« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »

2023年1月

2023年1月16日 (月)

2023年の抱負

毎年、新年にはその年の目標を上げていたのですが、今年は何しろ腰痛が酷くてパソコンに向かう気力を失くしていました(涙)

ちなみに昨年はショスタコーヴィチの主要なシンフォニーとワーグナーのオペラで1年が終わってしまいました(汗)

で、今年はと言えばこんなところを考えています。

1.ワーグナー「ニーベルングの指輪」( CDが10種以上は有ります)

2.ベートーヴェンの交響曲の補完(所有CDで未紹介のものが主要曲では各7~8種類くらい有るかも)

3.ベートーヴェンの弦楽四重奏の補完(ベルチャ、エベーヌ、グアルネリ、アマデウス、ブダペスト旧盤、東京カルテット、他にもちょろちょろ)

4.ベートーヴェンのピアノソナタ(主要な曲)

5.バッハの無伴奏チェロ組曲(10種類は有るかも)

6.バッハの平均律クラヴィ―ア曲集

7.シューベルトの弦楽四重奏、五重奏

8.ドビュッシーの前奏曲集

9.ヴェルディとプッチーニの主要オペラ

などなど。。。ってこりゃ無理だな(汗)

しかし今年は8月でちょうどこのブログの15年目を迎えることですし、リアル演奏会活動の合間にもボチボチ書きますのでどうぞ宜しくお願いします!

| | コメント (6)

2023年1月 6日 (金)

聴き初め2023 再臨「桑田歩の英雄」 ”歩夢DREAM ORCHESTRA”

Img_1684

新年おめでとうございます! って、もう何日だ!(汗)
実は年末に酷い腰痛に襲われた為に正月三が日はほぼ自宅待機。4日が出初式となりました。鎮痛剤をバッグに入れながらの恐る恐るの外出でしたが、それというのも目黒パーシモンで写真のコンサートが有ったからです。12月8日に急遽開催が決まり、数日後にSNSで情報が発信されて僅か1日で予約が一杯となったという話題の公演です。チケットは直ぐにGETしました。

指揮の桑田歩さんは本職はチェロ奏者で2020年にN響を退団され、長く病気療養された後に現在は新日フィル団員です。演奏したのは”歩夢DREAM ORCHESTRA”というオーケストラで、N響、新日を中心に様々なメンバーが集結していて、メンバー表の通りの超豪華メンバーです。
Img_1687

プログラムは「英雄」1曲だけかと思ったら、その前に「鳥の歌」が弦楽アンサンブルをバックに桑田さんの独奏チェロで演奏されました。奏者たちが独奏者に本当に”寄り添う”という良い雰囲気でした。

そして「英雄」ですが、桑田さんは指揮台に上がるまでは身体を動かすのも幾らか辛そうでしたが、いざ演奏を開始すると情熱的な指揮ぶりでまるで別人のようになりました。

1200席の会場にオーケストラが16型の編成(但し8-7-6-7-4プルトというやや変則的)なので、舞台一杯の奏者が壮観です。しかもあの演奏者の陣容ですので、全体の熱気と音圧が凄まじかったです。これだけ弦の音がぶ厚いベートーヴェンはそうは無いですね。

今回のリハーサルが何時間行われたかは分かりませんが、短かめではと想像します。それでもベテランばかりなのでアンサンブルはツボを押さえた見事なものでした。全員がスフォルツァンドなど決め所、キメ方を知り尽くしています。もう何も言うことは有りません。
と言っていながら、言ってしまうと(笑)、いくら優秀メンバー揃いでもフェスティバルオーケストラでこの大編成はどうしても大味となります。畳み掛ける迫力は圧巻でも、柔らかな部分での表情が更にデリケートに聞こえて欲しかったです。弦楽のスタッカート部分なども幾らか不揃いに感じられました。むしろヴァイオリンやチェロはもう1プルトか2プルト少なくて良かったようにも思ったりして。。
しかしフェスティバルオーケストラとしてはこれで良かったのかもしれませんね。

当然ながら終演後の拍手は凄かったです。全員が引っ込んだあともステージに桑田さんと篠崎マロ・コンマスが出てくると皆さんが総立ちとなり拍手を送りました。

今年の聴き初めレポートでした。
本年もどうぞ宜しくお願い致します!

Img_1682

<追伸>コンサートの映像がYouTubeに公開されました!
https://youtu.be/dF61Dlbts8A

| | コメント (2)

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »