« 「クラシック名曲を楽しむ会」第二回目のお知らせ | トップページ | 「クラシック名曲を楽しむ会」第二回プログラムのお知らせ »

2015年6月 5日 (金)

ウイーン・フィルで聴こう! シューベルト 交響曲第8(9)番「グレート」 続・名盤

今年のゴールデンウイークの特別企画だったはずの「ウイーン・フィルで聴こう!」は一体どこへ行ってしまったのかとお思いでしょう。と言うか、それすらも既にご記憶に無いことと思います。(汗)
まぁ、始まったと思ったらあっという間に終わってしまうのがGWですので・・・(と苦しい言い訳)

それはそれとして、大変遅れましたが第2弾のシューベルトの交響曲「グレート」を取り上げてみます。

ウイーン近郊で生まれて、生涯をほぼウイーンで過ごしたシューベルトの曲には、やはりウイーン・フィルの音が一番よく似合います。

それではさっそくCDの紹介です。

Schubert_furtwangler792ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウイーン・フィル(1953年録音/グランド・スラム盤) フルトヴェングラーの「グレート」と言えばベルリン・フィルとの戦中、戦後のライブ二種が有名ですが、これはウイーン・フィルとのライブです。平林直哉氏が、かつて日本のRVCが発売したLP盤から復刻しました。「最高の音質」と称するだけあってこれは年代を考えたら、素晴らしい音質です。ウイーン・フィルの持つ音色もやはり魅力的です。問題はテンポを自由自在に変化させるフルトヴェングラーの指揮で、決して退屈しない代わりにアクが強過ぎて、これが果たしてシューベルトかと幾らか疑問を感じさせます。デモーニッシュな物々しい雰囲気はともかくとしても、余りに人間的な音楽がこの曲の天国的な雰囲気を損ねているようにも思えてしまうのです。

Shubert_kertez_uccd7223m01dl_4イシュトヴァン・ケルテス指揮ウイーン・フィル(1963年録音/DECCA盤) 若くして亡くなったケルテスは生前非常に評価が高かったですが、時に表現意欲の旺盛さが裏目に出てしまうことがあります。フォルテで金管を強調したり、ティンパニを強打させるのはシューベルトの美しい音楽を台無しにしています。ダイナミクスの大きさは過剰であり、デリカシーの無い指揮ぶりに閉口します。第2楽章は早めのテンポで颯爽と進みますが、立派さや孤独感が感じられず物足りません。良いところは無いのか?と聴かれれば、ウイーン・フィルの楽器の音色ということになりますが、マイナスが余りに多いので、人にはお勧めしません。

Schubert_solti_31th8sc2velサー・ゲオルグ・ショルティ指揮ウイーン・フィル(1981年録音/DECCA盤) ウイーン・フィルさえも力づくでグイグイ締め上げるようなショルティの剛腕ぶりはここでは余り感じさせません。しかも金管群の響きがフォルテでも上手くブレンドされているので美しいです。やはりコンダクターとして一日の長が有る様に思います。1、2楽章ではテンポ設定にはゆとりが有りますが、後半の3、4楽章はリズムが心地良く、この曲の長丁場に”もたれる”ことがありません。デッカの優秀な録音はウイーン・フィルの美音を忠実に捉えていますし、このCDは中々にお勧め出来ます。

Schubert_xat1245572172リッカルド・ムーティ指揮ウイーン・フィル(1986年録音/EMI盤) ムーティもオケをドライブさせますが、決して力づくではなく自然に湧き立つ感であるのが素晴らしいです。ダイナミクスにも巾が有り、ティンパニも目立ちますが、騒々しさは感じません。ショルティに比べても表現に自在さが加わっていて、聴き進むうちにぐいぐいと惹き込まれてしまいます。3楽章の弾むリズムと歌い回しは非常に魅力的ですし、終楽章の喜びに溢れた高揚感も聴き応え充分です。その中で時々音を溜めるのも効果的です。EMIにしては録音も優れていますし、ウイーン・フィルの美音を味わうのに何ら不満は感じません。

Schubert_415vdk8ccclジョン・エリオット・ガ-ディナー指揮ウイーン・フィル(1997年録音/グラモフォン盤) 今回取り上げた中では最も新しい録音です。ザルツブルグ音楽祭のライブ収録ですが、信じられないほどの完成度の高さです。過去の巨匠指揮者達と比べればスッキリと贅肉の取れた演奏ですが、ことさら古楽器的な奏法にこだわっているわけではありません。キビキビしたテンポと透明感の有る響きが非常に爽やかです。老熟した壮年の印象では無く、多感な青年シューベルトを想わせます。録音は非常に優秀で、過去の録音とは次元が異なります。手垢の落とされた新時代の名盤だと言っても差し支えありません。

以上を聴いてみて、過去のウイーン・フィルのグレートの代表的名盤であるカール・ベームの来日ライブを越えるほどの演奏には出会えませんでした。
それでも、この中ではムーティの演奏が最も気に入りました。これは折にふれて愛聴したいです。

<関連記事>
シューベルト 交響曲第8(9)番「グレート」 名盤

|

« 「クラシック名曲を楽しむ会」第二回目のお知らせ | トップページ | 「クラシック名曲を楽しむ会」第二回プログラムのお知らせ »

シューベルト(交響曲)」カテゴリの記事

コメント

私の手元にはベーム指揮ウィーンフィルによるブタペストでの1969年のライブ録音のCDがあります。1996年、ベーム没後15年企画で発売されたもので、こちらも東京ライブと同様、ベームのライブならではの燃えた演奏を聴けます。
なお、このCDには同じ1969年のウィーンでのライブ録音でウェーベルンの「パッサカリア」も収録されていて、こちらは無骨ですが人間の血のかよった演奏を聴くことが出来ます。

投稿: オペラファン | 2015年6月 5日 (金) 22時29分

オペラファンさん、ありがとうございます。

ベームはこの曲を得意にしたので海賊盤には色々な録音が残されていますね。
ブダペスト盤は聴いたことが有りませんが、なにせ1960年代のベームのライブには凄いものが多いので聴いてみたいです。正規リリースされる可能性は無いのですかね。

投稿: ハルくん | 2015年6月 6日 (土) 11時43分

ハルくんさん、こんばんは。
特別企画「ウィーン・フィル」…待ってましたよ!
しかも、シューベルトの「ザ・グレイト」とあらば、コメントしないわけには行きません。 (笑)
VPOの「グレイト」と言えば ベームの日本ライブですが,私の持っているものは '77年 ホーエンエムスでのライブで、あの「未完成」と一緒にグラモフォンから発表予定でしたが、録音に問題があると言う事で、お蔵入りになったものの 海賊盤です。
確かに 会場ノイズがヒドいです…(かなり大きな ドアの閉まる音が聞こえます…) 残響も多く、お風呂場で聴いているようですが、演奏自体は 素晴らしいだけに、非常に残念に思います。
 
他では ガーディナー盤の テンポ設定が私の感覚に"ぴったり"で、音の良さも含めて 気に入っています。

投稿: ヨシツグカ | 2015年6月 6日 (土) 21時04分

ハルさんこんにちは。
大ハ長調交響曲、この呼び名が私には一番しっくり来ます。ベームBPOのDG盤で冒頭のホルンに魅了されて、当時ブラスでトロンボーン付記だったのですが、練習時間後に勝手にホルンを持ち出して吹いて悦に入っていたのを思い出しました。青春の思い出の曲です。
でもこのところシューベルトの晩年の作品というと最後の3曲のピアノソナタとか弦楽五重奏曲とかを聴いていて、ご無沙汰でした。
で棚を探してみるとケルテス盤あったのですが
やはり変ですね。低弦が必要以上に強調されていたり管楽器の強奏が不釣り合いだったりバランスも悪くどこか不機嫌感を感じました。
ムーティ盤はすぐに手に入りそうなので試してみようかと思っています。

投稿: リベルテ | 2015年6月 7日 (日) 15時35分

ヨシツグカさん、こんばんは。

ベームのホーエンエムス・ライブなんてのも有るのですね。ということはDG録音は当然存在するのでしょうが、やはり会場ノイズが酷くてお蔵入りしたのですかね?だとすれば非常に残念ですね。

ガーディナー盤は録音が優秀ですし、好みに合えさえすれば、非常に良いでしょうね。
愛聴盤の一角に確かに加えて置きたい演奏ではあります。

投稿: ハルくん | 2015年6月 9日 (火) 21時37分

リベルテさん、こんにちは。

「大ハ長調交響曲」。そうですね。英語読みの「グレート」というのは何となく違和感ありますね。慣れてしまっていますが。
冒頭のホルンは本当に魅力的ですね。

ムーティ盤は余り話題になりませんが、オーソドックスかつちょっとした味付けがあって良いですよ。
機会あればお聴きになられてみてください。ご感想を楽しみにしています。

投稿: ハルくん | 2015年6月10日 (水) 09時04分

ハルさんムーティ盤ご紹介ありがとうございます。ネット全集盤が特価で入手できました。
ハルさんのコメント通り楽しめました。
まるでオペラの名演とであったような高揚感を覚えました。
ただ一点全集盤だと、CDまたぎなのでこの曲を聴くために買うのならばら売りの方がよいかも知れませんね。

投稿: リベルテ | 2015年6月13日 (土) 09時48分

リベルテさん、こんにちは。

ムーティ盤はお気に入られたようで良かったです。
自分もWEB試聴で案外良さそうだと感じて購入しましたが、CDで聴いているうちにすっかり気に入ってしまいました。

CDまたぎというのは不便ですね。
仰られる通りでしょうね。

投稿: ハルくん | 2015年6月14日 (日) 13時52分

ごぶさたしています、新年度からめちゃくちゃ忙しくて音楽もろくろく聴けずにいます。シューマンが大きな曲だと言ったのですから、少なくとも英語で呼ぶのはおかしいですよね。

学生のころ挑戦した懐かしい曲ですが、VPOのように、管楽器の音色自体に魅力がある奏者が並んでいなければいけない曲だと思いました。ガーディナー未聴ですが興味あります、ムーティもよいですね。

サヴァリッシュの解釈は演奏によってずいぶん異なる印象ですが、2楽章が「目から鱗」的な快演を憶えています。発売されているのか日本での(NHKあたりの)ライブだったのかわかりませんが、カセットテープにコピーしてもらったのが残っています(古!)。

投稿: かげっち | 2015年6月25日 (木) 14時45分

かげっちさん、ご無沙汰しました。
大変お忙しい様ですが、お元気そうなので安心しました。

イギリスで付けられた「Great」という名称はどうもいまだにしっくりきませんね。と言いながら使ってはいますが。

この曲は管楽器の音色に魅力が求められますし、それもやはりウイーンの音が一番だと思います。

ガ-ディナーは好みが分かれるかもしれませんが、古い指揮者と比べると新鮮です。
そのサヴァリッシュの録音というのはどこでの演奏だったのでしょうね。

投稿: ハルくん | 2015年6月25日 (木) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/59785764

この記事へのトラックバック一覧です: ウイーン・フィルで聴こう! シューベルト 交響曲第8(9)番「グレート」 続・名盤:

« 「クラシック名曲を楽しむ会」第二回目のお知らせ | トップページ | 「クラシック名曲を楽しむ会」第二回プログラムのお知らせ »