« レスピーギ 交響詩「ローマ三部作」 名盤 | トップページ | ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」 ~4部作「ニーベルングの指環」序夜~ 名盤 »

2023年9月17日 (日)

ウェーバー ファゴット協奏曲 ヘ長調 Op.75 名盤

Mbsnacadcov_image3


ウェーバーのファゴット協奏曲は何度か聴いたことが有りましたし、ファゴット協奏曲としてはモーツァルトに次いで有名なことも認識していました。しかし、それほどの魅力を感じていた訳ではありません。

それがガラリと変わったのは、この夏に僕が事務局を務める神奈川チェンバーオーケストラの演奏会でこの曲を取り上げたことからです。それは1999年バイロイト生まれでドイツのフランクフルト響などに助演して活躍する卓越した若手ファゴット奏者である長谷川花(はせがわ はな)さんの独奏が本当に素晴らしかったことも大きな理由でした。 リハーサル段階から何回も聴いているうちに、本当に魅力的な曲であることに気付かされました。この時の演奏はYouTubeで観ることが出来ます(⇒こちらから

ところで、木管楽器のファゴットは、バスーンとも呼ばれます。16世紀から使われ始め、18世紀に改良され、19世紀に現代的な形となりました。鼻の詰まったような「ポー」という音が特徴的で、広い音域と、音程間で跳躍する動きが、おどけたような表現を得意としています。一方、低音域では朗々とした音色、高音域では歌うような音色の魅力が有り、リムスキー=コルサコフの「シェヘラザード」の叙情的なパッセージなどは特に有名です。 

ウェーバーは、1811年にヨーロッパの都市を巡るコンサートツアーに出ましたが、最初の都市のミュンヘンで、宮廷楽団のファゴット奏者ゲオルク・フリードリヒ・ブラントから頼まれてこの協奏曲の作曲をしました。楽団の他の音楽家達も、ウェーバーに協奏曲を書くよう頼みましたが、ウェーバーが納得して引き受けたのはブラントだけでした。 

ファゴット独奏のための協奏曲は余り多くは無くて、モーツァルト、ウェーバー以外ではフンメルの作品が知られますが、近年ではロッシーニの作品が復元され注目されています。 

第1楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ ヘ長調
 オーケストラのトゥッティで始まりますが、オペラ作曲家であるウェーバーらしい、オペラ作品における序曲のように華やかです。主部では、ファゴットの持つ幅広いキャラクターと表現能力を生かして、輝かしい気分、穏やかで内省的な気分などを多彩に表現します。同時にソリストのテクニック披露のために、低い音域から高い音域までを切り替え早く音が飛び回ります。 

第2楽章 アダージョ 変ロ長調
 オペラのゆっくりとしたソプラノアリアを想わせて、歌うようなメロディーが非常に美しく魅力的です。 

第3楽章 ロンド アレグロ ヘ長調
 軽快なロンドで、主題が何度も登場しますが、その都度気分を変えて楽しませてくれます。聴いていて本当に胸がわくわくしてしまいます。 

残念ながら、所有しているCDは2種類だけですがご紹介します。 

Weber-41gqjg1aatl_ac_
ミラノ・トルコヴィチ独奏、ハンス・マルティン・シュナイト指揮バンベルク響(1972年録音/グラモフォン盤) トルコヴィチは1939年ユーゴスラヴィア生まれですが、ウィーンで学んで1967年からはウィーン交響楽団の首席奏者として活躍しました。ファゴット吹きとしては録音の数も多く、第一人者の一人と言えます。底光りする音色も魅力ですが、歌い回しや表情の豊かさが見事の一言に尽きます。指揮のシュナイトはギュンター・ラミンに師事して、カール・リヒターの亡き後にはミュンヘン・バッハ管弦楽団/合唱団の後任に就いた名指揮者です。ここではドイツ的な堅牢な演奏でトルコヴィチの独奏を完璧に支えています。このディスクにはライスター独奏のクラリネット協奏曲と五重奏曲が収められています。 

Werba
ミヒャエル・ヴェルバ独奏/指揮ウィーン弦楽ゾリステン(1991年録音/DENON盤) 1955年生まれのヴェルバはウィーン・フィルのメンバーとして40年以上活躍した名手で、父親はピアニストのエリック・ヴェルバです。演奏者として活躍する一方で、ウィーン奏法の伝承活動に力を注いでいます。従ってウィーン的なしなやかな奏法が特徴的です。これはウィーン弦楽ゾリステンに管楽器を加えて自らが指揮しながら録音したものですが、繊細な美しさと柔らかさに溢れる素敵な演奏です。このディスクにはモーツァルト、フンメル、ウェーバーによる3大ファゴット協奏曲が収められているのも便利で、特にモーツァルトが最高です。

|

« レスピーギ 交響詩「ローマ三部作」 名盤 | トップページ | ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」 ~4部作「ニーベルングの指環」序夜~ 名盤 »

ウェーバー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レスピーギ 交響詩「ローマ三部作」 名盤 | トップページ | ワーグナー 楽劇「ラインの黄金」 ~4部作「ニーベルングの指環」序夜~ 名盤 »