« N響メンバーによる弦楽四重奏 厚木公演のご紹介 | トップページ | ニコライ・ホジャイノフと山根一仁、伊藤悠貴のコンサート »

2017年8月25日 (金)

歌舞伎座 『野田版 桜の森の満開の下』を観劇して

Kabukiza_201708fffl_ef4b65b30348822

昨日は歌舞伎座へ行きました。ひと頃は良く行ったものですが、最近はとんとご無沙汰していました。なにしろ新しく建て替わってからは初めてなのですから。

八月納涼歌舞伎の夜の第三部『野田版 桜の森の満開の下』を観劇しました。
坂口安吾の現代小説を野田秀樹が歌舞伎として演出しての公演です。
何といってもこれは野田歌舞伎。野田さんの演出スタイルをそのまま勘九郎、染五郎、七之助といった人気役者が好演しました。音楽では全編に渡りプッチーニのアリア「私のお父さん」が効果的に流れていました。

もちろん面白かったのですが、過去に故中村勘三郎とコラボした「研辰の討たれ」「鼠小僧」「愛陀姫」の三作と比べると正直面白さは半減しました。やはりあの三作は勘三郎がいたからこその楽しさで、野田さん一人だと歌舞伎での上演にはやや限界を感じてしまいます。
でも歌舞伎座で歌舞伎役者が現代演劇を力いっぱい演じるというのは価値あることで、伝統にとらわれない新しい歌舞伎を造ってゆくという素晴らしい取り組みだと思います。
是非また新しい題材で上演して頂きたいものです。

しかし歌舞伎座は良いですね。新しくなっても雰囲気はそのままです。
お弁当屋さんもレストランも充実していますし、リーゾナブルな価格で結構美味しいです。地下フロアには様々な土産物屋さんがずらりと軒を並べていますし眺めて歩くだけでも楽しいです。
それに客席で幕の間にお弁当を食べられるというのは良いことです。これぞ芝居小屋の原点であり、江戸庶民文化の継承ですね。正にここは歌舞伎のワンダーランドです。
これらのことは新国立劇場や東京文化会館では有り得ません。あそこは西洋文化の劇場なのだからと言われるかもしれませんが、劇場の運営予算を削減することばかりを考えずに、どうすれば収益を増やせるかという新しい発想を起こしてほしいですね。
確かにワーグナーの楽劇に弁当は似合わないかもしれません。でもオペレッタや軽いオペラには似合うし楽しいですよ。
お堅い公営劇場で無理ならば、民間でそういうオペラ劇場を作らないですかね?日本独自の庶民オペラ劇場です。
劇場が格式ばかりを重んじていては、日本のオペラが娯楽文化として歌舞伎の楽しさに追いつくことなど100年経っても叶わないでしょうね。
そんなことをつらつらと考えてしまいました。

|

« N響メンバーによる弦楽四重奏 厚木公演のご紹介 | トップページ | ニコライ・ホジャイノフと山根一仁、伊藤悠貴のコンサート »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

歌舞伎じゃないですが、2010年にTVで観た(ブルーレイ保存)
松たか子の「2人の夫とわたしの事情」は抱腹絶倒でした。
こういう面白さはTVドラマではまったく味わえませんね。

1996年には奥菜恵の「アンネの日記」を生で観ました。

舞台も面白いですよね。

投稿: 影の王子 | 2017年8月26日 (土) 23時22分

影の王子さん、こんにちは。

演劇の生の舞台の楽しさというのはテレビの比ではありませんね。
逆に演劇で鍛えられた役者がテレビに出てくると演技力の差が歴然とします。
一発勝負のステージに臨む真剣勝負さの違いですね。

役者の息遣いを感じる芝居の舞台は本当に良いものです。

投稿: ハルくん | 2017年8月28日 (月) 11時12分

ハルくん様

歌舞伎ですか。長い間観てませんね。
祖父が歌舞伎が好きで、子供の時、よく歌舞伎を観に連れて行ってもらったせいか、僕も歌舞伎は大好きです。特に17代目中村勘三郎のファンで、女形を演ずるとゾクっとするような色香が漂い、立役を演ずると獅子のように勇猛で、すっかり魅せられたことを思い出します。

関西にも文楽という人形浄瑠璃があります。これも大好きです。ただ、深刻な後継者難に陥っているのが実情です(一流の人形遣いになるのは50年は修行しなければならないと言われています)。
ハルくん様が仰るように、ハコモノをいくら立派にしても駄目で、やはり、国が後継者を積極的に育成するための環境をつくらないと、仏を創って魂を入れずになってしまいます。
今では文楽を将来、観ることができなくなってしまうのでは、と危惧しています。

音楽の世界でも、日本の伝統芸能を西洋の楽器を使って広めようとした人が何人もいらっしゃいます。
その第一人者が黛 敏郎さんです。黛さんは映画「黒部の太陽」の音楽を担当された人ですが、クラシック音楽の世界でも重要な曲を作曲されています。
例えばバレエ音楽「The Kabuki」は、パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、ボリショイ劇場など一流の舞台で上演されて、好評を博しました。ちなみに黛さんは、チェロの独奏曲「BUNRAKU」を書いておられます。
このような先人たちの努力により、西洋人に日本の伝統芸能に興味を持つ礎を築いたのではないでしょうか。少なくとも僕はそう思っています。

長々と書きましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

投稿: motosumiyosi | 2017年8月29日 (火) 07時15分

motosumiyosiさん、こんにちは。

伝統に固執してあたらしい要素を全く取り入れようとしないのは芸術文化の衰退の元となりますね。
しかし反面、伝統というものはとても重要であり継承されていかねばなりません。
このどちらも大切な要素を上手にバランスを取っていかないといけませんね。

実際に携わる方々は大変であり、いつもその狭間で思い悩むことでしょうが、そこがまた芸術文化の面白いところだと思います。

投稿: ハルくん | 2017年8月30日 (水) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/71520276

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座 『野田版 桜の森の満開の下』を観劇して:

« N響メンバーによる弦楽四重奏 厚木公演のご紹介 | トップページ | ニコライ・ホジャイノフと山根一仁、伊藤悠貴のコンサート »