« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

ブラームス 交響曲全集 名盤 クルト・マズア指揮ライプチッヒ・ゲヴァントハウス管

Brahms_masur253クルト・マズア指揮ライプチッヒ・ゲヴァントハウス管(1977年録音/フィリップス盤)

クルト・マズアが年末に亡くなりましたね。何も亡くなった人を悪く言うこともないのですが、この人は最後まで滅多に感心することの無いマエストロでした。そういう点ではハイティンクと良く似ていて、少なくとも最近では二人ともすっかり巨匠扱い。でも昔から余り感心することが無い。要するに自分の好みとは隔たりの有る指揮者なのでしょうね。

マズアに関しては、まづぁ、出会いの印象が良く無かったのです。大学生の時に期待していったゲヴァントハウス管の来日演奏会。曲目はベートーヴェンの第九。指揮者がこのマズア。

とんでもなく古色蒼然としたオーケストラの音色にすっかり魅了されました。が、が、が、指揮の何と面白く無いこと!オーソドックスと言えば聞こえは良いが、クソ真面目で全然面白くない。四角四面でベートーヴェンの苦悩も歓喜も何も聞こえてこない演奏でした。

なので、すっかりマズアという指揮者が嫌いになり、その後何を聴いても(と言っても嫌いに成ったので余り聴いてはいないのだが)同じように面白みのない演奏でした。

ということで、このブラームスの交響曲全集をこれまで聴かなかったのも指揮がマズアだからという理由だけ。それをどうして今頃聴く気になったのかと問われれば、それは「ゲヴァントハウス管の演奏だから」というのがその答え。

ブラームスの交響曲の演奏をして最高なのは、シュターツカペレ・ドレスデン、ハンブルク北ドイツ放送響、それにライプチッヒ・ゲヴァントハウス管、この3つの楽団だと思っています。ウイーン・フィルも良いには良いのだけれども、密度の濃い重厚な響きを聴こうとすると、ちょっと音が澄み過ぎて薄い感じがしてしまうのです。

さて、そうしてこの交響曲全集の演奏を聴いてみました。うーん、やはりゲヴァントハウスの音は素晴らしいです。コンヴィチュニー時代の質剛健な響きは後退しているものの、そんじょそこらのドイツのオケでは出せない重厚な音をやはり聞かせています。良かったのはマズアが期待以上に健闘していることです。クルト・ザンデルリンクの貫禄には程遠いものの、非常に安心して聴いていられるオーソドックスなブラームスです。ドイツ人の割には重厚さがいま一つですが、時にフラフラするところの有る、ギュンター・ヴァント/北ドイツ放送響の全集よりはずっと良いと思いました。第1番、第2番、第3番とブラームスの音楽をすっかり満喫しました。第4番も良いのですが第3楽章あたりがいかにも覇気の無いマズアまる出しなのでがっかりです。あの重厚なザンデルリンクでもこの楽章ではラプソディックな熱気を充分に感じさせてくれるのと対照的です。

そうは言っても、全体的に中庸か、いくらかゆったりとしたテンポですが、全てにおいてイン・テンポを守っているのでスケール感もそれなりに感じられますし決して悪くありません。何よりもゲヴァントハウスの響きが聞けるのが最大の魅力なので、やはり素晴らしい全集の一つとして数えられます。

クルト・ザンデルリンク/SKドレスデン、オトマール・スウィトナー/SKベルリンに加えてドイツオケによるブラームスのシンフォニー全集ベスト3に入るかもしれません。カラヤン/ベルリン・フィルやクーベリック/バイエルン放送響よりはずっと気に入りました。もっともエッシェンバッハが北ドイツ放送響と新録音を行なってくれたら恐らくそれを越える可能性が有ります。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

ドイツ・リート・コンサート at シェア奥沢 シューベルト歌曲集「美しき水車小屋の娘」全曲

Photo

昨年から東京自由が丘にある民間コミュニティ”シェア奥沢”で主にクラシックの演奏会を企画させて頂いています。

次回は来年の1月9日(土)にシューベルトの歌曲集「美しき水車小屋の娘」全曲演奏会を開催します。

この歌曲集はシューベルトがドイツの詩人ヴィルヘルム・ミュラーの詩をもとに作曲した全部で20曲から成る作品です。

いわゆるシューベルトの三大歌曲集(他に「冬の旅」「白鳥の歌」)の中で最も抒情性を湛えていて、旅をする青年が美しい娘へ恋をする憧れと熱い思い、そして失恋の哀しみから死に至るまでの物語を余すところなく表現しています。

各曲の旋律の美しさと親しみやすさは比類が無く、いかにも青春の息吹を感じさせるようなロマンティックな甘さを持っているのが大きな特徴です。

かつてはレコードに残されたフリッツ・ヴンダーリッヒやディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウの名唱、この曲集を得意として日本でも何度も歌ったペーター・シュライヤーの歌唱などがファンを大いに魅了しました。

それほど素晴らしい歌曲集なのですが、生で歌われることは意外に多くありません。誰もが知っている名作であることが、逆に若い歌い手にはやや躊躇させるのかもしれません。

その「美しき水車小屋の娘」全曲に新進気鋭のテノール歌手小田知希(おだともき)さんが挑みます。ピアノを演奏するのは合唱や歌曲の伴奏経験の豊富な原好香(はらよしこ)さんです。

この曲集は通常、テノールやバリトンによって歌われますが、”清純な若者の歌”としてはやはりテノールで歌われるのがイメージにピッタリです。

新しい年の初めに、この心を洗われるような美しさのシューベルトの歌曲集をご一緒にじっくりと鑑賞してみませんか。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ドイツ・リート・コンサート at シェア奥沢

開演日時:2016年1月9日(土)16:00

会場:シェア奥沢  住所:東京都世田谷区奥沢2-32-11
               TEL 03-6421-2118

参加費用:¥1500(コンサート)/ ¥500(交流会)

お申し込み&問い合わせ:TEL 090-6009-7213(朝倉)
                 メール rsa54219@nifty.com

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

シェア奥沢クリスマスコンサート

1
12日、自由が丘にある古民家のコミュニティ”シェア奥沢”で、中村初恵(初姫)とジェフリー・トランブリーによる Duo Dona Sonus(響の贈り物)、そしてピアニスト ユーリー・コジェヴァートフ によるスペシャルX’masコンサートを開催しました。

初恵さんは日本、ジェフリーさんはアメリカ、ユーリーさんはロシアの出身なので、日米露が揃った正に”世界平和の象徴”のようなメンバー。

06dscn0211

プログラムはドイツとロシアの歌曲、モーツァルトの三大オペラからのハイライト、クリスマスソングと盛りだくさん!

02dscn0202

特にシェア奥沢で初のオペラは初姫とジェフリーが愉快な演技を繰り広げて大喝采でした。

04dscn0209

更にはカッチーニのアヴェマリア(は私に贈ってもらえて感激の涙)に、ユーリーさんの素晴らしいピアノ独奏でラフマニノフ「パガニーニの主題による変奏曲」の有名な部分と、これでもかというぐらいのサービスぶり!

05dscn0196

最後はアンコールの「清しこの夜」「メリーウィドー」でカーテンです!

もちろんコンサートの後は出演メンバーと一緒にテーブルの御馳走を囲んでの交流会。これがシェア奥沢の大きな楽しみです。

07dscn0220

皆さんに心ゆくまで楽しんでもらえたことと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »