« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月25日 (金)

歌舞伎座 『野田版 桜の森の満開の下』を観劇して

Kabukiza_201708fffl_ef4b65b30348822

昨日は歌舞伎座へ行きました。ひと頃は良く行ったものですが、最近はとんとご無沙汰していました。なにしろ新しく建て替わってからは初めてなのですから。

八月納涼歌舞伎の夜の第三部『野田版 桜の森の満開の下』を観劇しました。
坂口安吾の現代小説を野田秀樹が歌舞伎として演出しての公演です。
何といってもこれは野田歌舞伎。野田さんの演出スタイルをそのまま勘九郎、染五郎、七之助といった人気役者が好演しました。音楽では全編に渡りプッチーニのアリア「私のお父さん」が効果的に流れていました。

もちろん面白かったのですが、過去に故中村勘三郎とコラボした「研辰の討たれ」「鼠小僧」「愛陀姫」の三作と比べると正直面白さは半減しました。やはりあの三作は勘三郎がいたからこその楽しさで、野田さん一人だと歌舞伎での上演にはやや限界を感じてしまいます。
でも歌舞伎座で歌舞伎役者が現代演劇を力いっぱい演じるというのは価値あることで、伝統にとらわれない新しい歌舞伎を造ってゆくという素晴らしい取り組みだと思います。
是非また新しい題材で上演して頂きたいものです。

しかし歌舞伎座は良いですね。新しくなっても雰囲気はそのままです。
お弁当屋さんもレストランも充実していますし、リーゾナブルな価格で結構美味しいです。地下フロアには様々な土産物屋さんがずらりと軒を並べていますし眺めて歩くだけでも楽しいです。
それに客席で幕の間にお弁当を食べられるというのは良いことです。これぞ芝居小屋の原点であり、江戸庶民文化の継承ですね。正にここは歌舞伎のワンダーランドです。
これらのことは新国立劇場や東京文化会館では有り得ません。あそこは西洋文化の劇場なのだからと言われるかもしれませんが、劇場の運営予算を削減することばかりを考えずに、どうすれば収益を増やせるかという新しい発想を起こしてほしいですね。
確かにワーグナーの楽劇に弁当は似合わないかもしれません。でもオペレッタや軽いオペラには似合うし楽しいですよ。
お堅い公営劇場で無理ならば、民間でそういうオペラ劇場を作らないですかね?日本独自の庶民オペラ劇場です。
劇場が格式ばかりを重んじていては、日本のオペラが娯楽文化として歌舞伎の楽しさに追いつくことなど100年経っても叶わないでしょうね。
そんなことをつらつらと考えてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

N響メンバーによる弦楽四重奏 厚木公演のご紹介

Img094s

N響メンバーによる弦楽カルテットの厚木公演です。
第2ヴァイオリンを担当されるのは我が地元厚木出身の宇根京子さんです。
今年の5月にもこのアンサンブルの演奏を聴きましたが、元N響コンサートマスター山口裕之氏を中心とした熟達のアンサンブルが素晴らしかったです。

地元で本格的なクラシック演奏を聴ける少ないチャンスです。お近くにお住まいの方、是非聴きに行きましょう!

◎チケット入手方法等はこちらから
   ⇒厚木市文化財団イベントページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

8月3日はブログ記念日 ~9周年記念!~

Kinenbi

『このブログがいいねと君が言ったから八月三日はブログ記念日』 作: 俵ハル

8月3日はこのブログをスタートした記念日なのですが、ここ毎年同じパクリ写真で書き始めています(汗)。でも年配の方には元本は懐かしいのではないでしょうか。

それにしても2008年にブログをスタートしてから、はや9年も経ちました。その間の閲覧回数がもうじき累計で500万回になろうとしています。最近はアクセス数もピーク時より減っていますが、それにしてもまだ多くの方に訪れて頂いているのが本当に嬉しいです。

音楽を専門的に勉強したこともない自分のような素人音楽愛好家が書き綴ったクラシック音楽の記事をこれだけ閲覧して貰えるというのは不思議ですが、むしろ普通の音楽ファンにとっては身近で易しい内容だったからという気はします。今後もマイペースで続けてゆきたいと思います。

さて来年はいよいよ節目の10周年です。記念オフ会でも開けたら楽しいかなと思っていますので、よろしかったらご参加ください。ってまだ1年も先の話ですね。(笑)

今後ともご愛顧のほどをどうぞよろしくお願い申し上げます!

2017年8月3日
ハルくん

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »