« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月27日 (金)

カポソカ音楽学院オーケストラ・日本ツアー 東京公演

Xdscn0582
ゲネプロ風景 伊藤悠貴さんの指揮にも力が入ります

5月21日はカポソカ音楽学院オーケストラの日本ツアーの最終日でした。
ツアーを締めくくるにふさわしく、会場は満席となり大変な盛り上がりでした。

この日も公演のお手伝いをしたので客席で演奏をゆっくりとは聴けませんでしたが、出演者と一緒になりこの素晴らしいコンサートの成功に僅かでも貢献できたかと思うと喜びの気持ちで一杯になります。

そして、このオーケストラのメンバーの中から将来立派な音楽家が育ってくれたら本当に良いなと思います。

それにしても終演後のレセプション会場の盛り上がりは凄いなんてものじゃなかった!
いやー、アフリカパワー恐るべし!見ていて最高に楽しかったです!

X13227346_10153896226833751_2733911
終演後の出演メンバー

X13266036_1261362223893337_73676924
レセプション会場にて

X13237609_1261362317226661_34293932
日本人出演者 伊藤悠貴(左)、山田磨依(中央)、河本裕之(右)

Xp1230337
日本人出演者と私

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

カポソカ音楽学院オーケストラ・日本ツアー 松本公演

Sdscn0553

アフリカのアンゴラ共和国唯一の音楽学院からカポソカ音楽学院オーケストラが来日して、いよいよコンサートツアーが始まりました。

昨日はその初回公演が長野県松本市のキッセイ文化ホールで行われましたので、私もボランティアスタッフとして参りました。

アンゴラも長い間、内戦で苦しみましたが、今では平和を勝ち得て、こうして音楽をやろうとする青年たちを海外ツアーに送り出せるような時代になったのですね。

しかし、そうは言っても、まだまだ欧米や日本のような恵まれた音楽環境にあるわけではありません。楽器も優れた指導者も不足しているそうです。

それでも演奏をする彼らを見ていると『音楽をやりたい』という強い意欲が彼らを駆り立てているように感じられてなりません。

来日しているメンバーの技量にも当然レベルの差は有るのでしょうが、いざ合奏となると、彼らは一つにまとまって驚くほど力強く素晴らしい演奏をします。今回のコンサートツアーを率いる卓越したチェリストである伊藤悠貴さんが指揮とチェロ独奏でリードするのも大きいでしょうが、はるばる遠いアジアの先進国を訪れて、自分たちの演奏する音楽を精一杯聞かせようという彼らのひた向きさに本当に心を打たれます。

チャイコフスキーやモーツァルトの演奏も素晴らしかったですが、後半に演奏されたアフリカの曲は恐らくどの曲も日本初演だそうですが、民族的なリズムが最高に楽しく、全員が体いっぱいで演奏していました。コントラバスのメンバーなどもうお尻フリフリで弾いていて見ていて可笑しくなるほどです。舞台袖で聴いていた自分も思わず体を動してしまいます。

Sdscn0568

”音楽”とは何か?”演奏をする”とはどういうことなのか?

彼らとは比較にならないほど恵まれた環境にいる日本の音楽家や愛好家の我々が、もしかしたら見失っている大切なものを、彼らは我々以上に持っているような気がします。

このような貴重なコンサートを体験できる機会は滅多にあるものではありません。彼らの演奏を是非とも沢山の人に聴いて貰えたらと思います。

残りの4公演は、15日福島県相馬市、16日仙台、19日広島、21日東京です。

コンサートツアー情報:WEBぶらあぼ
http://ebravo.jp/archives/26517

Sdscn0542
リハーサル風景。みな真剣です。

Sdscn0543
伊藤さんの独奏チェロにピタリと合わせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

カポソカ音楽学院オーケストラが日本にやってきました!

13147737_627778094038101_6185675853

ついにアンゴラからカポソカ音楽学院オーケストラが日本にやってきました!

今日は初台のオペラシティで初リハーサルです。ここまでの道程はアクシデントの連続で中々に大変だったようですが、伊藤悠貴さんの指揮とチェロのリードにより、きっと素晴らしい演奏を聴かせてくれるに違いありません!

東京公演には強力助っ人として私の友人でもあるピアニストの山田磨依さん、ティンパニストの川本裕之さんが出演するので楽しみです。

コンサートツアー情報:WEBぶらあぼ
http://ebravo.jp/archives/26517

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

「幻のピアニスト、グリコリー・ソコロフで聴く史上最高のチャイコフスキーとシューマン」ハイファイオーディオコンサート

Sdscn0531

昨日は新富町のオーディオショールームON and ONにて「幻のピアニスト、グリコリー・ソコロフで聴く史上最高のチャイコフスキーとシューマン」CDコンサートを開催しました。

中村伸一さんのオーディオ・コーディネイトにより「ヨーロッパの大陸の音」コンセプトのシステムで聴いて頂きました。

お客様にはソコロフの驚異的な演奏をハイファイの音で存分にお楽しみいただけたことと思います。

―使用装置紹介―
・スピーカー  デンマーク DYNAUDIO社製  ご提供 On and On(株)
・CDプレーヤー フランス YBA社製  ご提供 (有)アポロンインターナショナル
・真空管アンプ ドイツ OCTAVE社製 ご提供 (有)フューレン・コーディネイト
  (CDプレーヤー、真空管アンプは輸入代理店から特別にお借りしました。)

Sdscn0537

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WEBぶらあぼ カポソカ音楽学院オーケストラ日本コンサートツアーの記事

音楽情報WEBぶらあぼに、カポソカ音楽学院オーケストラの日本コンサートツアーの記事が詳しく掲載されています。

 カポソカ音楽学院オーケストラ日本ツアー

新進気鋭のチェリスト伊藤悠貴がアンゴラのオーケストラの指導を行うようになったいきさつなどが理解できて大変興味深い記事となっています。ぜひご一読を!

コンサートでは、伊藤悠貴がオーケストラの指揮をして、チェロの独奏も行います。

ツアーは5月12日から21日までに、松本・相馬・仙台・広島・東京の全国5か所でコンサートが開かれます。お近くの方はぜひ会場で声援を送りましょう!

Yuki_ito_s_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »