« ベルリン放送交響楽団 2019日本公演 | トップページ | シューベルト 歌曲集「白鳥の歌」 名盤 ~いっそセレナーデ~ »

2019年4月 1日 (月)

伊藤悠貴 チェロ・リサイタル ~オール・ラフマニノフ・リサイタル~

52914692_1251949904954247_90146297629114_1

先週3月29日(金)に、今や押しも押されぬ若手のトップチェリスト伊藤悠貴のリサイタルが紀尾井ホールで開催されました。

このコンサートは、昨年6月にロンドンに有る室内楽演奏の世界の殿堂ウィグモアホールで開かれたオール・ラフマニノフ・プログラムの日本での再現となったものです。日本ではやはり若手で大注目株のピアニスト藤田真央との共演となりました。

プログラム後半に演奏されたチェロ・ソナタのような元々チェロ用の曲はもちろんですが、前半もチェロ用の曲以外のピアノ独奏曲や歌曲を並べて、それらを全てチェロで演奏するという、ロンドンでも日本でも前代未聞のプログラムです。
「ラフマニノフの神髄は歌である」と主張する伊藤悠貴以外には考えつかないプログラム構成で、彼のテクニックは抜群ですが、あえてそれだけで勝負をせず、結果的に「器楽的なチェロ」というよりも「チェロという楽器そのものの深い音色と歌の魅力」を通常のプログラムよりも300%、いやそれ以上に私たちに届けてくれた演奏会となりました。

伊藤悠貴のデリカシーに溢れる美しいチェロの音と藤田真央の透き通るように美しく柔らかなピアノの音との混ざり具合は抜群のハーモニーを奏でていました。

アンコール最後の曲として演奏された「ヴォカリーズ」では消え入りそうで消え入らないピアニシモによる哀しみが心の奥底に何と痛切に浸み渡ったことでしょうか。

Dscn4215_1

|

« ベルリン放送交響楽団 2019日本公演 | トップページ | シューベルト 歌曲集「白鳥の歌」 名盤 ~いっそセレナーデ~ »

名チェリスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルリン放送交響楽団 2019日本公演 | トップページ | シューベルト 歌曲集「白鳥の歌」 名盤 ~いっそセレナーデ~ »