« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月25日 (木)

メンデルスゾーン 劇付随音楽「真夏の夜の夢」 名盤

Study_for_the_quarrel_of_oberon_and_tita


「真夏の夜の夢」(原題:A Midsummer Night's Dream)は、有名なシェイクスピアの書いた喜劇戯曲です。

物語には、森に住む妖精たちや、そこに入り込んだ人間たちが登場します。二組の人間の恋人たちは、惚れ薬のために相手を取り違えてしまったり、妖精の王様と女王は養子を巡って喧嘩をしたりと大騒ぎです。しかし最後には、妖精の王の画策や妖精パックの活躍によってハッピーエンドとなります。

ところで、英語タイトルの Midsummer は、「夏至」(6月21日頃)を意味しますが、この戯曲は6月のことではなく、森で起こる騒動は五月祭の前夜の4月30日のこととなっています。
戯曲のタイトルと内容の時期の不一致については研究家の間でも謎で、シェイクスピアが何故「A Midsummer Night's Dream」としたのかは分からないようです。

日本でも長い間「真夏の夜の夢」とされて来ましたが、近年は文学界も音楽界も「夏の夜の夢」とされる傾向に有ります。

この戯曲に基づいてメンデルスゾーンが有名な「劇付随音楽」作品61を作曲しますが、「序曲」のみは作品21として先行して書かれました。これはメンデルスゾーンが元々はピアノ連弾曲として書いたもので、それを管弦楽用に編曲して完成させたのは僅か17歳のことです。
神秘的な序奏に続いて特徴的な音型や楽器を駆使して、森の中で跳ね回る妖精たちや、ロバの鳴き声、動物たちの幻想的な世界の描写が天才的ですね。
「劇付随音楽」は、この序曲を聴いて感銘を受けたプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世の命令により作曲することとなります。

序曲に続く「劇付随音楽」は全12曲で、以下の通りとなります。

序曲 (作品21)
1. スケルツォ
2. 妖精たちの行進「丘を越え谷を越え」
3. 妖精の歌「まだら模様のお蛇さん」
4. 情景「魔法をかける」
5. 間奏曲
6. 情景「ぶざまな田舎者どもが」
7. 夜想曲
8. 情景「魔法が解ける」
9. 結婚行進曲
10.葬送行進曲
11.武骨者の踊り(ベルガマスク舞曲)
12.終曲

このうち、「情景」は短く、演奏されなくてもさほど影響が無いので除かれ、序曲を含めて全10曲で演奏されるケースが多いです。また、「序曲」「スケルツォ」「間奏曲」「夜想曲」「結婚行進曲」の5曲の組形としてもよく演奏されますが、その場合チャーミングな「妖精の歌」が抜けるのは残念です。

曲の中で最も有名なのは「結婚行進曲」です。高度経済成長期の豪華な結婚披露宴にはぴったりでしたが、バブル崩壊以降には、落ち着いたワーグナーの「婚礼の合唱(結婚行進曲)」が使われることが多くなったような気がします。歌は世につれ世は歌につれ、ですね。

この作品はもちろん舞台劇として公演が行われますが、音楽と題材がバレエにとても適します。以前、オーストラリアバレエ団が日本で公演を行ったので観に行きましたが、実に楽しかったです。もっと取り上げられて良いと思います。

それでは愛聴盤のご紹介です。

81f6uxyo95l_ac_sl1500_ オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管(1960年録音/EMI盤) オールド・ファンにはお馴染みの定盤ですが、今現在聴いても幾らかゆったりしたテンポによるスケールの大きい演奏には圧倒されます。実に立派であたかもシンフォニーを聴くかのような聴き応えが有りますが、その反面この作品にしては重くもたれる気もします。ハーパーとベイカーの歌は上手いですが、やや厚化粧に感じます。ステレオ録音ですが、音質はやや古めかしく感じられます。

41cycebmddl_ac_ オットー・クレンペラー指揮バイエルン放送響(1969年録音/Golden Melodram盤) これはマイナーレーベル盤ですが、演奏はクレンペラーらしさにおいてEMI盤を大きく上回ります。序曲や結婚行進曲などのテンポは相当に遅く、もたれるほどスケールは巨大ですが、ここまで重量感が有ると逆に唖然としながらも聴き入ってしまいます。オーケストラの音に底力が有る点も特筆されます。エディット・マティスとファステンダーの歌唱も万全の素晴らしさです。ミュンヘンにおけるライブですがステレオ録音で音質もバランスもとても良く、何ら不満なく鑑賞が出来ます。曲目はEMI盤と同じです。

