« 「Breeze」 ジャン-ピエール・ラクール&長谷川ゆき ~1900年パリ万国博覧会時代の響き~ | トップページ | イェルク・デームス来日公演 ベートーヴェンピアノ協奏曲第3番 »

2016年11月20日 (日)

ヴィオラでしょー! 20年ぶりに弾く機会が出来ました♪

Sdscn0925_2

ヴィオラでしょー!はい、ヴィオラです。

大学生の時に買って、青春時代に可愛い女の子に目もくれず(??)一生懸命練習してアマオケでチャイコフスキーやブラームスを一緒に演奏してきた愛器です。
けれど20年前に戸棚にしまい込んでからはそのまんまでした。

それが来年20年ぶりに弾く機会が出来たことから弦楽器工房に持ち込んでメンテナンスをして貰いました。
不具合箇所の修理、駒、弦の交換、弓の張替えとだいぶ出費しましたが、おかげでいい音が出るようになりました!あーヴィオラの音はいいなぁ♪

ついでに弾き手も工房に出してメンテナンスできると便利なのですけどね!(苦笑)

|

« 「Breeze」 ジャン-ピエール・ラクール&長谷川ゆき ~1900年パリ万国博覧会時代の響き~ | トップページ | イェルク・デームス来日公演 ベートーヴェンピアノ協奏曲第3番 »

音楽やその他諸事」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私にとって、ヴィオラの名曲といえば
バルトークのヴィオラ協奏曲
ショスタコーヴィチのヴィオラ・ソナタ
(20世紀の大作曲家のともに最後の作品)

ヴィオラ奏者といえば、バシュメット
(今井信子やカシュカシュアンも知っていますが)

愛聴盤はどちらもバシュメットです。

あとは、ベルリオーズの「イタリアのハロルド」
ヒンデミットの室内音楽第5番と「白鳥を焼く男」
しか聴いておりません。

あと、なんの番組かはすっかり失念しましたが
オケからヴィオラを抜いたら、すっかり迫力の無い音になる
という実験があり、
「ヴィオラはオケの縁の下の力持ち」と言われてました。

投稿: 影の王子 | 2016年11月20日 (日) 17時54分

影の王子さん、こんにちは。

ヴィオラは旋律楽器として余り使い易くないことから独奏で活躍する名曲が本当に少ないです。ショスタコーヴィチのソナタも良いですが、僕が溺愛するのはブラームスが自身のクラリネットソナタを書き換えた2曲のヴィオラソナタです。

演奏家についても中々目立ちませんが、そんな中でバシュメットはヴィオラのヴィルトゥオーゾ、王様といった印象です。でもヴィオリストには余り目立つ舞台は似つかわしくありません。
僕が特に好きなのはウィリアム・プリムローズ(ミュンシュの「イタリアのハロルド」で独奏しています)、それにスメタナ・カルテットのミラン・シュカンパです。後者とは挨拶して握手を交わしたことが有るので生涯忘れられない存在です。

投稿: ハルくん | 2016年11月21日 (月) 12時40分

こんにちは、ハル様。お久しぶりです。 11/19のらららクラシックと今朝の題名のない音楽会、ご覧になりましたか? 2週続いてヴィオラの魅力を伝えてくれる番組でしたね。
東フィルの須田祥子さん。お名前だけは頭の片隅にあったのですが、SDA48というヴィオラ仲間との活動を行っている事など知らない事がいっぱい!
ヴィオラ演奏家あるあるのお話も面白く聞きました。 人間の声に一番近い音色がヴィオラだという実験結果も興味深かったですし。
残念な事に世間一般ではヴィオラの認知度はまだ低い様です。ヴァイオリンとの区別がつかない方が殆どなんですね…
音楽番組で、もっと取り上げてその魅力を伝えてくれると良いのに。。

投稿: from Seiko | 2016年11月27日 (日) 16時03分

Seikoさん、お久しぶりです!
お元気そうで何よりです。

残念ながら「らららクラシック」は見逃しました。でも「題名のない音楽会」は見ましたよ。
人間の声に一番近い音色がヴィオラというのは聞いている話です。
楽器としての認知度が低いのは、それだけ地味な存在ということです。裏街道を歩く日陰者なのが良いところですよ。脚光を浴びるのは、学習院OBオケでヴィオラを弾かれる皇太子殿下だけで充分でしょう。でも天皇に即位しても出演されるのかなぁ?

投稿: ハルくん | 2016年11月28日 (月) 00時46分

ごぶさたしています、楽器のリハビリおめでとうございます。楽器のご機嫌はいかがですか?久しぶりにさわると、自分の腕が衰えただけなのか、楽器の調子「も」悪いのか、区別ができませんね。われわれはリードの調子という問題もあります。

投稿: かげっち | 2016年11月30日 (水) 13時12分

かげっちさん、こんにちは。
お元気そうで何よりです。

先週はフィドル(ヴァイオリン)を人前で弾く機会が有ったのでリハビリ後のヴィオラはまだ本格的に弾いていません。これから取り組んでいく予定です。

自分の場合は久しぶりにさわると、自分の腕が衰えただけなのが明らかです。16分音符がまるで弾けなくなっていますので、これでモーツァルトなんか弾けるかなぁと心配です。

投稿: ハルくん | 2016年11月30日 (水) 22時23分

リハビリには目標設定が大事です、4年前の病気以来痛感しました。

投稿: かげっち | 2016年12月 1日 (木) 12時40分

かげっちさん、リハビリには目標設定とたゆまぬ努力、これが大切ですね。
私も頑張ります!

投稿: ハルくん | 2016年12月 1日 (木) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/68506442

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィオラでしょー! 20年ぶりに弾く機会が出来ました♪:

« 「Breeze」 ジャン-ピエール・ラクール&長谷川ゆき ~1900年パリ万国博覧会時代の響き~ | トップページ | イェルク・デームス来日公演 ベートーヴェンピアノ協奏曲第3番 »