« お知らせ | トップページ | グリゴリ・アルフェーエフ 「マトフェイ受難曲」 日本初演 »

2016年1月10日 (日)

ドイツリート・コンサート at シェア奥沢 ~シューベルティアーデ~

Xdscn0285_2

昨日は、自由が丘の古民家コミュニティ、シェア奥沢で「ドイツリート・コンサート」を開催しました。かつてシューベルトが友人仲間と個人の邸宅に集まって作品の発表会を行っていた”シューベルティアーデ”の再現のようですね。

今回は特別ゲストとして指揮者の清水史広氏をお招きして、プレトークの形で解説をして頂きましたが、これだけでも価値のある大変面白い内容でした。

メインのコンサートは、シューベルトの歌曲集「美しき水車小屋の娘」全曲の生演奏が身近で聴けるという貴重な機会でした。テノールの小田知希さんの情熱的な歌はヴィルヘルム・ミュラーの詩による水車職人の若者が恋をする物語を感動的に聞かせてくれましたし、声楽の伴奏を得意とするピアノの原 好香さんは歌にピタリと寄り添って大変見事なアシストぶりでした。

1年前から企画を温めていたドイツリート・コンサートを実現出来たうえに大変素晴らしい演奏となり、お二人には心から感謝したいと思います。もちろん素晴らしいサポートを頂いた清水先生にも深く感謝します。

Xdscn0261

Xdscn0262

Xdscn0292_2

|

« お知らせ | トップページ | グリゴリ・アルフェーエフ 「マトフェイ受難曲」 日本初演 »

音楽やその他諸事」カテゴリの記事

コメント

今晩は、ハル様。 素晴らしいテノールの歌い手と素晴らしい指揮者との交流良かったですね。
優れた音楽家と直に触れ合えるハル様が羨ましいですよ。
素晴らしい歌い手と言えば残念な事に、新潟に深い縁のある中沢桂さんがお亡くなりになりました。 満州生まれで高校まで長岡市で過ごされた中沢さんは新潟県長岡市出身ともプロフィール紹介されていました。 私が最初に中沢さんのソプラノを聞いたのは、小5か小6だったと思います。オペラではなく、日本の心温まる小品「からたちの花」「この道」などのプログラムでした。 マイク無しでも会場全体に歌声が響きわたり驚いた事を覚えています。
私の母と同年代。長きのご活動とご活躍に敬意と哀悼の意を表します。

投稿: from Seiko | 2016年1月13日 (水) 23時42分

Seikoさん、こんばんは。

中沢桂さんが亡くなられたのは残念ですね。
長岡のご出身なのですね。

新潟在住の音楽家さんだっていらっしゃると思います。そういう方が小規模でもライブを行われたら良いと思うのですがね。
活動されている方はいらっしゃらないのでしょうか?
演奏場所さえあれば決して難しいことは無いですよ。こちらから出張ライブを企画しても楽しいですね!

投稿: ハルくん | 2016年1月15日 (金) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/63399428

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツリート・コンサート at シェア奥沢 ~シューベルティアーデ~:

« お知らせ | トップページ | グリゴリ・アルフェーエフ 「マトフェイ受難曲」 日本初演 »