« 大澤明子 フルートコンサート at KAWAIサロン横浜 ~一音の奇跡~ | トップページ | 山田和樹指揮日本フィル演奏会 マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 »

2017年6月 4日 (日)

リナルド・アレッサンドリーニ/コンチェルト・イタリアーノ来日公演 「ヴェスプロ(聖母マリアの夕べの祈り)」

Photo

今日は来日中のリナルド・アレッサンドリーニ率いるコンチェルト・イタリアーノの「ヴェスプロ(聖母マリアの夕べの祈り)」を聴きに神奈川県立音楽堂へ行きました。

Naiveレーベルから出ている彼らのCDは愛聴盤なのですが、まさか彼らを実演で聴くことが出来るとは思いませんでした。

しかも県立音楽堂は木造りの内壁の響きが自然でキャパシティがそれほど多くないのが古楽にはうってつけです。

指揮者のアレッサンドリーニはかつてバロック・ヴァァイオリンの名手ビオンディのグループでチェンバロを弾いていましたが、1984年に自らの古楽団体コンチェルト・イタリアーノを立ち上げました。声楽陣は全員イタリア人で発音の美しさを重視していることで知られます。

さて演奏が始まると、あのCDで馴染んだ音が生々しく耳に飛び込んできました。もちろんセッション録音されたCDに比べれば各パートの分離やピッチの上で完成度が幾らか劣るのは止むをえません。しかしそんなことはどんな演奏家においても言えることですし、とにかくあの本物の響きで聴く「ヴェスプロ」は驚きでした。

イタリア人の演奏するモンテヴェルディがドイツやイギリスの団体の演奏するそれと雰囲気が異なるのは以前から感じていましたが、こうして実演で聴くと改めて深く感じられます。例えばCDならドイツの聖歌隊の歌で聴けば、宗教音楽としての峻厳さはずっと増します。その点、コンチェルト・イタリアーノの演奏はもっと純粋な音楽としての愉悦に満ち溢れています。それはどちらが優れているという問題では無く、それぞれの特徴を楽しめば良いのです。

よく言われるように「ヴェスプロ」はバッハの三大宗教曲と並ぶ大傑作ですし、それをこのような本格的な演奏で聴ける機会はそう多くないので貴重な体験でした。

ホールは一番後方の座席を除き超満席でしたが、演奏が終わった後にお客さんは総立ちとなり彼らに盛大な拍手を送りました。これにはアレッサンドリーニさんも団員たちもみな非常に驚いているようでした。

この公演にはお客さんが大勢集まるだろうなとは予想していましたが、モンテヴェルディの音楽と演奏の素晴らしさを理解する聴衆がこれほどまでに多かったとは本当に驚きです。

Dsc_0184

Dsc_0185

|

« 大澤明子 フルートコンサート at KAWAIサロン横浜 ~一音の奇跡~ | トップページ | 山田和樹指揮日本フィル演奏会 マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 »

イタリアのバロック音楽(モンテヴェルディ、ペルゴレージ、コレッリ他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/70758020

この記事へのトラックバック一覧です: リナルド・アレッサンドリーニ/コンチェルト・イタリアーノ来日公演 「ヴェスプロ(聖母マリアの夕べの祈り)」:

« 大澤明子 フルートコンサート at KAWAIサロン横浜 ~一音の奇跡~ | トップページ | 山田和樹指揮日本フィル演奏会 マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 »