« カポソカ音楽学院オーケストラが日本にやってきました! | トップページ | カポソカ音楽学院オーケストラ・日本ツアー 東京公演 »

2016年5月13日 (金)

カポソカ音楽学院オーケストラ・日本ツアー 松本公演

Sdscn0553

アフリカのアンゴラ共和国唯一の音楽学院からカポソカ音楽学院オーケストラが来日して、いよいよコンサートツアーが始まりました。

昨日はその初回公演が長野県松本市のキッセイ文化ホールで行われましたので、私もボランティアスタッフとして参りました。

アンゴラも長い間、内戦で苦しみましたが、今では平和を勝ち得て、こうして音楽をやろうとする青年たちを海外ツアーに送り出せるような時代になったのですね。

しかし、そうは言っても、まだまだ欧米や日本のような恵まれた音楽環境にあるわけではありません。楽器も優れた指導者も不足しているそうです。

それでも演奏をする彼らを見ていると『音楽をやりたい』という強い意欲が彼らを駆り立てているように感じられてなりません。

来日しているメンバーの技量にも当然レベルの差は有るのでしょうが、いざ合奏となると、彼らは一つにまとまって驚くほど力強く素晴らしい演奏をします。今回のコンサートツアーを率いる卓越したチェリストである伊藤悠貴さんが指揮とチェロ独奏でリードするのも大きいでしょうが、はるばる遠いアジアの先進国を訪れて、自分たちの演奏する音楽を精一杯聞かせようという彼らのひた向きさに本当に心を打たれます。

チャイコフスキーやモーツァルトの演奏も素晴らしかったですが、後半に演奏されたアフリカの曲は恐らくどの曲も日本初演だそうですが、民族的なリズムが最高に楽しく、全員が体いっぱいで演奏していました。コントラバスのメンバーなどもうお尻フリフリで弾いていて見ていて可笑しくなるほどです。舞台袖で聴いていた自分も思わず体を動してしまいます。

Sdscn0568

”音楽”とは何か?”演奏をする”とはどういうことなのか?

彼らとは比較にならないほど恵まれた環境にいる日本の音楽家や愛好家の我々が、もしかしたら見失っている大切なものを、彼らは我々以上に持っているような気がします。

このような貴重なコンサートを体験できる機会は滅多にあるものではありません。彼らの演奏を是非とも沢山の人に聴いて貰えたらと思います。

残りの4公演は、15日福島県相馬市、16日仙台、19日広島、21日東京です。

コンサートツアー情報:WEBぶらあぼ
http://ebravo.jp/archives/26517

Sdscn0542
リハーサル風景。みな真剣です。

Sdscn0543
伊藤さんの独奏チェロにピタリと合わせます。

|

« カポソカ音楽学院オーケストラが日本にやってきました! | トップページ | カポソカ音楽学院オーケストラ・日本ツアー 東京公演 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/65467022

この記事へのトラックバック一覧です: カポソカ音楽学院オーケストラ・日本ツアー 松本公演:

« カポソカ音楽学院オーケストラが日本にやってきました! | トップページ | カポソカ音楽学院オーケストラ・日本ツアー 東京公演 »