« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月27日 (火)

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲第7番 変ロ長調Op.97「大公」 名盤

Pianotriowoo38

ベートーヴェンはピアノ三重奏曲を全部で7曲書いていますが、第4番「街の歌」は、ヴァイオリンの代わりにクラリネットが入ります。その他にも編曲された作品も有りますが、一般的には7曲とされています。
その中で最も有名なのは第7番「大公」で、古今のピアノ三重奏曲の中でもチャイコフスキーの「偉大な芸術家の思い出」と並ぶ人気作品です。

この曲はベートーヴェンのパトロンであり弟子でもあったルドルフ大公に献呈されたために『大公』と呼ばれます。もしも豊臣秀吉に献呈されていれば『太閤』となりましたね。太閤さんもびっくり!でしょう。
などとお馬鹿な冗談はさておき、この曲は同じ頃に書かれた「エロイカ」の様な雄渾さと風格を持つ傑作です。構成も4楽章と大きいですし、正に「大公」の名に相応しいでしょう。また、三つの楽器が対等に競い合うように書かれているのも、それまでの古典派のピアノ・トリオ作品には余り見られなかった新しさです。

初演は1814年にウィーンのホテルで行われ、ベートーヴェンが自分でピアノを弾き、ヴァイオリンはイグナーツ・シュパンツィヒ、チェロはヨーゼフ・リンケが演奏しました。当時のベートーヴェンは既に難聴になっていたために、他の楽器が聞こえなくなるほど大きな音でピアノを弾いてしまい、必ずしも良い演奏では無かったと伝えられています。そして、これ以後はベートーヴェンが公の場でピアノを弾かなくなりました。

第1楽章 アレグロ・モデラート
「これぞベートーヴェン」という雄渾な主題がピアノで開始されると一瞬にして曲の虜となります。そしてヴァイオリンが続き、チェロのオブリガートがそれを支えます。その後は三者が様々に絡み合い、展開部を終えて終結部に入ると冒頭の主題が奏でられて華やかに終わります。

第2楽章 アレグロ
明るいスケルツォで、心が浮き浮きとするような喜びに満ちています。

第3楽章 アンダンテ・カンタービレ
変奏曲形式で、緩やかな旋律が魅力ですが、単に美しいというだけでなく、幸せな祈りをも感じさせて感動的です。

第4楽章 アレグロ・モデラート - プレスト
ロンド形式で、3連符が効果的に取り入れられていて、躍動感に満ち溢れていてフィナーレに相応しいです。

それでは愛聴盤をご紹介します。ただし所有数は多くありません。

41k7jnrndtl_ac_ アルフレッド・コルトー(Pf)、ジャック・ティボー(Vn)、パブロ・カザルス(Vc)(1928年録音/EMI盤) どうしてこの3人がよく「カザルス・トリオ」と呼ばれるのか不思議です。コルトー、ティボー、カザルス・トリオの最後だけを取ったのでしょうか。それに洒脱な演奏スタイルのコルトー、ティボーと真摯なカザルスとのイメージがどうも合わないのですが、ともかくこのトリオは長く演奏を行い多くの録音を残しました。「大公」はその代表盤です。昔から評論家諸氏により推薦されてきました。確かにこの豊かな表現力の至芸は現代の演奏家こそ見習うべきです。愛好家も一度は聴かないわけには行きません。もちろん音は古いですが、編成が小さいので耳に慣れればさほど気に成りません。

51a2_g3230821w ミエチスラフ・ホルショフスキー(Pf)、シャンドール・ヴェーグ(Vn)、パブロ・カザルス(Vc)(1958年録音/フィリップス盤) 実はカザルスはこの曲の録音を三種類残しました。最初のEMI盤以外はライブですが、これは3回目の録音でベートーヴェンの聖地ボンでのライブです。精神的な演奏家の代表が集まったかの面々で、カザルスの音楽にはこのメンバーの方がずっと合っています。果たして実にゆったりとスケールの大きな演奏で、楽しさには乏しいものの音楽の気宇の大きさにおいて比類が有りません。一切の力みや小賢しさを配した幽玄とも言える演奏で、3楽章から終楽章にかけての感動は計り知れません。3楽章の深淵さには言葉を失い、普通は楽しいだけに終わりがちな終楽章も別の曲の様に聞こえます。ステレオ録音ですし、年代とライブ収録の条件を考えると音質は大変優れています。

