« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

グリゴリ・アルフェーエフ 「マトフェイ受難曲」 日本初演

Dscn0353

昨日は浜離宮朝日ホールへ「マトフェイ受難曲」の日本初演を聴きに行きました。
この曲は英語で「St Matthew Passion, grand oratrio for sloists, choir and orchestra」ですので、「独唱、合唱、オーケストラ(弦楽)のためのオラトリオ”マタイ受難曲”」ということです。

作曲者のグリゴリ・アルフェーエフは、1966年生まれのれっきとしたロシア正教会の司教です。幼少期に音楽を習い、モスクワ音楽院に入学して作曲を習いました。

ところが彼は仕事を音楽では無く、聖職者になる道を選びます。
40歳までは聖職に専念しましたが2006年、たまたま自分の作品がモスクワの正教会音楽祭で演奏をされたのをきっかけに、再び作曲を始めました。その年に書いた三番目の作品がこの「マトフェイ受難曲」です。

初演は翌年2007年にモスクワ音楽院大ホールでフェドセーエフ指揮モスクワ放送響により行われ、大成功に終わりました。ちなみにそのライブはCDにもなっています。

アルフェーエフはこう語りました。
「偉大なるロシア人作曲家ミハイル・グリンカの夢を実現させたと思う。」

その夢とは『西洋音楽のフーガとロシア正教会の歌を融合させること』だったようです。

確かに、実際に曲を聴いてみると、バッハの「ヨハネ受難曲」の第1曲に似たように書かれた曲や厳かな正教会風の合唱の印象が強いです。しかし曲によってはフォーレの「レクイエム」のような繊細な雰囲気を表す曲も現れます。

作品全体は伝統的な作風で書かれていますので、とても聴き易く、現代曲的な難解さは少しも有りません。ソロ楽器によるオブリガートもしばしば登場しますが、どれもとても楽しく書かれています。

全体は通しで約1時間半の演奏時間ですが、全く退屈しませんでした。

指揮者の渡辺 新さんはロシア、北欧、東欧の音楽を得意にしておられ、オーケストラ・ナデジーダ、合唱団ナデジーダを率いてそのような音楽の普及に力を入れられているそうです。よく思いますが、このように明確なコンセプトを持たれた音楽活動というのは本当に貴重だと思います。

演奏のレベルも非常に高く、特に合唱団は人数こそ各パート10人弱ですが、パートごとのパワーバランスが良く、大変美しかったです。弦楽オーケストラもフーガなどパートが独立する部分ではプロのようには行きませんが、合奏ではとても美しかったです。独唱者にはロシア人をはじめ、優れた日本人声楽家が担当していたのでとても良かったです。
初めて耳にするこの作品の良さを充分に感じさせてくれた素晴らしい演奏でした。

この作品はもっと多くの人に聴いて貰いたいと思います。他の団体が取り上げることは中々考えにくいので、この団体で是非とも再演を願いたいと思います。

Dscn0360

Img_1566
終演後に楽屋でソプラノ独唱の中村初恵さんを囲んで

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

ドイツリート・コンサート at シェア奥沢 ~シューベルティアーデ~

Xdscn0285_2

昨日は、自由が丘の古民家コミュニティ、シェア奥沢で「ドイツリート・コンサート」を開催しました。かつてシューベルトが友人仲間と個人の邸宅に集まって作品の発表会を行っていた”シューベルティアーデ”の再現のようですね。

今回は特別ゲストとして指揮者の清水史広氏をお招きして、プレトークの形で解説をして頂きましたが、これだけでも価値のある大変面白い内容でした。

メインのコンサートは、シューベルトの歌曲集「美しき水車小屋の娘」全曲の生演奏が身近で聴けるという貴重な機会でした。テノールの小田知希さんの情熱的な歌はヴィルヘルム・ミュラーの詩による水車職人の若者が恋をする物語を感動的に聞かせてくれましたし、声楽の伴奏を得意とするピアノの原 好香さんは歌にピタリと寄り添って大変見事なアシストぶりでした。

1年前から企画を温めていたドイツリート・コンサートを実現出来たうえに大変素晴らしい演奏となり、お二人には心から感謝したいと思います。もちろん素晴らしいサポートを頂いた清水先生にも深く感謝します。

Xdscn0261

Xdscn0262

Xdscn0292_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

お知らせ

広くお知らせは致しませんでしたが、慣習に則りまして年始の祝辞は控えさせて頂きます。皆様にとりまして新しき年がより良き年と成りますよう心からお祈り申し上げます。

Photo


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »