« マーラー 交響曲「大地の歌」 続・名盤 | トップページ | マーラー 「大地の歌」 ~マーラーのピアノ版、シェーンベルク編曲による室内楽版~ »

2017年6月25日 (日)

山田和樹指揮日本フィル演奏会 マーラー交響曲第9番

18425073_1779076442382926_141279032

18485803_1779076465716257_739275905

山田和樹と日本フィルによるマーラーのシンフォニー・ツィクルスもいよいよ最終回となりました。いつものオーチャードホールへ聴きに行きました。

ツィクルス全曲は聴くことが出来ませんでしたが、第6番以降の4曲を聴けたのは良かったです。出来ればあと2番「復活」、5番が聴けていればベストでした。

もっとも「大地の歌」が今回のツィクルスには含まれませんでした。『全曲』と銘打つのに含まれないのは不思議なところですが、一般の”交響曲全集”には「大地の歌」が含まれないほうが多いので仕方ないところです。

マーラーの第9番は恐らく自分が最も好きなシンフォニー。以前はブルックナーの第9番だったのですが、最近はむしろマーラーに惹かれます。

ただ、これまでマーラーの9番を実演で聴いたのは小林研一郎/日フィルとパーヴォ・ヤルヴィ/フランクフルト放送響ぐらいです。

あとは自分が大学を卒業した直後に複数の大学オケによるジョイントコンサートへヴィオラで参加したこともありました。

さて、例によって武満作品が前プロに置かれましたが、曲は「弦楽のためのレクイエム」でした。前プロには正にピッタリです。

マーラーの第9番には作曲者自身のそれほど遠くないうちに訪れるであろう”死の予感”が間違いなく反映されています。第1楽章が”死への恐れ”ならば、第2楽章、第3楽章は”生との格闘”、そしてついに第4楽章では”永遠の世界への旅立ち”というように聞き取れます。

最後に”人間の生”全てが浄化されて終わるようなこの曲には、ちょっと他に類例が無いような強烈な魅力を感じます。

今日の演奏もとても良い演奏でした。山田和樹の指揮は幾らか速めのテンポで推進力があり、弦楽器を目いっぱい弾かせてその上に管楽器と打楽器をバシッっと乗せます。そのバランス造りは終始徹底していました。ですので全体がとても引き締まっていて迫力に不足しません。音楽が実に分かりやすいです。

ただ、それが余りにスッキリと見通しが良いので、マーラー特有のネチネチ、ドロドロとした雰囲気が少なく感じられるのは仕方ありません。そういうところは先輩のコバケンのほうが得意とするところです。

そういった個人の好みは有るにせよ、オーケストラにとってマーラーのツィクルスほど面白いものは無いので、いずれまた何年か先に山田さんの指揮がどのように進化しているのか聴きいてみたいものだと思います。

<関連記事>マーラー 交響曲第9番 名盤

|

« マーラー 交響曲「大地の歌」 続・名盤 | トップページ | マーラー 「大地の歌」 ~マーラーのピアノ版、シェーンベルク編曲による室内楽版~ »

マーラー(交響曲第8番~10番、大地の歌)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

在阪なので東京のコンサート事情はわかりませんが
こうしたツィクルスがあるとはやはり東京ならではですね。
ブルックナーならともかく、声楽入りの曲を含むマーラーでは
金銭面でのマネジメントも大変なのでは?

考えてみると、私がバーンスタインの第9を聴いた1985年では
まだマーラーはさほど人気があった記憶はありません。
やはりCDの普及で人気が上昇した・・・と思います。
現在はアマオケでもバンバン演奏しているのを見ると隔世の感を
覚えます。

投稿: 影の王子 | 2017年6月26日 (月) 23時40分

影の王子さん、こんにちは。

マーラーは編成も大きく声楽や色々な楽器が加わるので採算を取るのは大変ですね。
でもその代わりに大管弦楽の迫力を楽しめるので客入りは良いようですね。私も実演で聴くのがブルックナー以上に好きです。

バーンスタインのマラ9を聴かれているのですね。私はちょうどそのころクラシック離れを起こしていたので聴きませんでした。
非常に残念でなりません。

投稿: ハルくん | 2017年6月27日 (火) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/70965720

この記事へのトラックバック一覧です: 山田和樹指揮日本フィル演奏会 マーラー交響曲第9番:

« マーラー 交響曲「大地の歌」 続・名盤 | トップページ | マーラー 「大地の歌」 ~マーラーのピアノ版、シェーンベルク編曲による室内楽版~ »