51cpuk1cnnl_ac_ ヴィルヘルム・ケンプ(Pf)、ヘンリク・シェリング(Vn)、ピエール・フルニエ(Vc)(1970年録音/グラモフォン盤) 良い意味で最もオーソドックスな秀演だと思います。3人はいずれもハッタリや癖の無い気品に溢れた演奏家で、其々共演する回数もとても多かったですし、確かな技術の裏付けと美音による調和のとれたアンサンブルの美しさたるや比類が有りません。ゆったりとした演奏から醸し出される格調の高さが出色です。この風格はやはりこれぞ「大公」です。従ってこの曲のリファレンスとしてベストの選択と思います。しかし余りに「出来過ぎ君」の優等生であるがゆえに、これだけを聴いていると、他の演奏も聴いてみたいと思うようになるかもしれません。

51jowh4x1il_ac_ ユージン・イストミン(Pf)、アイザック・スターン(Vn)、レナード・ローズ(Vc)(1965年録音/CBS盤) ドイツ・オーストリア的な意味でのオーソドックスさではシェリング達の演奏に一歩譲るかもしれませんが、堂々とした恰幅の良さではむしろ上回ります。円熟して落ち着いた大公ではなく、凛々しく若さある大公のイメージです。第1楽章の主題の輝かしさは如何ばかりでしょう。3人ともいわゆる奥行きのある名人芸ではありませんが、美音を持ち技術的にも大変優れます。聴いていて心が浮き浮きと楽しくなるようなこの演奏を好む方は多いと思います。ただ残念なのは評論家筋に取り上げているのを余り目にしたことが有りません。

51fsz4foo6l_ac_ ダニエル・バレンボイム(Pf)、ピンカス・ズーカーマン(Vn)、ジャクリーヌ・デュプレ(Vc)(1969年録音/EMI盤) 才能に溢れた若き面々によるトリオは幾つもの録音を残しましたが、ベートーヴェンのピアノ・トリオ全集も素晴らしい記録です。三者が其々豊かに歌い上げていますが、それが見事なハーモニーとして融合しています。躍動感に溢れる点でも随一ですし、聴いていて本当に楽しくなります。第1楽章の終結部など決め所での力感も素晴らしく印象的です。3楽章も枯れることなく幸福感一杯です。そして終楽章の生きたリズムによる楽しさや高揚感は白眉です。偉そうにした大公様では無く、少しも偉そうにしない好青年の大公というイメージです。こういうのも実に良いですね。

ということで、あくまでも個人的なお気に入りということをお断りすると、第一にホルショフスキー、ヴェーグ&カザルス盤、二番目がバレンボイム、ズーカーマン&デュプレ盤となります。

| | コメント (8)

2020年10月10日 (土)

ベートーヴェン 三重協奏曲(ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調 作品56) 名盤

Correctedimagebrahmstriowithyoyoma1024x6


ベートーヴェンには「三重協奏曲」と呼ばれる、ピアノ・トリオをそのままソリストにしたユニークな協奏曲が有りますが、正式には「ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための協奏曲 ハ長調 作品56」です。

何とも豪華な編成なのですが、その割にはさほど人気が高くないようです。確かにベートーヴェン特有の音楽の雄渾さや高貴さがそれほどは感じられません。しかし、どこをとっても優雅で美しいですし、すこぶる楽しく機嫌のよいベートーヴェンの心が聞こえてきますので、やはり名曲と呼ぶべきだと思います。

ソリストへの技巧的要求度のバランスの悪さは度々指摘されています。ピアノパートが割と易しく書かれているのは、弟子にしてパトロンにであったルドルフ大公のピアノを想定したからという説が有ります。逆にチェロは高音域が頻出して難しく書かれています。どうしてベートーヴェンがこのような協奏曲を作曲したのかは知られていません。

第1楽章 アレグロハ長調。冒頭のチェロとコントラバスにより重厚に始まり、やがて独奏チェロ、独奏ヴァイオリン、ピアノの順番に登場して華やかに進みます。最後は三人のソリストとオーケストラで力強く終わります。

第2楽章 ラルゴ変イ長調。53小節のみで間奏曲風の短い楽章です。独奏チェロ、木管、独奏ヴァイオリンと続き、切れ目無く第3楽章に入ります。

第3楽章 ロンド・アラ・ポラッカ ハ長調。ロンド形式で、2楽章の短さとは対照的にとても長い終楽章となります。一貫してポーランド風のポロネーズのリズムに乗ってソリストが活躍して楽しいです。その後に主題が再現されるとコーダに入り3人のソリストとオーケストラにより壮麗に終結します。

この曲は録音の数はそれなりに有りますが、演奏会で取り上げる機会は少ないです。やはりソリストに対するギャラが3倍になるのが大きいのでしょうね。
ということで、手持ちのCDもそれほど多くは有りませんがご紹介します。

41hx6ntp1fl_ac_ ヴォルフガング・シュナイダーハン(Vn)、ピエール・フルニエ(Vc)、ゲザ・アンダ(Pf)、フリッチャイ指揮ベルリン放送響(1960年録音/グラモフォン盤) 個人的には好みのソリストが揃っています。名人揃いにもかかわらず、音楽に奉仕しようという誠実な印象を強く受けますし、個人個人にハッタリが微塵も感じられないのが実に好印象です。フリッチャイの指揮もゆったりと落ち着いたテンポで、古き良き時代のドイツ=オーストリアの雰囲気が感じられて素晴らしいです。録音の鮮度が僅かに失われている印象は有りますが、鑑賞には少しも差し支えません。

810ui9amwl_ac_sl1500_ ダヴィド・オイストラフ(Vn)、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(Vc)、スヴャトスラフ・リヒテル(Pf)、カラヤン指揮ベルリン・フィル(1969年録音/EMI盤) しかし録音当時の世界の音楽界の第一人者を並べた凄いメンバーが揃ったものです。意外とソリスト達は力むことなく楽しそうに演奏しているのが微笑ましいですが、それでも特にロストロポーヴィチの名人芸と美音はどうしても光り輝きます。二楽章も非常に美しいです。カラヤン/ベルリン・フィルがいつもの分厚い音でシンフォニックに響かせているのが幾らか曲と不釣り合いに感じなくも無いですが、全体の立派さは流石です。

51pzmkgvhl_ac_ アンネ=ゾフィー・ムター(Vn)、ヨ―・ヨー・マ(Vc)、マーク・ゼルツァー(Pf)、カラヤン指揮ベルリン・フィル(1979年録音/グラモフォン盤) 「カラヤンの再録音」という印象ですが、オーケストラも同じベルリン・フィルで演奏そのものは、ほとんど変わりません。しかし録音に関しては元々差の有るEMIとグラモフォンに更に10年の開きが生まれては新盤が圧倒的に優れます。ヴァイオリンはムターとオイストラフは互角。ピアノはリヒテルがやや優勢。問題はチェロです。ヨ―・ヨー・マの音色、テクニックは優れますが、余計なところでポルタメント気味に弾く癖が好みではありません。品格を損なう結果となりマイナスです。二楽章などがっかりします。

61ixhgs9vol_ac_sl1000_ クリスティアン・フェラス(Vn)、ポール・トルトゥリエ(Vc)、エリック・ハイドシェック(Pf)、マルティノン指揮フランス国立放送管(1970年録音/Dremi records盤) これはマイナーレーベルから出ているライブ録音です。全員フランス人による演奏でドイツ的な厳めしさは当然有りませんが、ライブならではの生命力と感興の高さは随一です。ソリストがお互いにリスペクトし合いながら、既存の型にはまることのない即興性も感じますし、何よりも目の前でたった今音楽が生まれているような新鮮さが有ります。ステレオ録音で音は明瞭で、イコライジングに僅かに癖が感じられたり、ピアノの低域がボコボコいうような音に聞こえますが全体の鑑賞に支障は有りません。

これだけですが、もしもたった一つとなると何だかんだ言って、カラヤンの旧盤に落ち着きそうです。

| | コメント (20)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »