« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月25日 (金)

西山舞音&三原未紗子 デュオ・リサイタルへのお誘い

47324003_2088685121422055_275790614

本当に素晴らしい若手演奏家のリサイタルを企画することが出来ました。先週金曜日のFM東京「シンフォニア」の放送でも紹介をされました。

昨年のブラームス国際コンクールのヴァイオリン部門で第二位を受賞した若き逸材、西山舞音さんの一時帰国に合わせてコンクール受賞記念コンサートが実現します。
かのジネット・ヌヴーに最も傾倒しているという彼女ですが、11歳で渡欧留学、16歳でウイーン国立音楽大学に合格して現在18歳のその実力を是非とも聴いてください。
共演されるピアニストはベルリン芸術大学、ザルツブルクモーツルテウム音楽大学大学院をどちらも首席で卒業して昨年帰国、その類まれな深い音楽表現力に魅了されるファンが急増中の三原未紗子さんです。

会場の小黒恵子童謡記念館の所蔵するピアノ、ベーゼンドルファー製97鍵盤のインペリアルは特別な装飾の施された日本に3台しかない記念モデルで、その深く柔らかい音色は木造りの記念館の響きと美しく溶け合って言葉を失うほどです。三原さんの奏でるこの銘器に西山さんがどんな音を重ねてくれるか今から期待が膨らむばかりです。

♪ 予定曲目♪

エルガー:愛の挨拶
シューベルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナチネ イ短調 D.385
バッハ=ラフマニノフ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータBWV1006 ホ長調よりプレリュード、ガヴォット、ジーグ
クライスラー:レチタティーヴォとスケルツォ・カプリス Op.6
クララ・シューマン:3つのロマンスOp21より第1番
ブラームス:ヴァイオリンソナタ第3番 二短調 Op.108
クライスラー:ウィーン奇想曲 Op.2

☆記念公演の概要
2019 2月2日(土)19:00開演(18:40開場)
会場:小黒恵子童謡記念館 東急田園都市線高津駅より徒歩約10分
前売券 3000円 (当日3500円)
 
お申込み&お問い合わせ 県央音楽家協会(朝倉) 
TEL:090-6009-7213    
E-mail: asakura_haru@nifty.com
 
☆出演者プロフィール
西山舞音 Maine Nishiyama (ヴァイオリン)
2000年、神奈川県相模原市生まれ。現在、ウィーン国立音楽大学3学年在籍。 5歳でヴァイオリンを始め、2011年に11歳でウィーンに留学。 バッハシューレやムジークギムナジウムで学び、2016年、16歳でウィーン国立音楽大学に合格する。
これまでに大原康子、佐久間礼子、アレキサンダー・アレンコフ、ボジダラ・クズマノヴァ、エリザベス・クロップフィッシュの各氏に師事。
2010年 鎌倉音楽コンクール第2位、 2016年 オーストリアESTAトーナメント パガニーニ部門第1位、 2017年 ユネスコクラブ ヴァスコ・アバジエフ国際ヴァイオリンコンクール第1位、 2018年 ヨハネス・ブラームス国際コンクール ヴァイオリン部門第2位。
18歳という年齢を感じさせない楽曲への深い洞察力、高い演奏技術と表現力が持ち味で将来を大いに嘱望されている。
 
三原未紗子 Misako Mihara (ピアノ)
神奈川県藤沢市生まれ。桐朋学園大学音楽学部、同研究科を修了。ドイツ国立ベルリン芸術大学を最高位で卒業。平成29年度文化庁新進芸術家在外研修員としてオーストリア国立ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学大学院に在籍し首席卒業。2018年完全帰国。
これまでにジャック・ルヴィエ、ズラータ・チョチエヴァ、二宮裕子、小森谷泉、土肥由美子、山本光世の各氏に師事。
2015年第24回ABC新人コンサート・オーディション最優秀音楽賞を受賞。2016年第62回マリア・カナルス国際コンクールにて審査員よりメダルを受賞。グランド・プライズ・ヴィルトゥオーゾ‘ザルツブルグ’国際音楽コンクール 2016第1位。第12回ルーマニア国際コンクール ピアノ部門第1位、併せて日本ルーマニア音楽協会理事会賞を受賞。2017年第24回ヨハネス・ブラームス国際コンクールセミファイナリスト、審査員特別賞を受賞。第5回アルコバッサ国際室内楽コンクールにて第2位最高位、併せてポルトガル作品最優秀演奏賞を受賞する。2018年第7回せんがわピアノオーディションにて最優秀賞を受賞し、2019年2月にリサイタル予定。2016年第24回ABCフレッシュコンサートにて飯森範親氏指揮、日本センチュリー交響楽団と共演し、その模様とインタビューがABC朝日放送によりドキュメンタリー番組として放送された。2017年文化庁/日本演奏連盟主催 新進演奏家育成プロジェクト・リサイタルシリーズTOKYO61に選出され東京文化会館にてリサイタルを開催。2018年日本ショパン協会パウゼシリーズリサイタルに出演。在ドイツ日本国大使館でのリサイタルの他ドイツ、オーストリア、オランダなどヨーロッパ各国でリサイタルを開催し好評を得る。日本財団ランチタイムコンサート、日本ブラームス協会例会、第82回読売新人演奏会、期待の音大生によるJTアフタヌーンコンサート、第20回JMCコンサート、ヤマハサロンコンサートin GINZA 2012に出演。ベルリン芸術大学主催Corporate Concert、 Konzert für die Nationen、Fête de la musique、モーツァルテウム音楽大学主催Futures Mastersに推薦される他、アルコバッサ国際音楽祭2018(ポルトガル)、オーフォード国際音楽祭(カナダ)、マコン夏の音楽祭(フランス)、エクサンプロヴァンス・ピアニストたちの夕べ(フランス)に出演する。現在、ソロ・室内楽と幅広く活躍している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

2019年 謹賀新年 ~猪突猛進!~

Dsc00305l2_2

 

皆様、明けましておめでとうございます!

 

昨年はおかげさまで「ハルくんの音楽日記」ブログ開設10周年記念のイヴェントも開催することが出来ました。これもすべて皆様のおかげです。

 

ここ数年は地元音楽家協会の運営、コンサートの主催、CD制作など、リアル音楽活動が大変忙しくなってしまい、中々新しい記事のアップが出来ずにアップアップです。しかし通勤中の音楽鑑賞は毎日続いていて、ピアノ曲、室内楽、声楽曲やオペラなど記事にしたいテーマは沢山あります。これからも地道に続けてゆきます。

 

戌年から亥年に変わったことですし、今年の抱負は『猪突猛進』です。
我が家の愛犬もイノシシに成りました。

 

本年もどうぞよろしくお願い致します!

 

2019年 正月
ハルくん

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »