« 2018年3月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

ショパン 「練習曲集」(エチュード) 名盤

Cho_etu_op10_03

ショパンの練習曲(エチュード)集は作品10の12曲、作品25の12曲、作品番号無しの新練習曲の3曲と全部合わせて27曲が楽譜に残されていますが、一般的には作品10と作品25が圧倒的に有名で、この24曲だけでレコーディングされることも多いです。

作品10が発表されたのはショパン23歳のときで、フランツ・リストに捧げられました。
これらの作品はその名の通り”練習曲”として書かれていますが、極めて難易度の高い演奏技術の鍛錬を目的としています。その反面、音楽的にも大変優れているのでコンサートピースとして広く演奏されています。
作品10と作品25では幾らか性格が異なり、高度な技術的要素が前面に現れる作品10に対して、作品25では高度な技術要素を越えた充実した音楽内容が一層感じられます。しかし作品10にはあの美しい名曲「別れの曲」(原題はTristesseで本来は”悲しみ”と訳されます)が有りますし、中々に甲乙は付けにくいです。

それでは愛聴盤をご紹介してみます。
 
Chopin_51htoorwail_sy355_アルフレッド・コルトー(1933-34年録音/EMI盤)(1942年録音/EMI盤) 所有しているBOXセットには2種類の録音が含まれています。録音時期に10年近くの開きがあるので再録音盤は音そのものは明確なのですが、サーフェイスノイズが大きいのがマイナスです。肝心の演奏は似たり寄ったりで、現代の奏者と比べると多くの箇所で指がもつれているように聞こえます。どちらか言えば旧録音盤のほうがまだ良く弾けている印象です。それでも全体がコルトーらしい濃い情緒感に覆われているのはさすがですが、技術的な側面がどうしても前面に出てくるエチュード集はショパンの曲の中では余りコルトー向きでは無いようです。

Chopin71lt58iq8yl__sy355_ サンソン・フランソワ(1959年録音/EMI盤) 残念なことにモノラル録音で音質に古めかしさを感じられるのが残念です。天才フランソワのショパンには常に一定の型にはまらない自由な閃きを感じますが、奇異な印象やあざとさを感じることは有りません。テクニック面でもその後に登場してくる世代と比べてもさほど見劣りすることは有りません。静かな曲での繊細な美しさは見事なものですし、逆に作品25の11、12などでは腹の底まで響き渡る凄みある音を聞かせてくれます。この人もやはり演奏史に残る偉大なショパン弾きだったと思います。

Chopin230028497 ウラディーミル・アシュケナージ(1971-72年録音/デッカ盤) もちろんアシュケナージは指折りのテクニシャンですし、ポリーニ盤とほぼ同時期にリリースされたエチュードでしたが、話題性ではポリーニに負けたように記憶しています。いま改めて聴いてみても高速アルぺジオの音の粒立ち、リズムの堅牢性などでやはりポリーニが一枚上かなと思います。もしもの話、ポリーニ盤が存在しなければ名盤として君臨することでしょうが事実は異なります。もっともポリーニ盤は鑑賞の上で余りに緊張の持続を強いられるので疲れてしまうという方にはアシュケナージ盤はお薦め出来ると思います。

Chopin61okwcttual__sl1096_ マウリツィオ・ポリーニ(1972年録音/グラモフォン盤) 発売当時のLP盤の帯に「これ以上何をお望みですか?」という吉田秀和氏の有名な言葉が印刷されていたのを知らないオールドファンは居ないと思います。ポリーニが18歳でショパンコンクールを制したのちに10年間もの沈黙を守り、再び楽壇に登場して録音をした衝撃的なアルバムでした。10年間の研鑽がそのまま結晶化したかのような演奏は「果たして人間にこのような演奏が可能なものか」と言葉を失わせる演奏でした。この演奏の凄さは正にアポロン芸術の極致で、あたかも情緒の入り込む隙間が無いほどの完璧な演奏なのですが、それでいて無味乾燥では無く、澄み切った空気感が確かに存在することです。もしもケチを付けるとすれば作品25の11、12に関しては制御が聴き過ぎているのでもっと羽目を外して荒々しく終わるほうが好みなぐらいです。これはエチュード集のみならずあらゆるピアノ演奏の五指に入る歴史的な録音だと思います。

Chopin11tbkwi1al__sl1050_ルイ・ロルティ(1986年録音/シャンドス盤) ロルティもまたグールドと同じカナダが輩出した素晴らしいピアニストです。テクニックに優れ、音の粒立ちの良さ、テンポの堅牢さはポリーニ並みですが、ポリーニほどの緊張感を強いられることは無く、むしろ澄み切った叙情性すら感じさせます。全体的にかなり速いテンポなのにもかかわらず上滑りすることなく落ち着いた印象なのは音楽が完成されていて、この難易度の高い曲の演奏にも余裕を持ち合わせるからでしょう。録音も優秀でピアノの音も幾らかオフ気味ですが非常に綺麗です。

Chopin アンドレイ・ガヴリーロフ(1985-87年録音/EMI盤) ガヴリーロフもユニークな演奏を残しました。特に作品10の大半の曲を超快速(音速か?)でかっ飛ばすのにはただ唖然とするばかりです。しかしここにはポリーニのような微動だにしない堅牢なアポロン芸術というよりはスポーツ的な快感を感じます。それでも「別れの曲」や作品10-6の静寂な雰囲気や作品10-11や25-1の粒立ちの良い光り輝く音など耳を傾ける箇所も多いです。また作品25-11以降の迫力も圧巻です。この曲集を原点の「エチュード」だと考えればポリーニに並び立つ演奏だと断言出来ます。もちろん鑑賞用としても非常に楽しいです。

Chopin51tmn0kd6gl__sy355_ スタニスラフ・ブーニン(1998年録音/EMI盤) あれだけ一般の人気の高かったブーニンですが、マニア筋には必ずしも評価が高かったわけでは無いようです。この演奏はポリーニの透徹したアポロ的な演奏とは反対に感情表現豊かなディオニソス的な演奏と言えます。もちろん技術的にも高いレベルに有ります。ポリーニやロルティのような完全無欠のアルペジオと比べればほんの僅かに劣る感じは有りますが、そもそもブーニンはこの人特有の非常にロマンティックで深い音楽をめざしているために全く気になりません。全体のゆったりと大きなスケール感も特筆ものです。これは中々にユニークな名盤だと思います。

Chopin51qnfz4bmil__sx355_マレイ・ペライア(2001年録音/SONY盤) ペライアがショパンをこれだけ弾けるのかと驚きました。ポリーニのアポロンタイプに僅かにディオニソステイストを加えたようなスタイルです。全体的に速めのテンポで颯爽と進みますが、曲によっては中々の迫力を聞かせます。この人もまた高いテクニックを持ちますが、作品10-4のような曲ではスケールが幾らか不安定のような印象を受けます。もっともそれはポリーニと比較してとお断りしておきます。録音も新しく音質も優れます。

<作品25のみ>
Chopin865

グリゴリー・ソコロフ(1995年録音/NAIVE盤) 現代の幻の大ピアニスト、ソコロフのエチュードの録音は残念なことに作品25しか有りませんので番外扱いにはなりますが、ライブでこの曲の正規盤を出すのは凄いです。作品25-6のキラキラと輝く光の粒は実に綺麗ですし、25-7の詠嘆の表出には恐ろしく深みが有ります。そして25-10以降の3曲も聴き応えは充分です。決して力で押し切るわけでは無く、迫力ある音の中にも細部までコントロールされ尽くした美しさを感じさせます。作品10の録音が無いのが非常に残念です。但し、ソコロフとしては「プレリュード集」や「葬送ソナタ」の演奏の方が更に出来栄えが上だと思います。

というわけで、作品10と25の24曲をどれか一つだけ選ぶとなればポリーニ以外の選択肢は考えられません。しかし気分に応じて取り出すのは、むしろロルティ、ガヴリーロフ、ブーニンが多いです。「これ以上」を望まなくても「別のもの」を望むことは有るのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

「ハルくんの音楽日記」 10周年記念オフ会開催のお知らせ

皆さま、いつも「ハルくんの音楽日記」にいらして頂きまして誠に有難うございます。実は以前からも触れていましたが、今年の8月3日で拙ブログの開設からちょうど10年になります。一音楽愛好家の趣味ブログが長く続きましたのも全て皆様のおかげです。

つましては開設記念日の翌日8月4日(土)16時より東京自由が丘のコミニュティ”シェア奥沢”にて記念オフ会を開催することに致します。

33381457_1944777965812772_1236117_2

昭和の古民家シェア奥沢はこのオーナーさんから依頼を受けてレコード鑑賞会を手掛けたことから、のちに生演奏会のプロデュース活動を始めるきっかけとなった特別な思い入れのある場所です。

今回もオーナーさんのご厚意でオフ会を開催させて頂きます。詳細は検討中ですが、過去のブログ記事から特に気に入っているものを幾つかピックアップしてご紹介し、その曲の名演奏をハイファイオーディオ装置で鑑賞する予定です。
そのあとはシェア奥沢のキッチンマスター手作りによる軽食とドリンクを楽しみながらの交流会となります。

********************

◎日時:8月4日(土)16時より17時半 鑑賞会
             17時半より20時 交流会
※基本は通しですが、ご都合でどちらかのみのご参加もOKです。

◎会場:シェア奥沢 (東急自由が丘駅もしくは奥沢駅より徒歩7分前後) http://share-okusawa.jp/map/

◎参加費用:鑑賞会¥500
        交流会¥1000

◎参加人数:最大30名程度

※ご参加のお申込みはこちらへメールで⇒
   asakura_haru@nifty.com (朝倉)
・お名前 ・ご連絡先電話番号を必ずご記載ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

ザルツブルガー・シュロスコンツェルト in Japan 2018 

20180518e1521264944402

先週5月18日のことでしたが、東京目黒区洗足に有るプリモ芸術工房でザルツブルガー・シュロスコンツェルト in Japan を聴きました。
昨年もここでルッツ・レスコヴィッツさん(ヴァイオリン)、大島純さん(チェロ)、長谷川美沙さん(ピアノ)によるトリオの演奏会が開かれましたが、今年はそれにウラディーミル・メンデルスゾーンさん(ヴィオラ)が加わり、カルテットの演奏会となりました。

前半のモーツァルト、シューベルトも良かったですが、この日の白眉はやはりブラームスのピアノカルテット第1番でした。4人の素晴らしい演奏家の熱演で大好きなブラームスの室内楽を堪能しました。更にアンコールにシューマンのピアノカルテットのあの絶美の第3楽章アンダンテ・カンタービレが聴けたのも実に幸せでした。

メンデルスゾーンさんは、その名前の通り大作曲家の御子孫なのですが、そのヴィオラの存在感は凄かったです。もちろん素晴らしく上手いのですが、単に技巧が優れているとかいないとかいうレベルでは無く、パフォーマンスとして圧倒的なのです。先日のジェラール・ブーレさんといい、この日のカルテットといい、こんな身近で本物の演奏芸術に接することが出来るのは本当に貴重です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

ショパン 「ワルツ集」 名盤 ~華麗なる円舞曲~

Maxresdefault

ロベルト・シューマンはショパンのワルツについて『ショパンのワルツの踊り手は、少なくとも伯爵夫人たちであるべきだ』と語ったそうです。それに対して往年の巨匠ピアニスト、アルトゥール・ルービンシュタインは『それはワルツの僅かなものにしか当てはまらない。ワルツは前奏曲や練習曲と同じぐらい変化に富んでいるので、ワルツの全てを述べるために、一つの事柄で正しく言おうとするのは無駄なことだ。』と否定しました。

ショパンは最初のワルツを1829年に書いてから、18年間の長い期間に数曲づつ書いて行きましたので、作曲された場所も様々であり、それらの曲の性格も明るく華麗なものから、愛情、悲しみ、絶望、孤独感などに彩られたものと、1曲づつがルービンシュタインが述べたような異なる個性に溢れています。

三拍子のワルツという性格上、「前奏曲」や「練習曲集」のように幅広いダイナミクスが存在するわけでは無く、また「ポロネーズ」や「マズルカ」のようなポーランドの民族の血が濃く流れているわけでもありませんが、聴きこむごとにその音楽の持つ楽しさと魅力に惹きつけられます。

個人的な好みだけで言えば、「前奏曲集」「練習曲集」と「ソナタ集」をより好んではいますが、「ワルツ集」もやはり大好きな曲集です。

ショパンは生涯にワルツを全部で20曲近く書きましたが、過去のディスクに収められているのは代表的な14曲のものが多いです。

それでは僕の愛聴盤です。

Chopin_51htoorwail_sy355_アルフレッド・コルトー(1943年録音/EMI盤) この録音は若いころLP盤で愛聴しましたが、元々はSP録音ですので音質は当然悪いです。ノイズも多く入っています。演奏も複雑な箇所では混濁して聞こえます。しかしこの表現力には今更ながら圧倒されます。どんなにテンポを揺らしてみても恣意的なあざとさは感じられず、ショパンの書いた音楽がかくも自由に息づくことにため息をつくばかりです。音楽愛好家もプロを目指す若い演奏家も一度は耳にしておきたい演奏だと思います。写真はBOXセットですがワルツ集のみでも入手可能です。

Chopin_waltzmi0000954720ディヌ・リパッティ(1950年録音/EMI盤) 戦後派世代のリスナーにとってはコルトー以上に懐かしさを感じるリパッティですが、このワルツ集はこの人の代表盤として名高い録音です。自由で表情豊かな演奏ですが饒舌さは無く、むしろスタイリッシュなほどです。そこからショパンの音楽のニュアンスが香るように感じられてくるのは正に天賦の才能です。ピアノの素朴な音色は現代の金属的とも言える音とは異なり、非常に端正な、しかし美しい音に惹かれます。ブザンソン・ライブが1曲欠けている以上、14曲を収録したこちらのスタジオ録音盤がスタンダードには成るでしょう。 曲順は通常の作品番号順ではなく独自に並び変えられています。

51mewcymzl__ss500ディヌ・リパッティ(1950年録音/EMI盤) 若くしてこの世を去ったリパッティ最後のブザンソンにおけるライブ録音です。前述のスタジオ録音ともまた曲順が幾らか異なりますが、病魔に蝕まれた体はとうとう最後の1曲になるはずの第2番「華麗なる円舞曲」を演奏できませんでした。しかし演奏された曲については壮絶なまでの熱演で、その意味ではスタジオ盤以上と言えます。ライブ録音ですが音質的にもそれほど聴き劣りはしません。1曲欠けているのを気にしなければこちらを上位にしたくなる奇跡的な名演奏です。

Chopin_waltz216007825アレキサンダー・ブライロフスキー(1961-62年録音/CBS盤) この当時のブライロフスキーの人気はかなりのものだったようです。音楽がとことん明るく、まるで高級サロンとか社交界で演奏されているかのような華やかさを感じます。それもいかにもアメリカ的で、神経質で暗いショパンとはおよそ縁遠い印象です。現代の感覚では、ややムード的に感じられるかもしれませんが、ワルツをしかめ面をして聴くことも無く、とことん優雅な気分に浸りたいというリスナーにとっては価値ある一枚となることでしょう。

Chopin_walts230023031アルトゥール・ルービンシュタイン(1963年録音/RCA盤) 他の演奏家と比べると常にインテンポで規則正しく流れます。ところがそれでも洒落た味わいが強く感じられるのはさすがは大巨匠です。しかし続けて聴いていると音楽に変化の乏しさを感じてしまいます。ワルツ集そのものが変化にやや乏しい作品なので、それを更に増長してしまうように思います。BGMとして聴く分には良いでしょうが、じっくりと聴き込もうとすると飽きが来る恐れが有ります。リパッティの壮絶なワルツの対極に位置するような演奏です。

522サンソン・フランソワ(1963年録音/EMI盤) もっと後の若い世代の演奏に比べればテンポがゆったりと落ち着いています。どの曲にも音楽のニュアンスが豊富に感じられて、粋なパリジャンのワルツが聞こえてきます。揺れるようなルバートもそれほど大げさで無いので歌の流れを損なうことが有りません。イ短調ワルツなどは夢見るように美しいです。サロン的な味わいを持ちながらも芸術的な奥行きの深さを感じさせる素晴らしい名演奏だと思います。フランス盤のリマスターは良好で音に古さを感じさせないのも嬉しいです。

Chopin_walz_r902382814734523282671jジャン‐マルク・ルイサダ(1990年録音/グラモフォン盤) ワルツ集の新時代を切り開いた名盤としてリリース当時とても評価の高かった演奏です。曲ごとのテンポの緩急の巾が大きく、速い曲では煽るぐらいに追い込みますが、イ短調ワルツなどでは極端に遅いテンポで、心の奥底に深く沈みこんでゆくようなユニークな演奏を聞かせます。ただし頻繁に表れるテンポルバートがやや極端で音楽の流れを阻害しているように感じます。曲目は通常の14曲に遺作の3曲を加えて作品番号順に並べています。ルイサダは2013年に日本でワルツ集の再録音を行いましたが、この旧盤の価値が失われることはありません。

Chopin_waltzccy3010_2スタニスラフ・ブーニン(1992年録音/EMI盤) ルイサダ盤の2年後の録音ですが、これはミラノスカラ座におけるライブです。ブーニンもやはり曲ごとのテンポの緩急の巾が大きく、歌い回しの表情も豊かで聴き応えが有ります。一方でテンポルパートがで多過ぎて、ルイサダと同じように音楽の流れをせき止めてしまう印象です。ライブ会場で聴けば大いに楽しめそうですが、ディスクとして何度も聴くにはやや煩わしさを感じてしまうかもしれません。

ということで、名盤は幾つも有りますが、個人的にフェイヴァリットを選べば、フランソワ盤ということになります。これは聴いていてショパンに酔えて何度聴いても飽きません。もう一つ、リパッティのブザンソン・ライブはたとえ1曲欠けていようが絶対に外せない演奏です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

ジェラール・プーレ コンサート 「ドビュッシー三昧」

Dscn3010
 
昨日3日、フランスの至宝、ジェラール・プーレさんのヴァイオリンを聴きに行きました。「ドビュッシー三昧」のタイトルのとおりオール・ドビュシープログラムでした。
 
日本では指導も行っていて頻繁に来られているプーレさんですが、その生演奏を聴いたのは初めてでした。そのことが後悔されるくらいに素晴らしかったです! 何しろお父上のガストン・プーレ氏はドビュッシーのヴァイオリンソナタの初演を作曲者本人のピアノ演奏で行った人ですので、受け継がれた重みも有るでしょうが、何より今年80歳とは思えないほど表情豊かに情熱的に演奏される姿が、すでに芸術に他なりません。
 
演奏している姿だけを見ているだけで感動してしまいますが、実際に出て来る音は惚れ惚れするぐらい美しく洒落ていて、”ああフランス!!”と感じずにはいられませんでした。
終演後に購入したCDにサインをして頂き、握手をしながら「メルシー」「トレヴィアン!」と言ったら、ニコニコと本当に嬉しそうな表情をされたのが印象的でした!
 
Dscn3006
Dscn3001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年7月 »