511fbx0m2rl_ac_ アンドレ・プレヴィン指揮ロンドン響(1976年録音/EMI盤) プレヴィンの適度に軽快でロマンティックな雰囲気造りが、この曲にピッタリです。ロンドン響も落ち着いた響きと安定感のある演奏で不満は有りません。コーラスに児童合唱を起用しているのが、下手だと批判されることもありますが、僕はメルヘン的で好きです。完全全曲版であるのも大きなポイントです。録音はどうしても幾らか鮮度が落ちた感は有ります。

41btqb3tdl_ac_ ギュンター・ヘルヴィッヒ指揮シュターツカぺレ・ベルリン(1976-77年録音/キング:シャルプラッテン原盤) 当時の東ドイツ陣営の演奏なので、管弦楽の響きは渋く、生真面目です。西側の華麗なメンデルスゾーンとは一線を画します。しかし古典音楽の形式感が強く感じられていて今聴くと逆に新鮮です。全般的に速いテンポで颯爽としていますが、オーケストラは非常に上手く、キレの良さの中にも、それはかとなくロマンティックな歌心を感じさせるのは、あのアーベントロートに師事したヘルヴィッヒだからでしょうか。録音も演奏に相応しい落ち着いた音造りです。

Previn_midsummer_nights アンドレ・プレヴィン指揮ウィーン・フィル(1986年録音/フィリップス盤) プレヴィンの再録音で、旧盤と基本解釈は変わりませんが、最大のポイントはウィーン・フィルの起用です。ことさら甘く演奏させている訳ではなくても弦楽や管楽の音の美しさはやはり
大きな魅力です。夜想曲のホルンにも魅了されます。コーラスはウィーン・ジュネス合唱団とありますが、少年合唱団よりも年齢が上のように聞こえます。録音は最新では有りませんが優れています。

Za81liitjyi7l_ac_sl1100_ クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル(1995年録音/SONY盤) 大晦日恒例のベルリン・フィルのジルベスターコンサートのライブです。全編にナレーションが入っているので対訳を見ながら劇を味わうのは楽しいですが、音楽を何度も聴くうえでは邪魔に感じるかもしれません。石丸幹二による日本語版も制作されています。アバドの指揮はきびきびしたテンポで良いですが、オーケストラの編成が大きくマイクが遠めな為に、楽器の音のキレが悪く聞こえてしまいます。実際にはそんなことは無いのでしょうが、ライブの弊害です。演奏はメンデルスゾーンにしてはグラマラスに過ぎる気もしますが、表現は豊かですし雰囲気一杯ですので楽しめます。

ということで、完全全曲のプレヴィン/ロンドン響盤が自分のファースト・チョイスにはなりますが、唯一のウィーン・フィルによるプレヴィン盤、シュターツカぺレ・ベルリンのヘルヴィッヒ盤はオーケストラの音の魅力で上回ります。番外としてはクレンペラーのバイエルン放送盤を上げないわけにはいきません。

なお、5曲の組曲としては一つだけ印象深い演奏が有ります。

61btjawwbrl_ac__20210225165401 ジョージ・セル指揮クリーヴランド管(1967年録音/SONY盤) 速いテンポで颯爽と演奏していて、その完璧な合奏能力に舌を巻きます。録音もパートごとに透明感が有るので、響きが重ったるくなりません。妖精が想像されるような神秘性にはもしかしたら乏しいかもしれませんが、器楽的、純音楽的にこれほど素晴らしい演奏は知りません。是非一度聴いて頂きたいと思います。

| | コメント (12)

2021年2月 5日 (金)

