« イヴ・アンリ教授 レクチャーコンサート「ショパンからドビュッシーへ」 | トップページ | 「県央音楽家協会 設立二周年記念コンサート」のお知らせ »

2018年9月23日 (日)

N響C定期 シベリウス「クレルヴォ」作品7

Photo

昨日22日のこと。NHKホールでN響C定期を聴きました。プログラムはシベリウスの「クレルヴォ」作品7、それに「フィランディア」他でした。
指揮はパーヴォ・ヤルヴィですが、目玉はソプラノにヨハンナ・ルサネン、バリトンにヴィッレ・ルサネンのフィンランド人歌手を揃え、エストニア国立男性合唱団を招いたことです。
「クレルヴォ」は若きシベリウスが民族叙事詩「カレワラ」から題材をとった壮大な管弦楽作品ですが、民族的な色合いを強く漂わせる音楽が本当に素敵で溺愛しています。
ところが滅多に演奏されないので今日初めて実演で聴くことが出来て感激しました。
「フィンランディア」も素晴らしかったです。この曲は誰が何と言おうと男声合唱団が加わる演奏が最高です。
今日、もう一つ嬉しかったのは、ブログでちょうど10年のお付き合いとなる”オペラファンさん”が香川からはるばるお越しになり、長年の念願が叶って初対面出来たことでした。ブログの上でこのような素晴らしいお付き合いが出来ることは決して多くありませんが、人と人との素晴らしい関係は必ずしも形を選ばないという証ですね。 <関連記事> シベリウス 「クレルヴォ」 名盤 ~幻の傑作

|

« イヴ・アンリ教授 レクチャーコンサート「ショパンからドビュッシーへ」 | トップページ | 「県央音楽家協会 設立二周年記念コンサート」のお知らせ »

シベリウス(管弦楽曲)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/74255390

この記事へのトラックバック一覧です: N響C定期 シベリウス「クレルヴォ」作品7:

« イヴ・アンリ教授 レクチャーコンサート「ショパンからドビュッシーへ」 | トップページ | 「県央音楽家協会 設立二周年記念コンサート」のお知らせ »