« クラシック名曲鑑賞会第6回「秋にはやっぱりブラームス」のご案内 | トップページ | オッコ・カム/ラハティ交響楽団 2015来日公演 ~感動のシベリウス~ »

2015年11月 7日 (土)

東京交響楽団演奏会 指揮 大友直人、チェロ独奏 伊藤悠貴

Itouyuki_2
今日は大井町のきゅりあん大ホールへ東京交響楽団のコンサートを聴きに行きました。

『スラブの旋律』と副題が付けられていて、ドヴォルザークのチェロ協奏曲とチャイコフスキーの交響曲第5番の2曲プログラムです。

指揮は大友直人、チェロ独奏が伊藤悠貴です。聴きに行ったお目当ては伊藤さんのチェロなのですが、大友さんのサポートであればまず安心です。

このホールへは初めて来ましたが、チューニング段階で残響が少ないことに気付き、やや不安を憶えます。というのもヴァイオリンやピアノと違って、チェロは音域の点からどうしても音が聞きにくい場合が多いからです。

などと思いながらも、ドヴォルザークの演奏が始まりました。東響はいつもながら良くまとまった音を出しています。長い序奏が終わり、いよいよ伊藤さんのチェロが音を出しましたが、中々良く響いています。この残響の少ないホールでこの曲をこれだけ聞かせるのは凄いことです。

伊藤さんは幾つもの国際コンクールで優勝しただけあって、テクニックは非常に優秀ですし、ハイポジションの伸びのある高音も実に素晴らしいです。

けれども最大の魅力は、極めてロマン的な歌心だと思っています。絶妙なルバートと拍の伸び縮み、音のダイナミクスの変化が実に自然に行われています。なので違和感が全く感じられません。このセンスの良さは名演奏家にとって不可欠な絶対条件なのです。20代の若さでこのように感じられる演奏家は非常に稀だと思います。若くしてビッグネームとなった演奏家でも(少なくとも自分には)そう感じられない演奏家がとても多いからです。

今日の東響のコンマスはグレブ・ニキティンで、この人は演奏する姿がキリっとしていて格好良いですが、第三楽章の独奏チェロとの二人の掛け合いも実に美しく素晴らしかったです。

大友さんの指揮は実に手堅く、伊藤さんの独奏を実に上手くサポートしていました。実力ある若手に華を持たせるあの余裕ぶりはさすがです。

海外オケが演奏しても生では意外に満足できないドヴォ・コンに、今日は非常に満足出来る演奏を聴くことが出来ました。

後半のチャイコフスキーも大変まとまりの良い演奏でした。ただ、生で数えきれないほど聴いている曲の為に、もう少し良い意味で”クセ”と”個性”が出ていた方が楽しめたかな。
むしろアンコールのグリーグ「ホルベルの時代から」のプレリュードのほうが愉しめました。
大編成の弦楽にしては、とても爽やかさが感じられた美しい演奏には感心しました。

この演奏会は品川文化振興事業団の主催でしたので、地元のコンサートに地元のお客さんが集まっている、という印象でした。なので、クラシックのコンサートにはそれほど行かなそうなお客さんが多かったように見受けられました。

それでも隣に座っていた70歳ぐらいのご婦人同士が、聴き終えた後に「やっぱりオーケストラはいいわねぇ」と喜んでいたのが実に微笑ましかったです。

地元でコンサートが有れば、地元の人が聴きに来る。それこそが文化振興です。自分の住んでいる厚木市にも立派なコンサートホールが有りますが、プロのオーケストラの演奏会なんて数年に一度有るかないかという状態です。クラシックばかりが良い音楽だという気は毛頭も有りませんが、プロの本格的なオーケストラが聞けない街だというのは嘆かわしいとしか言いようが有りません。

素晴らしい演奏に感動をした後に、何やら複雑な思いではありました。

|

« クラシック名曲鑑賞会第6回「秋にはやっぱりブラームス」のご案内 | トップページ | オッコ・カム/ラハティ交響楽団 2015来日公演 ~感動のシベリウス~ »

演奏会(オムニバス)」カテゴリの記事

コメント

今晩は、ハル様。ご無沙汰しております。
東響の11月の新潟定期はドヴォルザークでも交響曲8番がメインです。 アクシデントがない限り行く予定。 楽しみです。ドヴォルザークのチェロ協奏曲好きですねぇ。最近聴いたのは(この頃の私の言う最近とは5~6年前でも最近のうち)テレビで見た堤剛さんの演奏かなぁ…ちょっと力が落ちたって感じたのは気のせいですかね?
何よりも生演奏は良いですね。 ドヴォ8の他にバルトークの「弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽」なのですがバルトークはあまり得意ではないんです。 と言うより食わず(聴かず)嫌いなのなのです。なので克服しなくちゃね♪

話が逸れますが真央ちゃんの復帰戦優勝嬉し~い。ご本人はFSに満足していない様子ですが、1年の休養を考えたら凄い事だと思いますね。さすがは真央ちゃん! 彼女も25歳かぁ…真央さんと言うべきでしょうか。

投稿: from seiko | 2015年11月 8日 (日) 19時04分

Seikoさん、こんにちは。
ご無沙汰していますが、お元気そうで何よりです!
堤さんもかなりのお歳なので若いころに比べると厳しいかもしれませんね。でもあの人のドヴォのチェロ協の録音は(多分に管弦楽の良さのせいも有りますが)自分の第一の愛聴盤です。
ドヴォ8は名曲ですし、弦打チェレはバルトークながらとても楽しい音楽です。コンサート楽しまれてくださいね。

真央ちゃん復活!ですね。本当に公式戦のブランクが嘘のようです。今シーズンの終わりには凄い出来になっていそうですね。

これから寒くなりますが、お風邪を召されませぬように。
またのコメント楽しみに待っています!

投稿: ハルくん | 2015年11月12日 (木) 12時52分

ハルくんさま

良い演奏会を御紹介頂きありがとうございました。( ´ ▽ ` )ノ
伊藤くん、若いのに堂々としていましたね。
終演後のサイン会で意外に小柄なのにビックリ、気さくで清々しい好青年でした。
地元、大井町を音楽で笑顔にしたいですね〜(⌒▽⌒)

投稿: よーちゃん | 2015年11月15日 (日) 12時57分

よーちゃんさん、先日はありがとうございました。

伊藤君は将来必ず大物になりますよ。既に実力が有りよく知られた存在になりましたが、奢るようなところは微塵もなく、本当に気さくな好青年です。ぜひ応援よろしくお願いします。
地元に音楽で輪を作る活動、互いに頑張りましょう!

投稿: ハルくん | 2015年11月20日 (金) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/62410369

この記事へのトラックバック一覧です: 東京交響楽団演奏会 指揮 大友直人、チェロ独奏 伊藤悠貴:

« クラシック名曲鑑賞会第6回「秋にはやっぱりブラームス」のご案内 | トップページ | オッコ・カム/ラハティ交響楽団 2015来日公演 ~感動のシベリウス~ »