« N響定期公演 クリストフ・エッシェンバッハ指揮 マーラー 交響曲第2番「復活」 | トップページ | ベートーヴェン 歌劇「フィデリオ」全曲 名盤 ~ベートーヴェン生誕250年記念~ »

2020年3月 2日 (月)

マーラー 交響曲第10番 嬰ヘ短調 <クック補筆全曲版> ~新たなる時代への習作~

Gustav_mahler_emil_orlik_1902

マーラーはリヒャルト・ワーグナーのように交響曲という形式から離脱したわけではありませんが、その形式に留まりつつも内容を極限まで肥大化させ、ある意味では交響曲の形式を破壊してしまいました。しかしその創造性たるや驚くべきものがあり、第1番から第9番まで(「大地の歌」を含めて)の交響曲は全てが傑作の名に恥じません。

しかし最後の第10番は、作品が完成する前にマーラーが世を去ったために未完に終わりました。ほぼ書き上げられていた第1楽章アダージョのみが国際マーラー協会による「全集版」として収録・出版されています。

第10番のマーラーの未完の遺稿は5楽章構成から成っていて、第1楽章と終楽章が第9番と同様に緩徐楽章となっています。第2楽章と第4楽章にはスケルツォ的な音楽が置かれ、中間の第3楽章に「プルガトリオ(煉獄)」もしくは「インフェルノ(地獄)」と題される短い曲が置かれています。これらはあくまでデッサンですが、仮に完成していたとしても両端楽章の構成は変わりようが無いと思います。第1楽章はもちろん素晴らしいですが、第5楽章も聴きものです。たとえ良く言われるように補筆版のオーケストレーションの音が薄いとしてもです。

第10番は調性上では第9番以上に無調的な不協和音が多く用いられていて、シェーンベルクはこれを「和声の革新」と称賛しました。しかし、その割には初期の交響曲を想わせるモチーフが幾つも登場して来るのは面白いです。

マーラーの音楽は第8番と第9番とで頂点に達しましたが、第10番にはシェーンベルクなど新時代の音楽家の技法を必ずしも評価していなかった、あるいは「どのように評価してよいか分からなかった」マーラーの葛藤が感じられ、新しい音楽への迷いが感じられます。それまで彼は新時代の音楽の騎手、トップランナーとして走り続けてきましたが、いつの間にか自分が音楽の進化の足取りに後れを取っているのではないかと不安になり苦しんでいるような、そんな印象を受けてなりません。過去の曲のモチーフが登場するのも、前時代のロマン派音楽を引き摺っている自らへの自虐的な皮肉なのかもしれません。

この作品への創作上のブレーキは、そうした新時代の音楽へ思うように進んでゆけない自分へのいら立ちにも有ったのではないでしょうか。完成には程遠いままに終わってしまったこの作品に、あえて「新たなる時代への習作」と記したのはそういう理由からです。

ところで、この曲のスケッチに、妻アルマへ対する言葉が至るところに書き残されていることは有名です。
第3楽章には「死!変容!」、「憐れみ給え! おお神よ! なぜあなたは私を見捨てられたのですか?」、「御心が行われますように!」と書かれています。
第4楽章には「悪魔が私と踊る、狂気が私にとりつく、呪われたる者よ!私を滅ぼせ、生きていることを忘れさせてくれ! 生を終わらせてくれ、私が……」、「完全に布で覆われた太鼓、これが何を意味するか、知っているのは君だけだ! ああ! ああ! ああ! さようなら、私の竪琴! さようなら、さようなら、さようなら、ああ、ああ、ああ」と書かれています。
そして、曲の締めくくりとなる第5楽章のコーダの上には「君のために生き! 君のために死ぬ! アルムシ!」と書かれています。“アルムシ”とはアルマの愛称です。

作曲当時、アルマは湯治先で建築家グロピウスと出会って親密な関係となり、その為にマーラーとアルマの関係はぎくしゃくしたものとなります。これらの書き込みからは当時のマーラーの悲嘆の大きさが伺い知れ、このことが第10番の音楽に反映されているとよく言われます。もちろん精神的な痛手を受けていたことは明らかですが、この曲が未完に終わったことはあくまで音楽的な要因が大きいような気がします。
マーラーは、完成することのできなかった第10番のスコアを焼却するように、アルマに言い残したそうです。しかし、アルマは楽譜を破棄せずに保管していました。

従って、この曲がどこの誰だかわからない人間の手が入った楽譜で演奏されるマーラーの心情を考えると、補筆版を喜んで鑑賞する気にはなれません。自分が基本的に愛聴するのは第1楽章のみです。そもそもマーラー演奏のスペシャリストであるバーンスタインも、テンシュテットも、クーベリックも、ベルティーニも誰一人として補筆完成版を演奏しようとはしませんでした。

補筆版は何人かの音楽学者により編集が行われましたが、イギリスのデリック・クックによるものが最も評価されて多く演奏されています。
一応、所有する補筆版のCDをご紹介します。

414tt2rfqzl_ac_ サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィル(1999年録音/EMI盤) 第9番までなら余り食指を動かされない?ラトルの盤を持っています。案の定、あの第1楽章は深刻さの無いままに、実にあっさりと流れます。ここには後期ロマン派の情念の人としてのマーラーは居ません。新時代の人としてのマーラーが居ます。それなら良い演奏ではないのか?とお叱りを受けそうですが、近年のベルリン・フィルの明るい音は自分の耳には何とも合わないのです。第2楽章以降も同様に、各楽器パートの明瞭で上手いことは確かですが、音楽からは明るい陽射しがまばゆいかのような印象を受けます。

41npxv64fml_ac_ ダニエル・ハーディング指揮ウィーン・フィル(2007年録音/グラモフォン盤) バーンスタインやテンシュテットがウィーン・フィルを指揮して残した第1楽章だけを比べると、ずっとスマートな演奏に感じますが、管弦楽の音色の美しさとそこに情感がそこはとなく漂うのは流石ウィーン・フィルです。それに近年のセッション録音だけあって録音は優秀で、極上のハーモニーが再現されます。第2楽章以降のアンサンブルも強固で文句は一切有りません。ワルツ的な部分の洒落た味わいもこのオケならではです。もしもクック補筆版を聴くとすればCDには余り選択肢が有りませんが、自分にはこれ1枚有れば充分です。

<関連記事>マーラー 交響曲第10番より「アダージョ」 名盤

 

|

« N響定期公演 クリストフ・エッシェンバッハ指揮 マーラー 交響曲第2番「復活」 | トップページ | ベートーヴェン 歌劇「フィデリオ」全曲 名盤 ~ベートーヴェン生誕250年記念~ »

マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。お久しぶりです。
ある音楽評論家がこういったそうです。
「青春の感傷に浸るとマーラーがわかる」
自分自身中学生の時片思いしていた女の子が転校してしまってそこから約半年間うつにかかってしまいました。NHK FMで毎週日曜日の朝9時から名演奏ライブラリーと言う番組が放送されています。自分はそれを聞いていたのですが、ある日その番組でマーラーの交響曲第9番の第4楽章が流れました。それが自分とマーラーとの出会いでした。その日から自分はマーラーに夢中になり、中古のCD屋さんでマーラーの交響曲のCDを11枚全部集め、休みの日は朝から晩まで一日中マーラーを聞いていました。今自分は19歳ですが今はマーラーの交響曲を聞く勇気が出ません。マーラーの交響曲は聞くのが辛いです。うつ病にかかるとマーラーやショスタコービッチがわかるという人がいますが別にそれは間違ってないと思います。
ところでこの交響曲の第5楽章の冒頭に2度打ちつけられる太鼓はマーラーが自分の部屋から見た消防士の葬送の行列で同じように鳴らされていたものです。その太鼓を聞いてマーラーは涙をボトボト流しながら葬送の行列を見送っていたそうです。その後のフルートのソロのなんと美しいこと!これがマーラーの音楽なのかクックの音楽なのか分かりませんがまさにマーラーの白鳥の歌ですね。

投稿: 弦楽器愛好家 | 2020年3月 2日 (月) 16時25分

第3楽章は「子供の魔法の角笛」の「この世の生活」ですが
母親=アルマ、パンが出来る前に餓死した子供=マーラーになりますね。

投稿: 影の王子 | 2020年3月 2日 (月) 18時12分

未完成交響曲の補筆版の認知度

マーラー10>>>ブルックナー9>>>シューベルト7(8)

シューベルトは単なる時間の無駄でした(お金は払ってませんが)

投稿: 影の王子 | 2020年3月 3日 (火) 19時59分

弦楽器愛好家さん

こんにちは。
さすがに中学生の時にはマーラーは聴いていませんでした。大学生になってからでした。
5番ぐらいまでは特に青春の感傷というのにピッタリですね。
私は現在還暦を過ぎていますが、マーラー良いですよ。青春時代を回顧するのに。9番、10番はいずれ訪れる旅立ちが感じられて少々辛くなりますが。10番がマーラーの手で完成されたものを聴きたかったような、怖いような。。。

投稿: ハルくん | 2020年3月 4日 (水) 23時18分

10番は賛同派と否定派で大きく分かれますね。
9番が頂点なのは勿論ですが、彼岸のような高みの9番から改めて人間味、赤裸々な感情の表現へ回帰している10番もまた素晴らしいと思います。
パーティツェルとスケッチで全体構造のほぼ9割程度まで作曲されているので、マーラーの表現したかったことは大体聞き取れると思います。無論マーラーのもう一つの魅力である精緻なオーケストレーションはないのですが。
完成に近い第1楽章も勿論良いのですが、白眉はやはり第5楽章です。フルートの美しさ、再現されたカタストロフィで突如現れる第1楽章の主題など、涙なしで聴くことが出来ません。
さてこの10番には鉄板の名演があります。ギーレンとSWR響の演奏です。これだけは是非聴いていただきたい。

投稿: まっこい | 2020年3月 7日 (土) 13時57分

まっこいさん

マーラーの残した(と言っても本人は残す気がなかったのですが=ここが問題!)素材が良いので、それなりのオーケストレーションを付ければ結構素晴らしい音楽にはなりますね。
それをマーラーとして聴くか他人の作として聴くかが難しい所です。

ギーレンもマーラーを多く演奏していましたね。何故か聴いたのはベルリンPOとの7番ぐらいです。10番以外では何番がお勧めですか?

投稿: ハルくん | 2020年3月 8日 (日) 23時05分

マーラーの『第10』デリック・クック補筆完成版と申しますと、愚生がクラシック愛好道に分け入ってから、それほど経って居なかった1976年頃でしたが、ウィン・モリス&ニュー・フィルハーモニア管弦楽団のPhilips原盤の演奏が、リリースされていたのを、思い出しました。尤も当時の『レコ芸』月評担当者は、この版を『トルソーにも値しない。』、演奏も『のっぺりとして、所々で大いに力んで見せるだけのものだ。』と、散々に仰って居られましたけれども(笑)、今仮に聴いてみたら案外そうでは無いんじゃ無いかと、勝手に想像しております。タワーレコードの企画盤で復活した覚えがございますので、一聴してみたいな‥と、思っております。最近例えばブルックナー/『第5』のシャルク改訂版を面白いと、再認識の傾向や気運も高まって居るようですし‥。

投稿: リゴレットさん | 2020年3月 9日 (月) 00時31分

リゴレットさん
マーラー10番の様々な補筆版、ブル5のシャルク版、面白いと感じるかどうかは聴き手次第ですね。良い悪いの問題ではありませんので。

ちなみにシャルク版は全く好みませんが、クナ/ウイーンPOで聴くと、そんじょそこらの原典版による演奏よりも魅力を感じてしまいます。

投稿: ハルくん | 2020年3月 9日 (月) 12時48分

ブルックナー/『第5』のシャルク版、ロジェストヴェンスキー&読売日本交響楽団のライヴCDが、大いに話題になっているようですし、Telarcレーベルにもボッツタインなる指揮者の演奏、在ったような覚えがございます。指揮者による緩急のテンポ操作、各パートの抑えに強調の相違で、同一譜面でも別物のごとく聴こえますから、面白そうです。

投稿: リゴレットさん | 2020年3月 9日 (月) 16時50分

リゴレットさん

案外と良かったのはNAXOSのゲオルグ・ティントナー盤でした。

投稿: ハルくん | 2020年3月10日 (火) 13時51分

ティントナーのブルックナー/『第5』も、シャルク版を使っていたのでしょうか。不勉強で知りませんでした(笑)。

投稿: リゴレットさん | 2020年3月11日 (水) 05時50分

リゴレットさん

すみません。シャルク版の訳は無いですね。
ただのハース版だったかと思います。なにしろ聴いたのが昔のことで勘違いをしたようです。

投稿: ハルくん | 2020年3月11日 (水) 09時02分

ギーレンとSWR交響楽団の全集ですが、実はまだ全部を聴いていないのです。
全集に入っていない10番は第4楽章、第5楽章が超絶名演と言えます。クック補筆盤では文句なしの最上位です。

さてその他ですが、私の好きな3、5、6、9番は聴きました。
3番はやや個性的ながらまずまず名演だと思います。5番も第3、4楽章が個性的ですが名演でした。しかし6番はあまり感心しません。9番は第1楽章が非常に良く、第3楽章も優れているのですが、終楽章がかなり変わった速度設定で違和感があります。名演にはちょっと及ばずと言ったところでしょうか。

2,4,7盤あたりまで聴かないと全集としての評価は難しいのでしょうが、比較的レベルの高い全集のように思います。

投稿: まっこい | 2020年3月22日 (日) 22時47分

まっこいさん

ありがとうございます。やはり自分で聴いてみないと分からなそうですね。
2番、5番、それに9番あたりは聴いてみたいです。
そもそもマーラーの「全集」で全てが良いなんて演奏家はまず存在しないでしょうからね。

投稿: ハルくん | 2020年3月24日 (火) 12時46分

マーラー10番の慶應義塾の無観客演奏会同時配信LIVEで聴きました。(サントリーホールのガラガラで残響が2倍以上)初めて聴く曲でしたが、いやはや指揮者とトレーナーのおとしどころがなかなかいい。CD買う余裕はないですが、10番はいけますね。 クック版でした。

投稿: 宮下 仁 | 2020年4月 4日 (土) 08時25分

宮下さん、大変ご無沙汰しています。
久しぶりのコメント嬉しいです!

慶応ワグネルはレベルが実に高いですね。千住真理子のように音大へ行かずとも上手い人がゾロゾロ居るのではないかと思えてしまいます。
10番はマーラーの作品としてとらえるかどうかが分かれ目ですが、気にしなければ良い曲です。1楽章と5楽章は特に素晴らしいですね。

投稿: ハルくん | 2020年4月 6日 (月) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« N響定期公演 クリストフ・エッシェンバッハ指揮 マーラー 交響曲第2番「復活」 | トップページ | ベートーヴェン 歌劇「フィデリオ」全曲 名盤 ~ベートーヴェン生誕250年記念~ »