« 山田和樹指揮日本フィル演奏会 マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 | トップページ | シューベルト 「アルペジオーネ・ソナタ」 名盤 ~三種の神器~ »

2017年6月10日 (土)

カルテット・ヒムヌス(Quartett Hymnus) コンサート2017

17190873_1324881834216970_653163784

8日のことになりますが、カルテット・ヒムヌス(Quartett Hymnus) のコンサートへ行きました。会場は王子ホールです。

”ヒムヌス”というのはラテン語で”響き”とか”賛歌”という意味を持っていて、演奏に常により良い響きを目指すことからこの名が付けられたようです。

全員がまだ30代の若手演奏家ですが、第1ヴァイオリンの小林さん以外の3人は在京オーケストラに所属しています。

小林朋子(第1ヴァイオリン)ベルリン国立歌劇場アカデミー出身
山本翔平(第2ヴァイオリン)東京都交響楽団員
松井直之(ヴィオラ)NHK交響楽団員
高木慶太(チェロ)読売日本交響楽団員

この日の演奏曲目は、前半がハイドンの第31番、ヤナーチェクの「クロイツェルソナタ」、後半がベートーヴェンの第12番でした。弦楽四重奏の醍醐味を味わえる好プログラムです。

彼らはオーケストラ団員が大半を占めていて多忙な為に定期演奏は年に一回だけ。それ以外に行う演奏会も回数は決して多く有りません。

しかしカルテットの活動は既に7年も続いていて、演奏会に向けてはかなりの時間を費やして入念にリハーサルを行うと聞いています。

今日の演奏もアンサンブルが優れているだけでなく、4つの楽器のフレージング、バランス、音色などが非常に良く練り上げられていると感じました。

そのうえで、各楽曲へ真摯に迫ろうとする意欲が漲っていてすこぶる感動的でした。特にヤナーチェクでの全員の凄い気迫には圧倒されました。

弦楽四重奏というのは一般的にはマニア好みのジャンルで、演奏会の数も決して多く有りませんが、近年は若手の演奏家の取り組みが増えつつあるように感じます。

この日も会場はほぼ満席でした。このような優れた演奏会をもっともっと聴きたいものだと思います。

19030186_1069302609867085_860192466

18952634_1069301896533823_443244167

18921175_1068993753231304_862930141

18920632_1069278236536189_2774552_2

以上の写真撮影&提供は中村義政さんからです。

|

« 山田和樹指揮日本フィル演奏会 マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 | トップページ | シューベルト 「アルペジオーネ・ソナタ」 名盤 ~三種の神器~ »

演奏会(オムニバス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/70809813

この記事へのトラックバック一覧です: カルテット・ヒムヌス(Quartett Hymnus) コンサート2017:

« 山田和樹指揮日本フィル演奏会 マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 | トップページ | シューベルト 「アルペジオーネ・ソナタ」 名盤 ~三種の神器~ »