« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

オッコ・カム/ラハティ交響楽団 2015来日公演 ~感動のシベリウス~

12278664_1547897945500778_178106196

フィンランドの生んだ大作曲家シベリウスの音楽は大好きですが、その魅力を開眼させてくれたのは30年以上前にヘルシンキ・フィルを率いて来日したオッコ・カムの演奏でした。

そのカムが、やはりフィンランドの名門ラハティ響とと来日したのでオペラシティに聴きに行きました。仕事の都合で平日は厳しいのですが、週末に後期の交響曲第5番、6番、7番を演奏してくれたのは幸いです。

さて、開場前にホールに向かうエスカレーターを登ろうとすると、カメラを持ってパチパチ写真を撮りながらフラフラしている外人のオジサンがいました。うん?カムに似ているなぁーと思いながら、声をかけました。

「あなた音楽家?(実際は英語で)」「イエス」
「あなたコンダクター?」「イエス」
「カムさんでしょ。偉大な指揮者のあなたの昔からの大ファンです。30年前のあなたとヘルシンキ・フィルの演奏には感動しました。」「憶えていないな。」
「今日の演奏会を楽しみにしています。握手してください。」「OK。」
と、まぁだいたいそんな短い会話をすると、カムさんまたパチパチ写真を撮りながら行ってしまいました。開演直前にリラックスしたものだと感心。...

開場してホールに入り席に着き、いよいよ演奏が始まりました。さすがにカムさん舞台では真面目な顔をしています。前半は第5番です。いやこれは素晴らしいシベリウスでした!ラハティ響はヴァンスカ時代に鍛え上げられて優れたオケなのは分かっていましたが、それを自然体ながら非常に豊かな音楽を聞かせています。カムはオケを厳しく統率するタイプでは無く、ある程度自主性に任せるおおらかさを感じますが、弦楽の表情づけなどは素晴らしいの一言です。表現はロマンティックながらも、過度にベタベタすることは無く、あくまでも寡黙さを失わない正に北欧音楽。シベリウスに頻出する弦楽のトレモロによる和音の変化はさしずめブルックナー的な面白さを持ちますが、その変化の処理の上手さは絶品で唖然とするほどです。名曲の第5番のこれだけ魅力的な演奏は極めて稀の気がします。前半からブラ―ヴォの嵐でしたね。もうコンサートが終わった位の充実感です。

後半は第6番、7番といよいよシベリウスの深遠な世界に入って行きます。オケの響きは増々充実して美しく豊かになり、一音一音がどこをとっても神秘的な雰囲気に溢れます。ああ、これこそは晩年のシベリウスの世界!

5番に比べて地味に終わる曲が続き、さらにアンコールも穏やかな曲が続いたので、これは最後は「フィンランディア」だな、と確信がありました。で、アンコール3曲目となり、やはり出ましたフィンランディアが!
ただただ感動して聴き惚れていました。あの中間部の有名な旋律が木管で奏されたあとに続く弦楽が非常な弱音で弾かれたのには背筋がゾクゾクしました。普通はここは合唱入りの版に勝るものは無いと思ってはいますが、こんな演奏を聴かされるといやぁ管弦楽のみの版もやはり素晴らしい!

演奏終了後の嵐のような拍手に応えて何度も何度も出てきましたが、団員が引き上げても拍手が停まらないので、カムが団員を呼び戻して全員に揃って何回もお辞儀をさせていました。団員達もこの日本の聴衆の喜びようにみな感激しているようでした。

本当に感動的なコンサートでした。音楽的にも雰囲気的にも聴衆と演奏家がこれほど一体感を分かち合える演奏会はそう有るものでは無いと思います。
やっぱりカムさんのシベリウスはかけがえのないものだなぁ。

それにしても今日は完全にSOLD OUT。空席が本当に見当たりませんでした。後期のプログラムでこれだけのお客さんが詰めかけて、しかも本当に見事な聴衆ぶり。
日本のシベリウス・ファンの素晴らしさにもブラーヴォですよ!

終演後にはカムさんが大勢のお客さんのサインに応じていました。

10404385_1547898185500754_607497266

12278664_1547897975500775_878431036

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

東京交響楽団演奏会 指揮 大友直人、チェロ独奏 伊藤悠貴

Itouyuki_2
今日は大井町のきゅりあん大ホールへ東京交響楽団のコンサートを聴きに行きました。

『スラブの旋律』と副題が付けられていて、ドヴォルザークのチェロ協奏曲とチャイコフスキーの交響曲第5番の2曲プログラムです。

指揮は大友直人、チェロ独奏が伊藤悠貴です。聴きに行ったお目当ては伊藤さんのチェロなのですが、大友さんのサポートであればまず安心です。

このホールへは初めて来ましたが、チューニング段階で残響が少ないことに気付き、やや不安を憶えます。というのもヴァイオリンやピアノと違って、チェロは音域の点からどうしても音が聞きにくい場合が多いからです。

などと思いながらも、ドヴォルザークの演奏が始まりました。東響はいつもながら良くまとまった音を出しています。長い序奏が終わり、いよいよ伊藤さんのチェロが音を出しましたが、中々良く響いています。この残響の少ないホールでこの曲をこれだけ聞かせるのは凄いことです。

伊藤さんは幾つもの国際コンクールで優勝しただけあって、テクニックは非常に優秀ですし、ハイポジションの伸びのある高音も実に素晴らしいです。

けれども最大の魅力は、極めてロマン的な歌心だと思っています。絶妙なルバートと拍の伸び縮み、音のダイナミクスの変化が実に自然に行われています。なので違和感が全く感じられません。このセンスの良さは名演奏家にとって不可欠な絶対条件なのです。20代の若さでこのように感じられる演奏家は非常に稀だと思います。若くしてビッグネームとなった演奏家でも(少なくとも自分には)そう感じられない演奏家がとても多いからです。

今日の東響のコンマスはグレブ・ニキティンで、この人は演奏する姿がキリっとしていて格好良いですが、第三楽章の独奏チェロとの二人の掛け合いも実に美しく素晴らしかったです。

大友さんの指揮は実に手堅く、伊藤さんの独奏を実に上手くサポートしていました。実力ある若手に華を持たせるあの余裕ぶりはさすがです。

海外オケが演奏しても生では意外に満足できないドヴォ・コンに、今日は非常に満足出来る演奏を聴くことが出来ました。

後半のチャイコフスキーも大変まとまりの良い演奏でした。ただ、生で数えきれないほど聴いている曲の為に、もう少し良い意味で”クセ”と”個性”が出ていた方が楽しめたかな。
むしろアンコールのグリーグ「ホルベルの時代から」のプレリュードのほうが愉しめました。
大編成の弦楽にしては、とても爽やかさが感じられた美しい演奏には感心しました。

この演奏会は品川文化振興事業団の主催でしたので、地元のコンサートに地元のお客さんが集まっている、という印象でした。なので、クラシックのコンサートにはそれほど行かなそうなお客さんが多かったように見受けられました。

それでも隣に座っていた70歳ぐらいのご婦人同士が、聴き終えた後に「やっぱりオーケストラはいいわねぇ」と喜んでいたのが実に微笑ましかったです。

地元でコンサートが有れば、地元の人が聴きに来る。それこそが文化振興です。自分の住んでいる厚木市にも立派なコンサートホールが有りますが、プロのオーケストラの演奏会なんて数年に一度有るかないかという状態です。クラシックばかりが良い音楽だという気は毛頭も有りませんが、プロの本格的なオーケストラが聞けない街だというのは嘆かわしいとしか言いようが有りません。

素晴らしい演奏に感動をした後に、何やら複雑な思いではありました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

クラシック名曲鑑賞会第6回「秋にはやっぱりブラームス」のご案内

Brahms_cello_sonata

秋は夕暮。うら寂しく、人を恋しく思うころ、ひとり窓より外を眺め、ブラームスの調べなど聴きたるは、いとをかし。

暑かった夏もいつしか過ぎ去り、気がつけばすっかり秋が深まりました。こんな季節には、センチメンタルで美しいメロディがいっぱいのブラームスの音楽が最高です。上の写真は珍しいブラームスの写真ですが、深まる秋に窓の外を眺め、自作のメロディを頭に浮かべては物想いにふけっていたことでしょう。

秋の午後のひと時、クラシック鑑賞歴45年の司会役が厳選したブラームスの名曲・名演奏をご一緒に楽しみましょう。

今回も、スピーカー研究家長岡満雄氏製作の高音質スピーカーにてオーディオ再生を行います。ご期待ください。

開催日時:2015年11月22日(日)14:00~16:00
場所:ぎゃらりー喫茶なよたけ
参加費:¥100(他にドリンクを1点注文して頂きます
...
          <プログラム>
交響曲第3番第3楽章(映画「さようならをもう一度」テーマ曲)
弦楽六重奏曲第1番より(映画「恋人たち」テーマ曲)
チェロ・ソナタ第1番ホ短調作品38
「ハンガリア舞曲集」(ヴァイオリンとピアノによる二重奏版)より
ピアノのための「3つの間奏曲」作品117
        ※司会と進行役は私です。

          <お問い合わせ>
クラシック名曲を楽しむ会  TEL 090-6009-7213 

ぎゃらりー喫茶 なよたけ  TEL 046-222-8887
厚木市中町1-6-1 セントラルハイツ2F(本厚木駅東口より徒歩5分)(イオン隣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送響 2015日本公演

Dsc_0131
今年はフィンランドの生んだ大作曲家ヤン・シベリウスの生誕150年記念の年なので、我が国でもシベリウスの曲のコンサートが盛んに開かれています。

特に嬉しいのは来日する機会が決して多いとは言えないフィンランドの名門オーケストラがやって来ることです。

昨夜はフィンランド放送交響楽団のコンサートを聴きに、トリフォニ―ホールへ足を運びました。

この団体はフィンランドの優れたオーケストラの一つですが、エッサ・ペッカ・サラステ時代に録音されたシベリウスの交響曲全集は自分の愛聴盤です。

今回初めて聴く指揮者のハンヌ・リントゥはフィンランド出身ですので、やっぱり、あの偉大なヨルマ・パヌラの門下生です。パヌラ教授は数えきれないほど優れた指揮者をフィンランドから生み出していますが、名指揮者でも有る御本人の演奏が中々聴けないのがちょっと残念です。

昨夜のプログラムは以下の通りでした。

  交響詩「タピオラ」作品112
  交響曲第7番ハ長調作品105
        (休憩)
  交響曲第5番変ホ長調作品82

後期の傑作を並べた涎物の構成ですね。どちらかと言えば前半、後半を逆に聴いてゆきたい気もしますが、コンサートの構成としてはやはりこうなるのでしょう。

さて、リントゥの指揮は本当にオーソドックスで安心して聴いていられます。奇をてらったところが一切なく、これでこそシベリウスの音楽を堪能できるという感じ。これはパヌラ門下に共通して言えることですね。

フィンランド放送交響楽団の音もそれは素晴らしく、ネイティヴのオーケストラ以外からは聴けない本物のスオミの音。派手さ奢侈さが全く見られずにとても地味なのですが、深い森と湖から聞こえてくるような仄暗く、しかし手ごたえの有る美しい響きです。

おかげで遠く足を伸ばした甲斐が有る、素晴らしい時を過ごすことが出来ました。

今月末にはもうひとつフィンランドの名門ラハティ交響楽団が来日します。しかも率いるのがあのオッコ・カムとくれば、またまた聴き逃せません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

伊藤悠貴チェロリサイタル 「チェロ名曲欧州ロマン紀行」

12191508_10153446092758751_779212_2
昨日は伊藤悠貴さんのチェロリサイタルを聴きに行きました。「チェロ名曲欧州ロマン紀行」と題した内容で、ヨーロッパ各国の作曲家の小品をずらりと並べていました。

と、それならば秋に相応しいセンスの良い企画だなぁと普通に思うのですが、どっこいプログラムには、ブラームスやマーラーの歌曲のチェロ&ピアノ編曲版が何曲か含まれていました。これは楽しい!

ですが、僕が一番面白く感じたのは、あのワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲の編曲版です。これは伊藤さんの友人による編曲で、恐らく日本ではこれが二度目(伊藤君が以前にも一度弾いている)の演奏では無いかということです。

チェロとピアノが技巧を駆使して繰り広げる愛と悲劇のトリスタンの世界。いやぁ、凄いものを聴いてしまいました。こんな曲は普通のチェリストが弾いてもサマにはならないのでしょうが、あの若さでヨーロッパで活躍し、音楽の本場に流れるロマン派気質を天性として持っている伊藤さんが演奏したからこそ面白かったのでしょう。

もっとも伊藤さんは「演奏家」としてのスケールの大きさだけでなく、「国際人」として「人間」として素晴らしく大きな器を持っています。彼は将来きっと日本の音楽界全体をリードしてゆくことだろうなぁと確信をしています。

1週間後の11月7日には、大井町駅前のきゅりあん大ホールで大友直人指揮東京交響楽団との共演が予定されています。曲目が僕の溺愛するドヴォルザークのチェロ協奏曲です。これはもう本当に楽しみでワクワクしています。

Itouyuki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »