« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月19日 (木)

G.F.ヘンデル オラトリオ「メサイア」 名盤

Messiahclouds1489x900

毎年12月になると第九と並んで頻繁に演奏されるのが、ヘンデルの「メサイア」ですね。タイトルは「メシア(救世主)」の英語読みですが、チャールズ・ジェネンズという人が受難週の演奏会のために聖書を元にしてイエスの生涯をテーマとした台本(歌詞)を書きました。
その後、ヘンデルがジェネンズの台本を使ったオラトリオをアイルランドの慈善演奏会のために作曲しました。1741年のことです。

作品は三部から構成されます。
第1部: メシア到来の預言と誕生、メシアの宣教
第2部: メシアの受難と復活、メシアの教えの伝播
第3部: メシアのもたらした救い〜永遠のいのち

「メサイア」は翌年1742年4月にダブリンで初演されて聴衆から大喝采を受けました。更にその翌年にはロンドンで初演されますが、この時は宗教的な内容の作品を劇場で演奏するのは神に対する冒涜であるという非難を受けたことから、その後は余り演奏されませんでした。
しかしヘンデルは捨子養育院での慈善演奏会で「メサイア」を毎年演奏したので、次第に評価が高まりました。

「メサイア」の初稿の編成はシンプルなものでソプラノ、アルト、テノール、バスの独唱と合唱、それに弦楽オーケストラで、それ以外には「Glory to God /神に栄光があるように」でトランペットのソロが有るだけでした。その後、ロンドン初演でオーボエとファゴットが追加され、更に何回にも亘って改訂・再演された為に楽譜には何種類もの版が有ります。

19世紀半ばになると500人のオーケストラと2000人の合唱によって上演されたり、やがては4,000人にのぼる合唱団によって上演されました。こうした巨大な編成による演奏は20世紀になっても続けられましたが、ヘンデルの原作から離れ過ぎているという批判も起きました。

第2部最後の「ハレルヤ」(俗に“ハレルヤ・コーラス”)は超有名で、ロンドンで演奏された際に国王ジョージ2世が、「ハレルヤ」の途中で起立したために、聴衆も皆続いて立ち上がったという逸話がありますが、これはどうやら史実ではないようです。

いずれにしても「メサイア」はヘンデルの唯一の宗教オラトリオですが、「ハレルヤ」以外にも美しい曲がずらりと並んでいて、バッハの受難曲やミサ曲と並ぶ、宗教音楽の傑作です。

それでは愛聴盤をご紹介します。LP盤時代にはエードリアン・ボールト指揮ロンドン交響楽団の壮麗な演奏を愛聴しましたが、今はヘンデルのオリジナルに近いピリオド編成の演奏を好みます。

Hen255
クリストファー・ホグウッド(指揮)オックスフォード・クライスト・チャーチ聖歌隊、エンシェント室内管弦楽団、ジュディス・ネルソン(ソプラノ)、エマ・カークビー(ソプラノ)、キャロライン・ワトキンソン(コントラルト)、ポール・エリオット(テノール)、デイヴィッド・トーマス(バス)(1979年録音/DECCA盤)
ピリオド楽器による「メサイア」の初期の録音ですが、ホグウッドがこの曲が作曲された時代に実際に上演された版を忠実に再現することを目指した力作だったので、今聴いても新鮮さは全く失われていません。主兵のエンシェント室内管はもちろん優れていますし、合唱のソプラノパートを歌う聖歌隊がまた大変に美しいです。もちろんセッション録音なので選抜した少人数が歌ったのを音編集している可能性は否定できませんが、とにかく少年合唱ならではの清純さが滲み出ていて心を打たれます。これをプロの女性コーラスと比べてどうのこうの言うのは野暮というものです。ソリストも万全と言いたいところですが、ネルソン、カークビー、ワトキンソン、エリオットに比べてバスのトーマスのみがやや平凡です。録音は残響が豊かなので実際に大聖堂で聴いている気分を得られます。これは敬虔さと音楽美が両立した不滅の名盤だと思います。

Hen510ycdb5tl
スティーヴン・クレオバリー(指揮)ケンブリッジ・キングス・カレッジ合唱団、 ブランデンブルク・コンソート、リン・ドーソン(ソプラノ)、ヒラリー・サマーズ(アルト)、 ジョン・マーク・エインズリー(テノール)、アラステア・マイルズ(バス)(1994年録音/Briliant盤)
オックスフォードに対抗するのはやはりケンブリッジ、ということでは有りませんが、ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団は、少年と成人男声だけの聖歌隊スタイルで500年以上の歴史を持ちます。これはちょうど先月亡くなった英国宗教音楽の大御所クレオバリーが指揮してオランダの聖ペテロ教会で行った演奏会の録音です。ディスク化するには条件的に難しいライブですが、ここではむしろ生演奏の緊張感がプラスに働いていて、些細な傷など全く問題とならない感動的な演奏となっています。4人のソロイスト版で、皆素晴らしいですが、看板のコーラスの魅力と言ったら言葉になりません。むろんプロのコーラスに比べれば精度やテクニックで劣りはしますが、その敬虔な歌声には抗し難い魅力が有ります。ブランデンブルク・コンソートの演奏も見事で、テクニック、音色、躍動感、すべてが完璧です。録音も優秀ですし、これはかけがえのない名盤だと思います。

Hen61kdh4qwkhl
アンドリュー・パロット(指揮)タヴァナー・プレイヤーズ&合唱団、エマ・カークビー(ソプラノ)、エミリー・ヴァン・エヴェラ(ソプラノ)、マーガレット・ケイブル(メゾ・ソプラノ)、ジェイムズ・ボウマン(カウンターテノール)、ジョゼフ・コーンウェル(テノール)、デイヴィッド・トーマス(バス)(1988年録音/EMI盤)  
パロット主兵の古楽器団体、タヴァナー・コンソート&プレイヤーズの演奏ですが、重々しくならない適度なテンポで、各パートをクリアに響かせて、対位法的な動きを非常に面白く聴かせています。彼らのバッハの受難曲やミサ曲の演奏には峻厳さが余り感じられないのが不満でしたが、ヘンデルのこの曲ではその「軽み」がむしろプラスに作用していて、大変に魅力的です。ホグウッド盤と同じくソプラノはソリスト二人が分け合いますが、主にアリアをカークビーが、レチタティーヴォやそれ的なところをエヴェラが受け持っていて、ホグウッド盤よりもカークビーの出番が多いのは嬉しいです。徹底したピリオド奏法の器楽演奏も優秀ですが、とにかく全ての音がクリアに耳に聴こえてくるのはセッション録音の成せる業で、これはライブ収録では到底不可能です。逆に言えば、自分の家で純音楽的に鑑賞するのであれば最上の名盤なのかもしれません。

さて、この三種類のCDはどれも素晴らしく外せないものばかりですが、個人的な好みで言えば、少年合唱の加わったホグウッド盤とクレオバリー盤を聴くときに最も幸せを感じます。

| | コメント (2)

2019年12月15日 (日)

ブラームス国際コンクールのピアノ部門第一位のピアニスト三原未紗子さん NHK-FM リサイタル・パッシオに出演

78435459_2713983388659226_65531924580694
  

ブラームスが毎年夏になると訪れたことで知られるオーストリアの避暑地ペルチャッハで開催されるブラームス国際コンクールの今年のピアノ部門で第一位の栄冠に輝いたピアニスト三原未紗子さんが、今夜のNHK-FM 金子三勇士さん司会のリサイタル・パッシオに出演します!
https://www4.nhk.or.jp/r-passio/
NHK-FM放送
放送時間:12/15(日) 20:20-20:55
再放送:12/20(金) 09:20-09:55

※三原さんの演奏をぜひ生演奏で聴きたくなったという方のために近日開催される公演の案内です。

72842459_2646867192037513_44669391781012
79822730_728463094318657_237354675624896
78270099_2727064517351113_36824072319045

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

伊藤悠貴&上原彩子デュオ・リサイタル ~オール・ラフマニノフ~

79774670_1491011974381371_45474553623362

 
国内外で大活躍の若手チェリスト伊藤悠貴さん。すでに日本を代表するチェリストの一人となりました。

今年の春に紀尾井ホールで開いたリサイタルでは話題のピアニスト藤田真央さんとの共演で圧巻のオール・ラフマニフ・プログラムを披露してくれましたが、来年もまた全てラフマニノフで構成します。そして共演するピアニストは、あの上原彩子さんです!

注目すべきはプログラムになんと交響曲第2番のアダージョのチェロ&ピアノ編曲版が入っています!いったいどんな風になるのか楽しみですね♬

2020年5月15日(金)13:30開演で、会場は横浜みなとみらい大ホールです。

平日のアフタヌーンコンサートですが、たとえ仕事を放り投げても聴きに行かねばなりません!(笑)というわけでチケット発売初日の昨日、さっそくGETしましたが、既にかなり売れていました。興味のある方は大急ぎで購入されるのが宜しいかと思います!

| | コメント (2)

2019年12月11日 (水)

シューマン 交響曲第2番 名盤 ~苦難から歓喜へ~

   Fig1_20191125124901

シューマンの交響曲でポピュラーなのは1、3、4番です。それは、どの曲にもシューマンらしいロマンティックで美しいメロディラインが沢山盛り込まれていて親しみ易いからでしょう。それに比べると2番は趣が異なり、短い動機や経過句ばかりが目立ち、明確なメロディラインが余り登場しません。そのことが一般的な人気の無さに繋がっているのだと思います。

しかし、この作品がつまらないか、というとそんなことは無く、逆にマニア好みの秀作です。特に第3楽章の悲劇的で美しい曲想には抗し難い魅力が有ります。その深々とした雰囲気に浸っていると、何となくブルックナーのアダージョでも聴いているな気分にもなります。2番は日本では演奏会で余り取り上げられませんが、ヨーロッパではむしろ2番と3番の演奏機会が多いのだそうです。ジョージ・セルのように明らかに2番を多く取り上げるマエストロも存在します。

一方で第2楽章のような難所も有ります。延々と続くヴァイオリンのスピッカートはシューマンのソナタや室内楽にもしばしば見られますが、大編成でこれを要求されると優秀なオーケストラでないと音がゴチャゴチャに聞こえてしまいます。それもまたマニアの耳を楽しませるのかもしれませんが。

シューマンはこの曲を既に精神疾患に悩まされていた1845年末から約1年間を費やして作曲しましたが、その間にも幻聴や耳鳴りのために作曲を一時中断し、双極性障害の症状も現れるようになっていました。しかし完成したこの曲の終楽章の輝かしさを耳にすると、苦難と危機を克服して書き上げることが出来た“歓喜の歌“にも思えます。

さて、それでは愛聴盤をご紹介してみたいと思います。

51hiagsyixl__ac_ ジョージ・セル指揮クリーヴランド管(1957年録音/ERMITAGE盤) 2番を好んで演奏したセルには全集盤が有りますが、これはマニアには知られたルガーノでのライブ録音です。さすがと言うか、実演でもクリーヴランドの鉄壁の合奏力は揺らぎなく、切れの良さと緊迫感が素晴らしいです。難を言えば金管楽器の音色が明晰過ぎてシューマン特有のくすんだ響きからは遠い点です。

Cci00034 フランツ・コンヴィチュニー指揮ライプチヒ・ゲヴァントハウス管(1960年録音/Berlin Classics盤) シューマンゆかりのライプチヒのゲヴァントハウス管の演奏です。60年代初頭当時のこの楽団の古風な音色が魅力です。弦楽の厳格な弾き方は旧東ドイツ特有のものです。コンヴィチュニーの指揮はややゆっくり目に感じますが堂々と立派なもので現代のスマートな演奏とは一線を画します。聴くほどにじわじわと味わいの増す好きな演奏です。

91tjgjdkunl__ac_sl1500_ ジョージ・セル指揮ベルリン・フィル(1969年録音/Testament盤) セルにはもう一つライブ録音が有り、ベルリン・フィルへの客演と興味深いものです。しかしこの時の演奏は非常に素晴らしいです。クリーヴランドのそれと比べてもアンサンブルは遜色なく、しかもドイツ的にブレンドされたまろやかな響きが大変に魅力的です。録音がそれほどパリッとしない分、逆にアナログ的な印象を受けて聴いているうちに全く気にならなくなります。

  P2_g3245420w ウォルフガング・サヴァリッシュ指揮ドレスデン国立管(1972年録音/EMI盤) シュターツカペレ・ドレスデンの全盛期の音は柔らかく厚みが有り、いぶし銀の響きが最高です。EMIと東独エテルナとの共同制作の録音がそれを忠実に捉えています。演奏はことさら劇的に聴かせることは無く極めてオーソドックスで、全集の中では余り目立ちませんが、やはり良い演奏です。

Cci00034b ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送響(1979年録音/SONY盤) 導入部がゆったりと開始されたかと思うと、主部は速めのテンポで闊達になります。曲の各部の気分による変化を明確につけているのは良いのですが、幾らか小賢しさを感じないでもありません。オケのふくよかで柔らかい音は魅力的で、この曲に適しています。うるさいことを言わなければ中々に良い演奏だと思います。

231 ズービン・メータ指揮ウイーン・フィル(1981年録音/DECCA盤) DECCAの録音が捉えたウイーン・フィルの音がとにかく美しく、透明感が有りながらも薄さは無く、極上の響きを味わえます。メータの指揮は健康的で躍動感が有りますが、オケを適度に歌わせていて魅力的です。3楽章では静かに深く沈み込んで行く雰囲気を十全に醸し出しています。但し全集の中では1番、3番当たりの方が出来は良いように思います。

61iou1uvhyl__ac_sl1015_ レナード・バーンスタイン指揮ウイーン・フィル(1985年録音/グラモフォン盤) バーンスタインもまた第2番を好んで演奏した一人です。ロマンティシズムに溢れ、緩急とディナーミクの振幅の幅の大きな表現です。3楽章など一瞬マーラーかと思うほどです。その為に古典的な造形感は失われていて、聴き手の好みは分かれるかもしれませんが、ウイーン・フィルの気迫あふれる力演は説得力が有り、非常に聴き応えを感じます。

Schuman_vonk_654 ハンス・フォンク指揮ケルン放送響(1992年録音/EMI盤) ケルンの大聖堂を想わせるような響きです(なんて陳腐な言い方??)。ふくよかで目の詰んだ響きがいかにもドイツ的で、シューマンの音楽に適しています。フォンクの指揮も全体にゆったりと陰影を生かした表現で中々に素晴らしいです。終楽章の彫の深いリズムと表情も秀逸です。フォンクの残した全集には中々の名演が揃っています。

Iimg1200x10681536227310sqqwqs195512 ジョゼッぺ・シノーポリ指揮ドレスデン国立管(1993年録音/グラモフォン盤) 同じSKドレスデンの演奏でも、サヴァリッシュよりもゆったり気味でスケール感が増していて堂々とした印象です。管楽器などのソロの質の高さではサヴァリッシュの録音の時のメンバーの方が上なのですが、流石に20年の差は大きく、こちらは録音の優秀さでカバーしています。

M44045296582_1 リッカルド・ムーティ指揮ウイーン・フィル(1995年録音/フィリップス盤) 颯爽としたテンポで駆け抜けるいかにもムーティらしい生命力のある演奏です。全体的にアンサンブルが非常に優れますが、それでいてメカニカルに感じないのは流石はウイーン・フィルです。また3楽章には深い味わいを感じさせます。それにはウイーン・フィルの美音を十全に捉えた録音も大きく貢献していると思います。

Cci00036 クリストフ・エッシェンバッハ指揮北ドイツ放送響(1998-9年録音/RCA盤) 北ドイツ放送響の厚みの有る暗い響きがシューマンの音楽にぴったりです。おまけにエッシェンバッハの指揮がじっくりとした構えでそれに輪をかけます。三楽章の悲劇的な雰囲気はバーンスタインに並びますが、どこまでも沈滞した感じが最高です。終楽章でさえ決して開放的では無く、暗さを感じさせるのがユニークです。この人の全集録音の中でも最も優れていると思います。

190759434123 クリスティアン・ティーレマン指揮ドレスデン国立管(2018年録音/SONY盤) 来日の際にサントリーホールで行われた全曲チクルスのライブ録音です。後期ロマン派的な重厚感のあるスタイルで、会場で聴く生演奏は素晴らしかったと想像しますが、こうしてCD化されてみると歴代の層々たる名盤にはやや聴き劣りしてしまいます。とはいえ中では2番の演奏が最も気に入っています。

以上、中々の名演奏が並びますが、個人的には最もユニークかつ聴きごたえの有るエッシェンバッハ盤がお気に入りです。次点としてはバーンスタイン盤というところでしょうか。

| | コメント (16)

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »