« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月23日 (火)

チェリスト 伊藤悠貴 新アルバム ~ザ・ロマンティック~

031
演奏:伊藤悠貴(チェロ)、ダニエル・キング・スミス(ピアノ)、ジェイムス・リル(ピアノ) 
企画制作:ソニー・ミュージック・ダイレクト
発売:ミューズ・エンターテイメント (MECO-1045) 
 
いまや日本を代表する若手チェリストとなった伊藤悠貴のセカンドアルバムが昨秋リリースされましたので是非ご紹介したいと思います。 
伊藤悠貴がブラームス国際コンクールに優勝した翌年2010年に録音を行ったファーストアルバムは中々に驚きの内容でした。オール・ラフマニノフというのはどう考えてもデビューアルバムとしては一般的では無いからです。しかし彼は思い入れの強いラフマニノフの曲で全てまとめ、それをまた演奏会においても頻繁に取り上げるという”我が道をゆく”を貫いてきました。
 
それからはや5年。待望のセカンドアルバムがリリースされましたが、今度は小品集です。ところが普通「小品集」と言えば、よく知られた名曲を集めるものですが、このアルバムは大半が余り知られていない曲で構成されています。アルバム全体の印象としてもかなり静かで落ち着いた雰囲気です。夜に部屋でくつろいで、そう、”ノクターン”として聴くのにぴったりなのです。
とにかくその曲目”リストを見てください。 
1.ラフマニノフ 夜のしじま
2.スクリャービン ロマンス
3.チャイコフスキー ユーモレスク
4.デーリアス ロマンス
5.ブリッジ 春の歌
6.リル 記憶(伊藤悠貴に献呈)
7.エルガー 愛の挨拶
8.アイアランド 聖なる少年
9.シューマン 献呈
10.マーラー 私はこの世に捨てられて
11.R.シュトラウス あなたは私の心の王冠
12.ポッパー ハンガリー狂詩曲
 
ここで賢い方ならすぐにお気づきでしょうが、1~3はロシアもの、4~8はイギリスもの、9~11はドイツ、12のポッパーはチェコ人です。
しかしこれらを続けて聴いてゆくと国の違いを全く意識させません。それは選曲のせいもあるでしょうし、演奏のせいもあると思います。つまりは伊藤悠貴がこれまで大事にして何度も演奏してきた”とっておきの曲”ばかりを集めていて、”ロマンティック”アルバムとして統一させたからでしょう。 
そこで誤解があるといけないのですが、このアルバムは流して聴けば確かに心地良い、癒しのミュージックになります。ところが耳を傾けてじっくりと聴き込むと何とも聴きごたえが有ります。それはまるで連作歌曲集を聴くような印象です。 
どこからどう聴き始めても素晴らしいのですが、個人的にはブリッジが大好きです。エルガーもしばしば耳にする曲ですが伊藤悠貴の演奏はしなやかな愛情と気品を感じさせる点において傑出していると思います。またシューマンは歌でもピアノでも演奏される名曲ですが、伊藤編曲のチェロ版がこんなに素晴らしいとは思いませんでした。 
そしてラストのポッパーは演奏会で往々に大熱演される技巧的で華々しい曲ですが、このアルバムでは決して熱くなり過ぎず、アルバムのそれまでの流れから飛び出ない程度に絶妙に盛り上げています。これは伊藤悠貴の判断なのか、それともプロデューサーの判断なのか分かりませんが、正にセンスの勝利です。この難曲をさらりと弾きこなしてしまうその超絶技巧には驚きますが、彼は決して技巧を前面に押し出してくるわけではありません。技巧はあくまでも手段であって、大切な”音楽”そのものを、”夢”を”ロマン”を聴衆の心に第一に与えてくれる全くもって稀有な若手演奏家です。
それにしても、歌い回しがとにかく自然でしなやかで、正に”歌っているよう”です。レパートリーに歌曲の編曲が多いのもその嗜好をうかがうことが出来ます。
ピアノを弾くのは彼とずっと共演をしているイギリスのダニエル・キング・スミスです。ただし6の「記憶」だけは、作曲者のジェイムス・リル自らがピアノを弾いています。
これは才能あふれる伊藤悠貴が愛情を注ぎこんだ力作なのは間違いありません。
すでにレコード芸術で「特選盤」に選ばれました。私は音楽評論家を全面的に信用しているわけではありませんが、この評者の聴く耳はさすがです。ぜひ皆さんにもこのアルバムを耳にして”ロマンティック”に浸って頂けたらと思います。
 
伊藤悠貴は主にイギリスと日本で多くの演奏会を行っていますので、もしお近くで演奏される時には是非、生の音を聴かれてみてください。きっと「ああ、チェロの音ってこんなに美しいのか!」と感動されことでしょう。そしてその前に、実に魅力的なこのCDアルバムを楽しまれてください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」 続・名盤 ~新春・女流名人戦~

454a3fc9d1cfd5028113fdfd4ba9031e

新年の聴き初めにふさわしい音楽というと真っ先に思い浮かぶのがやはりバッハです。その峻厳さには襟を正さずにはいられませんが、かといって決して堅苦しいわけではなく、音楽に人間愛が一杯に感じられるのが真の偉大さです。

ということで選んだのは「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」です。

”音楽の父”J.S.バッハが、たった1台のヴァイオリンの為に作曲した、この奇跡の作品については、5年前に「無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ 名盤」として記事を書いています。そこで今回はその後に入手したCDをまとめた「名盤・続編」です。

この曲集はかつてはどちらかいうと男性の巨匠が腕を競い合っていたように思いますが、時代も移り変わり近年ではむしろ女流奏者の意欲的な演奏が目立つようになりました。

そこで、いずれも現役の女流ヴァイオリニスト4人のCDを選び、題して『新春・女流名人戦』です。
して、その4名人とは。

チョン・キョンファ(韓国・1948年生まれ)
ヴィクトリア・ムローヴァ(ロシア・1959年生まれ)
レイチェル・ポッジャー(英国・1968年生まれ)
イザベル・ファウスト(ドイツ・1972年生まれ)

4人にはやや年齢差が有りますが、いずれ劣らぬ個性派ですので聴き比べが楽しみでした。それでは鑑賞記を年齢順では無くて録音した順番に。

71zoftdulql__sl1310_
レイチェル・ポッジャー(1998-99年録音/チャンネル・クラシックス盤)

4つの中で録音時期は最も古いです。ポッジャーは英国生まれですが、ドイツで教育を受けて若い時期からバロック奏法に興味を持ち、古楽アンサンブルの創設に関与をしたり、レコーディングを行ううちに1997年にトレヴァー・ピノックのイングリッシュ・コンソートのコンサートミストレスに抜擢されました。このCDはその直後の録音で、1739年製のバロック・ヴァイオリンを使用しています。
どの曲もほんの僅かにヴィブラートをかけた美音できっちりと演奏しています。テンポには幾らか伸縮が有って即興性を感じさせます。しかしそれは決して過度なものではありませんし、むしろ四角四面の学究派的な退屈さから解放された魅力となっています。「シャコンヌ」でも大上段に構えたリはしていませんが、とても心に染み入ります。ボウイング技術が素晴らしく、音符一つ一つのテヌートとスタッカートの処理が非常に明確かつ的確で、やはりバロック一筋の演奏家であると感心させられます。あらゆる点でバランスの良い、正に古楽器派の新時代の王道を行くような素晴らしい演奏だと思います。マイナーレーベルからの発売で地味な存在ですが、これは広く聴かれて欲しい名盤です。

Bach71zpsrwwwel_sl1500_
ヴィクトリア・ムローヴァ(2007-08年録音/Onyx盤)

ムローヴァは元々モダンヴァイオリンの騎手として活躍していましたが、ある時期から古楽演奏家との共演を多く経験するうちにピリオド楽器の嗜好が強くなったようです。ですのでこの録音ではガット弦を張った1750年製のガァダニーニにバロック弓を用いて演奏をしています。
確かに演奏についてもヴィブラートを控えた古楽奏法を試みています。けれども例えばポッジャーの演奏と比べてみると、やはりモダン奏法の癖をそう簡単に消し去ることが出来ず、随所でそれを感じさせてしまいます。もちろんモダン奏法のバッハが悪いというわけではありませんし、古楽器の持つ音色を味わえるのは確かですので、この演奏を支持する方も案外と多いかもしれません。けれども個人的には何となくどちらつかずの印象を受けてしまい、どうせなら純古楽器奏法か、あるいはコテコテのモダン奏法のほうが楽しめます。録音についてはとても優秀で、楽器の音の美しさを忠実に捉えています。

Bach__sl1200_
イザベル・ファウスト(2009-11年録音/ハルモニア・ムンディ盤)

ファウストはバッハの直筆譜を徹底的に研究した結果、『荘厳な構築性を兼ね備えた大聖堂のような総合芸術で、調和、均衡に驚愕する』と述べています。ヴァイオリンは愛機のストラディヴァリウス製「スリーピング・ビューティー」を使用。詳細は記述が有りませんが、恐らくガット弦を張り、バロック弓を使用していると思われます。奏法はほぼノン・ヴィヴラートの古楽奏法です。
第1番のプレリュードをやや速めのテンポで開始します。音は美しく澄み古楽器特有の痩せた印象は受けません。淡々とした雰囲気が敬虔さを滲み出させます。2曲目のフーガは一転して快速で、跳ねるようなリズムを感じますが、それでいてフーガを見事に弾きこなしているのには驚かされます。
全体的には速めのテンポで舞曲のリズムを強調した奏法で統一しています。「シャコンヌ」についても往年の巨匠達があらん限りの熱演をするところ、あっさりと爽やかに演奏しています。最初は拍子抜けしましたが、ここにある『軽み』こそが新鮮な魅力であり、後半のしっとりとした響きの美しさを引き立たせています。けれども荘重な楽曲においては厳かな雰囲気を充分に漂わせていて中々に感動的です。

Bach__sy355_
チョン・キョンファ(2016年録音/ワーナークラシックス盤)

これは一昨年リリースされた新しい録音です。評論家の故宇野功芳先生が生前絶賛したキョンファの東京での演奏会のバッハ無伴奏は私も聴いていますが確かに素晴らしかったです。その後、指の故障のために演奏から離れていた彼女が復帰して全曲録音してくれたのは嬉しいのですが、キョンファの無伴奏全曲を聴けずに逝去された宇野先生はさぞ心残りであったろうと思います。
使用している楽器はモダン仕様の愛機1735年製ガルネリ・デル・ジェスです。キョンファはこの4人のうち唯一モダン奏法でバッハに挑みます。古楽奏法流行の時代に在っても”我が道を行くのみ”です。
ここに聴かれるバッハは精神的に強靭かつ浪漫的で、ひたすら音楽の本質に迫ろうという強い意思に貫かれています。この演奏は往年のヴァイオリン界の巨人シゲティやミルシュテイン、あるいはメニューインといった面々を想わせます。テンポはかなり流動的で緩急や表情の巾が大きいですし、ヴィヴラートも躊躇わずに多用しています。技巧的な難所では流麗とは言えませんが、反面、神への祈りを感じさせるような楽曲では敬虔さと深い想いを感じずにはいられません。

というわけで、4人の女流名人のバッハを堪能しました。いずれも一聴に値する名演奏であることは確かなのですが、現在自分が好む無伴奏はどれかと言えば、ポッジャーとファウストで少々迷ったうえ、最終的にポッジャーを選びます。次点が僅差でファウストです。残りの二人はキョンファ、ムローヴァの順となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます! 2018年 元旦

Img111_ls
 
皆様、明けましておめでとうございます!
 
昨年はあっという間の一年でしたが、大変実りの大きい年でした。
色々と演奏会の企画に携わり、さらにプロ演奏家のCD制作プロジェクトも開始しました。
 
今年の夏にはいよいよブログ開設10周年を迎えますので何か企画出来ないかと考えています。決まりました時にはお知らせ致します。
 
それでは新しき年が皆様にとりまして幸多い年となりますようにお祈り申し上げます!
 
※写真は我が家のクッキーくんです。コーギーとパピヨンのミックスですので尻尾を切られずに済みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