« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月20日 (土)

ブラームスのヴァイオリン協奏曲 新たに聴いたCDあれこれ

  • このところブラームスのヴァイオリン協奏曲をしばらく集中して聴いていました。
  • 今まで聴いていなかった演奏の中にも興味深いものは多いですし、齢を取ったせいか段々と色々な演奏に対するストライクゾーンが広くなった気がします。それ自体は良いことではあるのでしょうが、聴いてみたくなるCDが増えてしまうという弊害??が起こります。
  • ですので実はストライクゾーンを厳しくしたいという衝動にも駆られてジレンマに陥っているところです。
  • まぁ、それはそれとして最近聴いたCDを旧記事に加筆しましたので宜しければご覧ください。
  • ①パールマン、ジュリーニ/シカゴ響盤(EMI盤)
    ②アッカルド、マズア/ゲヴァントハウス盤(旧フィリップス盤)
    ③レーピン、シャイー/ゲヴァントハウス盤(グラモフォン盤)
    以上、ブラームス ヴァイオリン協奏曲 続々・名盤~男祭り~ 

    ④チョン・キョンファ、ラトル/ウイーンフィル盤(EMI盤)
    以上、ブラームス ヴァイオリン協奏曲 続・名盤~女神達の饗宴~ 

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2017年5月15日 (月)

    山田和樹指揮日本フィル演奏会 マーラー交響曲第7番

    18425073_1779076442382926_141279032

    昨日は渋谷のオーチャードホールへ山田和樹と日本フィルのマーラーを聴きに行きました。同コンビで進行中のマーラー・チクルスですが、昨年聴いた第6番が素晴らしかったので第7番から第9番のチケットを通しで購入しました。今回はその第7番の演奏会です。

    全般的に速めのテンポで非常に若々しい演奏でしたので、この曲がどちらかいうと第2番から第4番のいわゆる”角笛”シリーズに続くような印象を受けました。それはそれで悪くは無いのですが、個人的にはこの後期の曲には更に爛熟したロマンの味わいが欲しいかなぁなどと思いました。

    さて、続く第8番、第9番はどんな演奏になるのか楽しみです。

    18485803_1779076465716257_739275905

    <関連記事>
    マーラー 交響曲第7番「夜の歌」 名盤

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2017年4月 | トップページ