« シューベルト 歌曲集「美しき水車小屋の娘」 名盤 ~さすらい人の子守歌~ | トップページ | 伊藤悠貴 チェロ・リサイタル ~オール・ラフマニノフ・リサイタル~ »

2019年3月25日 (月)

ベルリン放送交響楽団 2019日本公演

Img_0258

土曜日は自宅からほど近いハーモニーホール座間でベルリン放送交響楽団のコンサートを聴いてきました。指揮はウラディーミル・ユロフスキー、独奏ヴァイオリンは諏訪内晶子さんです。
プログラムの前半がブラームスのヴァイオリン協奏曲、後半がベートーヴェンの交響曲第7番でした。

諏訪内さんの生演奏は久しぶりですが、相変わらず艶やかなお姿で舞台に映えます!彼女のブラームスの協奏曲を聴くのは初めてでしたが、演奏にはパッションが充満していました。特に三楽章がオーケストラ共々、ラプソディックな雰囲気と激しいリズムがとても素晴らしかったです。ユロフスキーの細部へのこだわりも相当なもので、音の変化が聴いていて実に楽しいです。
後半のベートーヴェンでも次々と現れる動機毎に細かく音のニュアンスを変化させていて凄かったですね。終楽章などともすると熱演、爆演に感動して終わり!(もちろんそれは良いのですが)となりますが、そうでは無く彫琢の限りを尽くしているのは、随分前にアーノンクールとウイーン・フィルで聴いたこの曲の演奏以上でホント凄かったです!

ご近所でこういう演奏を低価格で聴けるというのは実にありがたいことです。

|

« シューベルト 歌曲集「美しき水車小屋の娘」 名盤 ~さすらい人の子守歌~ | トップページ | 伊藤悠貴 チェロ・リサイタル ~オール・ラフマニノフ・リサイタル~ »

演奏会(オムニバス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シューベルト 歌曲集「美しき水車小屋の娘」 名盤 ~さすらい人の子守歌~ | トップページ | 伊藤悠貴 チェロ・リサイタル ~オール・ラフマニノフ・リサイタル~ »