ウエーバー 歌劇「魔弾の射手」全曲 名盤 ~ドイツ国民のオペラ~

Weberderfreischc3bctzdochjetzterhebtnoch


『魔弾の射手』(原題ドイツ語:Der Freischütz)は、言わずと知れたカール・マリア・フォン・ウェーバーが作曲したオペラです。

ドイツの古い伝説に基ずく題材でオペラを作曲することを思いついたウェーバーは、ヨハン・フリードリヒ・キントに台本を依頼します。そこでキントはヨハン・アウグスト・アーペルとフリードリヒ・ラウンの『怪談集』に収められた民話『魔弾の射手』を基に台本を書き上げました。
オペラはドイツ伝統の歌芝居であるジングシュピールの形で完成し、1821年にベルリンの王立劇場でウェーバー自身の指揮で初演されて空前の大成功を収めました。

原題のDer Freischützとは、ドイツの民間伝説に有る、「思いのままに命中する弾を持つ射撃手」の意味です。伝説では7発のうち6発は狙った標的に必ず命中するが、残りの1発は悪魔の望む所へ命中するとされます。

このオペラはよく「ドイツ国民のオペラ」と言われますが、リヒャルト・ワーグナーが下記のように讃えています。

『「魔弾の射手」が美しいドイツの大地に生まれたことを思うだけでも、ドイツの民を心から愛さずにはいられない。森を語り、夕べの美しさを語り、星を語り、月を語り、時を打つ村の塔の鐘を語っては止まぬ夢を見るドイツ。汝らと共に信じ、胸ふるわせ、讃えることの出来る何たる幸せ。私がドイツの民の一人であることを思う、その喜び。』(以上、概略)

ドイツオペラには、それ以前にもモーツァルトの「後宮からの誘拐」、「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「魔笛」、そしてベートーヴェンの「フィデリオ」と数々の傑作が生まれましたが、物語の舞台はいずれもドイツではありませんでした。ドイツ古来の民話を題材として、ドイツの深い森を舞台として生まれた初めてのオペラが「魔弾の射手」です。

現在もドイツには深い森が残り、伝統の射撃祭の日には昔ながらの衣装をまとった狩人たちが街を練り歩くのだそうです。

また、この作品には民謡が多く含まれていると思われがちですが、実際はそうでは無く、このオペラの民謡的な歌が後に民謡のように歌われるようになったというのが事実です。それほど国民に愛されたのですね。

登場人物
マックス:若い狩人。射撃の名手。
アガーテ:マックスの恋人。
カスパール:若い狩人。悪魔ザミエルと契約を交わした。
クーノ:森林保護官。アガーテの父。
エンヒェン:アガーテの従姉妹。
オットカール:ボヘミアの領主。
ザミエル:悪魔。魔弾の作り方を伝授する。
隠者

あらすじ
第1幕
狩人のマックスは翌日行われる射撃大会の練習をしていた。しかし弾は的を射抜くことができない。このままでは結果が危ぶまれるが、恋人アガーテの父クーノは、大会の彼の結果次第ではアガーテとの結婚は認めないと言っている。
狩人のカスパールは、自信を喪失したマックスに、「狼谷へ深夜に来たら、勝つ方法を教えてやる」と言い、マックスを誘い出す。

第2幕
その夜、マックスは狼谷に向かった。その頃、カスパールは狼谷で悪魔のザミエルに、マックスの命を引き換えに契約の延長と、7発中6発は自分の狙うところに命中し、残りの1発は悪魔の望む箇所へ命中する魔弾を作るように頼んだ。そこへマックスがやってきて、カスパールと共にその魔弾を鋳造する。

第3幕
射撃大会の日となり、アガーテは花嫁衣裳を着て、マックスとの結婚に備えている。婚礼の花冠を頼んでいたが、届いてみると葬儀用の冠だった。そこでアガーテは森の隠者から貰った白いバラで花冠を編んでもらい、それを代わりにかぶることにした。

「狩人の合唱」が歌われて、開始された射撃大会ではマックスが魔弾を使い素晴らしい成績を上げていた。領主がマックスに最後の1発で鳩を撃つように命令すると、その弾は飛び出してきたアガーテに向かって発射されてしまう。しかし、バラの花冠がお守りになってくれて弾はそれる。そしてその弾がカスパールに命中して、彼は死んでしまう。
不審に思った領主がマックスにその理由を問いかけると、マックスは正直に答えた。怒った領主はマックスに追放処分を宣告するが、隠者が登場してマックスの過ちを許すように領主に諭す。領主はそれに従い、1年の執行猶予の後にマックスとアガーテとの結婚を許すことにした。一同は領主の寛容の徳を讃え、神に感謝の祈りを捧げる。

Press_illustration_for_act2_scene3_of_le


それでは所有するCD盤をご紹介します。

4125vm9j7el_ac_ ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル/国立歌劇場合唱団、グリュンマー(S)、ホップ(T)、ベーメ(B)、シュトライヒ(S)他(1954年録音/EMI盤)
有名なザルツブルク音楽祭のライブです。当時、フルトヴェングラーの演奏は遅過ぎると批評されたそうですが、それへのマエストロ本人の反論が有ります。「これはたんなるロマン派オペラではなく、このジャンルの最初の作品であり、しかも他のいかなるオペラにも増してそれを代表し、その真髄をきわめた作品であり、・・このオペラはひたすら『ロマン派的に』演奏されなければならない」 (フルトヴェングラー『音と言葉』)。この録音には実演下による演奏の傷は多々有るものの、この劇的な音楽の奔流はちょっと他の指揮者には聴かれないものです。最高の歌手陣による渾身の歌唱も圧巻です。嬉しいことにモノラル録音ながら、ステレオのような奥行きとダイナミズムが有る優秀な録音で、最近King Internationalから真ステレオ録音盤がリリースされましたが、買い替えが不要かと思えるほどです。

Img_1027 ヨゼフ・カイルベルト指揮ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツオペラ合唱団、グリュンマー(S)、ショック(T)、クーン(B)、オットー(S)他(1958年録音/EMI盤)
カイルベルトも時代と共にその名が忘れられる一方で、古き良きドイツを感じさせるマイスターとしていまだに根強いファンを持ちます。この録音も「魔弾」の代表盤として君臨してきました。録音こそ幾らか古めかしさは感じますが、当時のベルリン・フィルのドイツ的な厚みのある音と底力に圧倒されます。セッション録音の完成度の高さと、あたかもライブのような気迫が兼ね備わった素晴らしい演奏です。それはまたジングシュピールとしての古典的な造形性とロマン派的な激性が高次元で融合していて実に見事です。しかし「狩人の合唱」は凄い!

51stqmgyll_ac_ ロブロ・フォン・マタチッチ指揮ベルリン・ドイツオペラ管/合唱団、ワトソン(S)、ショック、フリック(B)、シェードレ(S)他(T)(1967年録音/DENON盤:原盤オイロディスク)
かつて日本の聴衆にも親しまれたマタチッチはブルックナーの名演などからコンサート指揮者のイメージが強いですが、実は歌劇場のキャリアが豊富でオペラも得意でした。この演奏はドイツの伝統的なオーソドックスさと巨匠的なスケールの大きさを備えて極めて聴き応えが有ります。セッション録音ですが擬音が多用されていて、さながら映画を観ているような臨場感が有ります。狼谷の場面など緊張感の有る演奏と相まって迫力満点です。歌手陣ではガスパールのフリックが最高ですが、他も実力者揃いです。旧東独オイロディスクの録音はアナログ的な柔らかさと明瞭さが有り素晴らしいです。

C732072i カール・ベーム指揮ウィーン国立歌劇場管/合唱団、ヤノヴィッツ(S)、キング(T)、リーダーブッシュ(B)、ホルム(S)他(1972年録音/オルフェオ盤)
これはウィーンでのライブです。ベームは「魔弾」のセッション録音を残していませんので、これが唯一のディスクと成ります。実演ながら、がっちりと引き締まった造形感を持ち、緊迫したドラマを十全に描いているのは流石ベームです。歌手陣も万全ですが、ヤノヴィッツのアガーテは凛々しさで出色です。録音も生の舞台を彷彿させる臨場感のある素晴らしいもので、これはセッション録音では感じられない魅力です。狼谷の場面で演奏に被る効果音がやや大き過ぎるようには思いますが、その分非常に劇的で凄まじい迫力が有ります。やはりベームのオペラ・ライブは最高です。

513vapojful_ac_ カルロス・クライバー指揮ドレスデン国立歌劇場管/ライプチヒ放送合唱団、ヤノヴィッツ(S)、シュライヤー(T)(1973年録音/グラモフォン盤)
カルロス43歳にしての初レコーディングは「魔弾」でした。それまでの伝統的な演奏スタイルを払拭したような斬新な演奏はリリース当時「新しい決定盤」ともてはやされました。確かに快速なテンポでえぐような彫りの深いフレージングは今聴いても刺激的です。もちろん演奏がそうなのですが、レコーディング写真を見ると、スタジオにスタンドマイクが大量に立てられていて、編集段階で各楽器が明瞭に浮き上がるように調整されたことが容易に理解出来ます。その為に音のバランスが不自然に感じられる箇所も多く見受けられます。加えて、セリフを全て歌い手でなく役者に任せているのが、やや不自然です。もちろん管弦楽は上手く、魅力的な響きです。カルロス・ファンには最高の名盤でしょうが、伝統的なドイツオペラを好む向きには必ずしもベスト盤にはならないと思います。

613xxyayzgl_ac_ ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送響/合唱団、ベーレンス(S)、コロ(T)、メヴェン(B)、ドナート(S)他(1979年録音/DECCA盤)
クーベリック手兵のバイエルン放送響とのセッション録音であり、悠然としたテンポで管弦楽も合唱も見事に整い仕上げられた演奏です。しかしシンフォニックな響きは良いとしても、ここには劇場の雰囲気は全く有りません。これがワーグナーなら良いのでしょうが、このオペラには不釣り合いのように感じます。合唱も美しいですが、狩人の合唱など、もっと荒々しさが欲しいです。狼谷の場面にも恐ろしさが有りません。このオペラには演奏精度の高さよりも、血が湧き肉踊るような劇的な要素が不可欠だと思います。

51bvz49i0l_ac_ ヴォルフ=ディーター・ハウシルト指揮ドレスデン国立歌劇場管/合唱団、 スミトコヴァー(S)、ゴルトベルク(T)、ヴラシーハ(B), イーレ(S)他(1985年録音/DENON盤)
これは第二次大戦で連合軍の爆撃により瓦礫となり、40年ぶりに再建されたドレスデン国立歌劇場の復興記念ライブです。ハウシルトは主にドイツの歌劇場で活躍して、日本でもN響や新日フィルへ客演指揮しましたが、地味な存在です。しかし名門ゼンパーオーパーでの「魔弾」のライブ録音が聴けるのは嬉しいです。極めてオーソドックスかつ穏やかで目新しさは無いかもしれませんが、ドイツ伝統の舞台が味わえます。録音もこの楽団のいぶし銀の響きを忠実に捉えていて嬉しいです。CD3枚組で幕ごとに収まっているのも聴き易いです。なお、この年には記念演奏会としてヘルベルト・ブロムシュテット指揮で第九が演奏されました(その記事はこちらの中)。

51tlabqk4al_ac_ サー・コリン・ディヴィス指揮ドレスデン国立歌劇場管/ライプチヒ放送合唱団、マッティラ(S)、アライサ(T)、ヴラシハ(B)、リンド(S)他(1990年録音/フィリップス盤)
これはセッション録音であり、ディヴィスの指揮は全体的に悠然とした構えで、シンフォニックに仕上げています。その点ではクーベリックにやや似ていますが、こちらは名門歌劇場オケであることが有利に働いていて、やはりオペラの味を感じます。擬音も多く使われて劇場的な雰囲気を感じさせ、狼谷の場面も中々にリアルです。歌手陣は配役と声質のバランスが的確で聴き易いです。オペラの実演のような奔流のような緊迫感は有りませんが、じっくりと落ち着いた聴き応えは有ります。録音は優秀です。

実は学生時代最初に手に入れたレコード(LP盤)はグラモフォンのヨッフム指揮バイエルン放送響盤でした。今はどこにも見当たらないので手放したようですが、地味ながら古典的なジングシュピールとして良い演奏だったと思います。

ということで、個人的には舞台の臨場感がそのまま楽しめるライブ盤にどうしても惹かれますが、加えて演奏に絶大な魅力が有るとなると、フルトヴェングラー盤とベーム盤の二つに絞られます。
もちろんセッション録音にも凄く惹かれる演奏は有り、カイルベルト盤とマタチッチ盤です。
この四つがマイ・フェイヴァリット盤となりますが、さりとてカルロス・クライバー盤を外すわけにはゆかないのでこれは番外としたいです。

それにしてもドイツビールを飲みながら聴くにはこのオペラは最適です。ドイツの村や森を想い浮かべながらご一緒に如何でしょう?

| | コメント (6)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »