« 神奈川チェンバー・オーケストラ サマーコンサート2023へのお誘い | トップページ | メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」 作品26 名盤 »

2023年8月 3日 (木)

「ハルくんの音楽日記」 ブログ開設15周年

このブログを開設したのは、今からちょうど15年前の2008年8月3日のことでした。その時の記念すべき第1回投稿です。
 「ハルくんの音楽日記」にようこそ

それからもう15年です。。。 月日の経つのは本当に速いですね。

その当時はブログの全盛期で、著名人も一般人もこぞってブログを書いていました。けれどもその後にSNSはFacebook、インスタ、Twitter、LINEなどが世の中の中心となり、ブログはめっきり減りました。当時、音楽ブログを書いていたお仲間さん達もいつしか休眠、停止が多く成りました。

自分の場合は、Facebookの音楽愛好家グループの幾つかに参加はしていますが、メインはあくまでもこのブログです。
今でも多くの方に閲覧して頂いているのには心から感謝です。PC版ですと下の方に閲覧カウンターが見られますが、いつしか900万PVものカウント数を越えていました。ただの音楽鑑賞のブログが、これほど続くとは夢にも思いませんでした。

さて、この先あと何年続けられるかは分かりませんが、可能な限り続けられたら良いなと思っています。

皆さま、今後もどうぞよろしくお願いします!

ハルくん
2023.8.3.

|

« 神奈川チェンバー・オーケストラ サマーコンサート2023へのお誘い | トップページ | メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」 作品26 名盤 »

音楽やその他諸事」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん

15周年、おめでとうございます!
ご指摘のとおりblogは減っていますが、これからも楽しみにしていますので是非続けていってください。

投稿: Leikon | 2023年8月 3日 (木) 17時31分

Leikonさん、ありがとうございます!

無理せずに細々で良いので長く続ける、それが大事だと思います。
Leikonさんも、どうぞ長くお続けください。
先日のルツェルンの第九でのご紹介も、ありがとうございました!

投稿: ハルくん | 2023年8月 4日 (金) 09時17分

ネ兄

貴ブログが無ければ、クラシック音楽迷子になっていました。

以前のように書き込みはせずとも、変わらず拝読されている方は多いと思われます。

続けられていることに敬意です。

投稿: source man | 2023年8月 4日 (金) 09時30分

source manさん、ありがとうございます。

そんな風に言って頂けるとは、これ以上の喜びはありません。
もちろん人の好みは千差万別ですが、自分の感想をご紹介して、多少でも役に立てば良いですからね。

今後も宜しくお願いします!

投稿: ハルくん | 2023年8月 4日 (金) 14時56分

ハルくんさん

これまで本当にお疲れ様です。

会社員として現役卒業後、趣味の音楽に回帰してからの最も大切な道標として、毎日のように拝読しております。

私のように素人でも熱心な読者がおりますので、どうか長くお続けくださいますように!

投稿: saicho | 2023年8月 4日 (金) 16時21分

saichoさん、ありがとうございます!

そのようなお言葉を頂きまして大変嬉しいです!
また、これからも続けて行く励みになります。

これからもどうぞよろしくお願いします!

投稿: ハルくん | 2023年8月 4日 (金) 22時43分

ハルくん様
継続は力なりとか。先ずこのブログに御礼を申し上げこれからも益々健筆を振るわれますことをお祝い申し上げます。

音源もレコードCD等から配信等益々複雑多様になっていく状況で、音楽を聴く耳の大切なことは逆に変わらないものだと思います。新しい演奏に触れて変わっていくことも、それは成長なのでしょう。人生100年といううたい文句もコロナで怪しくなりましたが、小生も目をつぶるまで拝読できますことを祈って。

投稿: 野口博司 | 2023年8月 7日 (月) 01時12分

野口博司様

ありがとうございます!
鑑賞音源の選択肢が増えるのは良いことだと思います。現にマニアの方でも、サブスクやYouTubeなどで楽しまれる人も多いように思われます。他にもブルーレイ、アナログと様々ですね。
でも仰られる通り大切なことは変わらないと思います。
当面はこのままCD鑑賞中心で行きたいとは思っております。
今後もどうぞよろしくお願いします!

投稿: ハルくん | 2023年8月 7日 (月) 06時35分

はじめまして
mtsts1と申します
数年前、50歳を過ぎてクラシック音楽を聴きはじめました
素人の自分がCDを購入するのに参考になるホームページを探していたところ、ハルくんさんのページに巡り会いました
書き込みを参考に購入したいくつかのCD(マタチッチ のブルックナー、ザンデルリンクのブラームス、テンシュテット のマーラー、ハイドシェックのモーツァルトなどなど)が、いずれもストレートに突き刺さり、すっかりクラシック音楽にハマってしまいました
以来ずっと鑑賞の手引きとさせていただいてます
いつか御礼を言いたいと思いながら時間が経ってしまいましたが、ブログ開設15周年の書き込みを読んで、思い切ってコメントしてみることにしました
これからも更新を楽しみにしていますので、どうぞお身体大切に、末長く続けていただきますようよろしくお願いします

投稿: mtsts1 | 2023年8月 7日 (月) 20時40分

mtsts1様

はじめまして。
大変嬉しいお言葉を頂きまして、誠に有難うございます。

クラシック鑑賞と言っても様々な曲や演奏が無数に有りますので、何を聴こうか迷いますよね。でも、その迷路を手探りで探すことがまたワクワクする楽しみですね。
思うに、自分がそのワクワク感が最も高かったのは、クラシックを聴き始めて最初の数年間だった気がします。
もちろん今でも楽しいことこの上ありませんが、それでも最初の新鮮な喜びはかけがえのないものだと思います。

どうぞまた、何でもお気軽にお書き込みください。楽しみにお待ちしております!

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: ハルくん | 2023年8月 8日 (火) 10時18分

ハルくん様

ブログ開設15周年、おめでとうございます。そして、いつも本当にありがとうございます。1964年生まれのもうすぐ還暦の者で、クラシックは中学生の頃から聞いておりましたが、離れていた時期もありまして、ここ数年復活して聴きなおしているところ、本ブログと出合い、とても参考になるレビューをありがたく読ませていただいております。私はなぜかシベリウスだけ今まで全く聴いたことがなかったのですが、ハルくん様のレビューを参考にベルグルンド/ヘルシンキとカム/ラハティの全集を入手し、これから聴き込んでみようと思っています。これからもレビューを楽しみにしております。

投稿: 1964_mh | 2023年8月18日 (金) 16時54分

はじめまして。MASATOと申します。

遅ればせながらブログ開設15周年おめでとうございます。

長文お許しください。
ハルくんさんのブログ、ご自分の豊富な演奏経験にも裏打ちされ,幅広い曲目、演奏も戦前から最近のものまで…まさにクラシック音楽のウィキペディアに思えます。
また感謝したいのはブラームスの名曲名演を数々ご紹介頂いたことです。

実は自分が50代の時、会社で慰労休暇を頂きドイツに自転車旅行に行ったことがありました。
その時立ち寄ったローテンブルク。美しい城跡庭園を歩いていくうち、どこから流れてきたのかブラームスの交響曲第2番の旋律。景色と旋律の余りのマッチに日本に帰ってもずっと忘れられませんでした。
その後、第2の職場を得て過ごす中、とある書店で手にとった吉田秀和氏の「ブラームス』。そのまま買い求め読み進めるうち、交響曲や管弦楽曲もいいけど、室内楽曲や声楽・器楽曲をいろいろ知りたいなあと思っていたところ、このサイトにめぐり合ったのです。

今は亡き父も大のクラシックファンだったこともあり、自分もクラシックには慣れ親しんでいました。
ただ父は晩年になるにつれ、趣向がもっぱらワーグナー、ブルックナー、マーラーばかりに。父のステレオからブラームスがかかることはなかったのです。
なのに今その息子は明けても暮れてもブラームス(笑)。不思議なものです。
ハルくんさんのブログで特に特に感謝しているのは、キャスリーン・フェリアーが歌う「4つの厳粛な歌」をご紹介頂いたこと。第4曲後半の部分などいつも胸がいっぱいになり涙がこぼれそうになります。年取って涙腺が緩んできたか(笑)

ハルくんさん、どうかご健康には十分留意され、ブログ20周年、30周年を飾って下さい!
「ブラームジアーナ」のはしくれとして、陰ながらずっと応援しておりますので。

投稿: MASATO | 2023年8月19日 (土) 09時45分

1964_mhさん

こちらこそ誠にありがとうございます。
シベリウスですね!
まずは無心で聴き流すように味われると宜しいのではないでしょうか。
そのうちにきっと何とも言えない空気感に身が包まれるような気分になってゆくと思います。

いずれご感想を伺えると嬉しいです。

投稿: ハルくん | 2023年8月20日 (日) 13時21分

MASATOさん

はじめまして。
大変ご丁寧なメッセージを頂戴して誠にありがとうございます。

ブラームジアーナのお仲間なのですね。
明けても暮れてもブラームス!いいですね~♬
どれもこれも作品がほとんど全て名曲ですから、飽きることが有りません。

いつでもまたお気軽にコメントください。
楽しみにしております!

投稿: ハルくん | 2023年8月20日 (日) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川チェンバー・オーケストラ サマーコンサート2023へのお誘い | トップページ | メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」 作品26 名盤 »