« クリストフ・エッシェンバッハ指揮NHK交響楽団の「第九」演奏会 | トップページ | J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」 続・名盤 ~新春・女流名人戦~ »

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます! 2018年 元旦

Img111_ls
 
皆様、明けましておめでとうございます!
 
昨年はあっという間の一年でしたが、大変実りの大きい年でした。
色々と演奏会の企画に携わり、さらにプロ演奏家のCD制作プロジェクトも開始しました。
 
今年の夏にはいよいよブログ開設10周年を迎えますので何か企画出来ないかと考えています。決まりました時にはお知らせ致します。
 
それでは新しき年が皆様にとりまして幸多い年となりますようにお祈り申し上げます!
 
※写真は我が家のクッキーくんです。コーギーとパピヨンのミックスですので尻尾を切られずに済みました。

|

« クリストフ・エッシェンバッハ指揮NHK交響楽団の「第九」演奏会 | トップページ | J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」 続・名盤 ~新春・女流名人戦~ »

音楽やその他諸事」カテゴリの記事

コメント

https://www.j-cast.com/2018/03/31324783.html?p=all

断捨離でもないですが、僕はCD買わなくなりました。
ダウンロードは一度も買ったことなし。
図書館の㏋で無料で聴けるナクソス・ミュージック・ライブラリーがほとんどで
ナクソスに参加していないレーベルのCDを図書館で借りてpcに取り込んでいます。

僕はLPは1990年に全て売りました。
LPの良さは僕には理解不能です。

Sacdには全く興味が湧きませんね。

ブルーレイ・オーディオは通常の機器で再生できるので
もし買うならこれですね。
「指輪」も1枚に収まるし。

投稿: 影の王子 | 2018年4月 5日 (木) 23時30分

影の王子さん

世界的にCD離れの流れにあり、日本も例外ではありませんが、諸外国と比べると形のあるC(あるいはLP)を好む比率は高いそうですね。僕自身もその一人ですのでこの文化は残って欲しいと思っています。
LPは扱いが面倒ですがあの柔らかい音質は好きです。だからといってそれが本物の音だとは限りませんが。

投稿: ハルくん | 2018年4月 6日 (金) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/72593874

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます! 2018年 元旦:

« クリストフ・エッシェンバッハ指揮NHK交響楽団の「第九」演奏会 | トップページ | J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」 続・名盤 ~新春・女流名人戦~ »