、宿に入る前にまだ時間が有るので、前回も訪れたお気に入りスポット「御薬園(おやくえん)」に行きました。元会津松平家の庭園です。こじんまりとした回遊式の非常に美しい山水庭園です。もっとも今は真ん中にある池が雪に埋もれていて、まるで雪野原でしたけれども。でも本当のお目当ては、庭内の端にある(写真の一番奥に見える)「重陽閣(ちょうようかく)」なのです。秩父宮妃ゆかりの和洋折衷の建物ですが、ここでは絨毯敷きの落ち着いた部屋で、ゆっくりと英国紅茶と洋菓子を頂きながら、静かな時の流れを味わうことが出来ます。そこそこ広い部屋なのに、前回も今回も客は自分と家内の二人だけでした。ここは素晴らしい穴場です。

さて二日目の宿は、市内にほど近い東山温泉にとりました。ここは戊申戦争で会津藩とともに薩長軍と戦った土方歳三が体に負った傷を癒したことでも知られています。宿泊したのは歴史ある旅館ですが、こじんまりとしていて落ち着いた佇まいが良かったです。ここでも、また囲炉裏端で会津料理を頂きました。

三日目は御存知、飯盛山を訪れました。白虎隊自刃の地として余りにも有名ですね。雪の階段を何段も上ると小高い丘の上に19人の隊士が自ら命を絶った場所と御墓が深い雪に覆われていました。彼らは16歳と17歳だったのですよ。当時の武士の精神というのは凄過ぎます。

そして最後に訪れるのは「會津藩校日新館(あいづはんこうにっしんかん)」ですが、その前にお昼にどうしても食べたかったのが、会津味噌を使った味噌ラーメン。東北で最も古いラーメン屋を継承していると称する「小豆屋(こまめや)」さんです。メニューは確かに味噌ラーメンがほとんどで、他に醤油ラーメンが僅かにあるだけ。地元風の客で賑わっていましたが、食べて「うーん、なるほど!」と呻らされるような美味しさでした。隣街の喜多方ラーメンは有名ですが、元々会津ラーメンと同じような歴史だそうですね。たまたま喜多方が有名になりましたが、会津ラーメンも実に旨い!旅の方におススメです。

Nishinkan會津藩校日新館
さて市内からやや離れた日新館は、元々は鶴ヶ城のすぐ近くに有りましたが、戊辰戦争で燃えてしまったために、後から場所を移して再現されたのが現在ある場所です。確かにやたら広い藩校ですので、こりゃ後から町の中にはとても建てられないなと納得。かつては会津藩士も白虎隊も小さいころからここで武道、学問を学んだのです。

会津藩の子供たちは6歳になると「什(じゅう)」という子供達の組織(遊びの仲間)に振り分けられて、「什の掟」を教えられたのだそうです。

「什の掟(じゅうのおきて)」

 一、年長者の言うことに背いてはなりませぬ。

 二、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ。

 三、嘘を言うてはなりませぬ。

 四、卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ。

 五、弱いものをいじめてはなりませぬ。

 六、戸外でものを食べてはなりませぬ。

 七、戸外で婦人と言葉を交わしてはなりませぬ。

   ならぬことはならぬものです。

という誓いですね。最後の「ならぬことはならぬものです」とは、「してはいけないことは、してはいけないのです」という意味です。

こうして冬の会津の旅を終えて、神奈川に帰って参りました。次回には春の会津を訪れてみたいかな。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

J.S.バッハ(カンタータ、オラトリオ他) | J.S.バッハ(ミサ曲、受難曲) | J.S.バッハ(協奏曲) | J.S.バッハ(器楽曲:弦楽器) | J.S.バッハ(器楽曲:鍵盤楽器) | J.S.バッハ(管弦楽曲) | J.S.バッハ(諸々その他) | アントニオ・ヴィヴァルディ | イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他) | エルガー、ホルスト、ヴォーン・ウイリアムズ、他イギリス音楽 | グラズノフ | グリーグ | シベリウス(交響曲全集) | シベリウス(交響曲) | シベリウス(協奏曲) | シベリウス(室内楽) | シベリウス(管弦楽曲) | シューベルト(交響曲) | シューベルト(声楽曲) | シューマン(交響曲) | シューマン(協奏曲) | シューマン(器楽曲) | シューマン(声楽曲) | シューマン(室内楽) | ショスタコーヴィチ | ショパン(協奏曲) | ショパン(器楽曲) | ストラヴィンスキー | スメタナ | チャイコフスキー(交響曲) | チャイコフスキー(協奏曲) | チャイコフスキー(室内楽) | チャイコフスキー(管弦楽曲) | ドイツ、オーストリアのバロック音楽(パッヘルベル、ビーバー、シュッツ他) | ドイツ・オーストリア音楽 | ドヴォルザーク(交響曲全集) | ドヴォルザーク(交響曲) | ドヴォルザーク(協奏曲) | ドヴォルザーク(室内楽) | ドヴォルザーク(管弦楽曲) | ハンガリー音楽 | ビゼー | ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽 | フォーレ(声楽曲) | フォーレ(室内楽) | フランス音楽 | ブラームス(交響曲全集) | ブラームス(交響曲第1番~4番) | ブラームス(協奏曲:ピアノ) | ブラームス(協奏曲:ヴァイオリン他) | ブラームス(器楽曲) | ブラームス(声楽曲) | ブラームス(室内楽) | ブラームス(管弦楽曲) | ブルックナー(交響曲第0番~3番) | ブルックナー(交響曲第4番~6番) | ブルックナー(交響曲第7番~9番) | ブルッフ | プッチーニ | プロコフィエフ | ベルリオーズ | ベートーヴェン(交響曲全集) | ベートーヴェン(交響曲第1番~3番) | ベートーヴェン(交響曲第4番~6番) | ベートーヴェン(交響曲第7番~9番) | ベートーヴェン(協奏曲) | ベートーヴェン(室内楽) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲全集) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:初期~中期) | ベートーヴェン(弦楽四重奏曲:後期) | マーラー(交響曲第1番~4番) | マーラー(交響曲第5番~7番) | マーラー(交響曲第8番~10番) | メンデルスゾーン | モーツァルト(交響曲) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第01~9番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第10~19番) | モーツァルト(協奏曲: ピアノ 第20~27番) | モーツァルト(協奏曲:ヴァイオリン) | モーツァルト(協奏曲:管楽器) | モーツァルト(器楽曲) | モーツァルト(声楽曲) | モーツァルト(室内楽) | モーツァルト(歌劇) | モーツァルト(諸々その他) | ラフマニノフ | ラヴェル | リヒャルト・シュトラウス | リムスキー=コルサコフ | ロシア音楽(ムソルグスキー、ボロディン、カリンニコフなど) | ワーグナー | ヴェルディ(声楽曲) | ヴェルディ(歌劇) | 名チェリスト | 名ピアニスト | 名ヴァイオリニスト | 名指揮者 | 政治・経済問題 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日本人作品 | 映画 | 映画(音楽映画) | 歌舞伎 | 演奏会(オムニバス) | 舞踏&バレエ | 芸能・スポーツ | 読書 | 趣味 | 音楽やその他諸事 | 音楽(やぎりん関連) | 音楽(アニメ主題歌) | 音楽(シャンソン・タンゴ・ボサノヴァ) | 音楽(ジャズ) | 音楽(ポップス) | 音楽(ロック) | 音楽(和楽)