« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月27日 (土)

千住真理子×仲道郁代 ブラームス:バイオリン・ソナタ全曲コンサート

Yamahanakamichi_senjyu

ブラームスの書いたバイオリン・ソナタは3曲だけですが、どれも傑作なのでこれらを同時に演奏するとなれば誰の演奏でも聴きに行きたくなります。しかもそれがファンの仲道郁代と千住真理子とあれば尚更です。

その二人のDUOコンサートが銀座のヤマハホールで開かれました。
舞台の上のお二人から話を聞くまでは知らなかったのですが、お二人のDUOコンサートというのは今回が初めてなのだそうです。確かに意外でした。チェロの長谷川陽子を加えたトリオでよく演奏しているからでしょうね。

さて、舞台に登場したお二人は相変わらず素敵でした。今日の席は前から二列目のやや左寄り。お二人を目の当たりに見るのには絶好の位置です。

でも、いくらファンだといっても、それで「演奏が良かった」などと書いては演奏家に失礼というものです。AKBではありません。

今日の演奏の合間のお二人のショート・トークのときに、千住さんが「若い頃、江藤俊哉先生から『この曲はロールスロイスが40kmで走るようなものだ』と聞いたことがありました。」と話していました。

確かにわからない例えではありません。それで言えば今日の演奏は40kmというより60kmぐらいの印象だったでしょうか。特に千住さんの握るハンドルにはやや力が入り過ぎていたような気がします。第1番や第2番の美しい旋律に「いじらしさ」がまだまだ不足しているように感じられました。それはテクニックの問題では無いと思います。それだけ演奏が難しい曲なのですね。
その点、第3番は情熱で押し切れるような曲想なので、60kmで丁度良かったです。リヒテルとオイストラフの録音などは100kmぐらいで少々速度違反に感じるからです。

お二人は「大変なプログラムですが、今日この時の私たちの演奏を聴いて下さい。」とも話していました。今日の演奏の印象は書いた通りですが、10年後にもまた3曲の演奏を聴けるとどんな印象を受けるか楽しみです。

今日は他に「F.A.E.ソナタ」とアンコールで「(ブラームスの)ワルツ」を演奏してくれました。ブラームスファンとしては大満足です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

神奈川に「県央音楽家協会」が設立されました

Tanzawa001_2

昨日 2月13日(土)、「県央音楽家協会」の設立を記念して『設立記念パーティ』が本厚木のライブバー”コシーナ”で開催されました。

この組織は、神奈川県の中央エリアで活動をするプロの音楽家の新団体ですが、横浜や川崎に比べて音楽振興の点で遅れをとるこのエリアの音楽の地域創生を目指すことが目的です。

祝杯に続いて内田忠行代表よりご挨拶があり、続いて事務局長に就いた私から今後の活動方針についてご説明をさせて頂きました。私は音楽家ではありませんので裏方です。

説明の合い間にも出席者同士の積極的な意見交換が行われて、充実した集まりになりました。 また、交流会では出席者が順に1曲づつ演奏を披露して大いに盛り上がりました。

私も「My way」を英語で歌わせて貰いましたが、プロのピアニストの伴奏で声楽家たちの前で歌うことになるとは思ってもいませんでした。

リンク
県央音楽家協会ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »