« マーラー 「大地の歌」 ~マーラーのピアノ版、シェーンベルク編曲による室内楽版~ | トップページ | 歌劇「マノンレスコー」 オベール/マスネ/プッチーニ 東京室内歌劇場公演のお知らせ »

2017年7月 5日 (水)

佐倉フィルハーモニー第66回定期演奏会 伊藤悠貴指揮、山田磨依ピアノ独奏

19223068_1795728790717691_4081237_2

記事のアップがだいぶ遅れてしまいましたが、先月6月18日に千葉県佐倉市の市民オーケストラ、佐倉フィルハーモニーの演奏会を聴きに行きました。定期公演を今回で第66回を数える歴史のある団体です。

何故はるばる千葉までアマチュアオーケストラを聴きに出かけたかと言えば、指揮者が
若手チェリストで抜群の実力を誇る伊藤悠貴さんだったからです。

19396948_10155035183718751_39561107

 

チェロの弓を指揮棒に持ち替えて(と言っても彼は指揮棒を用いません)、ロッシーニ「セヴィリアの理髪師序曲」、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」、チャイコフスキー「交響曲第4番」という非常に聴き応えの有るプログラムを演奏しました。

ラフマニノフのピアノ独奏は、まだフランス留学中から私も親交のある若手の山田磨依さんです。彼女が最も得意とするフランス物とは異なるロシアの曲をどんな風に演奏するのかも興味深々でした。

さて実際に演奏が始まると、「序曲」から一気に熱気に包まれました。伊籐悠貴さんの指揮は非常に大胆でドラマティック。音楽が光輝いています。
実は伊籐さんは、もう一つの活動拠点である英国でこれまで何度も指揮をして来ました。チェロであれほどの才能を示しますが、20代の若さで指揮にも素晴らしさを発揮して、その可能性は無尽蔵です。
しかし、普段チェロの演奏では奇をてらったところは無く、常に正攻法で王道を行くような演奏をしますが、指揮では大胆さが大きく顔を出します。このちょっとしたイメージの違いはとても面白いです。案外と指揮をするときの方が奥底に潜んでいるものが表面にそのまま浮かび上がるのかもしれませんね。
そういう意味でもメインのチャイコフスキーは圧巻でした。とくに第1楽章、第4楽章のフィナーレでの追い込みが凄まじく、興奮の極みでした。
パーカッションをプロを中心とした腕利きの布陣で固めたことも大きかったです。

19366174_1795729217384315_826372083
19275012_1795729220717648_116862643

山田さんのラフマニノフも
彼女の持つ美しい音色で詩情一杯に弾きこなされました。新しい発見に驚きです。決して”借り物”ではない「磨依さんのラフマニノフ」がしっかりと聴けたことが大きな喜びでした。
 
聞けば伊藤さんは佐倉フィルとの再演の話が、もう既に出ているそうです。これは楽しみですね。次はどんなプログラムになるのでしょうか。

19400167_1795729264050977_763312458

|

« マーラー 「大地の歌」 ~マーラーのピアノ版、シェーンベルク編曲による室内楽版~ | トップページ | 歌劇「マノンレスコー」 オベール/マスネ/プッチーニ 東京室内歌劇場公演のお知らせ »

演奏会(オムニバス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/71025171

この記事へのトラックバック一覧です: 佐倉フィルハーモニー第66回定期演奏会 伊藤悠貴指揮、山田磨依ピアノ独奏:

« マーラー 「大地の歌」 ~マーラーのピアノ版、シェーンベルク編曲による室内楽版~ | トップページ | 歌劇「マノンレスコー」 オベール/マスネ/プッチーニ 東京室内歌劇場公演のお知らせ »